看護師転職サイトおすすめ

オペ室への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

オペ室の求人に強い看護師転職サイト

オペ室への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

オペ室の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

オペ室への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名オペ室の公開求人数
1ジョブデポ看護師2,000件以上
2看護のお仕事1,700件以上
3ナースではたらこ200件以上

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「オペ室の求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

オペ室の求人をほとんど扱っていない看護師転職サイトも多いため、オペ室への転職を希望する場合は、上記のように求人数が多い看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

オペ室看護師は、始めに覚えること、知識をつけることが多くて大変です。

また、仕事中は基本立ちっぱなしなので体力的も大変で、手術は命に直結する治療のため、緊張状態が長時間続きます。

そのため、「しっかりと休暇制度が整っている」、「給与が高い」、「夜勤なし」など、できるだけ労働条件が良い職場を選ぶことが大切です。

この記事では、オペ室への転職におすすめの看護師転職サイトをご紹介するとともに、オペ室の求人を探す際の注意点、オペ室の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

オペ室への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

オペ室の求人を探す際の注意点がわかります

オペ室の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

オペ室転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

オペ室の公開求人数

2,000件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は求人数が豊富で、特に病院やクリニック、介護施設、訪問看護の求人が充実している看護師転職サイトです。

オペ室の公開求人は2,000件以上で、内訳は病院が1,200件以上、クリニックが700件以上となります。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「手術室」と入力すると求人をピンポイントでチェックすることができ、「高給与」や「土日祝休み」、「託児所あり」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順や病床数順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』のオペ室の求人は、求人数が多いだけあって、日勤のみで高給与な職場や託児所完備、残業少なめなど、様々な条件の職場を選ぶことができます。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

オペ室転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

オペ室の公開求人数

1,700件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

オペ室の公開求人数は1,700件以上で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「手術室」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』のオペ室の求人は、高給与のものが多い印象で、その他休暇制度が充実している職場が多数あります。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

オペ室転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

オペ室の公開求人数

200件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、クリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

純粋なオペ室の求人数は200件以上ですが、他に形成外科や美容クリニックの求人としてオペ室の経験を活かせる職場も多数あります。

求人検索ツールでは、フリーワード検索で「手術室」を入力すると求人の一覧を確認することができます。

また、こだわりで探すの項目で診療科目「外科」「整形外科」「美容外科」を選択することで外科の求人を探すことができます。

『ナースではたらこ』のオペ室求人はクリニックが多く、日勤のみや土日休みの職場が多く見つかります。

クリニックの求人に強い転職サイトだけあって、日勤のみのクリニック求人が多数見つかります。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースではたらこに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せるオペ室看護師の年収事情

オペ室看護師の平均年収
オペ室看護師の平均年収は勤務する施設によって変わってきます。

一般病院の場合は、病院の規模によって異なりますが、一般看護師の平均年収と変わりありませんので、480万円程度です。

また、勤務日数、オンコール当番の回数によって月給が変わってきますので、希望する施設のオンコール回数などもしっかり確認しておきましょう。

手術のあるクリニックの場合は、クリニックの経営状態、診療科によって異なります。

しかし、クリニックの手術は基本的に日帰り手術です。

夜勤がないため平均年収も下がります。

ただし、美容外科に関しては保険外診療の場合が多いため経営状態が良い施設が多いです。

看護師の頑張り次第でインセンティブが入る場合もあるため、年収も上がる傾向にあります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せるオペ室の業務は大変なのか

オペ室看護師の業務は大変なのか
オペ室の業務は大変です。

始めのうちは、解剖生理の理解から始めます。

そのあとに、手術に術式についての理解を深めます。

解剖生理と術式をつなぎ合わせて考えられるようにしていく必要があります。

そして、同時に手術に必要な機器類の名前を覚え、使い方・使う手順を覚えていきます。

一通り理解出来たら実践です。

直接介助・間接介助に入り、手術の手順・機器類の使用手順に倣って介助を行っていきます。

始めに覚えること、知識をつけることが多くて大変ですね。

また、オペ室の看護師は基本立ちっぱなしなので体力的も大変で、手術は命に直結する治療のため、緊張状態が長時間続きます。

しかし、手術の手順は基本的には決まっています。

医師により多少の癖はありますが、基本的な部分は変わりません。

一度覚えてしまえば、そこまで大変ではなくなっていきます。

急変がなければルーティンワークみたいなものですね。

残業も少なく、休憩時間もしっかり取れる施設が多いため、その点は楽かもしれません。

看護師転職サイトで探したオペ室の求人事例

看護師転職サイトで探したオペ室の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した好条件のオペ室の求人事例をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

求人事例1)レディースクリニック

レディースクリニックのオペ室求人です。

月収40万円~(手当込み)、賞与年間4.5か月分です。

仕事内容は、手術説明、血液検査、手術中の直接介助、手術後のフォローなどの手術室業務で日勤のみです。

産前産後休暇、育児休暇、有給休暇などの休暇制度もあります。

最初の2ヶ月間研修があるため、未経験でも可です。

求人事例2)二次救急指定病院

二次救急指定病院のオペ室求人です。

月収37.7万円~(手当込み)、賞与年間3か月分です。

仕事内容は、手術室での看護業務全般で、夜勤ありです。(夜勤平均月4回)

夏季休暇、有給休暇、結婚休暇、忌引休暇、産前産後休暇、育児休暇などの休暇制度もあり、保育施設・託児所もあります。

求人事例3)一般病院

一般病院のオペ室求人です。

月収31万~34万円(手当込み)、賞与年間2回、年収372万~408万円+賞与です。

仕事内容は、器械出し・外回りなどのオペ介助、手術材料等の管理です。

手術は週4日実施、オペがない時は外来業務を行います。

手術は大腿骨頸部骨折などの整形外科が中心で、救急受け入れ件数少なめ、重症患者は少なめ、2交替です。

有給消化率100%で残業ほぼなしです。

求人事例4)一般病院

一般病院のオペ室求人です。

月給30.6万~32万円、賞与年間4.6か月分、年収469万~505.9万円です。

仕事内容は、オペ室における看護業務全般です。

平日は2交代制、土日はオンコール体制で、年間手術件数4,595件です。

年間休日数120日で、慶弔休暇、有給休暇、産前産後休暇などの休暇制度もあります。

求人事例5)美容外科クリニック

外科手術専門のクリニックの求人です。

診療内容は美容外科、形成外科、口腔外科、歯科です。

月給33万~38万円、昇給ありです。

仕事内容は、オペ室での医者の介助・看護業務です。

日勤のみで残業ほとんどなし、有給消化率も100%、院内はホテルのような雰囲気です。

求人事例6)美容クリニック

7台のレーザー機器と手術室がある美容クリニックの求人です。

診療科目は形成外科、美容外科、皮膚科。

月給30万~40万円、昇給ありです。

仕事内容は、診療介助、手術準備及び介助、レーザーなどの施術、お客様への美容アドバイスや指導です。

日勤のみです。

看護師転職サイトを利用してオペ室の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用してオペ室の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると、自分で求人を検索することもできます。

検索ツールバーで「手術室」にチェックを入れて検索しましょう。

求人によっては「病棟、手術室」などの病院もあります。

その場合、確実にオペ室に配属されるのかどうかは分かりません。

オペ室勤務の希望は出せても、希望が確実に叶えられるかどうかがわからないのです。

また、一度オペ室に配属されても、数年で部署異動が必要な場合もあるため注意が必要です。

自分で検索をするのであれば、確実にオペ室に勤務できる求人を選択していきましょう。

アドバイザーに紹介してもらう

確実にオペ室で勤務したいのであれば、自分で検索するのと同時に、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

「オペ室で働きたい」ということを強調して伝えておいて、確実にオペ室で働ける求人を紹介してもらいます。

また、手術を扱う診療科も様々です。自分がどんな手術に関わっていきたいのかを明確にしておきましょう。

そして、診療科の希望の他に、労働環境や労働条件についての希望もしっかり伝えておきます。オペ室で働ければどこでもいいや、ということはありませんよね。

労働条件についての希望も明確にしておきましょう。

手術を必要とする診療科

手術を必要とする診療科

外科系全般

「○○外科」という診療科は手術を用いて治療を行います。

消化器外科、脳神経外科、心臓外科、呼吸器外科、形成外科、整形外科、美容外科、小児外科などです。

これらは単科でのクリニックもありますし、一般病院にもあります。

単科でのクリニックでも手術を実施している施設と、術前後だけを診察する施設に分かれます。

クリニックを選択するのであれば、施設内で手術をしているのかを確認しておきましょう。

また、一般病院のオペ室では、様々な手術の介助につく必要があるため豊富な知識が必要です。

眼科

眼科では白内障や緑内障、網膜剥離などの手術を行います。

局所麻酔、全身麻酔どちらもあります。

しかし、クリニックでは基本的に日帰り手術となるため、局所麻酔の手術のみ行います。

また、一般病院では眼科専用のオペ室ではないため、オペ室看護師は眼科以外の手術の介助につくこともあります。

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科でも舌癌などの手術があります。

しかし、クリニックでは手術を行いません。

そのため、耳鼻咽喉科の手術に関わりたいのであれば、一般病院に入職することになります。

一般病院のオペ室では、耳鼻咽喉科以外の手術の介助につくこともあります。

オペ室看護師の仕事内容

オペ室看護師の仕事内容

オペ室看護師の仕事内容は勤務施設によって異なります。

主なオペ室の業務内容について説明します。

基本的には直接介助と間接介助があり、そのどちらかを担当する形になります。

直接介助

直接介助は「器械出し」と呼ばれ、手術をする医師の横に立ち器械を渡すなど、手術に直接関与する介助を行います。

器具・機械の準備

自分の担当する手術の術式に合わせた器具・機械の準備を行います。

多くの施設では、手術に合わせて器機類が一つにまとまっているトレーが準備されています。

必要なトレーを準備するほか、手術に必要な機械があれば準備しておきます。

器械だし

手術中に手術の進行状況や医師の動きをみて、次に必要な器具の先読みをし、迅速かつ正確に機械出しを行います。

器械だしの看護師のスキルが手術の進行のスムーズさに大きく影響します。

手術の手順は基本的には決まっています。

しかし、執刀する医師によって若干手順に差があったり、癖があったりします。

介助を繰り返す中で医師の癖を掴み、スムーズに手術が進むようサポートしていきます。

間接介助

間接介助は「外回り」と呼ばれており、手術の直接介助以外の業務を担当します。

直接介助がずっと医師の横に張り付いているのに対して、オペ室内を動き回ります。

患者さんの受け入れ

病棟から患者さんの引継ぎを受け、患者確認ののちオペ室に受け入れます。

術前のバイタルサイン、絶飲食、血液型など正確に引き継ぎます。

左右どちらかの臓器の手術の場合は、左右の間違いがないようにWチェックを行うこともあります。

物品準備

手術進行に必要な物品の準備を行います。

直接介助看護師と共に手術機器の準備をします。

また、外回りで必要な記録のためのパソコン、心電図などの器機類、手袋・ガウンなどの準備を行います。

麻酔介助

麻酔科医師による麻酔時の介助を行います。

腰椎麻酔の場合、患者さんは側臥位を取る必要があるため、体位の保持を介助します。

患者観察

麻酔科医とともに患者さんのバイタルサインの確認や点滴の調整・交換、皮膚状態の観察などを行います。

手術中は出血などもあり循環動態が変化しやすいです。

バイタルサインの変動も激しいため、適切な観察が必要となります。

また、医師からの点滴・注射指示に迅速に対応していくことも大切です。

薬品棚の中身を補充しておき、すぐに必要な薬品が使用できるように、どこに何があるのかも把握しておくことが必要です。

手術記録

手術記録への記録を行います。

バイタルサイン、出血量や輸液量、挿入ルート、皮膚状態、使用薬剤について、などを確認し、記録します。

記録は患者さんの病棟記録と共に保存されます。

万が一にも何かトラブルがあった時の重要な証拠記録になるため、事実のみを確実に記録しておくことが大切です。

※基本的にオペ室看護師は、直接介助・間接介助、どちらの業務も行えるように訓練します。

施設によって、どちらから始めるのかは違います。各施設が看護師にどんなトレーニングをしているのかを確認しておくことが必要です。

オペ室看護師をするメリットデメリット

オペ室看護師をするメリットデメリット

メリット

専門的な技術を得ることができる

オペ室看護は一般病棟に比べて、かなり特殊で専門的になります。

そのため、一度オペ室で働くと生涯オペ室で働く人も多いです。

専門的な技術だからこそ、オペ室であればどこの病院に転職してもやっていけるのです。

医師によって手術の進め方に癖が出ることもありますが、基本的な術式や使用する器械は変わりません。

医療技術は日々進歩しているため、新しい機器も出てきますし、新しい手術方法が発表されることもあります。

しかし、基本的な部分を一度覚えてしまえば、どこにいっても通用します。

幅広い知識を得ることができる

オペ室看護師は基本的に複数の科の手術を担当します。(病院によって異なります)

施設によっては、簡単な手術から始めて、徐々に複雑な手術の介助につくようにしていく、なんてところもあります。

それぞれの分野の解剖生理、疾患について、術式、手術のポイントなど、覚えることがかなり多いです。

手術という専門性の高い技術の習得できるとともに、幅広い分野の学習を行うことが可能です。

残業は少ない

手術は基本的にはスケジュールが組まれています。(緊急手術は別)

また、病棟のようにナースコール対応はありません。

医師の手術手技と手術の進み具合にもよりますが、基本的には円滑に業務が進みます。

また、スタッフ人数もしっかり確保されていることが多く、休憩時の交代要員もしっかりいます。

そのため、休憩がしっかりと取れることが多いです。

早番・遅番でシフトを組んでいる場合も多いです。

もし手術が延長しても、遅番の看護師に交代できるようになっています。

また、手術時間については事前にわかっていますし、手術時間が延長しそうかどうかも手術を進める中で分かるので、スタッフ配置の予定も組みやすくなります。

結果、残業が少なくなるのです。

土日休みが多くなる、夜勤がない

定期手術は基本的に平日に行います。

そのため、オペ室看護師の休みは土日が多くなります。

また、基本的には日中に手術をおこなうため夜勤はありません。

夜間の緊急手術に備え当直制(オンコール)になっている病院が多いです。

オンコールが月に何回あるのかは施設によって異なります。

スタッフ人数によっても変わってきます。

希望する施設のオンコール当番が月に何回あるのかをしっかり確認しておきましょう。

オペ室看護師のデメリット

患者さんと接する時間が短い

基本的に患者さんは手術中ほとんど眠っています。

そのため、患者さんとコミュニケーションを取ることは、術前訪問時と手術の受け入れ時くらいです。

「患者さんとのコミュニケーションが好き」

「患者さんと深く関わりたい」

という人には不向きな職場と言えます。

肉体疲労、身体疲労がある

オペ室看護師は基本的に休憩はしっかりとれますが、手術中はたちっぱなしです。

かなり肉体が疲労します。

また、手術は命に直結する治療のため、看護師も緊張状態が長時間続きます。

精神的にも疲れやすいと言えるでしょう。

一般的な看護技術を行うことができない

手術看護は専門的で特殊です。

解剖生理や手術介助については詳しくなります。

ただし、病棟勤務で必要になる一般的な看護技術(清拭、移動介助、口腔ケアなど)を提供することはほとんどありません。

そのため、オペ室から一般病棟への転職のハードルは高くなります。

また、異動・転職するとしてもオペ室の経験を活かせるように外科系やICUなどの重症患者さんのいる病棟になる可能性が高いです。

学ぶことが多い

オペ室看護師として様々な手術に入るため、解剖生理、術式、器械について覚えることが多くあります。

一回ですべてを習得することは難しいので、先輩から教えてもらったり、手術の手順書で学習したり、繰り替えし手術につくことで学んでいきます。

勤務時間のみで学習することは難しいため、プライベートの時間も学習にあてる必要が出てきます。

始めのうちは学習で一日が終わってしまうくらいです。

頭が疲れてしまいますね。

オペ室看護師に向いている人の特徴

オペ室看護師に向いている人の特徴

臨機応変に動ける人

手術室看護師は手術に対しての直接介助・間接介助がメインの業務です。

そのため、医師などの医療スタッフが、スムーズに手術を進められるようにサポートすることが必要になります。

自分のペースで仕事をするというよりも、医師にペースを合わせ、周りを見ながらの臨機応変な仕事を求められます。

また、手術は定期のものだけでなく緊急手術もあります。

そんな緊急事態にも冷静に対応できる精神力が必要です。

学ぶことが好きな人

手術室看護師は基本的に複数の科の手術を担当します。(病院によって異なります)

それぞれの分野の解剖生理、疾患について、術式、手術のポイントなど本当に覚えることが多いです。

また、医療技術や医療機器も日々新しいものが取り入れられるため、毎日が学習です。

予習・復習が苦とならずに自分から学習できるような人に向いています。

コミュニケーションスキルの高い人

患者さんと接する機会が少ないからコミュニケーションスキルは関係ないのでは?

そんなことありません。

手術中は医師など他の医療スタッフとのコミュニケーションが欠かせません。

言語的コミュニケーションだけでなく、その場の雰囲気をよみとるような非言語的コミュニケーションスキルが大いに発揮できるのです。

空気を読んで発言・行動できる人に向いていますね。

冷静な人

手術は直接患者さんの命に関わる治療です。

順調に進む手術だけではありません。

思ったより出血多い、思ったより癒着がある、思ったより循環動態の変動がある。

想定外の事態が起きることも日常茶飯事です。

そのような事態でパニックになってしまっては治療がスムーズに進みません。

どんなときにも冷静に対応できることが大切なのです。

まとめ

・オペ室に転職するにはオペ室の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・オペ室の看護師は、始めに覚えること知識をつけることが多くて大変

・働き方や年収のバランスを考えながら転職先を選ぶことが大切

オペ室への転職におすすめの看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事