看護師転職サイトおすすめ

内視鏡への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

内視鏡の求人が豊富な看護師転職サイト

内視鏡への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

内視鏡の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

内視鏡への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名内視鏡の公開求人数
1看護のお仕事10,000件前後
2ジョブデポ看護師2,600件前後
3MC─ナースネット500件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「内視鏡の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、内視鏡の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、内視鏡への転職を希望する場合は、上記のように内視鏡の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

そして、内視鏡の求人は、選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てきます。

内視鏡は、日勤のみで残業も少ないため給与は比較的低めといえますが、内視鏡専門病院や内視鏡センターでは一日当たりの処置患者数が多くなり、より専門的な高い技術を要求されるため給与は少し高くなります。

このように、同じ内視鏡でも年収に差が出てくるため、内視鏡への転職をする際には、しっかりと看護師転職サイトの求人を比較して職場選びをすることが大切です。

この記事では、内視鏡の求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、内視鏡の求人を探す際の注意点、内視鏡の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

内視鏡への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

内視鏡の求人を探す際の注意点がわかります

内視鏡の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

内視鏡転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

内視鏡の公開求人数

10,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、内視鏡の公開求人は10,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「内視鏡」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の内視鏡の求人は、日勤のみで月収30万を超える職場も多く、年間休日125日の職場や、内視鏡未経験でも歓迎の職場など、好条件の求人が多いです。

また、託児所完備の職場も探すことができるので、子育て中の看護師に最適な求人も見つけることができます。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

内視鏡転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

内視鏡の公開求人数

2,600件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

内視鏡の公開求人数は2,600件前後で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「内視鏡」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

また、さらに「高収入」「保育所完備」「残業少なめ」など、こだわり条件を追加して検索することが可能です。

『ジョブデポ看護師』の内視鏡の求人は、日勤のみで年収500万円近い職場や残業少なめの職場も見つけることができます。

院内研修が整っている職場もあるので、未経験でも仕事を覚えることができます。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

内視鏡転職におすすめの看護師転職サイト3)MC─ナースネット

「MC-ナースネット」写真

内視鏡の公開求人数

500件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『MC─ナースネット』は資本金1億円の株式会社メディカル・コンシェルジュが運営しており、様々な働き方ができる看護師求人が豊富です。

内視鏡の公開求人数は500件前後です。

検索ツール内の「キーワードで探す」の項目に「内視鏡」と入力することで求人を検索できます。

『MC─ナースネット』の内視鏡の求人は、年収500万円を超える職場もあります。

また、日勤のみで、年間休日120日の職場もあるので、ワークライフバランスが保てる職場が見つかります。

様々な働き方ができる求人を探したい人におすすめの看護師転職サイトです。

MC─ナースネットに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる内視鏡求人の種類

看護師転職サイトで探せる内視鏡求人の種類

ここでは、看護師転職サイトで探すことができる内視鏡求人の種類をご説明します。

病院

内視鏡が実施できる施設を備えた病院です。

大学病院の他、一般の病院でも行っています。

ただし、病院の規模や得意としている疾患により、対象としている疾患が異なります。

また、検査だけを行うのか、治療を行うのかも施設によって異なってきます。

そして、病院の場合は、施設の看護部に所属することになります。

そのため、内視鏡室での勤務を希望していても、希望通りに配属になるかはわかりません。

確実に内視鏡業務に携わりたいのであれば、クリニックを選択する、もしくは内視鏡関連の資格を取得しておくと採用に有利となりますし、配属の希望が通りやすくなります。

クリニック

内視鏡を実施できる設備を整えたクリニックです。

内視鏡など検査専門のクリニックもありますが、多くが消化器内科クリニック内に設備が整えられています。

そのため、内視鏡業務以外の外来業務も担うことがほとんどです。

看護師転職サイトで探せる内視鏡看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる内視鏡看護師の年収事情

内視鏡室に特別な手当はありません。

また、日勤のみで残業も少ないため給与は基本的には外来看護師と同じくらいであり、比較的低めといえます。

しかし、内視鏡専門病院や内視鏡センターでは一日当たりの処置患者数が多くなり、より専門的な高い技術を要求されるため給与は少し高くなります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる内視鏡の業務は大変なのか

内視鏡看護師の業務は大変なのか

内視鏡は基本的に予約の患者さんに実施するため、そこまでバタバタと忙しくなることはありません。

残業も少なく夜勤もないため体力的には楽と言えるでしょう。

業務に関しても、内視鏡と言う特殊な検査・治療に携わることになりますが、基本的にはルーティンワークです。

慣れてしまえば、同じことの繰り返しになるため、そこまで大変と感じることはありません。

しかし、内視鏡施設の看護業務は、慣れるまでは大変です。

また、急変が起きてしまうと大変です。

検査・治療を行うだけだから急変も起きないだろう、と考える人もいるようですがそんなことはありません。

頻度は低いですが急変のリスクはあります。

そのため緊張感をもって業務に当たりますので、精神的に疲れてしまうこともあります。

看護師転職サイトで探した条件の良い内視鏡の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い内視鏡の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した条件の良い内視鏡求人をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

事例1)クリニック

内科・消化器内科・内視鏡内科専門のクリニックの求人です。

月収30万~35万円(手当込み)、賞与年間2.5か月分です。

仕事内容は、診療補助、内視鏡検査、各検査の介助、採血、点滴など、内科クリニックにおける看護師業務で、日勤のみです。

年間休日125日と多く、内視鏡未経験の方やブランクのある人でも歓迎の求人です。

内視鏡検査・超音波検査技師資格取得を目指す人への指導や補助もあります。

事例2)一般病院

消化器科・胃腸科・肛門科を専門に扱っている病院の求人です。

月収35万~45万円(手当込み)、賞与年間3.5か月分です。

配属先は内視鏡室で、日勤のみです。

年間休日124日と多めで、院内に託児所を完備しています。

事例3)一般病院

内科、内視鏡内科、人工透析内科、リハビリテーション科、整形外科、脳神経外科、眼科、皮膚科、放射線診断科を診療科目とする病院の求人です。

月収25万円~40万円、賞与年間4か月分です。

仕事内容は、看護師業務全般で2交代です。

院内研修、クリニカルラダー、プリセプター制度、院外研修があるため、安心して仕事に慣れることができます。

全室個室のマンションの社宅があり、病院近くに院内保育所もあります。

事例4)胃腸病院

内科、胃腸科、消化器科を診療科目とする胃腸病院の求人です。

月収25.8万~34.6万円、賞与年間54万~72万円です。

仕事内容は、各種処置、上・下部内視鏡検査介助、検査説明、健診業務など内視鏡室での看護業務です。

日勤のみで、残業は月平均5時間程度です。

事例5)一般病院

外科、内科、整形外科、胃腸科、循環器科、呼吸器科、内分泌科、泌尿器科、 放射線科、もの忘れ外来、ピロリ菌除菌外来、皮膚科を診療科目とする病院の求人です。

年収500万~550万です。

仕事内容は、採血、注射、点滴、心電図(12誘導)、内視鏡介助など、一般病棟における看護師健康管理業務で2交代です。

事例6)内科・消化器科クリニック

内科、消化器科を診療科目とする病院の求人です。

月収25万~35万円、賞与年間2.5か月分、昇給あり、上部内視鏡手当や下部内視鏡手当もあります。

仕事内容は、診療補助、採血、注射、点滴、心電図、内視鏡介助など、クリニックにおける看護業務です。

日勤のみで、年間休日120日と多めです。

病児保育室がすぐそばにあります。

消化器内視鏡技師資格も取得可です。

看護師転職サイトを利用して内視鏡の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して内視鏡の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトを利用すると自分でも求人の検索が可能です。

内視鏡施設を希望する場合は、希望診療科・希望施設の「内視鏡」にチェックを入れて検索をします。

もし希望診療科が選択できない場合は、フリーワードで「内視鏡」と入力して検索しましょう。

内視鏡で検索をすると、病院・クリニックの求人が表示されてきます。

施設によって労働条件も異なってきますので、もし希望の労働条件・労働環境があれば、それらにもチェックを入れて検索をかけておくと効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながら担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

担当アドバイザーからは非公開求人も紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開してしまうと応募が殺到するような条件の良い求人であることが多いです。

条件の良い求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、担当アドバイザーは様々な希望条件を聞き出し、希望にマッチする求人を見つけてきてくれますので、入職後のミスマッチが起こりづらいのも特徴です。

是非、好条件で、自分の希望に沿った求人を紹介してもらってください。

業務内容は施設によって異なるため注意が必要

内視鏡で行う治療はポリープや早期がんの切除だけでなく、異物の除去・出血に対する止血処置・食道静脈瘤に対する治療・胃ろう造設・胆管のステント留置・胆石の除去など様々です。

どのような治療を行っているのかは医療施設・医療機関の規模で異なってくるため、一口に内視鏡室に勤務する、と言っても看護師の業務内容は職場ごとに違いがあります。

検査だけに関わりたいのか、治療にも関わっていきたいのか、その他の労働条件についても希望を明確にしておき、自分にぴったりの求人を見つけられるようにしておきましょう。

内視鏡の看護師の仕事内容

内視鏡の看護師の仕事内容

医師の診療、治療の補助

基本的に内視鏡の前後で医師の診察があります。

看護師は、医師の診察時の補助を行います。

移動に介助が必要な患者さんに対しては適切な介助を行います。

また、検査・治療時には羞恥心やプライバシーへの配慮も必要です。

特に大腸内視鏡の場合は露出は最小限にとどめていくことが大切です。

治療時の介助ではスムーズに医師のサポートを行うことが、患者さんへの苦痛を最小限にすることにつながります。

点滴管理

検査・治療の際、必要であれば点滴を実施します。

また、苦痛を伴う検査・治療であることが多いため、麻酔を実施することもあります。

必要な薬品を準備し、確実に投与を行っていきます。

患者さんへの説明

検査や処置に対する説明を行います。

特に消化器の内視鏡では検査・治療前の食事制限や、前日からの飲食の制限、前処置など患者さん自身が実施する項目が多くあります。

確実に行えるよう、患者さんの理解度に合わせた説明が必要となってきます。

また、検査・治療中も患者さんに適宜声掛けを行い、検査・治療に協力してもらえるようにしていきます。

検査・治療の準備、片付け

当日の検査・治療に合わせた器具や薬剤の準備を行います。

また、使用後の物品の片付け、補充も看護師の役割です。

物品を過不足なく準備することが、スムーズな検査・治療につながります。

患者さんのメンタルケア

検査・治療に安心して臨んでいただけるよう適切な声掛けを行い、リラックスして検査・治療を受けられるよう精神的サポートを行います。

一人の患者さんとの関わる時間が短いからこそ、その場その場に合わせた対応が求められます。

緊急時の対応

検査・治療もすべてが安全とは限りません。

薬剤の使用もありますし、処置による出血も考えられます。

そのため、急変を起こすリスクはゼロではありません。

基本的な緊急時対応の知識や技術が必要です。

また、検査・治療中の患者さんの状態を観察し、異常の早期発見に努めていきます。

内視鏡看護師をするメリットデメリット

内視鏡看護師をするメリットデメリット

メリット

消化管内視鏡検査技師の専門資格の取得ができる

内視鏡の業務は特殊な部類に入ります。

そのため、看護師に限ったものではありませんが、専門的な資格が存在します。

それが消化器内視鏡検査技師です。

この資格は2年以上内視鏡検査・治療に携わっていて、資格取得のために必要な講習を受けた看護師であれば受験可能です。

資格を保有していることで、内視鏡に強い看護師である、という強みを身につけることができます。

プライベートとの両立がしやすい

内視鏡施設は、基本的に事前予約した患者さんを対象としています。

検査・治療は日中に行うため、夜勤はありません。

また、ルーティンワークが多いため残業も少ない傾向にあります。

そのため生活リズムが崩れることもなく、家族・パートナーとも予定を合わせやすい職場です。

デメリット

物足りないと感じることもある

内視鏡施設では、業務自体がほぼルーティンワークとなります。

また、病棟と違い一人ひとりの患者さんと関わる時間が短いため、「数をこなす」という感覚に陥りやすく、「看護をしている」という実感を得づらい環境です。

看護師なのに看護している感覚が得られないと、存在意義に疑問を持ってしまうことも。

患者さん一人ひとりを診ていく、短時間でも看護師としてできる看護をしていく、という意識を持ち続けることが大切です。

学ぶことが多い

内視鏡室で働くためには内視鏡に関する専門的な知識と技術が要求されます。

実施部位も消化管だけでなく多岐にわたるため、それぞれの臓器に対する知識も必要となってきます。

また、内視鏡治療の現場は常に最新の技術が生み出されている分野にもなるので、経験を重ねながら知識や技術をアップデートしていく必要があります。

内視鏡看護師に向いている人の特徴

内視鏡看護師に向いている人の特徴

プライベートを充実させたい人

内視鏡施設は基本的に日勤のみであり、ほとんど残業もありません。

そのため、家事・育児と両立したい人などプライベートを充実させたい人には最適な職場です。

ブランクのある人

内視鏡は専門性の高い検査・治療です。

しかし、業務自体はパターン化したものが多く、一度覚えてしまえばそこまで業務に問題を感じることはありません。

初めに頑張ってしまえばすぐに慣れることができるため、ブランクのある人でも学習意欲があれば問題なく業務に当たることができます。

専門資格取得に興味がある人

内視鏡は消化器だけでなく気管支内視鏡など、様々な診療科で扱われています。

それらを総合的に学習することができ、また希望があれば専門資格を取得することもできます。

これは自分の看護師としての強みとすることができますね。

コミュニケーションスキルの高い人

内視鏡施設では検査・治療がメインとなります。

来院してもすぐに検査・治療に入るため、なかなか看護師として患者さんに接する時間がありません。

患者さんとのかかわりが短時間であるからこそ、その短い時間の中で患者さんの不安や心配事を察知し、瞬時に対応していく必要があります。

患者さんの言葉だけでなく、顔色や声色などから緊張状態や不安を読み取り、適切な言葉かけをして緊張・不安を和らげられるようにしていくことが大切です。

まとめ

・内視鏡へ転職をするには、内視鏡の求人数が多い看護師転職サイトで職場を比較することが大切

・内視鏡の収入面は、日勤のみで残業も少ないため比較的低めだが、内視鏡専門病院や内視鏡センターでは給与は少し高くなる

・内視鏡は残業も少なく夜勤もないため体力的には楽だが、急変が起こると大変

内視鏡の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事