看護師転職サイトおすすめ

形成外科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

形成外科の求人が豊富な看護師転職サイト

形成外科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

形成外科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

形成外科の転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名形成外科の公開求人数
1看護のお仕事17,000件前後
2マイナビ看護師非公開
3ジョブデポ看護師1,200件前後

※求人数は時期によって変動します

看護師転職サイトは様々なものがありますが、形成外科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、形成外科への転職を希望する場合は、上記のように形成外科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

また、形成外科看護師の給与は一般の看護師の平均年収と同等、または少し高めですが、勤務する施設によって給与事情は異なります。

例えば、形成外科の病棟は夜勤手当が加算されるため、給与は比較的高くなります。

クリニックの場合でも、日帰り手術を行っている場合は、危険手当が加算されたりします。

しかし、外来は夜勤がないため年収は下がります。

転職先を決める際には、しっかりリサーチしていくことが必須となります。

この記事では、形成外科の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、形成外科の求人を探す際の注意点、形成外科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

形成外科の転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

形成外科の求人を探す際の注意点がわかります

形成外科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

形成外科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

形成外科の公開求人数

17,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、形成外科の公開求人は17,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「形成外科」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の形成外科の求人は、日勤のみ、年間休日120日でワークライフバランスを保てるクリニックや日勤のみで年収500万円を超えるクリニックなども見つかります。

また、有給休暇の希望が100%通る職場などもありました。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

形成外科転職におすすめの看護師転職サイト2)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

形成外科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「形成外科」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の形成外科の求人は、年間休日が120日で年収500万円近い病院や日勤のみで年収450万円以上のクリニックも見つかりました。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

形成外科転職におすすめの看護師転職サイト3)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

形成外科の公開求人数

1,200件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

形成外科の公開求人数は1,200件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「形成外科」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の形成外科の求人は、残業少なめ、24時間対応の保育所完備で年収500万円近いクリニックや日勤のみで年収500万円を超える形成外科クリニックなど、好条件のものが多いです。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる形成外科の種類

看護師転職サイトで探せる形成外科の種類

クリニック

形成外科のクリニックは単独クリニックが多いです。

形成外科には美容形成外科も含まれますので、求人も多めです。

ただし、給与などの労働条件は施設によって大きく異なりますので、しっかりリサーチしていくことが必要です。

また、クリニックでも簡単な日帰り手術を実施している施設があります。

看護師が手術介助に入りますので、業務が高度になります。

病棟

形成外科では手術を実施します。

そのため、術前・術後のケアのため、単独の病棟を持っていることが多いです。

手術件数が少ない施設の場合は、他の外科診療科と合同病棟の場合もあります。

その場合は、形成外科以外の外科疾患の看護も必要となってきます。

外来

形成外科の外来です。

術前の診察、術後の経過観察を行います。

外来での日帰り手術もありますが、一般病院の場合は、日帰り手術のための手術室もあります。

その場合は、外来看護師が手術介助につくことはありません。

看護師転職サイトで探せる形成外科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる形成外科看護師の年収事情

形成外科看護師の給与は一般の看護師の平均年収と同等、または少し高めです。

それぞれの施設の年収事情をご説明します。

病棟

形成外科の病棟は夜勤手当が加算されるため、給与は比較的高くなります。

クリニック

クリニックの場合でも、日帰り手術を行っている場合は、危険手当が加算されたりします。

外来

外来は夜勤がないため年収は下がります。

このように、勤務する施設によって給与事情は大きく異なるため、しっかりリサーチしていきましょう。

看護師転職サイトで探せる形成外科看護師の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる形成外科看護師の業務は大変なのか

ここでは、形成外科看護師の業務は大変なのかご説明します。

外来・クリニック

外来・クリニックでも日帰り手術をしている施設がほとんどです。

外来の場合は、日帰り手術のための手術室があるため、外来看護師が手術介助に入ることはありません。

しかし、クリニックの場合は、診察補助についている看護師が手術介助にもはいります。

高度な技術を必要としますので、大変と言えます。

病棟

病棟では、基本的な病棟看護が出来ればそこまで大変だと感じることはないかもしれません。

しかし、形成外科の手術は緻密なものになりますので、少しの血行不良が命取りになったりもします。

高度な観察眼が求められます。

看護師転職サイトで探した形成外科の求人事例

看護師転職サイトで探した形成外科の求人事例

事例1)美容形成外科医院

形成外科、美容外科、美容皮膚科を診療科とするクリニックの求人です。

月収29万~32万(手当込み)、賞与年間2か月分です。

仕事内容は外来患者に対する看護で日勤のみです。

年間休日は120日と多めです。

事例2)形成外科クリニック

形成外科、美容外科、皮膚科を診療科とする形成外科クリニックの求人です。

月収24万~40万円(手当込み)、賞与年間2か月分です。

仕事内容は診療業務や手術介助など、美容外科・形成外科における業務で日勤のみです。

残業時間は月8時間程度、年間休日は111日あり、希望すれば連休も取れる職場です。

事例3)一般病院

形成外科、整形外科を強みとする病院の求人です。

月収32.3万~(手当込み)、賞与年間3.75か月分、年収480万円~です。

仕事内容は病棟看護業務で2交代です。

年間休日は120日、有給消化率100%です

託児所、看護師寮ありです。

事例4)形成外科クリニック

形成外科、リハビリテーション科を専門とするクリニックの求人です。

基本給20万円、賞与年間4.5か月分、年収450万円~です。

仕事内容はクリニックの外来においての看護業務で日勤のみです。

残業少なめです。

事例5)一般病院

形成外科を強みとする一般病院の求人です。

年収420万~480万円、賞与年間4か月分です。

仕事内容は診療の補助、入院患者の日常生活の援助、手術前後の看護、検査前後の看護、退院支援・指導等、病棟での看護業務全般で2交代です。

残業は月2時間程度、24時間対応の保育所完備です。

事例6)形成外科クリニック

美容外科・美容皮フ科を診療科とする形成外科クリニックの求人です。

基本給36万~40万円、賞与年間50万~80万円です。

仕事内容は美容外科手術の介助、美容皮膚科における患者への施術、電話受付対応で日勤のみです。

看護師転職サイトを利用して形成外科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して形成外科の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索が可能です。

希望診療科で「形成外科」もしくは「美容形成外科」にチェックを入れて検索をします。

希望診療科を選択できない場合は、フリーワードで「形成外科」「美容形成外科」と入力して検索をしていきます。

形成外科で検索をすると、美容形成外科が一緒に表示されることもあります。

数も多いため、自分の希望に合うものを見つけるのも一苦労です。

診療科以外の希望労働条件や希望の働き方についても選択をしておき、表示される求人を絞っていきましょう。効率良く求人を見ることができます。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの求人の紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は公開求人のみです。

アドバイザーからは一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人であることがほとんどです。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、アドバイザーは利用者の希望労働条件の詳細についても把握しています。

希望にぴったりの求人を紹介してもらえるため、入職後のミスマッチを最小限にすることができます。

病院は注意

一般の病院では看護師は看護部に所属します。

直接希望診療科に行けるわけではないのです。

看護部から、スタッフの足りていない部署に配置されます。

そのため、確実に形成外科に携われるのか、というとそうではありません。

形成外科のスタッフに空きがなければ、他の診療科に配属となります。

「他の診療科でも問題なく働ける」

「形成外科に配置転換されるまで頑張れる」

という人でないと、病院勤務は難しいかもしれません。

美容形成外科もある

形成外科で求人を検索すると、美容形成外科も同時に表示されることがほとんどです。

形成外科は皮膚などの身体の表面を本来あるべき形に戻すという意味合いを持つ診療科です。

身体の一部を「外科的」に「形成」するための科で、身体の部位別の診療科ではなく、全身を治療するということが特徴です。

美容形成外科も同じです。

そのため、どこからが形成外科、どこからが美容形成外科、という判断は難しくなります。

各施設がどのような疾患を対象に、どのような治療をしているのかをしっかりと確認していくことが必要です。

形成外科の看護師の仕事内容

形成外科の看護師の仕事内容

手術介助(クリニック)

形成外科の治療では手術を伴うものが多いです。

そのため、入院のための病棟がある施設がほとんどで、手術室看護師が専任でいるのが通常です。

しかし、クリニックであっても日帰り手術を実施している施設は多いため、形成外科の看護師として働くのであればオペ業務の知識は必須となります。

業務としては、主に手術前後の準備・片付け、患者さんの準備、機械出し、記録などを行います。

そのため、オペ室経験者は採用に有利といえます。

投薬、点滴管理

基本的な投薬や点滴管理を行います。

術前にルートを確保。術後は抗生剤などの輸液の管理を行います。

顔周りの手術の場合は、術後飲水すら困難なことがあります。

そのため、輸液管理は大切です。

また、形成外科は赤ちゃんから高齢者までと、患者さんの層が広いのも特徴です。

対象が赤ちゃんの場合はルートの保護や挿入部の観察が重要です。

手術準備、オリエンテーション

絶飲食や術後の生活についてのオリエンテーションを行います。

形成外科の患者さんは、術前は自立度が高い人がほとんどです。

しかし、術後は日常生活動作に支障がでることもあります。

特に顔周りの手術の場合は、普通に飲水が出来なかったり、食べる動作が困難になったりと様々な制限がかかってしまいます。

術後についてイメージができるよう、患者さんの理解度に合わせて確実に説明を行っていきます。

医師の診療介助

術後の包交介助を行います。

形成外科では創部が乾燥しないように軟膏を使用することが多いです。

また、緻密な手術を行っているため、血行障害が起こりやすいのも特徴です。

皮膚の色や創部の状態を医師と共に観察していきます。

患者、家族のメンタルケア

形成外科は体の表面にトラブルを抱えています。

術後のボディイメージの変化に対応しきれない患者さんもいます。

また、子供の先天異常、突然の事故による外傷などで、精神的に動揺している方も多くいます。

ご両親や患者さんの精神的な動揺に寄り添い、少しでもその不安を取り除くことができるような関わりが重要です。

形成外科看護師をするメリットデメリット

形成外科看護師をするメリットデメリット

メリット

給与は平均的か、それ以上

形成外科に特別な手当はありません。

しかし、基本的には夜勤があるため、日勤のみよりは給与は上がります。

また病院、クリニックによってはオペ室経験者はその経験が給与に反映されることもあります。

そして、手術介助がある場合は、危険手当が加算される場合があります。

スキルアップのための資格がある

形成外科特有の資格ではありませんが、「皮膚、排泄ケア認定看護師」というものがあります。

スキンケアを専門とし、体表(皮膚)を健康な状態に戻すためのケアを専門とした、形成外科の治療にも通ずるところの多い資格です。

資格取得には、以下の条件を満たす必要があります。

①5年以上(うち3年以上は外科系)の実務経験を有すること

②教育機関で6か月以上の専門教育を受けること

③資格試験に合格すること

資格取得は狭き門ですが、自分のスキルアップはもちろんのこと、資格を有することで給与アップも望めます。

この資格を持つ人のみを対象とした形成外科の求人もあります。応募先の選択肢が広がりますね。

知識の幅が広がる

形成外科は、老若男女、そして全身を対象とした診療科です。

その分対象疾患も多いため、知識も幅広く得ることができます。

患者さんへの対応も、年齢によって様々です。

子供から高齢者まで、理解度にも差がある患者さんへ対応していくことになりますので、看護師としてのスキルアップにつながります。

オペ室業務を身につけることができる(クリニック)

クリニックでは日帰り手術などの手術につくことがあるため基本的な手術業務の知識・技術を身につけることができます。

手術業務は手術に関わらなければ身につかない特殊なスキルです。

これは今後の転職にも有利に働きます。

治療の成果が目に見える

形成外科では、皮膚などの体表の治療を行うため、傷や形の治りが目に見えます。

術直後は腫れていたり、傷が目立つため中々容姿を受け入れられない患者さんでも、日を追って創部が落ち着いてくると皮膚や形が整ったことを受け入れられるようになってきます。

患者さんの喜ぶ顔を見られることが、看護師としてのやりがいにつながります。

デメリット

夜勤がある

形成外科では手術を行うことが多いため、基本的に入院病棟があります。

そのため、夜勤は必須です。

日勤のみを希望する場合はクリニックや外来への勤務に絞られます。

学習することが多い

形成外科疾患の対象は全身です。

対象範囲が幅広いためおのずと学習することも多くなります。

また、治療方法も施設によって違ったり、治療自体も複雑であったりします。

勤務中に学習できればいいですが、プライベートの時間を学習に当てる必要がでてきます。

精神的疲労がある

形成外科は内臓ではなく、体表を治療する診療科です。

そのため、外見に異常や欠損があり、精神的ダメージを受けている方が多いです。

患者さんやご家族の話を傾聴することも重要な業務であり、適切な距離を保って関わっていかないと、自分自身の精神的疲労にもつながってしまいます。

形成外科看護師に向いている人の特徴

形成外科看護師に向いている人の特徴

聞き上手な人

形成外科は体表の治療を行う診療科です。

そのため、外見に異常や欠損がある場合がほとんどです。

患者さんは、そんな見た目に対してのコンプレックスを抱いています。

また、赤ちゃんの場合、本人は気にしていなくてもご家族がかなり落ち込んでいたりします。

そのため、形成外科では患者さんやご家族から話を聞くことが多いです。

不安を表出してもらえるように信頼関係を築くことが大切です。

日々の何気ない会話の中からも、患者さんの不安を聞き出す力が必要になります。

メンタルケアの得意な人

外見的な疾患のため、精神的ダメージを受けている患者さんやご家族のメンタルケアが必要です。

赤ちゃんの場合、ご両親が落ち込み、自分を責めていることが多いです。

話をゆっくり・じっくり聞いていくことが大切です。

また、術後はボディイメージの変化に戸惑う患者さんも多いです。

術前から、術後の層部の状態がイメージできるよう、しっかり説明を行っておく必要があります。

オペ業務に興味がある人、経験者

形成外科では、外科病棟勤務の基本的な看護知識だけでなく、オペ業務の知識も必要になります。

特にクリニックの場合は、自身も手術介助に入る必要があります。

オペ業務は特殊なものになりますので興味がないと続きません。

また、オペ室経験者も即戦力となりますので形成外科看護師に向いています。

まとめ

・形成外科クリニックの場合は、診察補助についている看護師が手術介助にもはいるため大変

・形成外科看護師の給与は一般の看護師の平均年収と同等、または少し高め

・形成外科の看護師の年収は施設によって異なるためしっかり求人を比較することが大切

形成外科の求人に強い看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事