看護師転職サイトおすすめ

小児科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

小児科の求人が豊富な看護師転職サイト

小児科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

小児科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

小児科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名小児科の公開求人数
1看護のお仕事6,000件前後
2ナースではたらこ4,000件前後
3マイナビ看護師非公開

※求人数は時期によって変動します

ピックアップした理由は、以下のとおりです。

「小児科の看護師求人数が多い」

「利用者満足度が高い」

「当メディアが実施したアンケートの評価が高い」

看護師転職サイトは様々なものがありますが、小児科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、小児科への転職を希望する場合は、上記のように小児科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

そして、小児科の求人は、選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てきます。

例えば、小児科看護師の年収は、看護師の平均年収と同等ですが、クリニック・外来は夜勤がないため、年収は下がります。

また、小児病院の手術室やNICUなどは年収に危険手当などが加算されるため、平均年収よりも若干年収は上がります。

このように、同じ小児科でも年収の差は歴然で、長く働けば影響はより大きくなります。

小児科への転職をする際には、しっかりと看護師転職サイトの求人を比較して職場選びをすることが大切です。

この記事では、小児科の求人に強い看護師転職サイトをご紹介するとともに、小児科の求人を探す際の注意点、小児科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

小児科への転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

小児科の求人を探す際の注意点がわかります

小児科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

小児科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

小児科の公開求人数

6,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、小児科の公開求人は6,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「小児科」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の小児科の求人は、日勤のみで月収30万円を超えるクリニックが多く、残業少なめや有給休暇が取得しやすい職場など、ワークライフバランスが保てる職場が多い印象です。

求人数が多いので、自宅からアクセスの良い職場を選択できることもメリットです。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

小児科転職におすすめの看護師転職サイト2)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

小児科の公開求人数

4,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

小児科の公開求人数は4,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「小児科」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の小児科求人は、残業少なめ、休日多めの職場など、子育てしながら働く看護師に最適な職場も多くあります。

また、ブランク可、未経験可の職場も多いので、転職のハードルが低い職場を選ぶことができます。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

ナースではたらこに登録して求人を探す

小児科転職におすすめの看護師転職サイト3)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

小児科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「小児科」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の小児科の求人は、年収500万円近い職場も多く、求人検索機能で年収を指定して転職先を探せるため、求人の比較が容易にできます。

また、年間休日が120日以上の職場や有休消化率が高い職場もあるので、プライベートも充実させたい人に嬉しい求人が豊富です。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる小児科の種類

看護師転職サイトで探せる小児科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる小児科の種類をご説明します。

クリニック

小児科に特化したクリニックの求人です。

産婦人科と併設されているクリニックもあります。

ただし、産婦人科と小児科では看護師の業務も大きく異なるため、小児科を希望すれば小児科に配属されることが多いです。

病棟

一般病院の小児科病棟、もしくは小児病院の病棟の求人です。

一般病院では看護部に所属することになるため、小児科を希望してもスタッフに空きがないと配属が難しい場合があります。

小児病院では基本的に全ての病棟が小児のためのものになります。

そのため、どこに配属されても小児に関わることになります。

ただし、NICUなどもあるため、同じ小児科とは言え業務内容は様々なものになります。

外来

一般病院の小児科外来、もしくは小児病院の外来の求人です。

こちらも病棟と同じく、病院の看護部に所属することになるため、希望通りの配属になるかどうかは分かりません。

看護師転職サイトで探せる小児科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる小児科看護師の年収事情

小児科看護師の平均年収は、看護師の平均年収と同等です。

クリニック・外来は夜勤がないため、年収は下がりますが、外来看護師の平均年収と同等になります。

小児病院の手術室やNICUなどは年収に危険手当などが加算されるため、平均年収よりも若干年収は上がります。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる小児科の業務は大変なのか

小児科看護師の業務は大変なのか

小児科看護師の業務自体はそこまで難しいものはありません。

基本的な外来業務、病棟業務が身についていれば問題ありません。

しかし、小児科独自の大変さと言えば、保護者とのコミュニケーションではないでしょうか。

子供たちとのコミュニケーションは、子どもが好きであれば苦もありません。

しかし、保護者とのコミュニケーションとなると話は別です。

保護者は子供の病気に対してナーバスになっており、普段穏やかな人であっても、医療者に対して攻撃的な話し方をすることがあります。

少しの言い間違い、説明不足が、簡単にクレームに繋がります。

小児科の業務は大変ではないが、保護者との関りが大変、と話す看護師は多いです。

看護師転職サイトで探した小児科の求人事例

看護師転職サイトで探した小児科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した条件の良い小児科求人をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

事例1)こどもクリニック

小児科、アレルギー科、内科を診療科目とするクリニックの求人です。

月収30万~35万円(手当込み)、賞与年間2か月分です。

仕事内容は、患者の応対、診察の介助、機器操作、備品洗浄、カルテの管理、注射等の業務です。

日勤のみで、日曜・祝日休み、木曜午後休みです。

事例2)クリニック

小児科、内科、アレルギー科を診療科目とするクリニックの求人です。

月収34.7万~36.7万円、賞与年間4か月分です。

仕事内容はクリニックの正看護師業務で日勤のみです。

日曜・木曜・祝日休み、残業時間3時間/月程度です。

事例3)小児科クリニック

小児科クリニックの求人です。

月収28万~36万円です。

仕事内容は、外来患者に対する問診、検査説明・実施、採血・注射の措置、医師の補助など看護業務全般です。

日曜日、祝日休み、水・土曜日は午後休診です。

事例4)ファミリークリニック

内科・小児科無床診療所の求人です。

月収24万~34万円、賞与年間2か月分、昇給ありです。

仕事内容は、内科・小児科クリニックでの看護業務で、外来患者の比率は、内科6割、小児科4割です。

日勤のみです。

勉強会があるため、ブランクのある人も歓迎の求人です。

事例5)小児科クリニック

商業施設内の小児科クリニックの求人です。

月収33.0万円~、年収450万~500万円、賞与年間3か月分です。

忙しい環境のため、給与が高めに設定されています。

仕事内容は、外来の看護師業務全般です。

日勤のみ、週休2日制で、残業はほとんどなく、商業施設内にあるため帰りに買い物ができる環境です。

事例6)ウイメンズクリニック

小児科をメインに診療するウイメンズクリニックの求人です。

月収30万円~、年収480万~520万円、賞与年間5か月分です。

仕事内容は、外来においての看護師業務全般で日勤のみです。

日曜日、祝日休みの4週8休制、年間休日120日です。

有給消化率が高い職場です。

看護師転職サイトを利用して小児科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して小児科の仕事をする方法

求人を自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索も可能です。

検索ツールバーにある希望診療科の「小児科」にチェックを入れて検索をします。

もし、希望診療科を選択できない場合はフリーワードで「小児科」と入力して検索しましょう。

小児科の求人を検索できますが、病院・クリニックなど様々な求人が表示されます。

希望の施設、希望の働き方があれば、それらも選択しておくと求人を絞ることができるため効率が良いです。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながら看護師転職サイトの担当アドバイザーからの求人紹介を待ちましょう。

アドバイザーからは条件の良い非公開求人も紹介してもらえます。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

希望診療科だけでなく、希望の労働条件、労働環境などについても明確にしてアドバイザーに伝えておきましょう。

希望にマッチした求人を紹介してもらえます。

小児科の看護師の仕事内容

小児科の看護師の仕事内容

小児科外来

予防接種介助

小児科外来、クリニックでは予防接種に対応している施設がほとんどです。

そのためかなりの頻度で予防接種をすることがあります。

子供に確実に穿刺が行えるように介助します。

乳児の場合は何をされるのか気づかないことが多いので比較的介助は楽ですが、ある程度の年齢になると、注射の恐怖から暴れたりする子供もいるので苦戦することがあります。

ご家族にも協力してもらい、安全に穿刺が行えるようにしていきます。

医師の診療介助

患者さんの呼び出し、処置や検査のサポート、子供が泣いたらあやす、診療後の説明などを行います。

子供は長時間待つことができないため、スムーズに診察が進むように補助していきます。

薬物投与

外来、クリニックで薬物投与をする機会は少ないです。

しかし、ないわけではありません。

ネブライザーの吸入、タミフル吸入などを行うことがあります。

ネブライザーは大きな音もします。

匂いを嫌がる子供も多いです。

そのため、確実に吸入が行えるよう、しっかり説明します。

また、必要時ご家族への協力も依頼していきます。

タミフル吸入はインフルエンザ感染の際必要です。

しっかり薬剤を吸入できるよう、吸入方法を説明し、必要時介助を行います。

急変時の対応

外来、クリニックにはそこまで重症な患者さんはいないため急変はほとんどありません。

まれに薬剤によるアナフィラキシー、疾患によるてんかんを引き起こす患者さんもいますので、対応していきます。

小児科病棟

手術前後のケア

小児科病棟には手術のために入院してくる子供もいます。

手術前の検査準備、手術に行く前のルート確保の介助、入浴介助、手術後のバイタルの管理、ルート及びドレーンの管理、日常生活援助など、術前後のケア全般を行います。

患者説明

入院時のオリエンテーション、手術のオリエンテーション、検査の説明、退院オリエンテーションなど患者さんに説明する機会は多いです。

子供が対象となるため、ご家族と共に説明を行います。

子供本人の年齢により説明方法は変わってきます。

子供だから保護者に説明していればいい、というものではありません。

どんなに小さい子供でも検査や手術には不安を抱えています。

何も説明せずに痛いことや不快なことをされたら大人でも嫌ですよね。

それぞれの子供の理解度に合わせて、しっかり説明していくことが重要です。

投薬管理

子供の患者にネブライザーの吸入、点滴、内服などを行います。

子供は自分で薬の管理が難しいため、基本的には看護師が全て管理します。

保護者が付き添っている場合も看護師が管理することが多いです。

子供に対しては、薬剤も微量となります。

確実に投与できるようにしていきます。

生活援助

患者さんの状態、病状に合わせて必要な援助を提供していきます。

食事介助、着替えの介助、清拭などの生活援助を行います。

小児病棟では保護者が付き添っていることも多いため、ご家族と協力してケアを行っていきます。

ご家族も付き添いにより疲労が溜まっていることがあるため、ご家族任せにしないよう注意が必要です。

家族のメンタルケア

子供の入院となるとご家族は大きな不安とストレスを抱えています。

子供が痛そうにしている、辛そうにしている、ぐったりしている。

その様子を見るだけで心が痛みますし、不安も大きくなっていきます。

手術前後や入院に関する家族のメンタルケアは重要です。

ご家族のメンタル的な安定が、入院している子供のメンタルの安定にもつながります。

小児科看護師をするメリットデメリット

小児科看護師をするメリットデメリット

小児科外来メリット

小児医療の知識が身につく

小児専門の医療知識や幅広い治療の知識がつきます。

小児科外来・クリニックは外科から内科、皮膚科、アレルギーなど、小児に関わる疾患全てを診察します。

看護師にも幅広い知識とアセスメント力が求められます。

また、小さな医療器具の取り扱い、子供のメンタルケアや保護者対応など小児科でしか身に着けられない技術を学べます。

難しい医療技術が必要ない

外来・クリニックでは医師の診療補助が主な業務です。

特に難しい医療技術は必要ありません。

夜勤がないので体力的に楽

外来、クリニックは夜勤がありません。

体内リズムが崩れることもないため、体力的に楽です。

また、家庭や子育てなどプライベートとの両立もしやすい診療科です。

小児科外来デメリット

保護者の対応が大変

子供が好きで小児科看護師になったとしても、その保護者の対応が大変です。

我が子が苦しんでいるたり、辛そうにしていたり、痛そうにしていたり。

不安や精神的ストレスから保護者の要望は必要以上に強くなったり、細かくなったりすることがあります。

些細なことでクレームに発展するなど、医療者にとってストレスが多いポイントです。

高度な医療技術の向上は難しい

小児科外来・クリニックでは難しい医療処置がないため、高度の医療技術の向上は難しいです。

今後、他の診療科への転職を考えている場合は、キャリアアップには向かないかもしれません。

その代わり、子供の細い血管への点滴や注射の技術、子供との対話力、メンタルケアなど小児科でしか向上することができない技術を身につけることはできるので、今後ずっと小児科でやっていくのであれば、問題ありません。

感染症罹患のリスクがある

小児科には様々な感染症の子供も来院します。

基本的に医療者は予防接種をしますが、子供特有の感染症(水疱瘡、おたふく、その他のウイルス)やインフルエンザの罹患リスクがあります。

小児科病棟メリット

小児医療の知識が身につく

小児専門の医療知識や幅広い総合的な治療の知識がつきます。

小児病院の場合は、同じ小児科でも外来や内科、アレルギー科など細かく病棟がわかれています。

しかし、一般病院の小児科は外科も内科も混ざっていることがあります。

そうすると、外科や内科に特化することなく、全ての小児科疾患に関わっていくことになりますので、幅広い知識を身につける必要があります。

また、小さな医療器具の取り扱い、子供のメンタルケアや保護者対応など小児科でしか身に着けられない技術を学べます。

子供に癒やされる

とにかく子供がかわいいです。

小児科では乳幼児から15歳までを診療します。

そのため、入院患者さんの年齢も様々です。

思春期の子供の対応は大変ですが、乳幼児の患者さんには癒されます。

大変な場面もありますが、子供好きにはたまらない職場です。

保護者の援助がある

乳幼児の入院の場合、保護者が泊りで付き添っていることもあります。

完全看護の病院の場合は、夜間付き添いがないこともありますが、日中は保護者が付き添っていることがほとんどです。

医療処置は看護師が行うのは当然です。

しかし、オムツの交換や食事の介助、寝かしつけを保護者がしてくれることも多いため、看護師の介助量が減ります。

体が小さいので移動が楽

子供の患者さんは体が軽いので移動させるときに楽です。

腰やひざにトラブルを抱えている人でも問題なく働くことができます。

ただし、抱っこしなければならない場面では少し大変です。

小児科病棟デメリット

保護者対応が大変

保護者は子供が入院していることで落ち込み、不安が強くなります。

そのため一つ一つが細かく気になり、神経質になっている保護者が多く対応が大変です。

ほんの少しの説明不足、準備不足がクレームに繋がります。

また、話した言葉をマイナスの意味に受け取られてしまい、クレームが来ることも。

言葉を選びながらコミュニケーションを取る必要があるため気を使います。

乳幼児だと意思疎通が図れない

乳幼児は言葉での意思疎通が図れません。

痛みや辛さを言葉で表すことができないため、泣くしかありません。

どうして泣いているのかをアセスメントするスキルが必要です。

慣れるまではかなり苦戦します。

ルート管理が大変

小児の血管は細いため点滴が漏れやすく、漏れると潰瘍などのトラブルになることが多いです。

ほんの少しの異常を見過ごさず、確実に対応していくことが大切です。

また、子供はどうしてもルートを気にしてしまうため、誤抜去への注意も必要となります。

「手で触れられないように挿入部を覆う」

「ルートに絡まらないように服のなかを通す」

など、できる対策は全て行っていきます。

小児科看護師に向いている人の特徴

小児科看護師に向いている人の特徴

とにかく子供が好きな人

「子供が好き」と一言で言っても、機嫌のいいときの子供だけではなく、体調が悪く、落ち込んでいたり、病気の影響で不安定になっている子供の全てを受け止めて対処してあげなければなりません。

子供がしっかりと病気と向き合えるかどうかも、看護師次第と言っても過言ではありません。

優しく、時に厳しく。子供に生じる様々な場面で寄り添っていける人に向いています。

観察力がある人

子供は自分で病状や体の状態を把握したり、大人に伝えることが苦手です。

日頃から子供を観察し、些細な仕草、顔色、表情などから体の異変を察知して対処する必要があります。

看護師の鋭い観察力が子供の命を救うこともあるため必須の能力となります。

コミュニケーションが好きな人

小児科では子供や保護者とのコミュニケーションが必須となります。

子供が安心して医療処置を受けられるように日々コミュニケーションを図ります。

子供からの信頼を得ることで、治療がスムーズに進んでいくのです。

また、看護師が保護者の気持ちに寄り添い、不安やストレスの軽減に努めます。

まとめ

・小児科へ転職するには小児科の求人が豊富な看護師転職サイトの利用がおすすめ

・小児科看護師の年収は、看護師の平均年収と同等だが、クリニック・外来は夜勤がないため年収は下がり、小児病院の手術室やNICUなどは手当により若干年収は上がる

・選ぶ施設によって年収や労働条件に差が出てくるので、看護師転職サイトの求人をしっかり比較していくことが大切

小児科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事