看護師転職サイトおすすめ

看護師転職サイトを利用すると不採用になるのか教えます

看護師転職サイトを利用すると不採用になるのか教えます

看護師転職サイトを利用すると不採用になる??

直接応募と看護師転職サイト利用では採用率が変わる??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

結論、看護師転職サイトを利用しても不採用にはなりません。

また、直接応募と看護師転職サイト利用、どちらを選ぶかで採用率が変わることはありません。

ただし、看護師転職サイトを正しく利用しないことで、不採用になることはあります。

看護師転職サイトを利用して不採用になるパターンはこちらです。

スキル不足

施設との相性が悪い

転職サイトの担当者に勧められるままに応募してしまった

2つの転職サイトから同じ施設に応募してしまった

同時に複数の求人に応募しすぎてしまった

質の低い看護師転職サイトを利用してしまった

この記事では、採用担当の視点で看護師転職サイトを利用することで不採用になるパターンと不採用にならないための対策をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事でわかること

看護師転職サイトを利用することで不採用になるのかわかります。

看護師転職サイトの利用で不採用になるパターンがわかります。

看護師転職サイトを利用して不採用にならないための対策がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護師転職サイトを利用すると不採用になりやすいのか?

看護師転職サイトを利用すると不採用になりやすいのか

さっそく「看護師転職サイトを利用すると不採用になりやすいのか」ご説明します。

結論としては、「不採用になりやすい」ということはありません。

その理由をご説明します。

採用されるかどうかは施設と応募者の相性次第

不採用になるか否かは看護師転職サイトの利用の有無に関わらず、採用側にしっかり評価されるかどうかにかかっています。

「看護師転職サイトは紹介料がかかるから不採用になりやすい」と言われることもありますが、採用担当としては、そもそも費用をかけてでも良い人材が欲しくて転職サイトに求人を掲載するわけです。

転職サイトを利用しようと、しまいと、最終的には採用担当が欲しい人材だと判断すれば採用されますし、そうでなければ不採用になります。

そのため、しっかりと今までの経験をアピールしていけば、必要以上に気にする必要はありません。

看護師転職サイトは自力で求人を探すより、

「多くの求人のなかから転職先を探すことができる」

「一般には公開されていない条件の良い非公開求人を紹介してもらえる」

などのメリットがあるため、応募先の施設が決まっている場合を除き、利用した方が賢明です。

応募施設によっては不採用になることもある

施設側は看護師転職サイト経由で看護師を採用すると、転職サイトへ紹介料を支払う契約になっています。

これが看護師転職サイトを無料で利用できる理由ですが、

「紹介料がかかることで採用側の見る目が厳しくなる」

ということは実際あります。

紹介料を払ってまで採用するのですから、即戦力としての経験とスキルを求めています。

その求められる能力が不十分であれば不採用となります。

また、転職サイトを利用している施設も大小様々です。

なかには、転職サイトを利用しながらも、採用経費を抑えるために直接応募の応募者を優先的に採用する施設も少なからず存在します。

しかし、応募者個人個人をしっかりと評価せずに、

「紹介料を気にして転職サイト経由だから不採用」

とするような施設は経営状態が厳しい可能性があるため、そもそも入職することは避けたほうが無難と言えます。

採用担当からのポイント

採用選考で不採用にならないためには、

「自分の経験やスキルをしっかり説明できるようにしておく」

「自分の経験やスキルを十分に活かせる施設を選択する」

これが、重要です。

看護師転職サイトの利用の有無より、経験やスキルの整理をして、それを活かせる施設に応募していくことの方が100倍大切です。

看護師転職サイトを利用して不採用になるパターン

看護師転職サイトを利用して不採用になるパターン

ここからは、「看護師転職サイトを利用して不採用になるパターン」をご説明します。

スキル不足

自分の能力以上のスキルを求めている求人に応募すると不採用になる可能性が高いと言えます。

前述のように、採用側は転職サイト経由で看護師を採用すると紹介料を支払うことになります。

そのため、確実に即戦力として働ける人材を求めています。

そのため、採用側が求めている人材・スキルに自分のスキルが満たない場合、不採用になってしまいます。

採用担当からのポイント

実際に私の職場でも保健師や看護師を採用していますが、採用経費の有無で評価を変えたりしていません。

重視するのは、応募者の経歴やスキル、考え方、人柄です。

そもそも採用経費は採用する保健師、看護師の人数以上に確保しているため、それを節約する必要がありません。

また、昨今では保健師や看護師の応募者が少なく、経費を気にする以前に良い人材を確保するのに苦労しています。

そのため、しっかり今までの経験やスキルをアピールすれば採用されることは難しくないと言えます。

施設との相性が悪い

転職は応募者と採用側の相性が大切です。お見合いみたいなものですね。

看護師として十分な経験やスキルがあっても、採用側が求めているスキルと一致しなければ採用には至りません。

特に転職サイト経由の場合は、紹介料が発生することもあり採用には慎重になります。

採用側が求めるものと完全に一致する人物を見極めているのです。

転職サイトの担当者に勧められるままに応募してしまった

看護師転職サイトの担当者は利用者の経験やスキルを考慮して、最適な求人を紹介してくれますが、

「自分は転職するかどうか迷っているけれど、担当者に勧められるままに応募してしまう」

と、面接などで志望動機が不十分だったり、そもそも入職する気持ちが低いことを採用側に見抜かれてしまい、不採用になることがあります。

そのため、紹介された求人は、本当に入職したいのかどうかをよく見極めて応募することが大切です。

2つの転職サイトから同じ施設に応募してしまった

看護師転職サイトは複数利用すると、様々な求人を比較しながら転職先を探すことができます。

しかし、しっかり管理していないと「同じ施設に2つの転職サイトから応募してしまった」なんてミスをしてしまうこともあります。

これでは、採用側も混乱してしまいますし、「仕事でもミスが多いのかな。。」とマイナス評価されてしまい不採用になることもあります。

あまりにも多くの転職サイトを利用するのではなく、2~3社利用するくらいが良いでしょう。

同時に複数の求人に応募しすぎてしまった

看護師転職サイトを複数利用すると条件の良い求人がたくさん見つかり、同時に複数の求人に応募するということもあるでしょう。

同時進行で転職活動を進めるのは効率が良いですが、あまりにも多くの求人に応募してしまうと、面接対策がおろそかになってしまい、不採用になってしまうということがあります。

採用側も自施設のことをリサーチしていない応募者よりも、しっかり調べて志望してきている応募者を採用します。

そのため、一つ一つの施設のリサーチは手を抜かずに、志望動機や応募先でどんな仕事をしたいのかを明確に答えられるようにしておくことが大切です。

採用担当からのポイント

採用担当は面接で応募者に対して、「他の施設にも応募していますか?」と質問することがあります。

この質問に対しては、他の施設にも応募していることを正直に答えても問題ありません。

転職活動で複数の施設に応募することは、採用担当も十分理解しているからです。

逆に「他には応募していません。第一志望です。」と答えていても、志望動機があいまいだったり、施設のリサーチが不足していると、採用担当にはすぐにわかってしまい不採用になる確率は高まります。

質の低い看護師転職サイトを利用してしまった

質の低い看護師転職サイトを利用すると不採用になりやすいということがあります。

看護師転職サイトは、担当アドバイザーが利用者の経験やスキルと施設側が求めている経験やスキルをマッチングさせて求人を紹介しますが、質の低い看護師転職サイトはアドバイザーのレベルも低く、利用者と施設側のマッチングがうまくいかないことが不採用になりやすい理由となります。

質の高い看護師転職サイトであれば、しっかり利用者の経験やスキルを考慮して求人を選択するため、こんなことにはならないでしょう。

看護師転職サイト選びで転職の満足度も変わってきてしまうので、質の高いサイトを慎重に選ぶことが大切ですね。

看護師転職サイトを利用して不採用にならないためには

看護師転職サイトを利用して不採用にならないためには

ここでは、看護師転職サイトを利用して不採用にならないためにはどうしたら良いのかご説明します。

自己分析を念入りにする

看護師転職サイトでは担当アドバイザーが転職をサポートしてくれます。

しかし、全てをアドバイザー任せにしていては満足のいく転職はできません。

転職を成功させるためには自己分析を確実に行うことが大切です。

自分の経験やスキルの棚卸しを行い、転職理由、転職目的を明確にします。

そして、転職をすることで叶えたいこと、将来的なビジョン、転職先に求める条件もはっきりさせることが重要なのです。

これが明確になっていないと、

「自分のスキルに見合わない施設に応募してしまった」

「スキルを活かせない施設に応募してしまった」

ということになりかねません。

自分を客観的に見て、分析し、自分の経験やスキルにマッチする職場を選択することが重要です。

採用担当からのポイント

満足のいく転職をするには、

「自分の持っている経験やスキルを評価してくれる施設」

「自分の希望する働き方、給与などの労働条件を満たす施設」

この両方の条件のバランスを考えて応募先を選択することが大切です。

これのバランスを考えず転職先を決めると、

「自分を評価してくれるが、希望の働き方ができない」

「自分の希望の条件で働くことができるが、経験やスキルが活かせない」

など、転職後にミスマッチがおこり、「仕事をするのが辛くなってくる」なんてことにもなります。

看護師転職サイトの担当者は良い条件の求人を紹介してくれますが、進められるままに応募するのではなく、必ず上記の条件を満たしているか確認することが大切です。

選択肢を多く持つ

1つの転職サイトで求人をいくつかチェックしただけで応募先を決めると、

「自分の経験やスキルにマッチしない職場へ応募してしまい不採用になる」

ということがあります。

「本当にその求人は自分のスキルを活かせる職場なのか」

「転職先に求める条件をすべて満たしているのか」

これを念頭に置いて、多くの求人の中から応募先を選択することが大切です。

求人収集、精査を怠ると、自分にベストな求人を見過ごすことになってしまいます。

前述のように転職は、採用側と応募者側の相性が重要となります。

選択肢を多く持つことで、相性の良い職場に出会える可能性が上がります。

ベストな求人を見つけるための労力は惜しまないで転職活動を進めていきたいですね。

自己アピール

転職サイト利用の応募者を採用すると紹介料がかかるため、採用に慎重になる施設もあります。

だからこそ、選考時の自己アピールが重要となります。

「施設側が求めるスキルを十分に保有していること」

「入職後に即戦力として働くことができること」

を明確にアピールしていきましょう。

「この応募者は即戦力となり、活躍することができる」と採用側が思えるようなアピールができれば、不採用になることはないでしょう。

採用担当からのポイント

採用選考でしっかりと経験やスキルをアピールするには、事前に転職サイトの担当アドバイザーに「施設側がどんな人材を求めているのか」を確認してもらうことが重要です。

施設側の考えを把握していれば、ピンポイントで良いアピールをすることができます。

答えを知っているテストを受けるようなものですね。

施設側が求めているスキルと、自分の持っているスキルがマッチしていれば、不採用になる確率は低いと言えます。

また、転職後のミスマッチも防ぐことができます。

応募先の施設をしっかりリサーチする

看護師転職サイトを利用すると、効率良く多くの求人情報を集めることができます。

担当アドバイザーも希望に合う求人を紹介してくれるでしょう。

良い条件の職場が複数あるので同時進行で選考に応募していくことが可能となります。

ここで不採用にならないように気をつけなければならないことは、応募前に

「施設の詳細をしっかりリサーチすること」

です。

採用担当は面接で、応募者が自施設のことをしっかり調べて応募しているか、様々な質問をして確認します。

これは、

「どのくらいの強い気持ちで応募しているのかを確認したい」

「入職後に希望と違うので辞めたいと言われたら困る」

などの理由からです。

ここで、志望動機があいまいだったり、自施設のことをあまりにも調べていないと、不採用になってしまうため、最低限ホームページはチェックしておくなどの準備が必要です。

採用担当からのポイント

採用担当も応募者が複数の求人に応募していることは理解しているので、面接などで他の施設にも応募していることを隠す必要はありません。

ただし、そうは言っても応募した施設のことを全く調べず面接を受けるのは、不採用になる確率が高いため避けたいところです。

採用担当としては、「なぜ他の施設ではなく自施設を志望するのか」を確認しますので、この答えが曖昧だったり、看護師転職サイトの担当者に勧められたからという理由では、採用に前向きになれません。

そのため、

「施設のホームページをチェックする」

「転職サイトの担当者にリサーチをお願いする」

など、最低限の情報は把握して面接を受けるようにしたいですね。

質の高い看護師転職サイトを利用する

質の高い看護師転職サイトは、利用者の経験やスキルを把握して施設側の求めている経験やスキルとうまくマッチする求人を紹介します。

質の高い転職サイトを選ぶポイントは、

「しっかりとした実績がある」

「利用者満足度が高い」

「求人数が多い」

これが大切です。

また、利用者満足度は、第三者機関が評価したものを参考にすることをおすすめします。

第三者機関の評価が高い看護師転職サイトをまとめた以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトを利用して実際に不採用になったらどうすればよいか

看護師転職サイトを利用して実際に不採用になったらどうすればよいか

ここでは、「看護師転職サイトを利用して実際に不採用になったらどうすればよいか」ご説明します。

気にせず次に進む

看護師転職サイトを利用して、選考で不採用になっても気にしないようにしましょう。

前述の通り、転職は施設側と応募者のお見合いのようなものです。

不採用になることもあれば、他の施設では高評価されることもあります。

採用側が求める人材は、応募する施設によって異なります。

一度で決まればラッキーくらいの気持ちを持っておきましょう。

看護師の求人は星の数ほどあり、看護師の転職市場は売り手市場でもあります。

1つの施設にこだわらず、多くの求人をチェックしていくことで、必ず自分にベストな求人が見つかります。

そのため、不採用になってもあまり気にせず他の求人に応募していくことが大切です。

採用担当からのポイント

「しっかり自己分析して、自分のもっている経験やスキルをアピールする」

「なぜ応募先の施設で働きたいのか明確にする」

「応募先の施設のリサーチをしっかりする」

これをしっかり行っておけば、あとは採用されるかどうかは施設との相性になります。

不採用になっても気にせず、どんどん他の施設に応募していきましょう。

相性の良い職場に出会うには、ある程度多くの施設に応募することが必要です。

施設の採用方針も、面接官の考え方も、それぞれ全く異なります。

あきらめなければ自分と相性の良い施設や面接官に出会うことができるはずです。

フィードバックを受けて改善する

看護師転職サイトの担当アドバイザーは、応募施設の採用担当と直接連絡を取っているため、不採用になった場合に、

「なぜ不採用になったのか」

「何がよくなかったのか」

のフィードバックをアドバイザーから受けることができます。

通常不採用になっても不採用になった理由を確認することは難しいため、理由を確認できることは看護師転職サイトを利用する大きなメリットです。

次に別の施設へ応募する際には、フィードバックをもらった部分を改善していくことで採用される確率を上げることが可能となります。

採用担当からのポイント

不採用となった理由には、

「提出書類のクオリティが低い」

「面接での対応に問題がある」

「求めているスキルがない」

「経験値が低い」

など、様々なものがありますが、転職サイトの担当アドバイザーからのフィードバックで不採用理由が明らかになれば、対策することは難しくありません。

「応募書類が問題であれば、アドバイザーにチェックしてもらう」

「面接の対応が問題であれば、アドバイザーに面接の模擬練習をしてもらう」

「スキルや経験が不足しているのであれば、それでも入職できる施設を再度探してもらう」

など、次の選考において同じ理由で不採用になることはないでしょう。

不採用理由を確認しないで、ただやみくもに応募するのではなく、次の施設に応募する前には必ず弱点を改善していくことが大切です。

採用したくない看護師の特徴

採用したくない看護師の特徴

ここでは、採用担当の視点で採用したくない看護師の特徴をご説明します。

能力不足

施設側が求めるスキルが不十分であった場合、採用担当は「採用したくない」と判断してしまいます。

また、自分ではスキルが十分であると判断して応募してきても、施設側から見ると不十分、とみなされてしまうこともあります。

そのため、自分の能力を適切に評価し応募先を選択するとともに、自分の能力を正しく評価してくれる施設に応募することが大切です。

そのためにも、自己分析を確実に行っておくことが大切です。

採用担当からのポイント

施設側が求めている人材や採用方針は、応募する施設によって異なります。

また、看護師が不足している診療科の人員を確保したいため、タイミングによっては特定の診療科の経験者を優先的に採用するということもあります。

そのため、

「自分の持っている経験やスキルを正確に伝えられるようにしておく」

「施設側の求めている経験やスキルを事前に把握しておく」

これが大切です。

施設側の求めている経験やスキルは看護師転職サイトの担当者に事前にリサーチしてもらうことで、無駄に不採用になることを防ぐことができます。

時間のない中で転職活動をするわけで、不採用になるとモチベーションも下がるため、上記の準備をしておくことをおすすめします。

勤続年数が短い

看護師の転職は売り手市場です。

そのため何度転職していても、「即戦力として活躍できるのであれば転職回数は気にしない」という施設も多いです。

しかし、転職回数は気にしなくても、一つ一つの勤続年数は気になる部分です。

「1つの施設に1年以上勤めていない」

「数ヶ月で転職を繰り返している」

このような応募者は、

「またすぐに辞められたら困る」

「紹介料を支払って続かなかったら困る」

と判断され不採用になる確率が高いと言えます。

看護師が出戻りで不採用になることはあるのか

看護師が出戻りで不採用になることはあるのか

ここでは、一度辞めた医療機関を再度受けたら不採用になることはあるのかをご説明します。

結論、出戻りで不採用になるのかどうかは「どう辞めたのか」によって変わってきます。

結婚や出産で一度辞めて、「また働きたい」と戻ってきた場合は、特に不採用になる理由はありません。

逆に施設のシステムや仕事の仕方に慣れている人が戻ってきてくれることは、施設側としてもプラスになります。

しかし、

「なにか問題を起こして辞めた」

「数ヶ月で辞めた]

など円満退職でない場合は、施設側も採用に慎重になるため不採用になる可能性があります。

出戻りで採用選考を受ける際には、上記のポイントを考慮しながら準備をするといいですね。

まとめ

・看護師転職サイトを利用しても不採用にはならない

・不採用にならないためには利用者満足度の高い看護師転職サイトを利用することが大切

・不採用になっても気にせず転職活動を進めていきたい

看護師転職サイトを利用することで不採用になるパターンと不採用にならないための対策をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護職員就業状況等実態調査結果|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護職員の現状と推移|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事