看護師転職サイトおすすめ

精神科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

精神科の求人が豊富な看護師転職サイト

精神科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

精神科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

精神科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名精神科の公開求人数
1看護のお仕事28,000件前後
2ジョブデポ看護師2,600件前後
3ナースではたらこ1,100件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「精神科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、精神科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、精神科への転職を希望する場合は、上記のように精神科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することが大切です。

そして、精神科の求人は、選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てきます。

例えば、外来では夜勤がないため年収は低め、病棟では夜勤がありため一般的な看護師の平均年収と同等です。

同じ精神科でも年収が変わってくるため、長く働けば影響はより大きくなります。

精神科への転職をする際には、しっかりと看護師転職サイトの求人を比較して職場選びをすることが大切です。

この記事では、精神科への転職におすすめの看護師転職サイトをご紹介するとともに、精神科の求人を探す際の注意点、精神科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

精神科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

精神科の求人を探す際の注意点がわかります

精神科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

精神科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

精神科の公開求人数

28,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は病院やクリニックの求人数が充実している看護師転職サイトです。

精神科の公開求人は14,000件以上です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「精神科」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の精神科の求人は、月収30万以上の好条件の職場も多く、研修制度が整っているため、精神科未経験でも入職可能な職場もあります。

また、残業少なめの職場、託児所完備の職場など、子育て中の看護師に優しい求人も見つかります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

精神科転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

精神科の公開求人数

2,600件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

精神科の公開求人数は2,600件以上で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「精神科」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

また、さらに「高収入」「保育所完備」「残業少なめ」など、こだわり条件を追加して検索することが可能です。

『ジョブデポ看護師』の精神科の求人は、年収400万円を超える職場も多く、有給取得率が高い職場や、託児所ありの職場など、子育て中の看護師に最適な職場も見つかります。

また、残業が少なめの職場が多く、ワークライフバランスが保てる職場が多い印象です。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

精神科転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

精神科の公開求人数

1,100件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

精神科の求人数は1,100件以上です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「精神科」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の精神科求人は、託児所・保育施設完備で産休育休の取得実績がある職場や、年間休日が120日と多い職場も見つかります。

『ナースではたらこ』のアドバイザーは職場情報をかなり詳しく教えてくれるので、転職後のギャップを防いでくれます。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護師転職サイトの利用者100人へのアンケートでは、『ナースではたらこ』の担当者は、「自分の希望がなかなか少ない条件だったのに、頑張って探してくれた」、「いつも笑顔で丁寧な対応、話しやすく頼もしい方だった」など、良い口コミが多くありました。

ナースではたらこに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる精神科の種類

看護師転職サイトで探せる精神科の種類

病棟

一般病院、もしくは精神病院の病棟です。

一般病院に精神科病棟がある場合は、ある程度大規模な病院であることがほとんどです。

また、精神科病院の場合は、同じ病棟でも閉鎖病棟・開放病棟があります。

自分が精神科でどのような働き方がしたいのか、どんな看護をしたいのかを明確にして、応募先を選択することが大切です。

外来

一般病院、もしくは精神科病院の外来です。

一般病院では「精神科」もしくは「メンタルクリニック」と呼ばれている場合もあります。

看護師転職サイトで探せる精神科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる精神科看護師の平均年収

精神科看護師の平均年収は勤務する施設によって異なります。

外来では夜勤がないため年収は低めとなります。

病棟では夜勤がありますので、一般的な看護師の平均年収と同等です。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる精神科の業務は大変なのか

精神科看護師の業務は大変なのか

精神科看護師が大変かどうかは人によって感覚が異なります。

精神科は力仕事が少ないです。

また、残業も少ない傾向にあるため体力的には大変ではありません。

しかし、精神疾患を患っている患者さんとのコミュニケーションが大変だと感じる人もいるでしょう。

結論としては、肉体的には大変ではないが、精神的に大変、と言えます。

看護師転職サイトで探した条件の良い精神科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い精神科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した条件の良い精神科求人をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

事例1)一般病院

精神科と神経科を診療科目とする病院の求人です。

月収30.6万~35.9万円(手当込み)、賞与年間3.93か月分です。

精神科一般と精神科療養病床を有する病院での看護業務を担当、配属は病棟、2交替です。

院内研修や院外研修、プリセプター制度、ラダー制度など各種研修制度も整っています。

事例2)精神科病院

精神科や神経科、心療内科を診療科目とする病院の求人です。

月収29.5万~38万円(手当込み)、賞与年間3か月分です。

仕事内容は、診療補助や療養生活上のお世話、健康管理、服薬管理など、患者の在宅や社会復帰に繋がるケアを提供します。

2交代で残業10時間/月程度です。

夏季休暇3日、産前産後休暇、育児休暇、有給休暇10日、お盆休み2日、看護休暇、年末年始休暇5日など、各種休暇制度が整っています。

事例3)精神病院

精神科、内科、心療内科、リハビリテーション科、人工透析内科を診療科目とする病院の求人です。

月収31.3万円(手当込み)~、賞与年間53万円、年収428万円です。

薬の準備、各種検査、検温、測脈など、病棟での看護業務を担当します。

2交代です。

託児所あり、有給消化率80%で子育て中の看護師に優しい職場です。

事例4)一般病院

精神科診療を長年行ってきた病院の求人です。

月収26.9万~29.3万円(手当込み)、賞与年間62.4万~69.5万円、年収385万~421万円です。

採血、注射、点滴、その他の業務全般、病棟の看護業務を担当します。

2交代です。

有給休暇は初年度から14日と多めに付与、残業は月平均3時間程度です。

独身寮や託児所もあります。

事例5)精神科病院

精神科を専門とする病院の求人です。

月給20.2万~34.4万円(手当込み)、賞与年間4.25か月分、昇給ありです。

病棟担当で2交代です。

託児所・保育施設完備で産休育休の取得実績や7連休取得実績ありです。

事例6)精神科病院

精神科、リハビリテーション科、内科を診療科目とする病院の求人です。

月給20.7万円~35.4万円、賞与年間2回、昇給ありです。

病棟担当で2交代です。

年間休日120日、4週9休制です。

精神科の看護師の仕事内容

精神科の看護師の仕事内容

コミュニケーションによる心のケア

精神疾患の患者さんには看護師のコミュニケーションによる心のケアが必要不可欠です。

患者さんによっては長期間治療している方もおり、看護師がコミュニケーションを取り患者さんとの信頼関係を作ってケアをすることで、回復への手助けをすることができます。

患者さんによって様々な症状があるので、一人一人に合わせたコミュニケーションが求められます。

勤務中は患者さんとのコミュニケーションに大半の時間を使います。

精神症状の把握、健康観察

精神疾患の患者さんは自分の症状を把握することが難しく、日々状況が変わってくることも珍しくありません。

自分で症状を訴えることができないからこそ、看護師が常に観察を行い、症状を的確に把握、医師と連携しながら患者さんへ適切なケアを提供していきます

薬の管理

精神科では薬物療法を行っているため、与薬は看護師の重要な仕事です。

患者さんによっては、薬に抵抗があって飲んだふりをしたり、後で吐き出してしまうということもあります。

薬を手渡し、看護師の目の前で服薬してもらい、口の中に残っていないか確認していきます。

適切な治療を行うためにも看護師による薬の管理が必要不可欠です。

日常生活の援助

軽度の精神疾患の場合は、日常生活は声をかけていけば問題なく実施できます。

しかし、精神疾患の影響で日常生活に支障がある患者さんも多く、身の回りのことなどを援助することも看護師の仕事となります。

また、薬の副作用で「体がだるい」、「清潔への観念が薄い」、「清潔ケアへの抵抗が強い」など患者さんは様々な症状を抱えています。

一人一人の状態をしっかり把握し、個別性のある援助を心がけていくことが大切です。

看護師転職サイトを利用して精神科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して精神科の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用していると自分で求人の検索も可能です。

希望診療科で「精神科」にチェックを入れて検索をしていきましょう。

もし診療科を選択できない場合は、フリーワードで「精神科」と入力して検索していきます。

精神科で検索をかけると、病棟・外来・クリニック・精神障害者施設などの求人が表示されます。

自分が勤務したい施設形態が決まっている人、働き方が決まっている人は、それらにもチェックを入れて求人を絞っていくと効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

看護師転職サイトを利用し、自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの求人紹介を待ちましょう。

アドバイザーからは、一般には公開されていない好条件の非公開求人を紹介してもらうことができます。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、希望診療科だけでなく、希望の労働条件・労働環境を明確にし伝えておくことで、希望に沿った求人を紹介してもらえるで、入職後のミスマッチを最小限にすることができます。

精神科看護師をするメリットデメリット

精神科看護師をするメリットデメリット

メリット

精神的な看護を学ぶことができる

精神科看護師の業務は他の診療科では学べない特殊なものです。

精神疾患の知識や精神疾患の患者さんとのコミュニケーションスキルは精神科でしか身に付けられません。

メンタルケアは現代の医療の中でも重要視されているので、メンタルケアに特化した精神科看護師は貴重な存在です。

命に関わる医療行為が少ない

精神疾患が直接命に関わることはほぼありません。

症状の一つとして自傷行為や他傷行為がみられることもありますが、薬物療法や行動療法で抑制しています。

また、精神科ではスタッフの目の届く範囲で患者さんが活動を行うため、危険の早期発見がしやすいです。

そのため、精神科で患者さんの容態が急変することはそこまで多くありません。

命に関わる医療行為が少ない点では、スタッフの精神的負担が軽いこと言えます。

残業が少ない

精神科では大掛かりな治療や処置はありません。

急変などの突発的な事象も少ないため、定時で仕事を上がれる職場が多いです。

残業が少ないためプライベートと両立しやすい職場です。

他の科にあるバタバタ感が少ない

精神科の慢性期病棟では病状の急変が少ないため、比較的落ち着いて患者さんのケアをすることができます。

また、病棟内がソワソワしていると患者さんの状態にも影響が出てきますので、意識的に落ち着いた環境を整えるようにしています。

患者さんとじっくり関わることができますね。

ただし、急性期病棟では急患などでバタバタすることがあります。

コミュニケーションスキルがプライベートでも役立つ

精神科看護では、日々患者さんを観察してコミュニケーションを取りながら、精神状態や気持ちを察していくことが必要です。

仕事で身につけた高いコミュニケーションスキルをプライベートでも活かすことができます。

もし、家族や回りの人が精神的に不安定になっても、適切な対処ができるため人生において貴重なスキルになるでしょう。

デメリット

責任が重い

医師が常に病棟に常駐しているのかどうかは施設によって異なります。

医師が病棟にいない場合、看護師として判断をしなければならない場面もあるため、責任が重いと感じることがあります。

患者さんの命に直接かかわることでなくても、症状の悪化に繋がることもありますので責任重大です。

患者さんのネガティブな面で自分のメンタルもダメージを受ける

精神科では患者さんのネガティブな話を長時間にわたり聞くことが多く、全てを受け止めてしまうと自分のメンタルも悪い方向に流されてしまうことがあります。

自分自身のメンタルが不安定な人は安易に転職しない方がいいでしょう。

また、コミュニケーションでは「受容」が大切になってきますが「共感」してしまうと、自分が辛くなっていくため、受容するにとどめていくことが大切です。

コミュニケーションが大変

精神科看護では患者さんとのコミュニケーションが重要です。

「ネガティブな話を聞くことが苦手」

「相槌が苦手」

「共感力が高すぎて自分に影響が出てしまう」

このように、コミュニケーションが苦手な人は負担に感じることがあります。

看護師としての医療技術を磨きづらい

精神科では薬物で治療することが多いです。

そのため薬物の知識は豊富になっていきます。

しかし、高度な医療行為はありません。

点滴管理もそこまで多くありません。

基本的な看護技術ですら提供する場がなかったりします。

医療技術を磨きたい、看護師として向上したいという人には向きません。

患者から暴力、暴言を受けることがある

精神科では、患者さんから暴力を振るわれたり暴言を浴びせられたりという場面があります。

暴言に対しては予防することもできません。

「何を言われても気にしない」精神的な強さが求められます。

また、暴力に関してはできるだけ未然に防ぐ対応をしていても、暴力を受けた経験がある看護師が多いのが現状です。

精神科看護師に向いている人の特徴

精神科看護師に向いている人の特徴

一人一人の患者と深く関わって看護したい人

精神科看護では、患者さん一人一人とコミュニケーションを取ることが大切な仕事です。

また、精神疾患を治癒するには長期的な治療が必要です。

一人一人の患者さんと長期的に関わり看護を提供してくことができます。

そのため、患者さんに寄り添って看護をしたい人に向いています。

精神科看護に対して特別な想いがある人

患者さんに寄り添いながら丁寧な看護をしていても、それが伝わらないことも多々あります。

「なかなか信頼関係が築けない」

「暴言をはかれる」

「うまく治療が進まない」

そんな時、仕事の達成感を感じづらいこともありますが、精神科看護に特別な想いがあれば乗り越えられます。

精神的に強い人

「患者さんになかなか想いが伝わらない」、「患者さんからの暴言を受けるなど」、ひとつひとつ精神的にダメージを受けていると仕事になりません。

精神的にタフでないと務まらない仕事です。

コミュニケーションを取るのが好きな人

患者さんとは日々丁寧なコミュニケーションを取り、信頼関係を作っておくことが看護を行う上で重要となります。

コミュニケーションを取りながら、患者さんの状態を把握するスキルが必要です。

また、コミュニケーションが好き、もしくは得意な人でないと、日々の仕事をこなしていくのは負担が大きいでしょう。

まとめ

・精神科への転職をするには、精神科の求人数が多い看護師転職サイトで職場を比較することが大切

・精神科の収入面は、外来だと年収低め、病棟は一般的な看護師と同等

・精神科は精神疾患を患っている患者さんとのコミュニケーションが大変

精神科への転職におすすめの看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事