看護師おすすめの転職先

看護師からOLに転職|看護師と採用のプロが教える看護師からOLに転職するメリットデメリット

看護師からOLに転職できる??

OLになったら働き方はどう変わる??

そんな疑問にお答えします。

看護師からOLに転職することはできます。

ただし、思ったほどメリットがなかったりデメリットもあるため、じっくり考えて転職をする必要があります。

この記事では、企業の採用部門で働く夫と看護師の私が、看護師からOLに転職するメリットデメリット、OLに転職する方法をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

看護師からOLに転職するメリットデメリットがわかります。

OLに転職する方法がわかります。

OLに転職しなくても悩みを解決する方法がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美 / 緒方裕美

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護師からOLに転職したい理由

まずは、看護師からOLに転職したい理由を見ていきましょう。

(1)命に関わる仕事から開放されたい

看護師の仕事は少しのミスが大きな事故になってしまうこともあり、命に関わるプレッシャーが多い仕事と言えます。

また、ミスが原因ではなくても、患者さんの死に直面することは多く、精神的に疲弊する仕事でもあります。

診療科によって、回復する患者さんを多く見られる職場もあれば、なかなかそうもいかない職場もあります。

この命に関わる仕事から開放されたくて転職したい人も多いでしょう。

(2)体力的にきつい

看護師の職場は日々バタバタで、急患対応やイレギュラーな仕事のオンパレードです。

また、夜勤と日勤の連続で体調を崩すなど、体力的にきつい仕事です。

仕事は好きだけど、もう少し体力的に楽な職場に転職したいと思うときもあります。

この体力的な問題でOLに転職したいと考える人も多いでしょう。

(3)夜勤がきつい

看護師に夜勤はつきものです。

夜勤で生活リズムが乱れてどうも体調がすぐれない。。

家族やパートナーと予定が合わない。。

こんなストレスで夜勤のないOLに転職したいと考える人も多いでしょう。

(4)給与や待遇に不満がある

看護師の仕事は体力的にも精神的にもきつい仕事です。

だからこそ給与や福利厚生だけは高待遇であってほしいと誰しも思うところです。

でも、なかなか満足のいく待遇が得られなかったりするのも現状です。

転職して労働環境を改善したいと考えている人も多いでしょう。

(5)人間関係にうんざり

看護師は、特殊な女性職場や、医師のモラハラなどで、人間関係にうんざりする人も多いでしょう。

仕事内容もきついのに人間関係まで悪かったら、毎日仕事をするのが余計に辛くなってきます。

職場のメンバーはなかなか変わらないので、それだったら転職してしまって人間関係をリセットしてしまおうと考えたくもなります。

看護師の退職理由の上位には、常に人間関係の問題があると言えます。

転職してOLになれば、特殊な女性職場から開放されると考える人も多いでしょう。

看護師からOLに転職するメリット・デメリット

看護師からOLに転職すると、メリットもデメリットもあります。

よく確認していただいて、転職するかどうかじっくり考えてくださいね。

メリット1)夜勤がない

OLと一口に言っても転職する企業によって働き方は様々ですが、夜勤があるOLは珍しく、ほぼないと言っていいでしょう。

夜勤による体調不良はありませんし、家族やパートナーと予定が合わせやすいですね。

メリット2)命に関わる仕事はない

OLの場合、直接命に関わる仕事はほぼないと言っていいでしょう。

ミスができない緊張感、人の死に直面するストレスから開放されます。

メリット3)体が楽

OLは事務仕事がメインのため、常に動きまわっている看護師と比べると体力的に楽と言えます。

疲れて休日は寝て過ごすなんてことはなくなります。

デメリット1)給与が下がる

看護師は一般企業のOLより基本給も高いですし、夜勤手当などのプラスアルファがあるため、OLに転職すると給与は下がると思ったほうがよいです。

よほど資格でも持っていない限り、看護師より給与が高い職場に転職するのは現実的に難しいでしょう。

そのため、今までの生活レベルは落とさざるをえません。

節約して生活して、貯金するのも一苦労です。

採用担当からのポイント

未経験の業界のOLに転職した場合、確実に給与は下がりますが、給与減の許容範囲は人それぞれです。

そのため、まずは仕事を辞めずにOLの求人情報を集めて、給与の相場を確認すると良いです。

転職サイトで希望条件を入れて求人をチェックしましょう。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人もあるので、そちらも必ず確認してみてください。

給与減が許容範囲であれば、本格的に転職を考えてもいいですね。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてください。

採用のプロが選んだおすすめ転職サイト教えます

デメリット2)看護師の経験は評価されないことが多い

一般企業では医療関係の企業でもない限り、看護師としての資格や知識、経験は評価されないことが多いでしょう。

さらに企業の採用担当としては、看護師として働いていたのに、なぜ一般企業に転職するのか面接で詳しく聞きたくなります。

明確な志望動機が確認できないと、看護師の仕事から離れたことをマイナスに捉える担当者もいるので、志望動機はしっかり用意しておく必要があります。

デメリット3)会社が倒産することもある

医療機関と違い一般企業は景気の波を受けて本当に倒産します。

倒産しなくても給与が下がったり、ボーナスが出なかったりします。

実際夫が勤めていた企業はリーマンショックで経営が傾きました。

その時はボーナスはもちろん0で、週5日勤務から週4日勤務に強制的に減らされ、給与も減額、先行き不安な状態のまま生活することになりました。

その後、2年ほどで持ち直しましたが、収入やメンタル面で受けた損失は計り知れません。

医療機関でも経営不振はありますが、一般企業ほどの確率ではありません。

デメリット4)仕事にやりがいを見いだせなくなることもある

責任がなく単調な事務を担当した場合、ひたすらルーティン作業を繰り返すことにやりがいを見いだせなくなることもあると言えます。

看護師は責任があることと引き換えに、意義のあるやりがいのある仕事が多かったことに気づくこともあります。

看護師からOLに転職するには

メリットデメリットをよく検討して、OLになることを決めたら、早速求人をチェックして転職先を探しましょう。

様々な業界がありますし、働き方、給与などの条件も様々です。

まずは一般の求人が探せる転職サイトで、条件を絞ってじっくり探しましょう。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックしたいところです。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

また、転職活動の流れもぜひチェックしてください。

OLに転職しなくても解決することもある

OLに転職しなくても、看護師を続けながら今の悩みを解決できる職場もあります。

せっかく苦労して看護師になって今まで働いてきたのであれば、その知識や経験を活かさないのはもったいないですし、収入をある程度キープしながら、看護師を続ける選択肢があります。

ここでは看護師のままで、転職したい悩みを解決する方法をご提案します。

(1)命に関わる仕事から開放されたい場合

看護師でも命に関わらない仕事が意外と探せばあります。

同じ看護師の仕事でも、全く環境が違ってくるので、検討する価値はあると言えます。

看護師で命に関わらない仕事の選択肢は以下のとおりです。

産業看護師

臨床開発モニター、治験コーディネーター

クリニカルスペシャリスト

コールセンター

美容クリニック

保育園看護師

献血ルーム、献血車

耳鼻咽喉科(外来)

皮膚科

眼科

透析クリニック

精神科

リハビリテーション科

検疫官

看護系技官

命に関わらない仕事の詳細は以下の記事にまとめていますので、参考にしてくださいね。

(2)体力的にきつい場合

看護師でも体力的に負担が軽い穏やかな職場はあります。

体力の問題が解決すれば、今までの経験を活かして引き続き看護師として活躍することもできます。

穏やかな職場の選択肢は以下のとおりです。

産業看護師

保育園

健診センター

眼科

透析クリニック

精神科

緩和ケア

穏やかな職場の詳細は以下の記事にまとめていますので、参考にしてくださいね。

(3)夜勤がきつい場合

看護師でも夜勤のない職場は意外と多いもので、収入は少し下がる場合もありますが、看護師として引き続き働くことができます。

夜勤なしの転職先は以下のとおりです

保育園看護師

養護教諭

産業看護師

臨床開発モニター

医療機器メーカーのクリニカルスペシャリスト

臓器移植コーディネーター

訪問看護師

美容クリニック

夜勤なしの転職先の詳細は以下の記事にまとめていますので、参考にしてくださいね。

(4)給与や待遇に不満がある場合

給与や待遇に不満がある場合、看護師を続けながら高収入を得る転職先もありますし、プライベートとの両立ができる職場もあります。

給与が高いおすすめの転職先は以下のとおりです。

大学病院(私立)

産業看護師

美容クリニック

公務員看護師

養護教諭

プライベートとの両立ができるおすすめの転職先は以下のとおりです。

保育園看護師

産業看護師

健診センター

献血ルーム、献血車の看護師

訪問看護

美容クリニック

看護師が他職種に転職する選択肢

看護師が転職できる他職種はこちらです。

【看護師が他職種に転職する選択肢】

産業看護師

臨床開発モニター、治験コーディネーター

クリニカルスペシャリスト

コールセンター

検疫官

臓器移植コーディネーター

【看護師が自宅でできる仕事】

メディカルライター

仕事内容やメリットデメリットをまとめた以下の記事も参考にしてくださいね。

まとめ

・看護師からOLに転職することはできる

・OLに転職しても思ったほどメリットがなかったりデメリットもあるため、じっくり考えて転職をする必要がある

・OLに転職しなくても、看護師を続けながら今の悩みを解決できる職場もある

看護師からOLに転職するメリットデメリットをご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事