看護師転職サイトおすすめ

心臓血管外科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

心臓血管外科の求人が豊富な看護師転職サイト

心臓血管外科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

心臓血管外科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

心臓血管外科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名心臓血管外科の公開求人数
1看護のお仕事1,500件前後
2マイナビ看護師非公開
3ジョブデポ看護師700件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「心臓血管外科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、心臓血管外科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、心臓血管外科への転職を希望する場合は、上記のように心臓血管外科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

そして、心臓血管外科の求人は、選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てきます。

基本の給与は施設によって異なりますが、心臓血管外科がある病院は大規模病院であることがほとんどのため、給与が高く設定されていることが多いです。

しかし、外来・クリニックの場合は夜勤手当がないため、給与は低めになります。

看護師転職サイトで求人を比較しながら、希望にマッチした職場を探すことが大切です。

この記事では、心臓血管外科の求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、心臓血管外科の求人を探す際の注意点、心臓血管外科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

心臓血管外科の看護師求人に強い看護師転職サイトがわかります

心臓血管外科の求人を探す際の注意点がわかります

心臓血管外科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

心臓血管外科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

心臓血管外科の公開求人数

1,500件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、心臓血管外科の公開求人は1,500件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「心臓」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の心臓血管外科の求人は、年収500万~600万程度や、年間休日120以上、24時間託児所完備など、好条件の職場が多いです。

また、教育制度も整っており、ブランクや未経験でも仕事を覚えることができる職場もあります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

心臓血管外科転職におすすめの看護師転職サイト2)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

心臓血管外科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「心臓血管外科」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の心臓血管外科の求人は、年収500万円前後の職場も多く、育児休暇100%取得や院内託児所ありの職場など、子育てと両立できる職場も多く見つかります。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

心臓血管外科転職におすすめの看護師転職サイト3)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

心臓血管外科の公開求人数

700件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

心臓血管外科の公開求人数は700件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「心臓」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の心臓血管外科の求人は、年収600万を超える職場や、年間休日が多く各種休暇制度が整っている職場など、様々な条件の職場があります。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる心臓血管外科の種類

看護師転職サイトで探せる心臓血管外科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる心臓血管外科の種類をご説明します。

クリニック

心臓系の疾患を診察するクリニックです。

心臓血管外科だけを診察している施設はほとんどありません。

多くが循環器科と一緒になっています。

また、クリニックでは外科的治療は難しいため、術前後の管理のために通院する形になります。

病棟

心臓血管外科の病棟です。

心臓血管外科がある施設は設備の整っている大規模病院が多いです。

心臓血管外科に携わるのであれば、病棟でもいいですが、心臓系の術後を管理するICUを選択するのもいいですね。

また、病棟は心臓血管外科単独、循環器科と合同、など様々な形態があります。

希望施設がどのような態勢を取っているのかしっかり確認することが必要です。

外来

心臓血管外科の外来です。

病棟と同様、心臓血管外科の外来がある施設は大規模病院であることが多いです。

看護師転職サイトで探せる心臓血管外科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる心臓血管外科看護師の年収事情

心臓血管外科看護師の給与は平均か、それ以上です。

基本の給与は施設によって異なりますが、心臓血管外科がある病院は大規模病院であることがほとんどのため、基本給与が高く設定されていることが多いです。

しかし、心臓血管外科に特別な手当はありません。

病棟の場合は、基本的に夜勤がありますので夜勤手当がつきます。

ただ、忙しい診療科であるため、給与が割りに合わないと感じる人もいるようです。

外来・クリニックの場合は夜勤手当がないため、給与は低めになります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる心臓血管外科の業務は大変なのか

心臓血管外科看護師の業務は大変なのか

心臓血管外科看護師の業務は大変です。

心臓血管外科で扱う臓器・疾患は命に直結してしまうものが多いです。

そのため、医療者にも患者さんにも緊張感が漂っています。

また、患者さん・ご家族は疾患への不安、命への不安で神経をとがらせている状態ですので、看護師の対応1つでクレームに繋がることもあります。

看護師も常に緊張感を持ち、言葉・態度にも気を使っていく必要があるため、かなり精神的に大変です。

そして、心臓血管外科は術前後の患者さんを看ます。

術前も術後も急変のリスクが高い診療科です。

患者さんも安静度が高いため、比例してケア度も高くなっています。

日々の業務をこなしながらも、急変対応をしていく。他の診療科よりも比較的忙しい診療科と言えるでしょう。

精神的にも体力的にも大変な診療科です。

しかし、大変な中でも多くのことを学んでいくことができます。

他の診療科への転職・転科の際には、その学んだことが有利に働きます。

看護師転職サイトで探した条件の良い心臓血管外科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い心臓血管外科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した条件の良い心臓血管外科求人をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

求人事例1)心臓脳・血管センター

心臓血管外科、循環器内科、脳神経外科、リハビリテーション科、訪問看護を診療科目とする病院の求人です。

月収31.1万~43.1万円(手当込み)、賞与年間3.6か月分です。

2交代で、年間休日126日です。

プリセプター制度、チューター制度、クリニカルラダーなど、教育制度も整っています。

看護師だけが利用できる専任の保育士による24時間院内託児所や寮もあります。

求人事例2)心臓血管病院

内科や心臓血管外科、胸部外科、救急科を診療科目とする病院の求人です。

月収32.6万~42万円(手当込み)、賞与年間2か月分です。

仕事内容は病棟における看護業務全般で3交替です。

入職時研修、看護部新人研修、集合教育、プリセプター制による教育制度も整っています。

乳児から小学1年生まで利用できる託児所や保育室を院内に整備しています。

求人事例3)心臓血管病院

心臓血管病院の求人です。

月収38.5万~43.1万円(手当込み)、賞与1か月分、年収492万~552万円です。

仕事内容は病棟においての看護師業務全般で3交代です。

オペの主な内容は、漏斗胸、下肢静脈瘤、ペースメーカーの埋め込みなどです。

院内託児所あり、育児休暇は希望者の100%が取得しています。

求人事例4)心臓脳・血管センター

心臓病や循環器領域を得意とする病院の求人です。

月収35.4万~、賞与年間3.6か月分、年収500万円~です。

病棟での看護業務で2交代、年間休日126日です。

最先端の設備で循環器分野の経験を積める職場環境です。

入職時オリエンテーション、フォローアップ研修、合同研修、院外研修、ケーススタディ等、教育制度も整っています。

24時間対応の託児所、鉄筋コンクリート製のワンルームマンションの看護師寮も完備しています。

求人事例5)一般病院

心臓血管外科、循環器内科に特化した病院の求人です。

給与は年俸制で、年俸360万~620万円です。

仕事内容は病棟における看護業務全般で2交代です。

年間休日が123日と多めで、夏期休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、夏期休暇、冬期休暇などの休暇制度も整っています。

求人事例6)一般病院

循環器内科や心臓血管外科を専門とする病院の求人です。

給与は、

【経験5年モデル】

月給30.7万円(手当込み)、賞与114万円、年収482万円

【経験9年モデル】

月給31.9万円(手当込み)、賞与119万円、年収502万円

仕事内容は病棟における看護業務全般で2交代です。

病院周辺の1Kの民間アパートを借り上げて寮として提供、自己負担1ヶ月17,000円、引越し代100,000円が支給されます。

看護師転職サイトを利用して心臓血管外科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して心臓血管外科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索が可能です。

心臓血管外科の求人を探したい場合は、検索ツールバーにある希望診療科で「心臓血管外科」を選択して検索をします。

希望診療科が選択できない場合は、フリーワードで「心臓血管外科」と入力して検索します。

希望診療科だけを選択して検索をすると、クリニック・病棟・外来、と様々な求人が表示されます。

希望の働き方、希望施設、希望の労働条件があればそれらも選択をしておくと、表示される求人が絞られるため効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながら、担当アドバイザーからの求人の紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は公開求人のみです。

アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人であることがほとんどです。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

希望診療科以外の、労働条件・労働環境などの希望条件も伝えておくと希望にあった求人を紹介してもらえます。

単科かどうか確認する

クリニックや病棟を選択する際、心臓血管外科の単科かどうかは重要です。

クリニックは循環器科と一緒になっていることが多いので、循環器科の知識も必要となります。

また、病棟でも単科の施設、他の診療科と合同病棟の施設、と様々です。

自分がどんな働き方をしたいのかを明確にしておき、しっかりと求人票を確認していきましょう。

病院の場合は心臓血管外科に配属されるかわからない

心臓血管外科の病棟・外来での勤務を希望して一般病院に入職したが、配属されたのが違う診療科だった、ということは避けたいですよね。

病院に入職した場合、病院の看護部に所属することになります。

看護部から各診療科に配属されることになりますが、希望した診療科に確実に配属されるのかどうかは分かりません。

病院内のスタッフが足りない診療科に配属されることになるため、心臓血管外科のスタッフが充足していれば配属が難しくなります。

入職の際、配属の希望は聞かれるが、全て希望通りにいかない、ということを覚悟しておくことが必要です。

心臓血管外科(病棟)の看護師の仕事内容

心臓血管外科(病棟)の看護師の仕事内容

手術前管理

心臓血管外科の主な治療法には、冠動脈バイパス手術、左室形成術、両室ペーシング術、血管再生医療、人工弁置換術、弁形成術、胸部大動脈手術、未梢動脈手術などがあります。

病棟では、手術前の検査出しや術前の準備を行います。

心臓に疾患をもっている患者さんを対象としているため、術前も急変リスクはあります。

異常がないかの観察を行いながら、検査への送迎を行う必要があります。

手術後の管理

心臓血管外科の術直後はICUにて管理を行います。

状態が落ち着いたら病棟に帰ってきます。

病棟でも術後のバイタルサインのチェックや創部の観察、包交の介助を行います。

また早期離床のための援助も必要です。

離床によって循環動態の変化が起こりやすいため、モニターチェックをしながら援助を行います。

ドレーン類の管理

術後の胸腔ドレーンや心嚢ドレーンの管理を行います。

ドレーンからの排液量や排液の性状の観察だけでなく、挿入部の観察も重要です。

感染兆候の有無など、異常の早期発見に努めます。

心電図モニタリング

心臓血管外科の手術後は急変リスクが非常に高いです。

確実な心電図のモニタリングが必要です。

患者さんは24時間心電図を装着しています。

看護師はアラームに慣れることなく、異常の早期発見に努めます。

急変時対応

心臓血管外科は文字通り、心臓血管系の疾患を扱います。

命に直結する臓器の疾患と言うことで、急変リスクが高い患者さんが多いのが特徴です。

急変への対応は看護師の重要な業務になります。

心臓血管外科看護師をするメリットデメリット

心臓血管外科看護師をするメリットデメリット

メリット

心電図が読めるようになる

心電図モニターをつけている患者さんがほとんどなので、心臓血管外科看護師として心電図が読めるようになるのは基本中の基本です。

正常よりも異常な心電図を見ることが多いですが、基本的には正常な心電図をしっかり把握できていることが大切です。

正常がわからなければ異常も発見できません。

心電図モニターは他の診療科・病棟でも装着している患者さんはいるので、心電図が読めることは看護師としての自分の強みになります。

急変に強くなる

心臓血管外科は急変が多いです。

数をこなすので急変対応に強くなります。

そのため、急変時にもバタバタするのではなく、落ち着いた対応ができるようになります。

急変時に冷静な対応ができると、患者さんやご家族に安心感を与えることができます。

また、急変時対応は他の診療科・病棟に移っても発揮できる知識・技術です。

急変に強い看護師が病棟・外来に一人でもいると助かるので、かなり重宝されます。

術後管理の知識を得ることができる

心臓血管外科の手術は大手術です。

術直後はICUで管理することがほとんどですが、状態が安定すると病棟に帰ってきます。

病棟では術後の基本的な管理を学ぶことができます。

疾患によって注意する部分は変わってきますが、基本的な術後管理はどの診療科でも同じです。

基本的な術後の注意点や管理方法を学ぶことで、他の診療科・病棟でもその力を発揮することができます。

デメリット

忙しい

心臓血管外科は外科系の病棟のため、病棟内は忙しい傾向があります。

術前後の入退室、急変対応、家族対応、などなど。

また、患者さんのケア度も高いため猫の手も借りたいほど忙しい時もあります。

そして、特に夜勤が忙しいことが多いです。なぜか?

不思議と急変は明け方に起こることが多いのです。

夜勤はスタッフ人数が少ないです。

その中で予定外の事態に対応しながら通常の業務をこなさなければいけないため、かなり忙しいと言えます。

アラーム音が鳴り響いている

心臓血管外科では、ほとんどの患者さんが心電図モニターを装着しています。

装着したままで行動するため、心電図アラームがひっきりなしに鳴っていることも多いです。

アラームを聞きすぎて家にいる時にアラームの幻聴があるのは、心臓血管外科看護師あるあるです。

精神的に疲弊する

心臓血管外科疾患は命に直結するものも多く、急変も比較的多い診療科です。

また、心電図波形にも異常が現れるため「見落とせない!」という気持ちが強くなり、勤務中の緊張感へとつながります。

それが続くことで精神的にかなり疲弊してしまいます。

心臓血管外科看護師に向いている人の特徴

心臓血管外科看護師に向いている人の特徴

臨機応変な対応ができる人

心臓血管外科は比較的急変の多い診療科です。

急変はいつ起こるか予測できません。

日々の業務の中でイレギュラーな事態が起きたとき、慌てず、騒がず、冷静に対応できる精神力が求められます。

段取り上手な人

心臓血管外科は業務量が多いです。

術前後の観察、ケア度の高い患者さんへの援助。これだけ聞くとそこまで業務量は多く感じないかもしれません。

しかし、ケア度が高い患者さんが多いことで、一つ一つの業務に時間がかかってしまいます。

患者さん相手ですから、看護師が自分のペースだけで仕事をするわけにもいきません。

一人の看護師が抱える多くの業務に対して、常に優先順位を考えながら一つ一つこなしていくスキルが必要です。

また、急変時にも、すぐに業務の優先順位を組み立て直し対応していくことが重要です。

学ぶことが好きな人

心臓血管外科では心臓・血管系の疾患を扱います。

扱う臓器は少ないですが、複雑な臓器となるため学習することも多くなります。

また、疾患や治療の他に心電図についてもしっかり学習しておくことが必要です。

心電図の波形は人それぞれです。

基本の波形はありますが、心臓の大きさや疾患により波形は変わってきます。

また、心電図の波形から病態をアセスメントし、治療の方向性まで考えられるように幅広く学習していくことが必要となります。

まとめ

・心臓血管外科へ転職をするには、心臓血管外科の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・心臓血管外科看護師の給与は平均かそれ以上

・心臓血管外科は精神的にも体力的にも大変な診療科

心臓血管外科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事