看護師転職サイトおすすめ

耳鼻咽喉科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

耳鼻咽喉科の求人に強い看護師転職サイト

耳鼻咽喉科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

耳鼻咽喉科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

耳鼻咽喉科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名耳鼻咽喉科の公開求人数
1ナースではたらこ4,100件以上
2看護のお仕事1,900件以上
3ジョブデポ看護師1,500件以上

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「耳鼻咽喉科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

耳鼻咽喉科の看護師求人は各看護師転職サイトで取り扱いも多く、様々な労働条件や労働環境の職場があります。

そのため、耳鼻咽喉科への転職を希望する場合は、上記の求人が豊富な看護師転職サイトで求人をしっかり比較しながら転職先を決めていく必要があります。

また、耳鼻咽喉科看護師の年収は入職する施設によって異なります。

耳鼻咽喉科病棟のある施設は大病院であることがほとんどのため、年収は標準的なものになりますが、外来の場合は夜勤が無くなるため年収は下がる傾向があります。

この記事では、耳鼻咽喉科への転職におすすめの看護師転職サイトをご紹介するとともに、耳鼻咽喉科の求人を探す際の注意点、耳鼻咽喉科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

耳鼻咽喉科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

耳鼻咽喉科の求人を探す際の注意点がわかります

耳鼻咽喉科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

耳鼻咽喉科転職におすすめの看護師転職サイト1)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

耳鼻咽喉科の公開求人数

4,100件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、クリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

耳鼻咽喉科の求人数は4,100件以上と他社を引き離しており、特にクリニックの求人が充実しています。

求人検索ツールでは、フリーワード検索で「耳鼻咽喉科」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の耳鼻咽喉科求人は保有数が多いため、休日多めの職場など、様々な働き方を選択することができます。

また、日勤のみの耳鼻咽喉科クリニックの求人が多数見つかります。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースではたらこに登録して求人を探す

耳鼻咽喉科転職におすすめの看護師転職サイト2)看護のお仕事

看護のお仕事

耳鼻咽喉科の公開求人数

1,900件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は求人数が豊富で、特に病院やクリニック、介護施設、訪問看護の求人が充実しており、耳鼻咽喉科の公開求人は1,900件以上です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「耳鼻咽喉科」と入力すると、求人をピンポイントでチェックすることができます。

また、「高給与」や「土日祝休み」、「託児所あり」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順や病床数順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の耳鼻咽喉科の求人は、日勤のみ、日曜祝日休みでプライベートとの両立ができる職場が多い印象です。

日勤のみにも関わらず月給が30万円を超える求人も多いです。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

耳鼻咽喉科転職におすすめの看護師転職サイト3)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

耳鼻咽喉科の公開求人数

1,500件以上

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

耳鼻咽喉科の公開求人数は1,500件以上で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「耳鼻咽喉科」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

また、さらに「高収入」「保育所完備」「残業少なめ」など、こだわり条件を追加して検索が可能です。

『ジョブデポ看護師』の耳鼻咽喉科の求人は、年間休日多めで年収600万円を超える職場もあり、条件の良い職場が見つかります。

教育制度が整っている職場も多数あるため、未経験でも挑戦することができます。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる耳鼻咽喉科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる耳鼻咽喉科看護師の平均年収

耳鼻咽喉科看護師の平均年収は入職する施設によって異なります。

耳鼻咽喉科病棟のある施設は大病院であることがほとんどで、病棟は夜勤もあるため年収は標準的なものになります。

しかし、外来の場合は、夜勤が無くなるため年収は下がります。

また、クリニックの場合、看護師の年収は各施設の経営状態に左右されます。

そして、常勤・非常勤によっても変わってきます。

クリニックの多くは、病棟看護師、病院の外来看護師より年収は低くなる傾向にあります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる耳鼻咽喉科求人の種類

耳鼻咽喉科の種類

病棟

耳鼻咽喉科の病棟がある病院は大規模病院であることが多いです。

耳鼻咽喉科単独の病棟がなく、他の診療科と一緒になっている場合もあります。

また、一般病院の場合は、耳鼻咽喉科への配属を希望していても、スタッフ人員に空きがなければ他の診療科に配属されてしまう可能性もあります。

自分の希望する施設に耳鼻咽喉科単独の病棟があるのかどうか、しっかり確認しておくことが大切です。

外来

一般病院の耳鼻咽喉科外来です。

ほとんどの施設が単独の耳鼻咽喉科外来があります。

ただし、希望して配属されるかどうかはわかりません。

耳鼻咽喉科外来のスタッフに空きがなければ他の診療科外来に配属されてしまうでしょう。

一応配属の希望はだせますが、希望が通るかどうかは不確定です。

クリニック

耳鼻咽喉科単独のクリニックです。

駅の近くなどに開院していることが多いです。

耳鼻咽喉科単独となるため、確実に耳鼻咽喉科の外来業務に携わることができます。

どうしても耳鼻咽喉科で働きたい人には、クリニックがおすすめです。

看護師転職サイトで探せる耳鼻咽喉科の業務は大変なのか

耳鼻咽喉科看護師の業務は大変なのか

耳鼻咽喉科の業務は専門的ではありますが、そこまで難しいものはありません。

だからと言って「楽」かと言うと、そうでもありません。

確かに外来の業務は検査・処置もルーティン業務が多いため、そこまで大変ではありません。

しかし、病棟看護になると話は別です。

病棟には重症度の高い患者さんがいます。

処置もケアも多くなります。

また、手術後は外見的に大きく変化がある場合が多く、患者さんは自身のボディイメージの変化に戸惑っています。

精神的に落胆している患者さんに寄り添い、ボディイメージの変化を受け入れられるよう援助していく。

看護師として精神的にとても大変な業務と言えます。

耳鼻咽喉科は「患者さんのメンタルケアが得意」という人にとってやりがいのある仕事ですね。

看護師転職サイトで探した耳鼻咽喉科の求人事例

看護師転職サイトで探した耳鼻咽喉科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した耳鼻咽喉科の好条件の求人事例をご紹介します。

求人探しの参考にしてください。

求人事例1)耳鼻咽喉科クリニック

外科、アレルギー科、耳鼻咽喉科がある、耳鼻咽喉科クリニックの求人です。

月給25万~32.6万円、賞与年間3か月分、昇給ありです。

担当業務外来で日勤のみ、日曜日と祝日休み、水、土曜日は半日勤務です。

求人事例2)耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科専門クリニックの求人です。

月給25.5~31.5万円、賞与年間1~3か月分、昇給ありです。

仕事内容は、介助、院長の診察補助、採血、点滴などです。

日勤のみ、木日祝休み、夏期休暇4~5日、冬期休暇7~8日です。

年間休日は120日と多めで、しっかり休むことができます。

求人事例3)耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科クリニックの求人です。

月収32万~37万円(手当込み)、賞与年間2か月分、固定残業代なしです。

仕事内容は、耳鼻咽喉科クリニックで、点滴、採血、診療介助、検査、その他、付随する雑務等を担当します。

日勤のみで、水曜、祝日休み、週3日が半日休で、残業時間は月に25~35時間です。

求人事例4)耳鼻咽喉科医院

耳鼻咽喉科医院の求人です。

月収36万円(手当込み)、賞与年間1.1か月分です。

仕事内容は、外来における正看護師業務全般です。

日勤のみで、日曜、祝日休み、土曜午後休みです。

耳鼻咽喉科専門のため、専門知識をしっかり身につけられる環境です。

求人事例5)耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科クリニックの求人です。

月給29.3万~32.7万円です。

仕事内容は、検査、採血、点滴、診療介助です。

年間休日125日と多めです。

駐車場代は半額クリニックが負担してくれます。

求人事例6)耳鼻咽喉科クリニック

耳鼻咽喉科クリニックの求人です。

基本給20万~26万円、資格手当1万~2万円、住宅手当1.2万円、月給24.2万~31.2万円です。

仕事内容は、耳鼻咽喉科クリニックにおける外来看護業務で、検査の説明、採血、注射、点滴、医師診察の補助、医療器具の洗浄や消毒、薬品や備品の発注、院内清掃等を行います。

日祝休み、木・土は実働4時間です。

看護師転職サイトを利用して耳鼻咽喉科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して耳鼻咽喉科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトに登録すると自分で求人を検索できます。

耳鼻咽喉科に転職をしたいのであれば、求人検索ツールで「耳鼻咽喉科」を選択して検索していきます。

診療科の選択ができない場合は、フリーワード検索で「耳鼻咽喉科」を入力し検索します。

耳鼻咽喉科は病院、クリニックの求人がほとんどです。

病院の場合は、耳鼻咽喉科を希望していても空きがなければ配属されない可能性もあります。

確実に耳鼻咽喉科で働きたいのであれば、クリニックを選択するといいでしょう。

アドバイザーに紹介してもらう

看護師転職サイトを利用し、自分で求人を検索するのと同時に、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

アドバイザーには希望する診療科と共に、他の条件についてもしっかり伝えておきます。

「耳鼻咽喉科で働ければ他の条件は気にしない」なんてことはありませんよね。

施設形態、労働環境、労働条件、その他もろもろについて自分の希望を明確にしておくことが重要です。

耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容

耳鼻咽喉科の看護師の仕事内容

耳鼻咽喉科看護師の仕事内容は施設によって異なります。

また、病棟なのか外来なのか、どこで働くかによっても変わってきます。

耳鼻咽喉科外来

点滴、注射処置

目眩、脱水の方への点滴(吐き気止めや栄養剤)を医師の指示のもと行います。

点滴を挿入することも多いため、点滴手技に自信がある人に向いています。

耳鼻咽喉科の患者さんは眩暈などで気分不快を感じている人が多いです。

少しでも楽に処置を受けられるよう工夫していくことが大切です。

医師の診療や治療の補助

医師の指示のもと薬剤投与や機械出し、薬及び検査の説明を行います。

患者さんの話を医師と共に確認しながら、必要な薬品・物品をスムーズに使用できるよう準備していきます。

薬品、物品管理

薬品や物品の発注や在庫管理を行います。

耳鼻咽喉科では特殊な機器を使用することが多いです。

物品が足りなくならないよう、在庫管理は重要です。

聴力検査

機械を使って聴力検査や耳鳴りの検査を行います。

一般病院の場合は、専門の検査技師がいることもあります。

ただし、看護師も検査が実施できるように学習しておくことが必要です。

耳鼻咽喉科病棟

手術前の生活援助、手術準備

耳鼻咽喉科では舌癌などの手術もあります。

術前の検査が確実に実施できているのかを確認します。

また、患者さんに術前のオリエンテーションを行い、確実に絶飲食が守れるよう指導していきます。

点滴などの術前準備をおこないます。

手術後の生活援助

耳鼻咽喉科手術の後は呼吸や嚥下に障害が出ることも多いです。

気管切開後の吸引、必要時経管栄養などを行います。

また、外見に変化が生じてきますので、患者さん・ご家族のメンタルケアも大切な業務です。

手術後の訓練

手術後の嚥下訓練、発声訓練などを行います。

基本的に訓練はリハビリが介入します。

しかし、リハビリ時間だけでは訓練が足りません。

リハビリさんから日常生活の中でできる訓練について指導を受け、患者さんと共に行っていきます。

医師の診療、治療の補助

病棟内に診察室がある場合、ネブライザーを行ったり、術後の包交や簡単な処置を行います。

医師の指示のもとネブライザーを準備し、必要な患者さんに提供します。

また、術後の包交に必要な物品や機器を準備して、いつでも処置が行えるよう環境整備を行います。

耳鼻咽喉科看護師をするメリットデメリット

耳鼻咽喉科看護師をするメリットデメリット

耳鼻咽喉科外来のメリット

専門的な知識を身につけることができる

耳鼻咽喉科の診療範囲は広範囲(耳、鼻、口、喉、頸部、頭部、顔面)です。

また、それぞれが複雑に関わっています。

解剖生理から疾患について、各種治療についてなど専門的な知識を身につけることができます。

器械の操作方法を身につけることができる

耳鼻咽喉科の診療、治療に使用する器機が特殊で種類も多いです。

基本的には器機類は医師が使用しますが、介助する看護師として器機類の知識は持っておく必要があります。

そのため、特殊な器械の操作方法を身につけることができます。

夜勤がなく残業が少ない

外来に勤務する場合、夜勤はありません。

耳鼻咽喉科の外来は患者数が多く忙しいです。

しかし、検査や診察などはルーティーン業務であるためスムーズに診察が進みます。

そのため、患者さんが多くても残業は少ない傾向にあります。

通勤が楽

耳鼻咽喉科のクリニックは駅前などの交通アクセスの良いところにあることが多いです。

患者さんが通院するのも楽ですし、スタッフが通勤するのも楽です。

耳鼻咽喉科外来のデメリット

経験の幅が狭い

耳鼻咽喉科は単独病棟よりも外来、クリニックが多いです。

外来業務については極めることができますが、入院患者さんの日常生活援助やオペ対応の経験を積むことができません。

経験できることの幅が狭いため、キャリアアップには向きません。

また、今後他の診療科への転職を希望したときに有利に働くことは少ないでしょう。

スキルアップが難しい

点滴、採血やバイタルチェックなどの基本的な看護技術を行う機会が少ないです。

これらの技術は数をこなすことで上達していくものでもあるため、看護師としての基本的なスキルアップが難しいと言えます。

上記のように基本的な看護技術のスキルが低下してしまうと、他の診療科への転職は難しくなります。

時期により多忙になる

耳鼻咽喉科の外来はインフルエンザや花粉症の時期はかなり忙しくなります。

季節的な波があります。

耳鼻咽喉科病棟のメリット

残業が少ない

耳鼻咽喉科病棟は舌癌、咽頭癌など重症な患者さんも入院しています。

しかし、眩暈などの軽症の患者さんも多く、必要な処置自体が少ない傾向にあります。

そのため、残業は少なめです。

仕事とプライベートの両立がしやすい職場と言えます。

専門的な知識を得られる

耳鼻咽喉科では、咽頭・喉頭に障害を抱えている患者さんが多くいます。

気管切開後のケアや発声法など、かなり専門的な知識を得ることができます。

また、普段あまり関わることがないST(言語聴覚士)さんと深く関わることで、知識の幅を広げていくことができます。

自分の不調もすぐに医者に相談できる

耳鼻咽喉科病棟だと診察室があることが多いです。

自分のアレルギーや風邪の時にすぐに医者に診てもらえます。

耳鼻咽喉科病棟のデメリット

入退院の対応で忙しい

耳鼻咽喉科に入院する患者さんは軽症の人も多いので入退院が激しく忙しいです。

入院オリエンテーションや病歴聴取、退院オリエンテーションなど、患者さんに説明をする場面が多いです。

患者さんの理解度に合わせながら説明方法を工夫していく必要があります。

精神的に負担が大きい

舌癌、咽頭癌などは手術後に外見的変化が著しいです。

患者さん・ご家族のメンタルケアや様々な処置に対しての指導が必要なため、精神的に負担があります。

患者さん・ご家族がボディイメージの変化を受け入れていくことができるよう、慎重に関わっていく必要があります。

耳鼻咽喉科看護師に向いている人の特徴

耳鼻咽喉科看護師に向いている人の特徴

耳鼻咽喉科外来

ブランクがある人

耳鼻咽喉科外来の看護師業務は医師の診療補助が主な業務です。

検査や処置に関してもルーティン業務であることがほとんどであるため、看護師としてブランクがあっても、すぐに慣れることができるでしょう。

仕事に復帰したいけど体力的に不安な人、新しい仕事を覚えられるか自信がない人もチャレンジしやすい診療科です。

子どもが好きな人

耳鼻咽喉科は子どもの受診も多いので子どもが好きな人、子どもの扱いに慣れている人が向いています。

診察では耳や鼻を見たり・いじったりと、子どもが嫌がる検査・処置が多いため、子どもの気持ちに寄り添って安心できるように声掛けを行っていく必要があります。

また、付き添っている親に対しても安心できるように声掛けをしていく配慮が必要です。

小児科や産婦人科経験者は採用に有利です。

コミュニケーションスキルが高い人

耳鼻咽喉科の診察、処置は医師が行います。

しかし、検査や治療の説明は看護師からも行う必要があります。

患者さんの理解度に合わせた分かりやすい説明や細かい気配りが求められるため、コミュニケーションスキルが高いことは必須です。

耳鼻咽喉科病棟

コミュニケーションが好きな人

患者さんへの分かりやすい説明や細かい気配りが求められるため、コミュニケーション能力は必須となります。

また、入院中の軽症患者さんは暇を持て余している方も多いので、話し相手になることも大切な業務です。

耳鼻咽喉科は、「人と会話をすることが好きな人」、「人に合わせて会話ができる人」に向いています。

専門的な知識を学習したい人

耳鼻咽喉科は診療範囲が広範囲(耳、鼻、口、喉、頸部、頭部、顔面)であり、それぞれが複雑に関わっているため専門的な知識を身につけることができます。

また、病棟は舌癌や咽頭がんなどのがん患者の看護についても学ぶことができます。

ボディイメージに変化が生じた人に対する看護は特殊な領域であり、あまり他の診療科では携わることができません。

専門的な知識や技術を身につけることができるため、スキルアップにつながります。

ブランクがある人

耳鼻咽喉科の仕事は多少看護師としてブランクがあっても、すぐに慣れることができるでしょう。

仕事に復帰したいけど体力的に不安な人や新しい仕事を覚えられるか自信がない人もチャレンジできる診療科となります。

ただし、病棟は外来に比べると重症患者さんが多くなるため難易度は上がります。

まとめ

・耳鼻咽喉科の看護師求人は各看護師転職サイトで取り扱いが多い

・耳鼻咽喉科看護師の年収は、病棟の場合は標準的、外来の場合は低めとなる

・耳鼻咽喉科の病棟には重症度の高い患者さんがおり、処置もケアも多くなり大変

耳鼻咽喉科への転職におすすめの看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事