看護師転職サイトおすすめ

訪問入浴への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

訪問入浴の求人が豊富な看護師転職サイト

訪問入浴への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

訪問入浴の仕事内容が知りたい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

訪問入浴転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名訪問入浴の公開求人数
1看護のお仕事2,500件前後
2マイナビ看護師非公開
3ナースではたらこ200件前後

※求人数は時期によって変動します

看護師転職サイトは様々なものがありますが、訪問入浴の看護師求人を保有しているサイトは少ないと言えます。

また、訪問入浴を行っている事業者も少なく大手数社の求人がほとんどです。

そのため、訪問入浴への転職を希望する場合は、上記のように訪問入浴の求人を保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

訪問入浴看護師の年収は勤務する施設、勤務形態によって異なりますが、基本的に日勤のみの勤務となるため、一般看護師の平均年収に比べて年収は低くなります。

転職先によって働き方や給与などの労働条件は様々であるため、しっかり求人を比較することが大切です。

この記事では、訪問入浴の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、訪問入浴の求人を探す際の注意点、訪問入浴の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

訪問入浴の転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

訪問入浴の求人を探す際の注意点がわかります

訪問入浴の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

訪問入浴転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

訪問入浴の公開求人数

2,500件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、訪問入浴の公開求人は2,500件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「入浴」と入力すると求人を確認することができます。

『看護のお仕事』の訪問入浴の求人は、日勤のみ年収400万円ほどの訪問看護ステーションや産休・育休制度などの休暇が取りやすい訪問看護ステーションなど、日勤のみでプライベートとのバランスが取れる職場が多く見つかります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

訪問入浴転職におすすめの看護師転職サイト2)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

訪問入浴の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの「病院名・施設名から探す」の項目に「入浴」と入力すると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の訪問入浴の求人は、日勤のみで年収500万円以上の訪問看護ステーションや日勤のみ日曜休みで年収400万円の訪問看護ステーションなど、日勤のみの高給与な職場が多い印象です。

求人検索ツールでは、年収も指定することができるため、求人を探しやすいです。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

訪問入浴転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

訪問入浴の公開求人数

200件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで訪問入浴の公開求人数は200件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「訪問入浴」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の訪問入浴の求人は、日勤のみオンコール残業なしで年間休日110日、各種休暇制度が整っている訪問入浴事業所や日曜+希望曜日が休みの訪問看護ステーションなど、休日をしっかり取りながら働くことができる職場が多く見つかります。

また、託児所ありの職場もあるので、子育て中の看護師に最適な職場も探すことができます。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、おすすめの看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる訪問入浴の種類

看護師転職サイトで探せる訪問入浴の種類

訪問入浴専門事業所

訪問入浴のみを専門とした事業所です。

事業所の数は少ないため、求人自体も少ないです。

入浴車で利用者宅を訪問し、入浴介助を行います。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションで実施している入浴サービスです。

利用者宅を訪問し、利用者宅のお風呂で入浴介助を行います。

看護師転職サイトで探せる訪問入浴看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる訪問入浴看護師の年収事情

訪問入浴看護師の年収は勤務する施設、勤務形態によって異なります。

しかし、基本的には日勤のみの勤務となるため、一般看護師の平均年収に比べて年収は低くなります。

また、正規職員よりもパートなどの非正規職員であることが多いため、より年収は下がる傾向にあります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトを利用して訪問入浴の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して訪問入浴の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索が可能です。

訪問入浴の求人を検索したい場合は、フリーワードで「訪問入浴」、「入浴」と入力して検索していきます。

訪問看護ステーション、訪問入浴事業所など、様々な求人が掲載されてきます。

そのほか、希望の働き方や希望条件があれば、それらの詳細もチェックを入れておくことで、求人を絞ることができますので、効率良く求人を探すことができます。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は基本的に公開求人のみです。

アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人であることがほとんどです。好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

実際、訪問入浴の非公開求人もありますので、聞いてみて損はありません。

訪問看護ステーションの場合は注意が必要

訪問看護ステーションで訪問入浴を提供している施設もあります。

その場合は少し注意が必要です。

普段、訪問看護師として勤務して、シフト制で訪問入浴に携わる。

訪問入浴専門のスタッフとして訪問看護ステーションに勤務する。

など、様々な働き方があります。

訪問看護師をしながら訪問入浴も担当する場合は、勤務日数も多くなりますし、業務内容も増えるため年収も高く設定されていることが多いです。

訪問入浴だけを専門としたいのであればパートなど非正規職員となる場合があります。

希望する訪問看護ステーションが求人をどのように掲載しているのか、しっかり確認していくことが必要です。

看護師転職サイトで探せる訪問入浴看護師の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる訪問入浴看護師の業務は大変なのか

訪問入浴の業務は体力的に大変です。

夜勤はないため生活リズムが狂うことはありません。

しかし、入浴介助は本当に大変です。

夏場でも冬場でも浴室は暑いため汗だくです。

脱衣所は夏は暑く・冬は寒いため適温にするための気を遣う必要もあります。

そして、訪問入浴の場合は利用者さんの自宅お風呂で介助をする必要があります。

自宅の狭い浴室で介助をするために無理な態勢を取ることもあります。

かなり腰に来ます。

ただ、利用者さんやご家族と話をしながら楽しく介助をすることができます。

また、お風呂に入れたことをとても喜んでくれる利用者も多いです。

大変ですがやりがいもある、訪問入浴はそんな仕事です。

看護師転職サイトで探した訪問入浴の求人事例

看護師転職サイトで探した訪問入浴の求人事例

事例1)訪問看護ステーション

訪問入浴がメインの訪問看護ステーションの求人です。

月収26万円~(手当込み)、賞与年間3か月分です。

オペレーター、ヘルパー、看護師がチームとなり、入浴車で入浴サービスを提供します。

看護師は、入浴前後のバイタルチェックや衣服の着脱等を行います。

日勤のみで産休・育休制度や有給、介護休暇などの休暇が取りやすい職場です。

事例2)訪問入浴センター

訪問入浴センターの求人です。

月収26.5万~27.5万円です。

仕事内容は、訪問介護ステーションの訪問における正看護師業務全般で日勤のみです。

ワークライフバランスが取りやすい職場です。

事例3)訪問看護ステーション

訪問看護ステーションの訪問入浴求人です。

月収24.9万~26.2万円(手当込み)、賞与年間2か月分、年収350万~600万円です。

仕事内容は、訪問看護ステーションでの訪問入浴で日勤のみです。

残業も少なく、月9休、有給休暇、慶弔休暇、出産・育児休暇、介護休暇、その他休暇制度もあります。

事例4)訪問看護ステーション

訪問看護ステーションの訪問入浴の求人です。

月収27.5万~29.6万円(手当込み)、年収369万~394万円です。

仕事内容は、入浴前後のバイタルチェックや衣服の着脱等など訪問入浴の業務です。

1日6~8件の訪問、日勤のみ、日曜は固定休です。

事例5)訪問入浴事業所

訪問入浴の事業所の求人です。

月給24万~24.3万円、賞与年間48.9万~66.4万円です。

仕事内容は、訪問入浴での看護業務で日勤のみ、オンコールなし、残業ほぼなしです。

年間休日110日、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、結婚休暇など、各種休暇制度があります。

寮あり、託児所ありです。

事例6)訪問入浴センター

訪問入浴センターの求人です。

月給280,000円〜350,000円です。

仕事内容は、入浴介助の他、入浴前後のバイタルチェックで日勤のみです。

日曜と希望曜日が休日です。

訪問入浴の看護師の仕事内容

訪問入浴の看護師の仕事内容

入浴前のチェック

入浴はかなり体力を消耗します。

健康な人でもそうですから、病気を患っている患者さんにはとても負担のかかる作業になります。

そのため、入浴前のバイタルサインチェックは欠かせません。少しでも熱があれば入浴はできません。

浴室準備

利用者宅の風呂で入浴介助をする場合は、浴室の準備を行います。

お湯を張り、浴室を温めます。脱衣所を利用する場合は脱衣所の室温も重要です。

特に冬場は温度差でヒートショックを起こすリスクもあります。

寒暖の差が大きくならないよう、室温を調整していきます。

患者さん準備

患者さんの入浴準備を行います。

ベッド入浴の場合は、入浴用のベッドに移動し脱衣します。

風呂場で入浴する場合は、脱衣所まで案内し脱衣の介助を行います。

自分で脱衣が行える場合は、リハビリにもなるため手伝いすぎないように注意していきます。

入浴介助

ベッド浴の場合は、入浴してもらいながら洗髪をしたり、体を洗ったりします。温度が下がらないよう、適宜足し湯をしながら湯温を調整します。

風呂場の場合は、洗い場で洗髪と体を洗うことを介助します。

自分でできる部分は自分で洗ってもらうことも大切です。

風呂場は滑りやすくなっています。

転倒しないよう細心の注意をはらっていきます。

入浴の際は、段差がありますので躓くことのないよう介助していきます。

また、お湯につかった際、上手に座位を保てない場合もありますので、体位を保てるよう補助します。

着替え援助

入浴後の着替えを行います。

必要時、皮膚の保湿もおこなっていきます。

身体が冷えないように手早く行っていくことが大切です。

終了後のバイタルチェック

入浴終了後、水分補給などをしてからだが落ち着いたら再度バイタルサインのチェックを行います。

気分不快の有無、疲労感なども確認します。

入浴前後で大きな差がないことを確認してきます。

訪問入浴看護師をするメリットデメリット

訪問入浴看護師をするメリットデメリット

メリット

プライベートとの両立が可能

訪問入浴は日中のみの仕事です。

訪問看護を同時に行っている場合は、月に何度かのオンコール当番がある可能性もあります。

しかし、基本的には日勤のみですので、家庭やプライベートとの両立がしやすいです。

特別なスキルは必要ない

訪問入浴では特別なスキルは必要ありません。

基本的な入浴介助が出来れば問題ありません。

利用者によっては吸引が必要な場合もありますが、こちらも基本的看護技術になりますので、特別な研修は必要ないと言えます。

また、1人で入浴介助をすることはほとんどありません。

ヘルパーさんや他の看護師、介護士と共に介助を行っていきます。

同僚に相談しながら介助を進めていくことができるため、精神的負担も軽くなります。

デメリット

体が辛い

訪問入浴は体力勝負です。

お風呂場はお湯を使用するため暑いです。

特に夏場は辛いです。汗だくです。

また、何かしらの介助が必要となりますので、腰などにもきます。

一般家庭のお風呂場は広さも十分ではありません。

スペースが限られている中で介助をすることで、辛い体勢を取らなくてはいけないこともしばしば。かなり大変です。

給与は低め

訪問入浴は基本的に日勤のみですので一般的な看護師よりも給与は低めとなります。

求人は少なめ

訪問入浴専門の事業所は数少ないです。

訪問看護ステーションで行っている訪問入浴はありますが、その場合、訪問入浴のみのスタッフというよりは訪問看護師がシフト制で訪問入浴に出向く、というものになります。

そのため、訪問入浴オンリーの求人は少なめと言えます。

訪問入浴看護師に向いている人の特徴

訪問入浴看護師に向いている人の特徴

訪問看護に興味のある人

訪問看護ステーションの事業の一環として訪問入浴を行っているステーションは多いです。

その場合、訪問入浴に関わると同時に訪問看護に関わることになります。

また、訪問看護と訪問入浴。利用者宅に訪問してサービスを提供することは同じです。

看護師は、利用者さんの体調管理を主に実施する、ということも同じです。

少しでも訪問看護に興味がある人にとって、訪問入浴は最適な働き方です。

本格的に訪問看護で働く前に、お試しとして訪問入浴に携わることで、利用者さんの自宅に訪問してケアを実施する、ということがどんな意味を持つのか、どんなところに注意していけばいいのかを学習することができます。

ブランクのある人

訪問入浴に特別なスキルは必要ありません。

そのため、看護師としてある程度ブランクがあっても問題なく業務に当たることができます。

基本的なバイタルサインのチェック、異常の発見ができ、吸引など基本的な看護技術の提供ができれば問題ありません。

ただし、体力的には大変な仕事になりますので、働き方や働く日数についてはよく相談をしてくことが大切です。

プライベートと両立したい人

訪問入浴は基本的に日勤のみの仕事です。

家庭や子育てと両立したい人、プライベートも大切にしたい人にとっては働きやすい環境と言えます。

まとめ

・訪問入浴看護師の年収は勤務する施設、勤務形態によって異なる

・訪問入浴の業務は体力的に大変

・訪問入浴の求人が豊富な看護師転職サイトで労働条件をしっかり比較して選びたい

訪問入浴の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

公益社団法人 ACジャパン個人会員(会員一覧|ACジャパン (ad-c.or.jp)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事