看護師転職サイトおすすめ

夜勤なしの求人が豊富な看護師転職サイトおすすめ3選

夜勤なしの求人に強い看護師転職サイト

夜勤なしの求人が豊富なおすすめ看護師転職サイトってどれ??

条件の良い夜勤なしの求人を探したい!

看護師であり、キャリアアドバイザーである私と企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

夜勤なしの求人が豊富な看護師転職サイトおすすめ3選はこちらです。

(1)看護のお仕事

(2)マイナビ看護師

(3)ナースパワー

以下のポイントで厳選しました。

保育施設の求人数が多い

利用者満足度が高い

アンケートの口コミが良い

様々な看護師転職サイトがあるなかで、どの転職サイトを利用するかどうかで転職の満足度は大きく変わってきます。

特に夜勤なしの求人は人気が高く、条件の良い職場はすぐに内定者が決まってしまうこともあり、夜勤なしの求人数が多い看護師転職サイトを複数利用して良い求人をじっくり探す必要があります。

この記事では、夜勤なしの求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、夜勤なしの求人を探す際の注意点もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

夜勤なしの求人が豊富なおすすめ看護師転職サイトがわかります

夜勤なしの看護師求人を探す際の注意点がわかります

看護師転職サイトを利用して夜勤なしの求人を効率良く探すポイントがわかります

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

夜勤なしの求人が豊富なおすすめ看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

夜勤なし求人数(公開求人)

54,000件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は、病院、クリニック、介護施設、訪問看護の求人に強く、夜勤なしの求人も多数保有している看護師転職サイトです。

夜勤なしの公開求人数は54,000件以上で、それとは別に非公開求人も保有しており、豊富な求人の中から希望の転職先を探すことができます。

求人検索ツールでは、勤務形態の「日勤常勤」を選択して、希望の施設形態にチェックを入れると、簡単に「夜勤なし」の看護師求人を絞り込むことができます。

また、こだわり検索で「高給与」や「土日祝休み」、「託児所あり」、「年間休日120日以上」の条件を追加して求人を探すことができるため、より希望の働き方に近い求人を見つけることが可能です。

「家族との時間を大切にしたい」、「子育てと仕事を両立したい」、「生活リズムを整えたい」など、働き方を見直したい人には最適な看護師転職サイトと言えます。

希望の転職条件をアドバイザーにしっかり伝えて、非公開求人も含めて転職先を探してもらいましょう。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

夜勤なしの求人が豊富なおすすめ看護師転職サイト2)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

夜勤なし求人数(公開求人)

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビ系列が運営するサイトで、病院、クリニック、介護施設、訪問看護、保育施設、企業など、幅広い求人に対応している看護師転職サイトです。

求人検索ツールでは、勤務形態の項目で「夜勤なし」にチェックを入れ、施設形態や希望の診療科目、希望の年収帯も細かく設定することが可能です。

こだわり検索では、「寮・借り上げ住宅あり」、「託児所あり」、「産休・育休実績あり」、「土日・祝日休み」、「残業10h以下」 、「年間休日多め」など、様々な希望を組み合わせることができ、希望の職場を見つけやすいと言えます。

担当アドバイザーから紹介を受けられる非公開求人も条件の良いものが多いため、アドバイザーに希望の転職条件と今までの経験値を伝えておきましょう。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

夜勤なしの求人が豊富なおすすめ看護師転職サイト3)ナースパワー

ナースパワー

夜勤なし求人数(公開求人)

17,000件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースパワー』は設立1985年の長い看護師転職支援実績があり、大規模病院やクリニック、介護施設、訪問看護の求人に強く、夜勤なしの求人も豊富に保有している看護師転職サイトです。

夜勤なしの公開求人数は17,000件以上で、様々な働き方ができる職場の求人を探すことができます。

求人検索ツールでは、雇用形態の項目で「日勤常勤」にチェックを入れると「夜勤なしの求人」の一覧を確認可能です。

また、「土日祝休み」、「残業少なめ」、「給与高め」、「託児所有り」などのこだわり条件を追加することで、希望に近い転職先が検索できます。

登録者採用率の高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースパワーに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる夜勤なし看護師の年収事情

夜勤なし看護師の平均年収

夜勤なしの看護師の平均年収は、どこに転職するのかで変わってきます。

同じ夜勤なしでも、職場によって働き方が違いますし、属する施設の規模も変わってきます。

一概に夜勤なしで年収いくら、とは言えない部分はありますが、看護師転職サイトで夜勤なしの求人を確認していくと、300万~400万円代の求人が多い傾向があります。

よって、夜勤ありの看護師よりも年収は下がる傾向にあります。

ただし、探しようによっては夜勤ありの看護師と同等の年収を期待できる施設もありますので、根気よく探していくことをおすすめします。

また、担当アドバイザーから好条件の非公開求人を紹介してもらうことで、夜勤なしでも年収を下げずに転職することも可能です。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトを利用して夜勤なしの求人を効率良く探すポイント

看護師転職サイトを利用して夜勤なしの求人を効率良く探すポイント

ここでは、看護師転職サイトを利用して夜勤なしの求人を効率良く探す手順をご説明します。

ポイント1)公開求人を検索する

まず、利用する看護師転職サイトは「夜勤なし」の求人を多数取り扱っているサイトにしましょう。

看護師転職サイトは自分でも求人を検索することができます。

アドバイザーからの連絡を待ちながらも自分で公開求人の検索を行っておきましょう。

求人を多数見ておくことで、夜勤なし求人の一般的な労働条件を把握することができ、自分の希望に合う求人を選ぶ際にも役立ちます。

ポイント2)非公開求人を紹介してもらう

公開求人を検索すると同時に、担当アドバイザーへ転職の希望条件を詳しく伝えて希望に沿う非公開求人を紹介してもらいましょう。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件の求人が揃っています。

そのため、非公開求人を見ないまま転職先を決めてしまうのはもったいないです。

ポイント3)比較検討

満足のいく転職をするためには、

「多くの求人を集め、それぞれを比較検討し、希望にマッチする求人を選ぶ」

これが大切です。

多くの求人を集め、自分の希望条件と転職の軸とを照らし合わせて応募先を決定していきましょう。

それぞれを比較しているうちに自分の希望条件が曖昧になってしまわないように、

「何のために転職をするのか」

「転職をすることで何を叶えたいのか」

という「転職の軸」となる部分を明確にし、軸がぶれないように注意していくことが大切です。

ポイント4)看護師転職サイトは複数社利用する

看護師転職サイトは数多くあります。

保有している求人・非公開求人も各社異なります。

そのため一つの転職サイトだけを利用して求人を集めていても、求人の数が限られてしまいます。

もったいないですね。

基本的に看護師転職サイトは同時に複数社登録し、求人を検索、非公開求人を紹介してもらうようにしましょう。

看護師転職サイトで夜勤なしの求人を探す際の注意点

看護師転職サイトで夜勤なしの求人を探す際の注意点

診療科もしっかり比較する

一口に「夜勤なし」と言っても診療科によって業務内容は様々です。

夜勤なしだから、と「自分のキャリアプランに沿わない」、「興味がない診療科」に転職してしまっては意味がありません。

「何のために転職をしたいのか」

「今後のキャリアプランについて」

などを明確にしておくことが必要です。

年収をしっかりチェック(大幅に下がる可能性がある)

看護師は夜勤があるからこそ年収が高い、とも言えます。

そのため、夜勤なしの働き方になると大幅に給与が下がってしまう可能性もあります。

「夜勤なしで年収も上げたい」となると転職先を見つけるのは少し苦労するでしょう。

「年収を下げずに夜勤もやらない」という働き方であれば、しっかり探すと転職先の候補はけっこうあります。

「あきらめずに探していく」または「アドバイザーに紹介してもらう」ことが重要です。

高給与な夜勤なし求人には高い理由がある

「夜勤なしで年収が高い」という求人もあります。

ただし注意が必要で、よく業務内容や労働条件を確認していくことが大切です。

企業看護師など一般大企業に就職するために高年収になることもありますが、

「一般病院で夜勤なしなのに高給与」

「クリニックで夜勤なしなのに高給与」

というような場合は特に注意が必要です。

病院やクリニックは夜勤手当がつくことで給与が上がる傾向にあります。

「夜勤もないのに高給与」ということは何かしら「高給与な理由」があります。

「忙しすぎて休日が少ない」

「スタッフ不足で人員を確保したいから高給与を提示している」

「残業が多い」

「ノルマがある」

「責任が重い」

など、通常の看護師業務とは労働環境が異なる場合も多くあります。

これらは求人票だけでは分からない部分でもあるため、担当アドバイザーから施設の内部情報を提供してもらい、転職前にしっかり確認するようにしましょう。

病院以外に転職を考える際は要注意

夜勤なしの仕事はたくさんあります。

病院でも外来は夜勤なしですよね。

しかし、病院以外の介護施設や一般企業などに転職をする場合、業務内容がかなり変わってきます。

病院という、患者さんと直接かかわる現場仕事ではなく、デスクワークやルーチンワークなどの事務仕事が多くなることがあります。

事務仕事が苦手な人もいるでしょう。

そんな人が病院以外に転職してしまっては苦労してしまいます。

長く勤められないかもしれません。

「自分に向いている仕事はどんなものなのか」

「自分は何をやりたいのか」

転職の条件だけでなく、「自分のやりたいこと」や「自分の気持ち」も大切にしていきたいですね。

看護師転職サイトで探せる夜勤なしの業務は大変なのか

夜勤なし看護師の業務は大変なのか

夜勤があってもなくても看護師の業務は変わりません。

ただし、選ぶ施設によって看護師の業務内容が異なるのも事実です。

患者さんと関わるのが好きなのに、患者さんとの関りが少ない職場に転職したらどうでしょう。

処置や看護技術を提供することが好きな人が、事務業務ばかりの職場に転職したらどうでしょう。

「自分が何を得意とするのか」

「どんな仕事が好きなのか」

それによって大変だと感じる業務も変わってきます。

まずは、自分の得意・不得意、好き・嫌いをはっきりさせることが大切です。

それと共に、

「自分がどんな働き方をしたいのか」

「どんな仕事をしたいのか」

など、転職の軸を明確にします。

それぞれとマッチする求人を選んでいくことで、満足のいく転職をすることが可能となります。

看護師転職サイトで探した夜勤なしの求人事例

看護師転職サイトで探した夜勤なしの求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した好条件の夜勤なしの求人事例をご紹介します。

求人探しの参考にしてください。

※求人はあくまで一例です。既に募集が締め切られている可能性もあります。

求人事例1)療養型病院

療養型病院の日勤のみの求人です。

月収は38.1万円、賞与年2回2.5か月分、年収550万程度です。

療養型病院の病棟における正看護師業務全般の仕事です。

求人事例2)訪問看護リハビリステーション

訪問看護リハビリテーションの日勤のみの求人です。

月収は手当込みで50万円~で、年収600万円、固定残業代なし、昇給ありです。

訪問看護ステーションの管理者として訪問での健康管理等の看護業務全般の仕事を行います。

求人事例3)整形外科専門病院

整形外科専門病院の日勤のみの求人です。

月収は28.6万円~、賞与年2回4か月分、年収459万円~です。

手術室にて看護師業務全般を行います。

託児所や寮もあり、各種手当、福利厚生も充実しています。

求人事例4)医院の透析室

医院の透析室の日勤のみの求人です。

月収は44万~46万円、賞与3か月分、年収520万~550万円、昇給ありです。

外来透析室での看護業務を行います。

求人事例5)小規模病院

小規模病院の日勤のみの求人です。

月収は26万~32万円、賞与年2回3か月分、年収390~480万円、昇給ありです。

内科や外科、救急、終末期など幅広い診療科にて看護師業務を行います。

求人事例6)無床診療所

無床診療所の日勤のみの求人です。

月収は22.5万~28.5万円、賞与年2回4.5か月分、年収370万~470万円です。

点滴、注射や通所の処置、健康管理等を行います。

日曜祭日、水土午後は休日で、残業も少なめです。

夜勤なし看護師の仕事内容

夜勤なし看護師の仕事内容

ここからは、夜勤なし看護師の主な仕事内容についてご説明します。

病院・クリニック

夜勤なしの病院・クリニックの仕事はほぼ外来業務ですが、病棟でも日勤のみの働き方は可能です。

その場合は、夜勤ありの看護師と同様の業務内容となります。

患者さんとの関り、医師やそのほかの医療スタッフとの関りが大切になってきます。

クリニックは入院施設がない施設がほとんどなので外来業務となります。

患者さんの案内と医師の診療補助が主な業務となります。

小規模クリニックの場合は、事務業務や清掃業務も看護師の仕事になります。

介護施設

介護施設の種類は様々です。

介護施設では主に介護福祉士が直接利用者に関わっています。

看護師は必要な医療ケアを提供したり、介護福祉士と共に利用者の生活援助を行っていきます。

また、デイサービスの求人も多いです。

介護福祉士と共に利用者のお風呂やシャワー介助をしたり、様々なトレーニング・作業の補助に入ります。

献血センター

献血センターは夜勤がありません。

献血前の採血業務、実際の献血業務を実施します。

採血が得意な人に向いている職場ですね。

その他、献血履歴やデータの処理など事務業務も必要となります。

保育園

保育園は基本的に平日日勤のみの仕事です。

園児の健康保持、施設の清潔保持、スタッフの健康保持、両親からの健康相談、などが主な業務となります。

その他、保育士と共に園児の保育に携わる機会も多いです。

子どもが好きな人に向いている職場です。

企業

産業看護師は平日日勤のみの仕事です。

一般企業の健康管理室や保健室に常駐し、社員の健康管理・保健指導を担います。

健康診断のスケジュールを組んだり、必要な社員へ健康・保健指導を行ったり、簡単なケガや病気の処置を行います。

事務業務がほとんどで、パソコンスキルが必要となります。

夜勤なし看護師をするメリットデメリット

夜勤なし看護師をするメリットデメリット

メリット

生活リズムが整う

夜勤がない、ということは昼夜逆転することがないということです。

体内リズムが整うため心身の不調をきたしづらいと考えられます。

プライベートの充実が可能

夜勤なしで働くことで夜の時間は自由に使うことができます。

家族やパートナーとの予定もあわせやすくなります。

また、習い事や趣味、学習の時間も十分にとることができます。

家庭との両立が可能

子育てをしながら、介護をしながら、夜勤ありで働くのは大変ですよね。

夜勤なしであれば家族との時間も十分にとることができます。

家事・育児・介護との両立がしやすいと言えます。

デメリット

給与が下がる可能性がある

看護師の給与が高いのは夜勤手当があるからです。

そのため、夜勤が無くなれば必然的に給与は下がります。

とくに夜勤を多くこなしていた人は、夜勤がゼロになることで大幅に給与が下がってしまいます。

ただし、夜勤がなくても高給与な職場は存在します。

根気よく求人を探していくことが大切です。

残業が増えるかも

夜勤がない職場は日勤のうちに業務を終了する必要があります。

夜勤のスタッフがいれば任せられる仕事も、日勤のみで終わらせる必要があるのです。

そのため、施設・働き方によっては残業が増えてしまう可能性もあります。

しっかり労働環境、内部情報を確認して応募先を決定することが大切です。

夜勤なし看護師に向いている人の特徴

夜勤なし看護師に向いている人の特徴

ここでは、夜勤なしの看護師に向いている人の特徴をご説明します。

子育て中の人

子育て中の人は夜働くことは難しいですよね。

そのため夜勤なしでの仕事をおすすめします。

夜は家族の時間を取ることができ、子育ても無理なく行えるでしょう。

ただし、夜勤なしの職場は平日日勤のみの仕事が多いため、土日は休めても平日に休みづらい、というデメリットもあります。

保育園・幼稚園・学校の行事は平日に実施することもあり、休みが取りやすい環境であるのかどうかもリサーチしておくことが大切です。

プライベートを充実させたい人

夜勤なしの仕事ですと、夜間は自分の時間として使うことができます。

習い事をしたい、趣味を充実させたい、夜学に通いたい、というようにプライベートを充実させたい人は夜勤なしの働き方がおすすめです。

友人やパートナーとも予定を合わせやすいですね。

病院以外で働きたい人

病院で働いていると基本的には夜勤が必要になります。(外来は別)

逆に言えば病院以外の職場は夜勤なしの職場が多いのです。

病院以外の職場では患者さん以外の利用者さん、健康な人との関わりがメインになってきます。

また、業務内容も医療処置・看護処置よりも事務業務が多くなったりもします。

「見分を広めるため」、「キャリアアップのため」など病院以外を見てみたいという人におすすめです。

夜勤なし看護師が多い診療科

夜勤なし看護師が多い診療科

ここでは、夜勤なしの働き方ができる診療科の種類をご説明します。

美容クリニック

美容クリニックの多くは入院施設を持たないクリニックです。

手術も日帰り手術が多くなります。

そのため、看護師も日勤のみの業務となります。

完全予約制のクリニックがほとんどなため残業も少なめです。

皮膚科

一般病院でも皮膚科単独の病棟はありません。

そのため、皮膚科看護師はほとんど外来のみの業務となります。

医師の診察補助・患者さん対応を行っていきます。

眼科

眼科の手術をしている病院であれば入院病棟があり、夜勤があります。

しかし、眼科のクリニックであれば入院はないため、日勤のみの勤務になります。

眼科のクリニックは数が多く、近所に1件は眼科のクリニックがあると思います。

看護師は医師の診療補助、白内障などの日帰り手術の介助などを行います。

耳鼻咽喉科

大病院には耳鼻咽喉科の病棟もあります。

しかし、耳鼻咽喉科の多くは外来やクリニックになるため、夜勤なしの職場が多いと言えます。

医師の診療補助・患者さん対応が看護師の主な業務です。

まとめ

・夜勤なしの求人は人気が高いため、夜勤なしの求人数が多い看護師転職サイトを利用して良い求人を探す必要がある

・夜勤なしの職場は働き方が大きく異なる場合があるため、働き続けられる職場なのかどうかをしっかり確認する必要がある

・夜勤なしの職場は年収が下がる可能性が高いが、探し方によっては年収をキープして転職することも可能

夜勤なしの求人に強い看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

夜勤なしの職場は年収が下がったり、今までとは業務内容が異なる場合もあるため、転職前にしっかりリサーチして失敗のないようにしてくださいね。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事