看護師転職サイトおすすめ

消化器科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

消化器科の求人が豊富な看護師転職サイト

消化器科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

消化器科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

消化器科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名消化器科の公開求人数
1看護のお仕事11,000件前後
2マイナビ看護師非公開
3ジョブデポ看護師1,800件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「消化器科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、消化器科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、消化器科への転職を希望する場合は、上記のように消化器科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

消化器科看護師の年収は、一般的な看護師の平均年収と同等程度ですが、病棟の場合は、夜勤があるため年収は上がります。

また、施設によって年収に差があるため、求人を探す際にはしっかり比較して転職先を決めることが大切です。

この記事では、消化器科の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、消化器科の求人を探す際の注意点、消化器科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

消化器科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

消化器科の求人を探す際の注意点がわかります

消化器科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

消化器科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

消化器科の公開求人数

11,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、消化器科の公開求人は11,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「消化器」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の消化器科の求人は、2交代で年収500万円以上の職場や教育制度が整っている職場など、求人数が多いだけあり様々なものを選ぶことができます。

求人検索機能では求人を年収順にも並び替えることができるため、高収入の職場もすぐに見つかります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

消化器科転職におすすめの看護師転職サイト2)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

消化器科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「消化器内科」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の消化器科の求人は、年収500万円以上であるにもかかわらずゆったりした環境で仕事ができる職場や、子育てに関する休暇制度が充実している職場、24時間託児所完備の職場など、ワークライフバランスが保てる職場が多くあります。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

消化器科転職におすすめの看護師転職サイト3)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

消化器科の公開求人数

1,800件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

消化器科の公開求人数は1,800件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「消化器」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の消化器科の求人は、教育制度が整っている年収500万を超える職場もあり、消化器科未経験でも仕事を覚えて高収入を目指せます。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる消化器科の種類

看護師転職サイトで探せる消化器科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる消化器科の種類をご説明します。

クリニック

消化器科のクリニックです。

外科・内科の区切りはない施設が多く、「消化器科」として診察を行っています。

ただし、外来では手術ができないため、外科であっても、手術前後の経過を診察する形になります。

内科の場合は、消化器内科単独の施設と、他の診療科と合同の施設があります。

自分がどんな働き方をしたいのかを、しっかり決めておくことが大切です。

病棟

消化器科の病棟には外科と内科があります。

消化器外科は手術を行うため、大学病院や総合病院などの大規模病院になります。

消化器内科は大規模病院だけでなく、小規模病院にもあるため、求人は多めです。

外来

消化器科の外来には外科と内科があります。

多くは、内科・外科にわかれていますが、消化器科として外科・内科が一緒になっている施設もあります。

看護師転職サイトで探せる消化器科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる消化器科看護師の年収事情

消化器科看護師の平均年収は、一般的な看護師の平均年収と同等です。

病棟の場合は、夜勤があるため年収は上がります。

また、施設によって年収に差があるため、しっかりリサーチすることが大切です。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる消化器科の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる消化器科の業務は大変なのか

消化器科の看護師業務は、一般的な病棟業務ができれば大変とは感じないでしょう。

消化器内科、消化器外科の術前は患者さんの自立度も高いため、介助量は少なくなります。

しかし、内科・外科共に急変が起こる可能性はあるため、気は抜けません。

消化器内科は、抗がん剤の副作用で苦痛を感じている患者さんも多く、命に対しての不安から精神的に不安定となっている患者さんもいます。

そんな患者さんに対応していく必要があるため、看護師も精神的に辛く感じることもあるかもしれません。

消化器外科は、患者さんの回復過程を見ることができるため、やりがいも感じやすい職場です。

しかし、術直後は介助量も多くなるため、体力的に大変だと感じる可能性もあります。

看護師転職サイトで探した条件の良い消化器科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い消化器科の求人事例

事例1)消化器科医院

消化器科を中心とし、内科、循環器内科、小児科、リハビリテーション科を診療科目とする消化器科医院の求人です。

月収25.9万~35.4万円(手当込み)、賞与年間4か月分です。

仕事内容は外来及び病棟での看護業務全般で2交代です。

事例2)消化器科専門病院

消化器内科、内科、外科、肛門外科、放射線科を診療科目とする消化器科専門病院の求人です。

月収27万~34.5万円(手当込み)、賞与年間2.9か月分です。

仕事内容は医師の指示により検温、投薬、注射等の処置を行うなど、病棟での看護業務です。

クリニカルラダーを導入して実践能力を身に付けられ、新人・中途採用者を職員全員でサポートする体制が整っています。

事例3)消化器専門病院

消化器内科、消化器外科を診療科目とする消化器専門病院の求人です。

月収30.5万円(手当込み)、賞与年間5か月分、昇給ありです。

仕事内容は病棟での看護師業務で2交代又は3交代です。

教育カリキュラムやクリニカルラダー、e-ラーニング、院内研修、学会、院外研修、認定看護師取得制度などの教育制度が整っています。

また、独身者のみ無料で利用できる個室の寮もあり、夜勤タクシー送迎有りです。

事例4)消化器科専門病院

消化器科、内科を診療科目とする消化器科専門病院の求人です。

月収33.3万円(手当込み)、賞与年間4か月分、年収494万円です。

仕事内容は病棟看護業務で2交代です。

夏季休暇7日、冬季休暇12月30日~1月4日(6日間)、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇などの休暇制度も充実しています。

3歳児まで利用可能な24時間託児所ありです。

消化器科における手術や内視鏡数など高水準を誇っている病院です。

事例5)胃腸病院

胃腸病院の求人です。

月収29万~35万円(手当込み)、賞与年間4.5か月分、年収450万~540万円です。

病棟勤務で2交代です。

急変が少ないゆったり急性期のため、子育て中や患者とじっくり関わりたい看護師向きの職場です。

残業は月10時間程度、1日で30分程度、有給消化率70%です。

事例6)胃腸科病院

内科・消化器科を専門とする病院の求人です。

月収18万~26.7万円(手当込み)、年収480万円~です。

仕事内容は病棟においての看護業務全般で2交代です。

年間休日118日と多めです。

看護師転職サイトを利用して消化器科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して消化器科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人を検索できます。

希望診療科で「消化器科」を選択して検索をします。

診療科を選択できない場合はフリーワードで「消化器科」と入力して検索しましょう。

サイトによっては「消化器内科」「消化器外科」がわかれていますが、多くは「消化器科」とひとまとめになっています。

外科と内科の希望があるならば、フリーワードで「消化器内科」「消化器外科」と入力し、絞っていきます。

消化器科の求人は多いです。

希望診療科だけでなく、希望の働き方、希望労働条件も選択していくと、求人が絞られるため求人検索の効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は公開求人のみです。

アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件のよい求人です。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、担当アドバイザーは利用者の希望診療科以外の条件(労働条件、労働環境など)についても把握していますので、希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

入職後のミスマッチを最小限にすることができるのも、アドバイザーから求人を紹介してもらうメリットになります。

病院は消化器科に配属されるとは限らない

入職先に病院を選択する場合は注意が必要です。

病院の場合、看護師は看護部に所属します。

入職時に配属希望は出せますが、希望通りになるかはわかりません。

看護部に配属され、看護部から人員に空きのある診療科に配属されることになるからです。消化器科に空きがなければ配属は難しくなります。

他の診療科でも問題なく働ける、配置転換までは頑張れる、という人でなければ務まりません。

消化器科の看護師の仕事内容

消化器科の看護師の仕事内容

消化器外科

点滴管理

消化管の疾患のため術前より絶飲食である患者さんも多く、点滴や中心静脈栄養で水分・栄養管理をしている方が多いです。

そのため点滴準備から滴下管理まで確実に行う必要があります。

また、管理する点滴数も多いため確認を徹底し、ミスのないようにしていく必要があります。

検査データより必要な栄養素をアセスメントし、医師と共に点滴内容について議論することもあります。

経管栄養チューブの管理

前述の通り、絶飲食の患者さんには必要時経管栄養チューブから栄養を注入することもあります。

看護師はチューブの挿入から管理を行います。

挿入の際は患者が苦痛を感じることのないようにするために、確実な手技が必要となります。

術前後ともに栄養を注入することで、消化器症状が出現する可能背が高いです。症状の有無を確認しながら確実に栄養を投与できるようにしていきます。

ドレーン類の管理

手術後はドレーン類が挿入されていることが多いです。

ドレーンからの排液の量や色の観察、挿入部の異常の有無の観察などを行います。

あまりにも長期間ドレーンが挿入されていると感染のリスクも高くなります。

感染兆候にも注意をはらっていきます。

ストマ管理

人工肛門(ストマ)造設に向けてのオリエンテーションからマーキング、造設後の管理を行います。

また、退院に向けてストマ交換の手技を指導したり装具を準備したりと、ストマに関する全般を管理します。

ストマを増設することは患者さんのボディイメージの変化に繋がります。

なかなか現状が受け入れられない患者さんもいます。

患者さんが前向きに受け止められるまで、根気よく関わっていくことが大切です。

日常生活援助

術前の患者さんは自立度が高い人がほとんどです。

そのため介助量も少なくなります。

術後は早めに離床を開始するため、離床介助やドレーン・点滴挿入中の清拭や歩行介助を行います。

離床時は循環動態の変化も起こりやすいため、気分不快の有無や顔色などを観察しながら介助していきます。

また、術後の初回シャワー時には看護師が付き添い、安全を確保します。

生活指導

入院患者さんに対しての食事制限、水分制限の指導、退院していく患者さんに向けての禁酒・禁煙指導、食事制限の指導を行います。

中高年の方の入院が多いため、長期に渡る喫煙や飲酒の習慣を改善してもらうことは容易ではありません。

繰り返し、根気強く指導していくことが必要となります。

安全管理

経管栄養チューブの自己抜去はよくある看護事故です。

再挿入はまた苦痛が伴うものになるので、なぜ抜去してしまうのかをアセスメントし、抜去予防を施す必要があります。

また、術後はルート・ドレーン類が多いため離床時の誤抜去、転倒にも注意する必要があります。

抗癌剤治療

消化器がんに対して、手術前後に抗癌剤治療を行うこともあります。

その場合は外科病棟で行います。

点滴治療中の観察、副作用の観察、副作用への対応を行っていきます。

消化器内科

点滴管理

消化管の疾患のため絶飲食である患者さんが多く、点滴や中心静脈栄養で水分・栄養管理をしている人がほとんどです。

点滴準備から滴下管理まで確実に行う必要があります。

また、管理する点滴数も多いため確認を徹底し、ミスのないようにしていく必要があります。

経管栄養チューブの管理

前述の通り絶飲食の患者さんには必要時経管栄養チューブから栄養を注入し、チューブの挿入から管理を行います。

挿入の際は患者が苦痛を感じることのないようにするために、確実な手技が必要となります。

また、栄養状態をアセスメントし、必要な栄養素が確実に投与できるよう医師や栄養士に相談をしていきます。

生活指導

消化器内科では患者さんに対する活動の制限はほとんどありませんが、食事などの生活習慣の指導に関わっていくことが多いです。

入院患者さんに対しての食事制限・水分制限の指導、退院していく患者に向けての禁酒・禁煙指導、食事制限の指導を行います。

中高年の方の入院が多いため長期に渡る喫煙や飲酒の習慣を改善してもらうことは容易ではありません。

繰り返し、根気強く指導していくことが必要となります。

安全管理

経管栄養チューブの自己抜去はよくある看護事故になります。

再挿入はまた苦痛が伴うものになるので、なぜ抜去してしまうのかをアセスメントし、抜去予防を施す必要があります。

吐血、下血への対応

消化管疾患には吐血、下血がつきものです。

まずは吐血、下血が起こらないようにアセスメントし対応していくことが必要です。

起きてしまったときはショックの有無など患者さんの状態をしっかり観察し、報告、処置を行っていくことが重要です。

抗癌剤治療

消化器がんに対しての抗癌剤治療を行います。

点滴治療中の観察、副作用の観察、副作用への対応を行っていきます。

消化器科看護師をするメリットデメリット

消化器科看護師をするメリットデメリット

消化器科のメリット

検査データを読み解けるようになる

消化器疾患では採血データに異常が出てきます。

日々のデータを比べて、データから異常を早期に発見できるようになってきます。

データ管理に苦手意識を持っている看護師も多いです。

しかし、毎日のように多くの患者さんのデータと向き合っていると、おのずと検査値と症状・状態が結びついてきます。

医師と共に検査データをもとにカンファレンスができるようになってくると、消化器看護師として一人前です。

消化管全般の知識を得ることができる

消化器科は口腔から肛門までの全消化管が対象の診療科です。

学習することも多く、挫折しそうになることもあります。

消化管は全てつながっていると意識して一つ一つ学習していくことで、最後には知識が全て繋がるため、かなりの達成感を得ることができます。

ストマについての知識を得ることができる

人工肛門(ストマ)は消化器外科ならではの手技です。

ストマの種類から管理方法、装具に関することまで、多岐にわたり学ぶことができます。

ストマケアは独特です。

ストマについて詳しくなっていくことは転職の際も有利になります。

患者さんの回復を見られる

消化器外科では、手術前の状態から手術後、食事を開始する⇒退院へ、というように、回復の段階を見ていくことができるため、やりがいにつながります。

食べられなかった人、食べるたびに症状が出て辛そうだった人が食べることに喜びを見出せるようになるのです。

看護師のおかげ、とはいきませんが、やはり回復していく姿を見られるのは嬉しいものです。

がん治療の知識を得ることができる

消化器がんに対しての化学療法、手術についての知識を得ることができます。

それに伴い、化学療法の副作用についてや、副作用への対応について学ぶことができます。

癌治療は診療科によって使用する薬剤は変わってきます。

しかし、副作用への対応はほとんど変わりません。

他の診療科でも活かすことができる知識を得られることは、転職の際有利になります。

また、消化器外科の手術の範囲は多岐にわたるため、学べることも多いです。

消化器科のデメリット

学ぶことが多い

消化管全般についての解剖生理とそれぞれの疾患、治療について学ぶ必要があります。

範囲が幅広いため、はじめのうちは何から勉強すればいいのかわからず焦ってしまいがちです。

また、日々の業務に加えて勉強が必要なため、プライベートの時間を勉強に当てる必要があります。

忙しい

消化器科は忙しい病棟です。

紹介外科は手術の入退室、入退院も多く、術前は急変が起こることもあります。

検査も多いため、人の出入りが複雑です。

なんとなく病棟全体がバタついた雰囲気になっていることが多いです。

また、消化器内科も同様に忙しいです。

外科に比べて人の出入りは少ないですが、時間で投与する点滴や抗がん剤などが多いです。

抗がん剤の副作用で苦しんでいる患者さんも多いため、その対応でバタバタしている印象です。

消化器科看護師に向いている人の特徴

消化器科看護師に向いている人の特徴

消化器外科

テキパキ行動できる人

外科系の特徴として入退院、入退室が多く、病棟内もバタバタしがちです。

マイペースに仕事をする、というよりも、周りを見ながら全体がスムーズに仕事をまわせるようにしていくことが必要です。

また、業務の優先順位をつけ、一つずつ確実に業務をこなせるテキパキした人に向いています。

コミュニケーションスキルが高い人

消化器外科では患者さんに対する生活指導は大切な業務の一つです。

長年の生活習慣を改善してもらうように、それぞれの患者さんに合わせたコミュニケーションスキルが必要になります。

また、手術や抗癌剤治療に対する不安や苦痛などを上手く表出してもらい、少しでも緩和していけるように寄り添っていくことも大切です。

アセスメント能力の高い人

検査データから異常を早期に発見するのはもちろんのこと、排液や排便などの異変にすぐに気づける観察力とアセスメント力が必要となります。

消化器内科

冷静沈着な人

突然の吐血や下血に焦らずに冷静に対応できる精神力が必要です。

コミュニケーションスキルが高い人

患者に対する生活指導は大切な業務の一つです。

長年の生活習慣を改善してもらうようにそれぞれの患者に合わせたコミュニケーションスキルが必要になります。

また、抗癌剤治療に対する不安や苦痛などを上手く表出してもらい、少しでも緩和していけるように寄り添っていくことも大切です。

アセスメント能力の高い人

検査データから異常を早期に発見するのはもちろんのこと、排液や排便などの異変にすぐに気づける観察力とアセスメント力が必要となります。

まとめ

・消化器科へ転職をするには、消化器科の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・消化器科看護師の年収は一般的な看護師の平均年収と同等

・消化器科の術直後は介助量も多くなるため、体力的に大変だと感じる可能性もある

消化器科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

 

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事