看護師転職サイトおすすめ

放射線科への転職|看護師転職サイトおすすめ2選

放射線科の求人が豊富な看護師転職サイト

放射線科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

放射線科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

放射線科への転職におすすめの看護師転職サイト2選はこちらです。

サイト名放射線科の公開求人数
1ジョブデポ看護師2,600件前後
2看護のお仕事1,800件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「放射線科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、放射線科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、放射線科への転職を希望する場合は、上記のように放射線科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします

放射線科は基本的に外来勤務のため日勤のみとなり、一般的な看護師の平均年収に比べて低めです。

しかし、病院によっては放射線科でも夜勤ありのところもあります。

転職前に夜勤の有無と年収のバランスを確認することが大切です。

この記事では、放射線科の求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、放射線科の求人を探す際の注意点、放射線科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

放射線科の看護師求人に強い看護師転職サイトがわかります

放射線科の求人を探す際の注意点がわかります

放射線科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

放射線科転職におすすめの看護師転職サイト1)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

放射線科の公開求人数

2,600件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

放射線科の公開求人数は2,600件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「放射線科」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の放射線科の求人は、年収400万円後半から500万円台の職場も多く見つかります。

また、残業少なめ、年間休日多めの求人も見つかります。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

放射線科転職におすすめの看護師転職サイト2)看護のお仕事

看護のお仕事

放射線科の公開求人数

1,800件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、放射線科の公開求人は20,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「放射線科」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の放射線科の求人は、日勤のみで年収400万円後半のクリニックや、夜勤ありので年収600万円以上のクリニックもあり、専門知識を活かして高収入を得られる職場が見つかります。

また、未経験やブランク可の職場も多いので、担当アドバイザーに確認しながら転職先を選んでいくと良いですね。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる放射線科の種類

看護師転職サイトで探せる放射線科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる放射線科の種類をご説明します。

クリニック

放射線科専門のクリニックの数は少ないです。

放射線科業務に従事したい場合は、画像診断クリニックがおすすめです。

レントゲン、CTなどの画像診断を専門としたクリニックです。

看護師の人数は少ないですが、造影剤などの使用もあるため、看護師は在籍しています。

基本的には医師・技師が検査に当たるため、看護師は主にサポートを行います。

外来

一般病院の放射線科外来です。

放射線科専門の外来もありますし、検査室での勤務もあります。

看護師転職サイトで探せる放射線科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる放射線科看護師の年収事情

放射線科看護師の年収は、一般的な看護師の平均年収に比べて低めです。

放射線科は基本的に外来勤務のため日勤のみとなります。

夜勤手当がないため給与は低めとなります。

病院によっては放射線科でも夜勤があるところもあるので、給与を上げたい場合はよく調べる必要があります。

また、放射線業務に従事するため危険手当が支給される施設もあります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる放射線科の業務は大変なのか

放射線科看護師の業務は大変なのか

放射線科看護師の業務自体はそこまで大変ではありません。

検査介助などはルーティンワークであることがほとんどです。

自分で動ける患者さんが多いため、介助量も少なく肉体的には楽です。

夜勤もありませんし、残業も少なめです。

では何が大変か。

コミュニケーションです。

放射線科では看護師が少なく、医師や技師とのやり取りが多くなります。

他職種と関わり、業務分担や業務内容について衝突してしまうこともあります。

そのため、うまくコミュニケーションを図っていかないと働きづらい環境となってしまいます。

放射線科では人間関係でストレスを抱えている看護師は多いです。

看護師転職サイトで探した条件の良い放射線科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い放射線科の求人事例

事例1)療養型病院

放射線内科、内科、眼科、消化器内科、血液内科、循環器内科、呼吸器内科、リハビリテーション科を診療科目とする病院の求人です。

月収29.7万~42.8万円、賞与年間33万~45万円、年収389万~558万円、昇給ありです。

仕事内容は診療の補助と日常生活援助で2交代、残業なしです。

年間休日120日と多めです。

事例2)一般病院

放射線科、内科、外科、消化器内科、消化器外科を診療科目とする病院の求人です。

月収35.1万(手当込み)、賞与年間71万円、年収492万円です。

仕事内容は病棟での看護業務で2交代、残業ほとんどなしです。

夜勤の休憩は180分あるので、仮眠時間をしっかり確保できる職場です。

事例3)一般病院

放射線科、内科、外科、脳神経外科、整形外科、循環器科、心臓血管外科、婦人科、麻酔科、眼科、耳鼻科、消化器科、呼吸器科を診療科目とする病院の求人です。

給与

5年目モデル:月給33.4万円(手当込み)、賞与年間5か月分、年収512万円

10年目モデル:月給36万円(手当込み)、賞与年間5か月分、年収557万円

15年目モデル:月給38.9万円(手当込み)、賞与年間5か月分、年収606万円

仕事内容は看護業務全般で2交代です。

夏季休暇、冬季休暇、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇など各種休暇制度が整っています。

また、7連休取得実績や産休育休取得実績もあります。

生後5ヶ月以上から夜間の託児も可の託児所ありです。

中途採用でもプリセプターがつくので仕事に慣れることができます。

事例4)クリニック

画像誘導放射線治療(IGRT)や強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療(SRT)など、最新鋭の装置を用いた治療を実施している、がんの早期発見・診断、治療専門のクリニックの求人です。

月収30万~40万円(手当込み)、年俸制です。

仕事内容は外来における正看護師業務全般で日勤のみです。

高精度放射線医療を実施しているため、専門性の高い知識が習得できる職場です。

外来看護の経験がなくても歓迎の求人となっています。

事例5)放射線治療・検診クリニック

放射線科、内科、脳神経外科、眼科を診療科目とする放射線治療・検診クリニックの求人です。

月収24万~40万円(手当込み)、年俸制です。

仕事内容は検診、外来での看護業務で日勤のみです。

事例6)クリニック

放射線科、泌尿器科、人工透析科を診療科目とするクリニックの求人です。

月収30万~45万円(手当込み)、賞与年間4.5か月分です。

仕事内容は外来・病棟・透析室に関する看護業務で3交代です。

年間休日は117日と多めです。

看護師転職サイトを利用して放射線科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して放射線科の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると、自分で求人を検索することが可能です。

希望診療科で「放射線科」を選択して検索をしましょう。

もし、希望診療科を選択できない場合は、フリーワードで「放射線科」と入力して求人を検索します。

希望診療科だけを選択すると、一般病院・クリニックと様々な求人が表示されます。

放射線科の求人は少なめではありますが、そこから希望の施設を探すのは大変です。

診療科以外の希望条件(労働条件や労働環境など)についても選択をしておくと、掲載求人が絞られるので効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながら、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

自分で検索できるのは公開されている求人だけです。

アドバイザーからは非公開求人も紹介してもらえます。

非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人です。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、希望診療科のみでなく、希望の労働環境、労働条件についても明確に伝えておくことで、自分の希望に沿った求人を紹介してもらえます。

入職後のミスマッチを最小限にするためにも、アドバイザーからの紹介は待った方がいいです。

一般病院は注意が必要

クリニックだと、たいていが専門のクリニックになるため、希望の診療科に従事することができます。

しかし、一般病院の場合は、看護部に所属することになります。

一度看護部に所属し、スタッフの空きがある部署に配属される形になっています。

応募の際、放射線科配属を希望していても、入職したときにスタッフの空きがなければ配属されることはありません。

希望とは違う診療科で従事することになるのです。

他の診療科に配属されても構わない、部署異動は出待てる、という人は問題ないでしょう。

放射線科の看護師の仕事内容

放射線科の看護師の仕事内容

放射線科では以下のような検査・治療を行っています。

放射線診断:X線CT、MRI、マンモグラフィ、血管造影検査

放射線治療:乳がん、子宮がん、頭頚部がん、咽頭がんなど、腫瘍に対し放射線を照射する治療方法です。

核医学検査:ごく微量の放射性同位元素(ラジオアイソトープ)を目印としてつけた医薬品を使用し、病気の診断や治療を行います。

画像下治療:画像診断装置で体の中を透かして見ながらカテーテルや針を挿入し、標的となる病気の治療を行います。

治療に関しては、医師・放射線技師が行うため、看護師はあくまでもサポートにまわります。

患者さんや患者家族への治療前後の説明や精神的ケアを行い、医師や放射線技師が治療や検査に専念できるよう、連携していくことが必要です。

患者さんの案内

患者さんを検査室内へ案内し、検査に適した服装の案内や着替えの説明を行います。

放射線科の検査では金属類は禁忌です。

金属類を装着していないか、外し忘れはないかをしっかり確認していきます。

そして、検査に適した体位を整え、必要時介助を行います。

基本的には自分で動ける人がほとんどですが、病棟から検査のために来る患者さんの中には、介助が必要な人も多いです。

病棟看護師、検査技師などと共に、検査台へ移乗を行っていきます。

検査中の患者さんの観察

患者さんの表情などを観察し、気分不快やアナフィラキシーショックなどの異常の早期発見につとめます。

放射線科の検査では閉塞感を伴います。

不安を助長することもあるため、患者さんの様子を観察しておくことは重要です。

造影剤注入用の血管確保

造影CT・MRI実施のための血管確保を行います。

造影剤は漏れてしまうと潰瘍を形成したりと身体に悪影響があります。

漏れづらい血管を選択していくことが大切です。

また、造影剤の準備・物品の準備も行います。

造影剤の注入

造影剤の注入を行います。

病院によっては医師・放射線技師が行います。

使用する造影剤は、アレルギーが出ないことを確認してから使用していますが、まれにアナフィラキシーショックなどを起こすこともあるので、患者さんの様子を観察しながら、慎重に使用していきます。

患者さんへの説明

検査・治療前後に患者さん、ご家族への説明を行います。

検査・治療方法、検査・治療内容、造影剤を使用することによる副作用などを説明します。

患者さん一人一人の理解度を把握し、確実に理解してもらえるように工夫していきます。

病棟看護師への申し送り

入院患者さんの検査・治療の場合は、お迎えにきた病棟看護師へ検査・治療中の状態について申し送りを行います。

造影剤の種類や量についても申し送ります。

放射線科看護師をするメリットデメリット

放射線科看護師をするメリットデメリット

メリット

夜勤なし、残業も少ない

放射線科は基本的に外来のみのため、夜勤はありません。

また、検査も予約制で行っているところが多いため、残業も少ない傾向にあります。

仕事とプライベートを両立させたい人にとって、働きやすい職場と言えます。

最先端医療に携わることができる

放射線検査、放射線治療は日々進化しています。

勤務先が大学病院などであれば、それらの最先端の医療に触れることができます。

新しいことを学んでいくのは大変ですが、放射線科の知識は他の診療科でも役立つものです。

自分のスキルアップにつながります。

幅広い診療科の疾患・治療についての知識を得ることができる

放射線科は様々な診療科と関わります。

ひとつの診療科だけでなく幅広い分野の疾患や治療についての知識を得ることができます。

放射線についての知識を得ることができる

繰り返し画像をみる職場です。

正常な画像、異常のある画像を見比べることができるため、そのうち異常を早期に発見できるようになってきます。

また、画像を見ることで患者さんの体の状態が分かるようにもなってきます。

この知識は他の診療科に転職したときにも十分に活かすことができます。

デメリット

人間関係に悩むことがある

放射線科に勤務する看護師は少人数です。

基本的には医師や放射線技師と一緒に仕事をすることになります。

同じ立場の人が少ないため悩みを相談しづらい環境と言えます。

また、放射線技師との関係で悩む人も少なくありません。

それぞれの職種の業務分担について悩むこともあります。

被爆の可能性

放射線科では基本的にプロテクターをつけます。

しかし、放射線技師によっては看護師が検査室にいるうちから画像診断を始めてしまう人もいます。

放射線技師との関係をしっかり築けていれば防げることではあります。

また、病院によっても放射線に対する認識の差があるようです。

自分自身でしっかり予防策を把握し、実施していくことで安全に働くことができます。

放射線科看護師に向いている人の特徴

放射線科看護師に向いている人の特徴

コミュニケーションスキルが高い人

放射線科では患者さんと関わる時間が短いです。

その短い時間で患者さんの持っている検査や治療への不安を聞き取り、その不安を少しでも和らげることができるような関わりが求められます。

ルーティンワークだからと機械的になることなく、患者さんの気持ちに寄り添っていくことができる人に向いていると言えます。

また、放射線科では医師・放射線技師との関わり方が重要です。

多職種との連携を図れないとスムーズに検査・治療が行えません。

円滑に関係を築けるように積極的にコミュニケーションを図っていくことが必要です。

学ぶことが好きな人

放射線検査・治療は日々進化します。

その最先端の知識を積極的に学んでいくことができる人に向いている診療科となります。

ルーティンワークだからと学びを疎かにしていると、業務についていけません。

また、医師・技師とも良好な関係を築きづらくなってしまいます。

そして、放射線科を訪れる患者さんの診療科は様々です。

幅広い診療科の疾患や治療について学ぶことになります。

画像診断に関しても、ただ見るだけではなく、患者さんの状態と照らし合わせて、異常をみつける!という意識で見ることができる人に向いています。

放射線に恐怖心を抱かない人

たしかに放射線には被爆のリスクが伴いますが、病院側もしっかりと予防策をとっています。

過度に怖がっていては患者さんへもその恐怖心が伝染してしまいます。

自分自身もしっかり予防策を取り、患者さんへ安心感を与えていく必要があります。

まとめ

・放射線科へ転職をするには、放射線科の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・放射線科は基本的に外来勤務のため日勤のみとなり、一般的な看護師の平均年収に比べて低め

・放射線科は医師や技師とのやり取りなど、人間関係が大変な場合がある

放射線科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事