看護師転職サイトおすすめ

泌尿器科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

泌尿器科に強い看護師転職サイト

泌尿器科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

泌尿器科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

泌尿器科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名泌尿器科の公開求人数
1看護のお仕事28,000件以上
2ジョブデポ看護師2,600件以上
3ナースではたらこ1,000件以上

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「泌尿器科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、泌尿器科の看護師求人の保有数には差があります。

そのため、泌尿器科への転職を希望する場合は、上記のように求人数が多い看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

泌尿器科はとても忙しい診療科の1つです。

また、患者さんの羞恥心に対してのケアなど、メンタルケアと同様に気を使っていくことが必要となり、大変な部分があります。

しかし、基本的な看護業務ができれば問題なく業務にあたることができます。

泌尿器科の収入面では、クリニックや外来だと年収は低め、病棟は他の診療科と同程度となります。

この記事では、泌尿器科への転職におすすめの看護師転職サイトをご紹介するとともに、泌尿器科の求人を探す際の注意点、泌尿器科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

泌尿器科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

泌尿器科の求人を探す際の注意点がわかります

泌尿器科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

泌尿器科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

泌尿器科の公開求人数

28,000件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は求人数が豊富で、特に病院やクリニック、介護施設、訪問看護の求人が充実しており、

泌尿器科の公開求人は28,000件以上です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「泌尿器科」と入力すると求人をピンポイントでチェックすることができ、「高給与」や「土日祝休み」、「託児所あり」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順や病床数順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の泌尿器科の求人は、高給与で絞り込みをすることができるので、日勤のみで高給与な職場や、有床クリニックありの高給与な職場など、条件の良い転職先を見つけることができます。

また、日勤のみ、日曜も休日でプライベートとの両立ができる職場が多い印象です。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

泌尿器科転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

泌尿器科の公開求人数

2,600件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

泌尿器科の公開求人数は2,600件以上で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「泌尿器科」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

また、さらに「高収入」「保育所完備」「残業少なめ」など、こだわり条件を追加して検索が可能です。

『ジョブデポ看護師』の泌尿器科の求人は、日勤のみのクリニックも多く、日曜祝日と平日1日休みなど、ワークライフバランスが保てる職場も多くあります。

また、「子育て中の看護師が多く、突発的な休みが取りやすい」など、内部の雰囲気まで情報をもらうことができるため、転職先を選択する際にかなり参考になります。

担当アドバイザーから施設の詳しい内部情報を提供してもらいながら、労働条件や労働環境についてもアドバイザーに確認しながら応募先を選んでいくと良いです。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

泌尿器科転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

泌尿器科の公開求人数

1,000件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、クリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

泌尿器科の求人数は1,000件以上です。

求人検索ツールでは、フリーワード検索で「泌尿器科」を入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の泌尿器科求人はクリニックの保有数が多いため、日勤のみで高給与や休日多めの職場、子育て中の看護師に優しい職場など、様々な転職先を選択することができます。

求人検索ツールのみでは、基本的な情報しか閲覧することはできないので、登録後に担当アドバイザーに詳細を確認することが大切です。

アドバイザーはかなり詳しい情報を教えてくれるので、転職後のギャップを防いでくれます。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースではたらこに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる泌尿器科求人の種類

看護師転職サイトで探せる泌尿器科求人の種類

クリニック

泌尿器科単独のクリニックです。

眼科や耳鼻科、皮膚科のように数は多くありませんが、泌尿器科のみを扱っているクリニックがあります。

確実に泌尿器科疾患に関わることができるためおすすめです。

しかし、求人数が少なめであることがデメリットです。

また、クリニックでは看護業務以外の事務業務や清掃業務も看護師が担うことが多いため、業務内容はしっかり確認しておきましょう。

病棟

総合病院内の泌尿器科病棟です。

泌尿器科単独の病棟もありますが、他の診療科との併設病棟である施設も多いです。

併設病棟の場合、泌尿器科以外の疾患も扱うことになります。

希望施設の病棟配置がどのようになっているのか、確認しておくことが大切です。

外来

総合病院の泌尿器科外来です。

看護師転職サイトで探せる泌尿器科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる泌尿器科看護師の平均年収

泌尿器科看護師の平均年収は勤務する施設、勤務形態によって異なります。

クリニックの場合

クリニックの場合は、施設の経営状態にも左右されます。

夜勤もないため看護師の平均年収と比較すると、年収は低めになります。

外来の場合

外来の場合、病院で決められた給与が支払われます。

夜勤はないため病棟看護に比べると年収は低めとなります。

クリニックよりは高いことが多いです。

病棟の場合

病棟の場合、夜勤もあるため看護師平均年収同等の年収となります。

夜勤手当以外の特別な手当はないことがほとんどです。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる泌尿器科の業務は大変なのか

泌尿器科看護師の業務は大変なのか

泌尿器科は忙しい診療科です。

しかし、業務自体は特別大変なことはありません。

外来やクリニックは基本的に医師の診療補助が主な業務です。

介助が必要な患者さんも少ないため、そこまで体力的にもきつくありません。

また、病棟業務に関しても特別なものはありません。

基本的な看護業務ができれば問題なく業務に当たることができます。

泌尿器科の大変な点としては、患者さんの羞恥心に対してのケアがあります。

メンタルケアと同様に気を使っていくことが必要となるため、「気を張りすぎて大変」ということがあります。

看護師転職サイトで探した泌尿器科の求人事例

看護師転職サイトで探した泌尿器科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した好条件の泌尿器科の求人事例の一部をご紹介します。

求人探しの参考にしてください。

求人事例1)泌尿器科クリニック

泌尿器科クリニックの求人です。

クリニックにて看護師業務全般を行います。

週休2日制で、日勤のみ、就業時間は8:20~12:30、13:00~15:00、16:00~19:15のシフトです。

月収35万~42万円、賞与年間3か月分、昇給ありです。

求人事例2)泌尿器科・乳腺科専門クリニック

泌尿器科・乳腺科専門の有床クリニックの求人です。

仕事内容は、内視鏡OPE介助、術後管理です。(19床のクリニックで平均11床が埋まっています。)

4週9休以上で、日勤8:30~17:15、夜勤16:30~9:00の2交替です。

月収32.2万~50.2万円(手当込み)、賞与年間4か月分です。

夏季休暇、冬季休暇、産前産後休暇、育児休暇、有給休暇などの休暇制度も整っています。

求人事例3)泌尿器科クリニック

男性不妊症、女性泌尿器科、一般泌尿器科がある泌尿器科クリニックの求人です。

外来にて、検査の案内、介助、点滴、採血、手術の準備、介助(直接介助なし)を行います。

日勤のみ、日曜日、祝日、その他平日1日休みです。

シフト制で8時30分〜17時00分、12時30分〜20時30分の2パターンがあります。

基本給30万~35万円、賞与年間3か月分、昇給ありです。

求人事例4)泌尿器科クリニック

泌尿器科専門のクリニックの求人です。

泌尿器科にて診察の補助、採血、注射、点滴等の処置業務、医療器具のメンテナンスや準備 、医師に同行しての往診業務補助、往診業務あり、その他の看護業務を行います。

日曜日、祝日、毎週木曜日または土曜日休みです。

就業時間は8時30分〜19時00分、休日でない木曜日、土曜日は8時30分〜12時30分です。

基本給28.5万円、賞与年間4か月分、昇給ありです。

30~40才代の子育て中のスタッフも多数在籍しているので、お互いにシフトをうまくやりくりできる職場です。

求人事例5)泌尿器科・内科クリニック

泌尿器科・内科クリニックの求人です。

仕事内容は、診療補助、問診、採血、点滴、消毒、検査補助です。

日勤のみ就業時間は8:50~18:40で、木曜、土曜午後、日曜、祝日が休日です。

月給32万円、賞与・昇給なしです。

ブランクありや看護師経験が少なくても、教わりながら徐々に仕事を覚えていける職場です。

求人事例6)泌尿器科クリニック

泌尿器科の無床クリニックの求人です。

仕事内容は、診療介助や採血、尿検査などの検査業務、、医師や患者さんとのコミュニケーションなどの看護業務と受付や会計、電話対応、院内の掃除など看護業務以外の仕事も行います。

日勤のみ月曜日、祝日、その他が休日でシフト制です。

月給26万~31万円、賞与年間4か月分、昇給年2回です。

看護師転職サイトを利用して泌尿器科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して泌尿器科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトでは自分でも求人の検索をすることができます。

泌尿器科の求人を検索したいのであれば、検索ツールバーにある希望診療科で「泌尿器科」にチェックを入れます。

もし、希望診療科を選択できないようであれば、フリーワードで「泌尿器科」を入力して求人を検索します。

診療科のみを選ぶと、病院・外来・クリニックと様々な施設形態の求人が表示されます。

自分がどんな施設で働きたいのか、どんな働き方をしたいのかを明確にしておきましょう。

また、病院の場合は病棟・外来共にスタッフの空きがある診療科に配属されることになるため、泌尿器科に配属されるかどうかは確定ではありません。

アドバイザーに紹介してもらう

確実に泌尿器科に勤務したいのであれば、自分で求人を検索するとともに担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

アドバイザーは、希望診療科・希望労働条件などにマッチした求人を探してきてくれます。

そのため、希望診療科のみでなく、「希望の労働条件」や「労働環境についての要望」などもしっかり担当アドバイザーに伝えておきましょう。

また、看護師転職サイト経由で応募をすることで、「紹介状」がつき、自分をしっかりアピールしてくれるので採用率を上げることができます。

泌尿器科の看護師の仕事内容

泌尿器科の看護師の仕事内容

ここでは、「外来・クリニック」、「病棟」それぞれの泌尿器科看護師の仕事内容をご説明します。

(1)外来・クリニック

①問診

症状や受診目的を聴取します。

患者さんに記入してもらった問診表を基に内容の確認を行っていきます。

泌尿器は、デリケートな分野の疾患のため、聴取時には周囲への配慮や羞恥心への配慮が必要となります。

②医師の診療補助

検査への誘導や説明、診察時の補助を行います。

泌尿器科の患者さんは、基本的に自分で動ける人がほとんどです。

しかし、介助が必要な患者さんがいれば、移動の介助も行います。

③採血、点滴実施

医師の指示の下、必要であれば採血(腫瘍マーカーなど)、点滴(膀胱炎や腎盂腎炎、尿路感染症などに対しての抗生剤の点滴)を行います。

気分不快の有無など、基本的な観察を行います。

④検査の説明、介助

泌尿器科ではレントゲン、CT、エコーなどが必要になることがあります。

検査は基本的に技師が行いますが、エコーなどは看護師が介助して行う場合もあります。

画像の見方も学習しておくと、深くアセスメントが行えるため良いですね。

⑤処置や指導

処置室で、導尿やバルンカテーテルの交換、膀胱洗浄などを行うこともあります。

また、疾患によっては自己導尿が必要なこともあります。

患者さん・ご家族への自己導尿の必要性の説明や手技の指導などを行います。

(2)病棟

①観察

他診療科病棟と同じく、日々の患者さんの体調管理を行います。

バイタルサインの他に泌尿器科では排泄(尿)や水分出納の情報が重要です。

排尿量、色、尿比重、血尿の有無などを観察していきます。

正常をしっかり把握し、異常の早期発見に努めていくことが大切です。

②採血、点滴管理

医師の指示の下、採血や点滴管理をおこないます。

必要であれば輸血を行うこともあります。

輸血実施時は循環動態に変化が起きやすいため、こまめな観察が必要です。

③バルンカテーテルの管理

泌尿器科病棟ではバルンカテーテルを留置している患者さんがほとんどです。

尿の観察の他に感染がないかの確認も重要です。

「○日後にカテーテルの交換を行う」などスケジュールを組んでおきます。

男性患者さんの場合は医師が挿入することもあるため、医師にもスケジュールを伝えておくことが大切です。

導尿やバルンカテーテル交換、洗浄の介助や実施をします。

④術前、術後のケア

点滴管理や水分出納管理、手術出しを行います。

また、術後はバイタルサインの観察、創部の観察や包交介助などが必要です。

⑤透析管理

泌尿器科には人工透析を行う患者さんも入院しています。

透析室への送迎や申し送り、透析後の観察を行います。

シャントの管理や栄養指導、生活指導を実施することも重要な業務です。

また腹膜透析の患者さんには退院後の透析管理の方法を指導していきます。

泌尿器科看護師をするメリットデメリット

泌尿器科看護師をするメリットデメリット

ここでは、「外来・クリニック」、「病棟」それぞれの泌尿器科看護師をするメリットデメリットをご説明します。

外来・クリニックのメリット

夜勤なし

外来・クリニックは夜勤がないため、生活リズムを崩すことがありません。

また、土日・祝日が休みであることが多いため、家族やパートナーと予定を合わせやすくなります。

家庭・子育て・介護との両立がしやすいです。

幅広い知識を得ることができる

泌尿器科で扱う臓器は、腎臓から膀胱、前立腺、外生殖器と幅広いです。

そのため、多くの疾患に接することができます。

また、病院によっては透析を実施している患者さんも来院します。

内科的疾患から外科的疾患まで幅広く学習することができるため、豊富な知識を得ることが可能です。

患者さんとの関りが深め

高齢になると泌尿器関連の不調をきたしやすくなるため、泌尿器科を受診する方の8割は高齢者です。

また、定期的に受診することが必要となるため、患者さんとも長期的に関わっていくことになります。

一人一人の患者さんの疾患・症状について把握しておくことで、きめ細かい配慮・介入をしていくことができます。

忙しさに季節性はない

泌尿器科疾患には、インフルエンザなど季節的に流行するような疾患はありません。

そのため冬場は忙しい‥などということはなく、コンスタントに忙しいです。

しかし、「普段は穏やかなのに急に忙しくなる」ということがないため、忙しさの変化で疲れてしまうということがありません。

外来・クリニックのデメリット

常に忙しい

年齢を重ねると排尿トラブルや排尿疾患を患いやすくなります。

そのため高齢化社会の日本では泌尿器科はなくてはならない診療科であり、とても忙しい診療科の1つです。

また、高齢者の患者さんが多いため、説明にも一苦労です。

患者さん一人一人の理解度に合わせた説明が必要となってきます。

女性看護師の場合、患者さんから嫌がられることもある

泌尿器科を受診する患者さんは、男性の割合が多いため、女性看護師は患者さんから嫌がられることがあります。

診察のためとはいえデリケートな部分を露出することに抵抗のある方も多いためです。

診察のためには必要なことなので、プライバシーに十分に配慮し、患者さんの精神的負担を軽減するような言葉掛け、配慮が重要となります。

病棟のメリット

幅広い知識を得ることができる

泌尿器科は腎臓から膀胱、前立腺、外生殖器と幅広い疾患に接することができます。

病院によっては透析の患者さんもいます。

内科的疾患から外科的疾患まで幅広く学習することができます。

基本的看護技術を習得することができる

病棟勤務のため、患者さんに対する日常生活援助はもちろんのこと、術前後の管理や水分出納管理、点滴管理、バルンカテーテルの管理や排泄ケアなど、多くのことを学ぶことができます。

その他、入院時や退院時のオリエンテーション、術前オリエンテーションなど、患者さんの理解度に合わせた説明方法についても学習することができます。

がん治療の知識を得ることができる

泌尿器科では、膀胱がん、前立腺がん、腎臓がんなどの手術があるため、がん治療の知識を得ることができます。

また抗がん剤治療(抗がん剤スケジュールや副作用)、癌患者さん・ご家族に対するメンタルケアについても学ぶことができます。

他の診療科のがん治療でも経験を生かすことができるため、転職に有利となります。

重労働が少ない

泌尿器科には寝たきりの患者さんの割合が少ないです。

基本的には自分で動ける人が多いため、トイレ介助や入浴介助といった重労働が少ないです。

身体的負担が少ないため、楽と言えます。

男性看護師が多い

泌尿器科は膀胱や生殖器といったデリケートな部分を扱い、患者さんも圧倒的に男性が多く、男性看護師の配属割合が高くなります。

そのため、女性同士ならではの人間関係のストレスは少ないといえます。

また、数少ない重労働を必要とする介助も、一緒に男性看護師が入ってくれるため、比較的楽に介助が行えます。

尿路ストマについて学べる

尿路ストマは、他の診療科では出会うことがありません。

そのような特殊なストマの構造と共に、皮膚トラブルなどトータル的に学習することができます。

今後訪問看護に転職を考えている人は学んでおいて損はありません。

病棟のデメリット

バタバタしている

年を重ねると排尿トラブルや排尿疾患を患いやすくなります。

そのため、高齢化社会の日本では泌尿器科はなくてはならない診療科であり、とても忙しい診療科の1つです。

泌尿器科病棟は、入退院のサイクルが早いため慌ただしい可能性が高いです。

女性看護師の場合、患者さんから嫌がられることもある

男性患者さんの割合が多いため、女性看護師は患者さんから嫌がられることがあります。

診察、ケアのためとはいえデリケートな部分を露出することに抵抗のある方も多いです。

プライバシーに十分に配慮し、患者さんの精神的負担を軽減するような言葉掛けが重要となります。

泌尿器科看護師に向いている人の特徴

泌尿器科看護師に向いている人の特徴

(1)外来・クリニック

プライベートを充実させたい人

外来・クリニックには夜勤がありません。

また、土日・祝日が休みである施設がほとんどです。

家庭・子育て・介護と両立したい人には最適です。

人と関わるのが好きな人

泌尿器科は高齢者の受診が多い診療科です。

高齢者の方とコミュニケーションをとるのが好きな人、多くの患者さんと関わりたい人にとっては楽しく働くことができます。

人の気持ちに寄り添える人

泌尿器科では、人には言いづらい悩みを抱えている患者さんも多いです。

「人に話せず悩んでいた」

「やっと受診に踏み切った」

そんな患者さんもいます。

患者さん一人一人の気持ちに寄り添い、緊張や羞恥心を和らげるような言葉かけや態度で接することが重要となります。

男性器を目にしたり、触れたりする仕事に抵抗がない人

泌尿器科では仕事柄男性器を目にしたり、触れる場面が多くあります。

その都度恥ずかしがっていたり、抵抗を示すようでは泌尿器科の看護師は務まりません。

少しでも抵抗が見られると、患者さんからの信頼も得ることができません。

常に冷静に対応できる精神力が必要です。

(2)病棟

訪問看護に進みたい人

訪問看護で泌尿器科?と思われるかもしれませんが、在宅で寝たきりの方は排尿トラブルを抱えていることが多いです。

また、寝たきりでなくても高齢者は泌尿器に何かしらのトラブルを抱えていることがあります。

そのため、泌尿器科分野を学習しておくことは将来的にとても役に立ちます。

人と関わるのが好きな人

泌尿器科は高齢者の入院患者さんが多い診療科です。

高齢者の方とコミュニケーションをとるのが好きな人、多くの患者さんと関わりたい人にとっては楽しく働くことができます。

また、患者さんの理解度を正確に把握し、一人一人に合わせた対応ができる人に向いています。

人の気持ちに寄り添える人

人には言いづらい悩みを抱えている患者さんも多いため、気持ちに寄り添い、緊張や羞恥心を和らげるような言葉かけや態度で接することが重要となります。

「家族に言いづらいことを聞き出す」

「医師には気軽に聞けないことを説明する」

など、患者さんの抱えている不安や疑問を上手に聞き出すためのコミュニケーションスキルも必要となります。

男性器を目にしたり、触れたりする仕事に抵抗がない人

仕事柄男性器を目にしたり、触れる場面は多いです。

その都度恥ずかしがっていたり、抵抗を示すようでは泌尿器科の看護師は務まりません。

どんな場面でも冷静に対応できる精神力が必要です。

まとめ

・泌尿器科は忙しい診療科だが、基本的な看護業務ができれば問題なく業務に当たることができる

・泌尿器科の収入面は、クリニックや外来だと年収は低め、病棟は他の診療科と同程度となる

・泌尿器科看護師の年収は施設によって異なるためしっかり求人を比較することが大切

泌尿器科への転職におすすめの看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事