看護師転職サイトおすすめ

循環器科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

循環器科の求人が豊富な看護師転職サイト

循環器科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

循環器科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

循環器科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名循環器科の公開求人数
1看護のお仕事12,000件前後
2ジョブデポ看護師4,000件前後
3ナースではたらこ2,000件前後

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「循環器科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、循環器科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、循環器科への転職を希望する場合は、上記のように循環器科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

そして、循環器科の求人は、選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てきます。

例えば、病棟の場合は夜勤があるため、夜勤手当が加算されますが、循環器科看護師への特別な手当はありませんので、標準的な年収となります。

また、外来・クリニックは夜勤がないため、病棟看護師に比べて年収は下がります。

このように、同じ循環器科でも年収に差が出てくるため、循環器科への転職をする際には、しっかりと看護師転職サイトの求人を比較して職場選びをすることが大切です。

この記事では、循環器科の求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、循環器科の求人を探す際の注意点、循環器科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

循環器科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

循環器科の求人を探す際の注意点がわかります

循環器科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

循環器科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

循環器科の公開求人数

12,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、循環器科の公開求人は12,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「循環器」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の循環器科の求人は、月収30万超えで残業少なめの職場や年間休日が多めの職場など、収入とプライベートとのバランスが取れる職場が多数あります。

循環器科専門の病院の求人が多く、専門スキルを磨きたい人にも最適です。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

循環器科転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

循環器科の公開求人数

4,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

循環器科の公開求人数は4,000件以上で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「循環器」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

また、さらに「高収入」「保育所完備」「残業少なめ」など、こだわり条件を追加して検索することが可能です。

『ジョブデポ看護師』の循環器科の求人は、年間休日多めで有給100%取得可能、残業もなしの職場や、各種休暇制度が整っている職場などが見つかります。

また、年収500万円を超える職場もあるので、循環器科のスキルを活かして好条件の職場への転職も可能です。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

循環器科転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

循環器科の公開求人数

4,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

循環器科の公開求人数は4,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「循環器」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の循環器科求人は、年間休日120日と多めの職場、研修制度が整っている職場など、様々な職場を選択することができます。

また、託児所完備や日勤のみを選択可能な職場など、子育て中の看護師に最適な職場も多くあります。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースではたらこに登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる循環器科の種類

看護師転職サイトで探せる循環器科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる循環器科の種類をご説明します。

クリニック

循環器に特化したクリニックです。

しかし、循環器と共に、他の内科も診療しているクリニックがあるので、よく確認をしましょう。

病棟

循環器の病棟です。

病院によっては、循環器と心臓外科が一緒になっていることもあります。

外来

循環器の外来です。

循環器の外来では、心電図や心エコーなどの検査が多いのが特徴です。

検査漏れがないようにしっかり確認をしていくことが大切です。

看護師転職サイトで探せる循環器科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる循環器科看護師の年収事情

循環器科看護師の平均年収は一般的です。

病棟の場合は夜勤があるため、夜勤手当が加算されます。

しかし、循環器科看護師への特別な手当はありませんので、標準的な年収となります。

外来・クリニックは夜勤がないため、病棟看護師に比べて年収は下がります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる循環器科の業務は大変なのか

循環器科看護師の業務は大変なのか

循環器看護師の業務は大変な部類に入るでしょう。

急変がなく、患者さんの状態が安定している時は、そこまで大変ではありません。

基本的には内科病棟であるため、心電図を装着していても患者さんの自立度は高いです。

そのため、病棟内も比較的穏やかと言えます。

しかし、ひとたび急変が起こると、一気に大変さが増します。

そして、循環器病棟は急変が起こる頻度が高いのも特徴です。

常日頃、急変リスクと向き合う必要があるため、精神的に大変です。

緊張感が漂っています。

看護師転職サイトで探した条件の良い循環器科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い循環器科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した条件の良い循環器科求人をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

事例1)クリニック

循環器内科、内科、心臓血管外科を診療科目とするクリニックの求人です。

月収30.4万~32.4万円(手当込み)、賞与年間4か月分です。

仕事内容は、看護業務全般で2交代です。

年間休日120日と多めで、残業は月10時間程度と少なめです。

事例2)循環器科クリニック

循環器内科、内科、放射線科を診療科目とするクリニックの求人です。

月収32.2万~39.7万円(手当込み)、賞与年間3.5か月分です。

仕事内容は、入院患者の看護や診療介助、注射、採血などの外来業務です。

2交代、残業は月平均5時間です。

事例3)循環器科病院

循環器科、泌尿器科、血液内科を診療科目とする循環器科病院の求人です。

月収20.8万~34.4万円、賞与年間4か月分、昇給ありです。

仕事内容は、バイタルチェック、診察の補助、食事・排泄等の介助、カルテの記録など、病棟における看護業務全般です。

年間休日は117日と多めで、有給はほぼ100%取得可能、残業もほぼなしです。

夏季休暇5日、年末年始休暇4~5日、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇など、各種休暇制度も整っています。

事例4)循環器専門病院

循環器専門病院の求人です。

給与は、

(経験5年)月収30.7万円、賞与年間114万円、年収482万円。

(経験9年)月収31.9万円、賞与年間119万円、年収502万円。

仕事内容は、病棟における看護業務全般です。

年間休日120日と多めで、年末年始休暇、夏季休暇、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇など休暇制度も整っています。

狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈などの高度医療を提供している環境で働くことができます。

事例5)病院

循環器に特化した病院の求人です。

月収28.5万~32.2万円、賞与年間2回です。

病棟担当で2交代、年間休日120日と多めです。

キャリアが浅い看護師にはプリセプター、ある程度経験がある看護師にはフォローがつくので、安心して仕事を覚えることができる職場です。

事例6)循環器病院

循環器に特化した病院の求人です。

月収21万~35万円、賞与年間4.3か月分、昇給ありです。

病棟担当で3交代です。

プリセプター制度、クリニカルラダー制度、エキスパート制度、その他勉強会があり、仕事に慣れるまでのフォロー体制が整っています。

託児所も完備されており、子育て中は日勤のみ、準夜勤までの勤務などを選択することができます。

看護師転職サイトを利用して循環器科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して循環器科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索もできます。

希望診療科で「循環器」を選択して検索します。

もし、診療科を選択できない場合は、フリーワードで「循環器」と入力して検索しましょう。

循環器で検索をすると、病棟・外来・クリニックと様々な求人が表示されます。

希望の働き方、希望の施設形態がある場合は、同時に希望条件を選択しておくと、求人が絞られるため効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながら、担当アドバイザーからの紹介も待ちましょう。

アドバイザーからの紹介には非公開求人も含まれます。非公開求人は条件の良い求人が多いため、これらを確認しないまま応募先を決めてしまうのはもったいないです。

選択の幅を広げ、希望条件に合う転職先を見つけていくためにも、アドバイザーから求人を紹介してもらいましょう。

病棟の場合、単独病棟なのか確認する

病院によっては循環器科と心臓血管外科が統合されているところもあります。

病棟勤務を希望する際は、病院の選択には注意が必要です。

単独病棟なのか、他の診療科と一緒になっているのか、しっかり確認をしていきましょう。

循環器科の看護師の仕事内容(病棟)

循環器科の看護師の仕事内容(病棟)

ここでは、循環器科看護師の病棟の仕事内容をご説明します。

※外来・クリニックは医師本診療補助がメインの業務となるため、省略します。

日常生活援助

入院患者さんに対する日常生活援助を実施します。

循環器病棟は歩ける患者さんも多いです。

心電図をつけているだけで、後はフリーという患者さんもいます。

逆に、床上での絶対安静の患者さんもいます。

各患者さんによって必要とする援助は大きく異なります。

患者さんの状態をアセスメントし、必要な援助を、必要な場面で提供できるようにしていきます。

心電図の読解、アセスメント

循環器病棟に入院している患者さんは、心電図を常に装着していることがほとんどです。

病棟のナースステーションには常に多くの心電図波形が送られてきています。

心電図の波形から患者さんの現在の状態をアセスメントしていくことは、循環器看護師の重要な業務です。

また、モニターアラームが鳴り響く環境でもあるため、アラームに慣れずに注意深く観察することが大切です。

急変時対応

循環器病棟は、心疾患の患者さんを対象としているため、常に急変のリスクと隣り合わせです。

循環器看護師として、基本的な急変時対応を身につけておく必要があります。

また、「急変」に対する看護と共に、「急変させない」看護として、常日頃から観察・アセスメントを徹底していくことが重要です。

生活指導

循環器の疾患は生活習慣に左右されることも多いです。

飲水制限や食事制限を必要としている患者さんもいるため、患者さんの状態、性格に合わせた指導を行っていくことが重要です。

また、患者さんの理解度も様々です。個人の理解度に合わせて説明方法を工夫し、確実に生活改善ができるように指導していきます。

メンタルケア

心疾患ということで患者さん、ご家族ともに重篤なイメージを持っていることが多く、不安を抱きやすい環境です。

患者さん、ご家族の話を傾聴していき、不安なこと・心配なことを明確にしていくことが大切です。

また、患者さんの状態は検査データや心電図に如実に反映されてくるので、改善した部分を具体的な数値で説明を行っていくと安心してもらうことができます。

循環器科看護師をするメリットデメリット

循環器科看護師をするメリットデメリット

メリット

心電図が読めるようになる

循環器病棟では、心電図モニターをつけている患者さんがほとんどなので、循環器科看護師として心電図が読めるようになるのは基本中の基本です。

心電図モニターは他の科に移っても装着している患者さんはいますので、心電図が読めることは自分の強みになります。

また、正常の心電図のみでなく、様々な不整脈を実際に見ることができるため、波形と症状をすり合わせていくことができます。

これが、その後の異常の早期発見につながるのです。

心電図に苦手意識を持っている看護師が多い中、心電図の読解が得意な看護師は、どの診療科に行っても重宝されます。

急変に強くなる

循環器科は急変も多いです。

数をこなすので急変対応に強くなります。

そのため、急変時にもバタバタするのではなく、落ち着いた対応ができるようになります。

急変時に冷静な対応ができると、患者さんやご家族に安心感を与えることができます。

また、急変はどの診療科に行っても起こり得ることです。

急変対応に慣れていて、冷静に対応できる看護師は重宝されます。

循環器専門ナースの資格をとれる

循環器専門ナースは、心臓循環器疾患患者に対する、実践的な知識やケア技術をもつ看護師のことを指します。

資格取得は臨床心臓病学教育研究会が主催する「循環器専門ナース研修コース」に参加し、認定試験に合格する必要があります。

この「循環器専門ナース研修コース」は、実務経験1年以上で参加する資格が得られます。

次の「認定看護師」とは違い、実務1年以上で参加可能なため、資格取得のためのハードルは低めです。

また、専門ナースの資格を保有していることは、次の転職の際の強みとなります。

慢性心不全看護認定看護師の資格をとれる

慢性心不全看護認定看護師とは、心不全や心筋梗塞、不整脈などの心臓疾患をもつ患者や家族を支えるケアを、より高い看護知識や技術によって実践できると認定された看護師のことです。

資格取得には、看護師として5年以上の実務経験、そのうち3年以上は認定看護分野の実務研修が必要となります。

資格を取得するためには長期間の実務経験が必要となるため、ハードルは上がりますが、看護師としての強みとなります。

給与は平均的か、それ以上

循環器科に特別な手当はありませんが、病棟勤務では夜勤があるため夜勤手当がつきます。

また、急変があった場合は、忙しく残業となることもしばしばあるため、収入は多くなる傾向があります。

デメリット

アラームがずっと鳴っている

循環器病棟では、ほとんどの患者さんが心電図モニターを装着しています。

患者さんは心電図を装着したまま行動するため、ナースステーションにある心電図のアラームがひっきりなしに鳴っている状態です。

アラームの音を聞きすぎて家にいる時にアラームの幻聴があるのは、循環器科看護師あるあるです。

実際、アラーム音でノイローゼ状態になり、循環器看護師が続けられない、という人もいます。

精神的疲労がある

循環器科疾患は命に直結するものも多く、急変も比較的多い診療科です。

また、急変前は心電図波形にも異常が現れるため「異常を見落とせない!」という気持ちが強くなり、勤務中の緊張感へとつながります。

それが続くことで精神的な疲労となってしまいます。

残業が多め

循環器病棟では急変が起こる頻度が高いです。

基本的には自立している患者さんが多いため、急変がない時は比較的穏やかな病棟です。

しかし、ひとたび急変が起こると慌ただしくなります。

しかも、不思議なことに急変は続くことが多いです。

そうなると看護師の業務も増えますので、残業が増える傾向にあります。

循環器科看護師に向いている人の特徴

循環器科看護師に向いている人の特徴

臨機応変な対応ができる人

循環器科は急変の多い診療科です。

日々の業務の中で予想外の事態が起きることが多いです。

突発的の事態にもパニックになることなく、冷静に対応できるスキルが必要です。

スケジューリングが得意な人

循環器看護師に限らず、看護師には多くの業務を優先順位を考えながらこなしていくことができる能力が必要です。

循環器病棟は急変の頻度が高いため、より段取りが重要となります。

急変時にも、すぐに業務の優先順位を組み立て直し、対応していく柔軟性が必要です。

学ぶことが好きな人

循環器病棟では学ぶことが多くあります。

心疾患に関してもですが、心電図一つとっても学べることが多いです。

心電図の波形は人それぞれです。

基本の波形はありますが、心臓の大きさや疾患により波形は変わってきます。

また、心電図の波形から病態をアセスメントし、治療の方向性まで考えられるように幅広く学習していくことが必要となります。

まとめ

・循環器科へ転職をするには、循環器科の求人数が多い看護師転職サイトで職場を比較することが大切

・循環器科の収入面は、病棟だと一般的な看護師と同等、外来・クリニックだと年収低め

・循環器科は急変が起こると、一気に大変さが増し、急変が起こる頻度も高く大変

循環器科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事