看護師転職サイトおすすめ

眼科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

眼科の求人に強い看護師転職サイト

眼科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

眼科の看護師求人を探したい!

看護師であり、キャリアアドバイザーである私と企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

眼科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名眼科の公開求人数
1ナースではたらこ6,500件以上
2看護のお仕事3,400件以上
3マイナビ看護師非公開

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「眼科の求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々な種類がありますが、眼科の求人数を調べると数百件~数千件と差があることがわかります。

眼科への転職を希望する場合は、当然ながら眼科の求人数が多い看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

眼科は患者さんの介助も少ないため体的にも楽ですし、命に直結する疾患ではないため精神的にも楽です。

職場を選ぶ際には主に、

「年収を下げたくないのであれば、眼科に配属される保証はないが一般病院を選ぶ」

「年収は下がりやすいが、確実に眼科で働けるクリニックを選ぶ」

このどちらかになります。

ご自身がどんな働き方をしたいのか、収入はどのくらいを目指すのかを考慮して、求人を精査していくことが大切です。

この記事では、眼科への転職におすすめの看護師転職サイトをご紹介するとともに、眼科の求人を探す際の注意点、眼科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

眼科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

眼科の求人を探す際の注意点がわかります

眼科看護師の仕事内容、メリットデメリットがわかります

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

眼科転職におすすめの看護師転職サイト1)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

眼科の公開求人数

6,500件以上

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、クリニックの求人が豊富で、眼科クリニックの求人数が他社サイトに比べて圧倒的に多く、眼科の公開求人は6,500件以上です。

求人検索ツールでは、フリーワード検索で「眼科」を入力すると求人の一覧を確認することができ、エリアで絞ることも可能です。

また、こだわりで探すの項目で診療科目「眼科」を選択して求人を検索することもできますが、こちらは新着・更新求人のみに絞られます。

『ナースではたらこ』の眼科求人はクリニックが多く、日勤のみや土日休みの職場が多く見つかります。

子育て中の看護師の休暇制度が充実している職場など、ワークライフバランスが保てる求人が多数あります。

また、条件が合えば担当アドバイザーから非公開求人も紹介してもらうことができるので、自分で求人を検索するだけでなく、アドバイザーからの紹介求人も必ず確認することが大切です。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

私が看護師転職サイトの利用者100人に取ったアンケートでも、『ナースではたらこ』の担当者への評価は高く、「希望に合う求人を一生懸命探してくれた」というものが多くありました。

ナースではたらこに登録して求人を探す

眼科転職におすすめの看護師転職サイト2)看護のお仕事

看護のお仕事

眼科の公開求人数

3,400件以上

おすすめの理由

『看護のお仕事』は求人数が豊富で、特に病院やクリニック、介護施設、訪問看護の求人が充実しています。

眼科の公開求人は3,400件以上で、内訳は病院が1,400件以上、クリニックが1,500件以上です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「眼科」と入力すると求人をピンポイントでチェックすることができ、「高給与」や「土日祝休み」、「託児所あり」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順や病床数順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』は、病院やクリニックの眼科求人をバランス良く保有しており、様々な働き方ができる職場が見つかります。

夜勤なしの眼科クリニックで高給与の職場など魅力的な求人が見つかります。

そして、条件が合えば担当アドバイザーから紹介してもらえる非公開求人も好条件のものが多いので、自分で検索した求人と、担当アドバイザーからの紹介求人を比較しながら、応募先を選んでいきましょう。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

私が看護師転職サイトの利用者100人に取ったアンケートでは、「担当者が希望条件に配慮した求人をピックアップしてくれ良い転職先が見つかった」というものが多く、提案力の高さも評価できます。

看護のお仕事に登録して求人を探す

眼科転職におすすめの看護師転職サイト3)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

眼科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営しており、病院、クリニック、介護施設、訪問看護、保育施設、企業など、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「眼科」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の眼科の求人は、眼科専門のクリニックなど高給与のものが多く、求人の質というところでも業界トップクラスの看護師転職サイトと言えます。

夜勤ありで高給与、日勤のみで休みも充実している求人など、魅力的な職場が多数あります。

そして、条件が合えば担当アドバイザーから非公開求人の紹介も期待できるため、自分で検索した求人と非公開求人を比較しながら転職先を決定する方法がおすすめです。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

私が看護師転職サイトの利用者100人に取ったアンケートでは、『マイナビ看護師』の担当者は、他社サイトで転職を決めたにも関わらず、最後まで親切にサポートしてくれたという口コミもあり、利用者のことを第一に考えたサポートが期待できる転職サイトです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる眼科の業務は大変なのか

眼科看護師の業務は大変なのか

眼科看護師の業務は大変なのか。

他の診療科に比べれば大変ではありません。

疾患も限られていますし、必要な看護技術も限られています。

必要な知識・技術を習得するのに時間はかかりません。

患者さんの介助も少ないため体的にも楽ですし、命に直結する疾患ではないため精神的にも楽です。

患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いため、高いコミュニケーションスキルは必要ですが、人と話すことが好きな人にとっては全く苦痛にならないと思います。

※私の体験談

私は眼科の病棟で働いていました。

入退院、手術の繰り返しでバタバタしてはいましたが、それだけです。

難しい看護技術もなく、覚えることも少ない。

患者さんと話すのが楽しくて、病歴聴取やオリエンテーションも楽しく行っていました。

また、業務自体が少ないため残業はほぼなく、休憩もしっかり取れていました。

その後、ICUに異動して眼科病棟の穏やかさに気づきました。

他の診療科から異動してきた先輩方の中には、前部署で「厳しい」と言われていた人が眼科では穏やかで、とっても優しくなっていて驚いた、と言われている人もいるくらいでした。

看護師転職サイトで探せる眼科看護師の年収事情

眼科看護師の平均年収

眼科看護師の年収は、勤める施設によって異なります。

大学病院の病棟や外来を選択すれば年収は高くなります。

眼科であっても、他の診療科の看護師と同等の給与が支払われます。

また、クリニックを選択すると、年収はそのクリニックによって変わってきます。

それでも夜勤がないため、年収は下がる傾向にあります。

「眼科に配属される保証はないが、年収を下げたくないので一般病院を選ぶか」

「確実に眼科で働けるが、平日日勤のみなので年収が下がりやすいクリニックを選ぶか」

自分が、どこで、何をして、どんな風に働きたいのかを明確にして応募先を選択していくようにしましょう。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる眼科求人の種類

眼科の種類

一般病院の病棟

眼科の入院病棟がある施設は、大学病院や大病院である可能性が高いです。

なかなか小規模病院では眼科の入院施設はないです。

一般病院に入職する場合、配属先の希望は聞かれますが、確実に配属されるかはわかりません。

スタッフに空きのある診療科に配属されるため、眼科以外の病棟になるかもしれないのです。

眼科で働きたいのに、違う診療科に配属されてしまったら、何のために転職をしたのかわからないですよね。

一般病院の外来

一般の病院にある眼科外来です。

この場合、眼科以外の外来もある病院になるので、他の診療科の外来に配属される可能性があります。

眼科専門クリニック

眼科のみを扱うクリニックです。

眼科に特化しているため、眼科疾患以外を扱いません。

施設によって日帰り手術を行う場合もあります。

看護師転職サイトで探した眼科の求人事例

看護師転職サイトで探した眼科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した好条件の眼科の求人事例をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

求人事例1)眼科クリニック

眼科専門のクリニックの求人です。

眼科専門だけあって、一般眼科診療や、網膜硝子体診療、小児眼科、内眼手術、外眼部手術、レーザー治療、眼鏡、コンタクトレンズ処方などを行っています。

基本給17万~26万円、資格手当5万円、業務手当6.5万円、皆勤手当5千円、月給29万~38万円、賞与は業績に応じて支給、昇給もあります。

仕事内容は、眼科診療所において、診療の介助、採血、点滴、検査業務を行います。

日勤のみで、日・祝休み、水曜日午後と土曜日午後休み、残業少な目で月1時間程度、育休・産休取得実績有りです。

求人事例2)白内障クリニック

白内障手術を中心に行うクリニックの求人です。

年収408万円~、賞与年2回、昇給なしです。

仕事内容は、診察介助やアナムネ、採血、点滴、術前術後指導、検査補助など術前術後の外来業務及び手術室や準備室での業務です。

9:00-18:00の日勤のみで残業ありです。

求人事例3)眼科専門クリニック

眼科専門のクリニックの求人です。

視力回復ICL治療やレーザー白内障手術などの専門治療も行っています。

月収は26万~40万(手当込み)、賞与年間4か月分です。

資格手当や皆勤手当、住宅手当、調整手当、職務手当、コメディカル手当などの手当もあります。

仕事内容は、眼科における看護業務で日曜・祝日休み、8:30~19:00日勤のみです。

夏季休暇3日、冬季休暇5日、産前産後休暇、育児休暇などの休暇制度もあります。

求人事例4)クリニック

眼科手術・小児眼科に力を入れている眼科クリニックの求人です。

月収22.3万~48万円、賞与年間4.5か月分です。

仕事内容は、外来、オペ前の患者の出し入れで、2交替です。

残業は多めですが、各種手当も充実しており、高収入が期待できる職場です。

看護師転職サイトを利用して眼科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して眼科の仕事をする方法

求人を自分で検索する

看護師転職サイトで眼科のある施設を検索するには、求人検索ツールで「病院」「クリニック」を選択し、診療科を選択できる項目があれば「眼科」にチェックを入れましょう。

病院・クリニックだけでは様々な診療科が含まれてしまいます。

確実に眼科を探すのであれば「眼科」チェックを入れるか、フリーワードで「眼科」を検索しましょう。

ただし、眼科専門クリニックでない施設の場合は、眼科に配属されるかどうかがわかりません。

しっかり確認をしておくことが必要です。

確実に眼科で働きたい、というのであれば、眼科専門のクリニックがおすすめです。

アドバイザーに紹介してもらう

転職サイトで自分で求人を検索するのと同時に、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

眼科も施設によって業務内容が変わってくる可能性があります。

また、労働条件も様々です。

「眼科で働きたい」という以外の条件についても、アドバイザーに確実に伝えておくことで、条件に合った求人を紹介してもらえます。

眼科の看護師の仕事内容

眼科の看護師の仕事内容 (1)

眼科看護師の仕事内容は施設によって異なります。主な業務内容について説明します。

眼科外来

医師の診療補助

外来での医師の診察時の補助を行います。

物品や薬品を準備したり、患者さんを案内したり、スムーズに診察が進むようにしていきます。

見え方が悪い人に対しては、歩行の介助も必要です。

患者さんへの説明

患者さんへ点眼方法や手術、検査についての説明を行います。

眼科に来る患者さんは老若男女様々です。

そのため、患者さん一人一人、説明に対する理解度が異なります。

患者さんが確実に理解できているのかを確認しながら説明を行っていきます。

外来手術の介助

眼科外来において白内障や緑内障の手術を日帰りで行う場合があります。

手術時、機械だしなどの介助、散瞳薬の点眼、点滴などの術前準備、術後の観察を行います。

外来手術の場合は、自宅から術前準備が始まります。

確実に準備が行えていたのかを確認することも大切です。

検査補助

外来では、基本的に眼科検査は専門の検査技師が行います。

そのため、看護師は検査技師の補助を行うことになります。

検査技師がいない時、検査が多くて手が回らない時は看護師が検査を行う場合もあります。

眼科病棟

入退院の管理

患者さん・ご家族に対し、入院オリエンテーションや病歴聴取、退院オリエンテーションを行います。

眼科の患者さんは視力に障害があります。

見え方も様々です。

そのため、患者さん一人一人に見え方の確認を行っていくことが重要です。

介助の方法も様々です。

「片方の肩に手を置いてもらい半歩前を歩く形」

「両肩に手を置いてもらい前を歩く形」

「腕をつかんでもらい横を歩く形」

「手をつないで歩く形」

見守りのみで問題ないこともあります。

介助が必要な場合は、希望の介助方法についても確認していきます。

手術前後の管理

散瞳薬の点眼や点滴などの術前準備、術後の状況確認を行います。

点眼は左右の間違いがないように注意する必要があります。

ほとんどの患者さんはご自身で点眼をします。

点眼を忘れていないか、散瞳は順調に進んでいるのかを適宜確認していきます。

局所麻酔手術の術後は、水分摂取が確認出来たら点滴を終了します。

気分不快の有無などを確認する必要があります。

また、術後は片目に眼帯をしています。

視界に制限がつくため、普段介助が必要ない患者さんでも介助する必要が出る可能性があります。

そのため、見え方をしっかり確認して、介助の必要性の有無を判断していきます。

医師の診療補助

眼科病棟には診察室がある場合もあります。

適宜医師の診察があるため、必要時診療補助を行います。

日常生活援助、歩行介助

入院している患者さんの日常生活の援助をしたり、歩行困難な患者さんの介助を行います。

全身麻酔手術後の患者さんは安静となるため、シャワーに入れません。

清潔援助が必要となります。

服薬管理

持参薬の管理、点眼を行います。

眼科病棟に入院する患者さんの中には、糖尿病を患っている方も多いです。

そのため、必要時、血糖チェックやインスリン注射も看護師が管理を行います。

眼科看護師をするメリットデメリット

眼科看護師をするメリットデメリット

眼科外来看護師のメリット

外来手術がある場合は手術介助の技術が学べる

外来での日帰り手術がある場合、看護師が解除に入ります。

白内障、緑内障などの機械だしなどの介助技術、術前後の管理について学ぶことができます。

眼科の知識だけでなく、簡単な手術の知識も得ることができるなんて一石二鳥ですね。

検査をする必要がない

外来に検査技師がいる場合は、看護費の主な業務は医師の診療補助です。

場合によっては検査を行うこともありますが、頻度は少なめです。

精神的に楽

眼科の疾患は基本的には命に直結わけではありません。

患者さん自身も、命の危険にさらされているわけではないため、比較的穏やかです。

急変リスクもほぼないため、精神的に楽と言えます。

夜勤がないので体力的に楽

外来は夜勤がありません。

体内リズムが崩れることもないため、体力がない人でも問題なく勤務できます。

また、家庭や子育て、プライベートとの両立もしやすいと言えます。

難しい医療技術が必要ない

眼科外来看護師の主な業務は医師の介助や服薬管理、生活介助です。

手術介助の知識・技術が必要となる場合もありますが、一度覚えてしまえばルーティンワークです。

特に難しい医療技術は必要ありません。

眼科外来看護師のデメリット

知識の幅が狭くなる

眼科外来では、眼の専門知識しか得られず、薬物投与もほぼ点眼なので知識が限られてしまいます。

知識の幅が狭いため、将来希望する診療科への転職がしづらくなるかもしれません。

技術の幅が狭くなる

眼科外来に来る患者さんは、他の疾患を患っている人が少ないです。

患部が眼だけに限局しているため、治療が点眼のみの患者さんが多く看護技術をなかなか磨けません。

手術がある施設では、手術介助の技術を学ぶことができるため、技術の幅を広げたい人は手術のある施設を選ぶといいでしょう。

看護師としての知識や技術の向上の限界がすぐ見えてきてしまう

眼の疾患は種類も少ないため、比較的短い期間で知識を身につけられてしまいます。

「知識を増やしたい」

「看護師として向上したい」

など、モチベーションが高い人には物足りないかもしれませんね。

眼科病棟看護師のメリット

介助が少ないため体が楽

眼科病棟では、視力が悪いだけで自分で動ける患者さんが多いです。

患者さんの介助と言っても、歩行介助が必要なくらいです。

トランスや体位変換といった体力が必要な介助がほとんどないため、体力的に負担が少ないといえます。

残業が少ない

患者さんの介助が少ないため自分の業務をスムーズに進めることができます。

業務自体も決まったものが多く、急変など突発的に生じる業務もほとんどないため、残業は少ない傾向にあります。

病歴聴取が得意になる

眼科病棟は入院患者さんの入れ替わりが激しいです。

白内障の患者さんは両目手術しても1週間で退院します。

そしてまた新しい患者さんが入院してくるのです。

1日に何人もの病歴を、決まった時間内で聴取するため、患者さんからの情報の引き出し方が上手くなります。

「病棟案内をしながら情報を収集する」

「雑談の中に聴取したいことを組み込んでいく」

など、「さあ、病歴聴取するぞ」と意気込まなくても、自然な会話の中から情報を得られるようになっていきます。

眼科病棟看護師のデメリット

看護技術を磨くことができない

基本的にCV管理や吸引などはなく、輸液ポンプを使用することもほとんどないため、技術を身につけることは難しいです。

必要な看護技術は、バイタルサインの測定、血糖関連技術、点眼、眼軟膏塗布、末梢点滴管理くらいです。

基礎の基礎ですよね。

視力障害がある方に対しての歩行介助は、様々なバリエーションがあるため詳しくなります。

入退院が多いので忙しい

両目白内障の手術で1週間弱の入院のため、患者さんの入れ替わりが激しく忙しいです。

入院時の病歴聴取をして、すぐに手術オリエンテーションをします。

そして、すぐに退院となるため、退院後の生活の注意点などをオリエンテーションします。

それを1日に何人もの患者さんに行うため、病歴聴取やオリエンテーションの要領が良くなります。

でも、とっても忙しいです。

手術が多いと忙しい

眼科の手術では、局所麻酔だとすぐに病棟に戻ってきます。

手術自体が15分から20分くらいで終わってしまう、なんてことはざらです。

そのため、手術室への送り迎えも含めて大変です。

1日で十数名の手術があります。病棟と手術室を行ったり来たりです。

眼科看護師に向いている人の特徴

眼科看護師に向いている人の特徴

コミュニケーションが得意な人

眼科看護師には、患者さんへの分かりやすい説明や細かい気配りが求められます。

そのため、高いコミュニケーション能力は必須です。

入院中の患者さんは視力に障害があるため、テレビや本などを見ることが困難で、暇を持て余しています。

話し相手になることも患者さんのケアになりますので、コミュニケーションスキルが高いと重宝されます。

ブランクがある人

眼科の仕事は難しい看護技術は必要ありません。

基本的なことができていれば問題ないのです。

また、疾患も限られているため学習する範囲も狭いです。

そのため、多少看護師としてブランクがあっても、すぐに慣れることができるでしょう。

仕事に復帰したいけど体力的に不安な人、新しい仕事を覚えられるか自信がない人もチャレンジしやすい診療科です。

プライベートを充実させたい人

眼科はプライベートとの両立が容易な診療科です。

外来の場合は、平日日勤のみの仕事のため、しっかり休みを確保できます。

また、病棟の場合は、夜勤ありのシフト勤務にはなりますが、全体的に残業が少ない傾向にあるため、勤務後の時間も有効に使うことができます。

時間に余裕が持てるため、子育て中でも仕事がしやすいと言えます。

まとめ

・眼科の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・眼科看護師は、大学病院の病棟や外来を選択すれば年収が高くなり、クリニックを選択すると夜勤がないため、年収が下がる傾向にある

・働き方や年収のバランスを考えながら転職先を選ぶことが大切

眼科への転職におすすめの看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事