看護師転職サイトおすすめ

乳腺外科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

乳腺外科の求人が豊富な看護師転職サイト

乳腺外科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

乳腺外科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

乳腺外科の転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名乳腺外科の公開求人数
1看護のお仕事700件前後
2ジョブデポ看護師600件前後
3ナースではたらこ200件前後

※求人数は時期によって変動します

看護師転職サイトは様々なものがありますが、乳腺外科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、乳腺外科への転職を希望する場合は、上記のように乳腺外科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

乳腺外科看護師の年収は一般的な看護師の平均年収と同等ですが、選ぶ施設によって労働条件は変わってきます。

例えば病棟の場合は夜勤手当がつくため、年収も高めになりますが、クリニックの場合は経営状況に左右されますし、夜勤の有無で年収が変わってきます。

転職先を決める際には、しっかり給与などの労働条件を比較していきましょう。

この記事では、乳腺外科の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、乳腺外科の求人を探す際の注意点、乳腺外科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

乳腺外科の転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

乳腺外科の求人を探す際の注意点がわかります

乳腺外科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

乳腺外科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

乳腺外科の公開求人数

700件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、乳腺外科の公開求人は700件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「乳腺」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の乳腺外科の求人は、年間休日が130日で年収500万円以上のクリニックや日勤のみで年収480万円程度のクリニックなど、好条件のものが多いです。

乳がん手術や乳房再建術を学ぶことができる職場もあります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

乳腺外科転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

乳腺外科の公開求人数

600件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

乳腺外科の公開求人数は600件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「乳腺」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の乳腺外科の求人は、年間休日122日で年収500万円程度のクリニックなど高給与なものも見つかります。

また、乳腺科がある病院の求人も豊富です。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

乳腺外科転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

乳腺外科の公開求人数

200件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

糖尿病内科の公開求人数は200件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「乳腺」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の乳腺外科の求人は、残業月10時間以下で託児所つきのクリニックや日勤のみで日祝休み年間休日が120日のクリニックなど、子育て中の看護師に最適な職場が多く見つかります。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる乳腺外科の種類

看護師転職サイトで探せる乳腺外科の種類

クリニック

乳腺外科専門のクリニックですが、数は少ないです。

乳腺外科は他の診療科と共に診察をしているところが多くなります。

女性専門クリニックなどでは乳腺外科にも携わることが可能です。

病棟

乳腺外科単独の病棟がある施設は少ないです。

ほとんどが他の外科診療科との合同病棟になっています。

外来

乳腺外科の外来です。

乳腺外科の手術を行っている施設であれば単独の外来があります。

看護師転職サイトで探せる乳腺外科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる乳腺外科看護師の年収事情

乳腺外科看護師の年収は一般的な看護師の平均年収と同等です。

それぞれの施設での年収事情をご説明します。

病棟

病棟の場合は夜勤手当がつくため、年収も高めになります。

ただし、乳腺外科で特別な手当がつくことはありません。

クリニック

クリニックの場合は、各施設の経営状態に左右されますが、夜勤がないため年収は下がる傾向にあります。

看護師転職サイトで探せる乳腺外科看護師の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる乳腺外科看護師の業務は大変なのか

乳腺外科看護師の業務は特別大変ではありません。

一般的な外来業務と病棟業務が出来れば問題なく勤務できます。

そこにプラスして検査の知識やがん看護の知識があれば言うことありません。

しかし、体力的には大変でなくても、精神的な疲労は感じやすい職場です。

女性として乳腺外科の疾患は他人ごとではありません。

乳腺外科患者さんの抱える不安や悩みに寄り添っておくことが必要です。

どうしてもマイナスな感情に流されやすくなってしまうため、精神的に大変です。

看護師転職サイトで探した乳腺外科の求人事例

看護師転職サイトで探した乳腺外科の求人事例

事例1)乳腺外科クリニック

乳腺と甲状腺の専門治療施設の求人です。

月収28万~34.7万円(手当込み)、賞与年間4か月分です。

仕事内容は、外来診療の補佐や病棟業務、手術室での介助などで2交替です

年間休日は130日もあります。

美容を考えた乳がん手術、温存術、乳房再建術を学ぶことができます。

事例2)乳腺クリニック

乳腺クリニックの求人です。

月収21.3万~40万円(手当込み)です。

仕事内容は診療補助や検査補助、医療器械の洗浄 ・消毒等、採血、点滴、注射、問診、身体測定、心電図等、看護記録入力、備品管理等、女性専用乳腺クリニックの外来業務全般です。

日勤のみで年間休日は116日です。

事例3)クリニック

乳腺科、泌尿器科を診療科とするクリニックの求人です。

月収26万~31万円、賞与年間4か月分、昇給ありです。

仕事内容は病棟での看護師職務全般で2交代です。

年間休日は122日と多めです。

事例4)クリニック

内科一般疾患、消化器疾患、外科処置・肛門疾患、乳腺・甲状腺疾
患を扱うクリニックの求人です。

月収25.6万~26.4万円(手当込み)、賞与年間3か月分です。

仕事内容は、外来業務、訪問診療同行業務、簡単な事務業務、電話応対、書類作成の補助、患者の情報管理、在宅医療推進の為の地域連携、医師のサポートなどで日勤のみです。

事例5)病院

乳がん検診や乳腺のオペも扱っている病院の求人です。

月収28.2万~34.1万円、賞与年間2回です。

仕事内容は看護業務全般で2交代、残業は月10時間以下と少なめです。

年間休日115日、託児所付きです。

事例6)クリニック

乳腺外科、美容皮膚科、内科、眼科、皮膚科を診療科とするクリニックの求人です。

月収25万~30万円です。

仕事内容は外来での看護業務で日勤のみです。

土曜午後、日祝休みで年間休日120日と多めです。

看護師転職サイトを利用して乳腺外科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して乳腺外科の仕事をする方法

自分で検索をする

看護師転職サイトを利用すると自分で求人を検索することもできます。

各転職サイトの検索ツールバーにも「乳腺外科」が選択肢にのっていることはほとんどありません。

そのため乳腺外科の求人を検索したい場合は、フリーワードで「乳腺外科」と入力していきます。

もしくは「レディースクリニック」にチェックを入れて、フリーワードで「乳腺外科」を入力すると求人を絞ることが可能です。

また、希望診療科以外の希望労働条件や希望の働き方についても選択をしていくことで、更に求人を絞ることができ、詳細確認が楽になります。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも担当アドバイザーからの求人紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は基本的に公開求人のみです。

アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件のよい求人であることがほとんどです。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、アドバイザーは利用者の希望条件の詳細についても把握してくれています。

希望にぴったりの求人を見つけてきてくれますので、入職後のミスマッチを最小限にすることができます。

病院は注意

一般病院に入職する際には注意が必要です。

看護師は、各診療科に直接配属されるわけではなく看護部に所属する形になります。

そこからスタッフに空きのある診療科に配属されていくのです。

乳腺外科に配属を希望していても、確実に希望通りになるのかはわかりません。

また、乳腺外科は単独の病棟を持つことがほとんどありません。

他の外科との合同病棟となるため、他診療科にも携わる必要がでてきます。

確実に乳腺外科で働きたいのであれば外来を希望しましょう。

それでも、乳腺外科外来にスタッフの空きがなければ配属は難しくなります。

「他の診療科でも頑張れる」

「配置転換があるまでは頑張れる」

というような人でないとっ病院勤務は務まりません。

求人は少ない

乳腺外科単独の病棟はほとんどありません。

また、乳腺外科専門のクリニックも少ないです。

レディースクリニックとして婦人科と共に乳腺外科を診察している施設もあります。

ただし、施設数が少ないため求人数も少なくなります。

乳腺外科の看護師の仕事内容

乳腺外科の看護師の仕事内容

診療補助(外来)

医師の診療の補助を行います。

また、乳腺外科の外来ではマンモグラフィや乳腺エコーなどの検査を行います。

看護師は、検査の説明・案内・介助を行います。

検査・診察時には羞恥心、プライバシーへの配慮を行うことも重要です。

患者さん、ご家族のメンタルケア

乳がん治療は治療期間が長期となることが多くあり、患者さん、ご家族ともに治療への不安を抱えています。

そして、治療(乳房切除や抗がん剤治療による脱毛など)によるボディイメージの変容が起こりやすい疾患でもあります。

看護師は患者さん・ご家族の話を傾聴し、相談に乗り、適切な処置を提案・実施していく必要があります。

患者さん、ご家族が治療について前向きに受け入れていくことができるよう、慎重に関わっていくことが大切です。

手術前後のケア

手術前の検査や説明を行います。

また、術後の観察、創部の包交介助や観察を行っていきます。

患者さんの年齢は様々です。一人一人の理解度に合わせて説明方法を工夫し、確実に理解が得られるようにしていきます。

化学療法時のケア

医師の指示のもと薬剤の準備を行い、投与、観察を行います。

また、化学療法にともなう副作用に対してのケアを行っていきます。

副作用の程度は患者さんによって差があります。

一人一人の症状を確実に把握、少しでも症状が緩和できるように関わっていきます。

リンパ浮腫に対するケア

乳がん手術後の合併症にリンパ浮腫が挙げられます。

腕が腫脹したり腕の挙上が困難になったりと、日常生活に不自由が生じます。

まずは浮腫が起こらないように予防的ケアを行い、患者さんにもセルフケアの指導をおこなうことが必要です。

乳腺外科看護師をするメリットデメリット

乳腺外科看護師をするメリットデメリット

メリット

幅広い知識を得ることができる

乳腺外科は手術前後の看護だけではなく、化学療法の看護など「外科」にとらわれずに、乳がんに関する治療全般を行います。

外科・内科と区別することなく、看護師としての総合的なスキルが問われる診療科と言えます。

内科看護にも、外科看護にも接することができるため、今後の転職の際、自分の強みとすることができます。

乳がん認定看護師の資格を習得できる

乳がん看護認定看護師は、乳がんと診断された患者さんの心理的サポートや治療選択の支援、治療に伴う副作用や後遺症への対処方法の指導相談など、幅広い視点から患者さんのQOL(生活の質)を保つためのサポートを行います。

資格の取得には昼間に教育を受ける必要がありますので、休暇の取得にするか休職するかなどを各病院と相談する必要があります。

給与は平均的か、それ以上

乳腺外科に特別な手当はありませんが、病棟勤務であれば夜勤がありますので、その分給与もアップします。

また、前述のとおりに乳がん専門看護師の資格を取ることで、給与のアップも望めます。

デメリット

精神的疲労感じる可能性がある

乳腺外科では患者さん・ご家族のメンタルケアが重要となります。

傾聴・共感は必要な技術ではありますが、同じ女性として感情移入しすぎてしまうと自分の精神的疲労にもつながります。

適切な距離を保ちながら、患者さんに寄り添っていくことが重要となります。

学習することが多い

外科的手術についてのみではなく化学療法やリハビリ、合併症への対応など乳腺外科疾患に対して総合的に学習する必要があります。

勤務時間内に学習できればいいのですが、日々の業務があるため時間を取ることが難しいです。

そのため、プライベートの時間を学習にあてる必要が出てきます。

乳腺外科看護師に向いている人の特徴

乳腺外科看護師に向いている人の特徴

相手に寄り添うことができる人

乳腺外科の患者さんはほぼ女性です。

治療の過程でボディイメージが変容していくため、精神的にダメージを受けている患者さんが多くいます。

同じ女性として女性特有の悩みを共有し、気持ちに寄り添っていくことが必要となります。

ただし、共感しすぎると自分が辛くなるだけなので、看護のプロとして一線を引いて関わり、客観的な視点を忘れないようにしていくことが大切です。

コミュニケーション能力が高い人

患者さんやご家族の話を傾聴し、患者さんがどうしていきたいか、また治療に対して持っている思いを聞き出し、日々のケアに生かしていく必要があります。

また、乳腺外科では医師の他、放射線技師・薬剤師・細胞診断士など多職種と連携して治療を進めていきます。

看護師は一番患者さんの近くにいる医療者として、他職種の間の調整役を担っていく必要があります。

専門性を高めたい人

乳腺外科では外科手術についてや化学療法についてなど、治療についてはもちろんのこと、家族ケア、患者さんのメンタルケア、リンパ浮腫に対するケアなど専門的なこと多く学ぶことができます。

そのため自分の強み(得意分野)を作りたい人、専門性を高めたい人には最適な診療科となります。

まとめ

・乳腺外科看護師の年収は一般的な看護師の平均年収と同等だが、選ぶ施設によって労働条件は変わってくる

・乳腺外科看護師の業務は特別大変ではないが、精神的に大変な面もある

・乳腺外科は幅広い知識を得ることができる職場

乳腺外科の求人に強い看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事