看護師転職サイトおすすめ

婦人科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

婦人科の求人が豊富な看護師転職サイト

婦人科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

婦人科の看護師求人を探したい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

婦人科への転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名婦人科の公開求人数
1ナースではたらこ3,000件前後
2看護のお仕事2,000件前後
3マイナビ看護師非公開

※求人数は時期によって変動します

看護師転職サイトは様々なものがありますが、婦人科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、婦人科への転職を希望する場合は、上記のように婦人科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします

婦人科看護師の年収は、一般的な看護師の平均年収と同等程度ですが、病棟の場合は、夜勤があるため年収は上がり、夜勤がないクリニックでは低めです。

施設によって年収に差があるため、求人を探す際にはしっかり比較して転職先を決めることが大切です。

この記事では、婦人科の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、婦人科の求人を探す際の注意点、婦人科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

婦人科転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

婦人科の求人を探す際の注意点がわかります

婦人科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

婦人科転職におすすめの看護師転職サイト1)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

婦人科の公開求人数

3,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

婦人科の公開求人数は3,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「婦人科」または「レディース」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』はクリニックの求人数が多いので、日勤のみで年間休日125日の職場や日曜は必ず休める職場、プリセプター制度で入職後も安心して業務を覚えることができる職場など、ブランクがある看護師や子育て中の看護師に最適な職場も見つかります。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

婦人科転職におすすめの看護師転職サイト2)看護のお仕事

看護のお仕事

婦人科の公開求人数

2,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、婦人科の公開求人は2,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「婦人科」または「レディース」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の婦人科の求人は、日勤のみで年収500万円近い職場や夜勤ありで年収500万円超えの職場、年間休日120日を超える職場などが見つかります。

求人検索ツールでは年収順で並べ替えることもできるので、高収入の職場を簡単に探すことができます。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

婦人科転職におすすめの看護師転職サイト3)マイナビ看護師

「マイナビ看護師」写真

婦人科の公開求人数

非公開

おすすめの理由

『マイナビ看護師』は大手マイナビが運営している看護師転職サイトで、様々な求人を保有しています。

求人検索ツールの診療科目の項目で「婦人科(レディースクリニック)」にチェックを入れると求人を検索することができます。

また、合わせて「施設形態」や「希望の年収」などで求人を絞ることもできるため、希望の求人を素早く見つけることが可能です。

『マイナビ看護師』の婦人科の求人は、日勤のみで年収500万円以上を目指せる職場や、手術中の直接介助に携われる職場など、様々なニーズに合った職場を見つけることができます。

実績のある大手転職サイトを利用したい人におすすめです。

マイナビ看護師に登録して求人を探す

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる婦人科の種類

看護師転職サイトで探せる婦人科の種類

ここでは、看護師転職サイトで探せる婦人科の種類をご説明します。

クリニック

婦人科のクリニックです。

「レディースクリニック」として女性特有の疾患について幅広く診療しているクリニックもあります。

「産婦人科」として産科と一緒になっている施設も多いです。

その場合、婦人科だけでなく、産科にも関わっていくことになります。

病棟

婦人科病棟です。婦人科単独の病棟は少なく、他の診療科と合同病棟の施設が多いです。

この場合は、産科のみならず、他の内科・外科の病棟に組み込まれていますので、他の診療科の患者さんの看護も必要となってきます。

外来

婦人科の外来です。

こちらは、婦人科単独の外来も多いです。

確実に婦人科に携われるのがメリットです。

看護師転職サイトで探せる婦人科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる婦人科看護師の年収事情

婦人科看護師の年収は、一般的な看護師年収と同等です。

病棟は夜勤手当があるため年収は高めになります。

ただし、婦人科に特別な手当はありません。

施設によって給与は大きく異なるため、しっかりリサーチしていくことが大切です。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる婦人科の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる婦人科の業務は大変なのか

婦人科看護師の業務自体は、そこまで大変ではありません。

基本的な病棟業務ができれば問題ないです。

しかし、体力面では大変でなくても、精神面で大変と感じることもあります。

婦人科は女性特有の疾患になります。

女性の悩みに向き合っていくことになるため、患者さんの相談に乗ることも多いです。

看護師は疾患については詳しいですが、実際の患者さんの気持ちは分かりかねる部分もありますよね。

言葉選びが重要となってきますので、普段のコミュニケーションにも気を遣います。

看護師転職サイトで探した条件の良い婦人科の求人事例

看護師転職サイトで探した条件の良い婦人科の求人事例

事例1)レディースクリニック

女性特有の悩みや症状に対応した女性内科、美容内科、女性泌尿器科を診療科とするレディースクリニックの求人です。

月収35万円~(手当込み)、賞与年間2か月分です。

仕事内容は、外来看護業務・施術・処置・検査などの介助、注射、点滴、採血、低用量ピル(OC)の指導・説明などです。

日勤のみです。

事例2)レディースクリニック

産科、婦人科、小児科のほか、レーザー脱毛やプラセンタ療法などの美容医療も行うレディースクリニックの求人です。

月収38万円(手当込み)、賞与年間2か月分、昇給ありです。

仕事内容は、クリニックの病棟における正看護師業務全般で2交替です。

年間休日127日と多めです。

事例3)不妊治療の総合クリニック

一般不妊治療や人工授精、体外受精等を専門とする総合クリニックの求人です。

月収30.5万円~(手当込み)、昇給ありです。

仕事内容は、外来における看護師業務で日勤のみです。

年間休日125日と多めです。

先輩ナースが約2か月間プリセプターとしてつくため、入職後も問題なく業務に慣れることができます。

事例4)婦人科クリニック

婦人科、産婦人科を主な診療科目とする婦人科クリニックの求人です。

月収26万~30万円(手当込み)、賞与年間2回、昇給ありです。

仕事内容は、診療の補助、注射、採血、点滴などの婦人科・産婦人科の外来業務で日勤のみです。

日・祝、木曜午後・土曜午後が休日で夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇もあります。

事例5)レディースクリニック

手術も行うレディースクリニックの求人です。

中絶手術の中でも初期段階かつ無痛手術を推奨しています。

月収32万~34万円以上(手当込み)、年収470万~505万円です。

昇給すると年収600万円も狙える職場です。

仕事内容は、手術説明、血液検査、手術中の直接介助、手術後フォローなどの手術室業務や診察・治療の介助、内診診察時の介助・点滴・投薬・採血などの外来業務です。

毎日、手術室と外来の両方を担当し、日勤のみです。

事例6)総合病院

地域密着急性期病院の産婦人科の求人です。

月収32.1万~35万円(手当込み)、賞与年間3.4か月、年収450万~530万円です。

仕事内容は、病棟の看護師業務で3交代です。

看護師転職サイトを利用して婦人科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して婦人科の仕事をする方法

自分で求人を検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索もできます。

希望診療科で「婦人科」を選択し検索していきます。

希望診療科が選択できない場合は、フリーワードで「婦人科」「レディースクリニック」と入力していきます。

婦人科で検索すると、婦人科だけでなく「産婦人科」の求人も表示されてきます。

求人数も多いため、閲覧も大変です。

希望診療科だけでなく、希望施設、希望労働条件も選択していくことで、表示される求人を絞っていくことができます。

できるだけ、条件を明確にしていくことで求人検索の効率があがります。

アドバイザーに紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は公開求人のみです。アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人であることが多いです。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、アドバイザーは利用者の詳細な希望条件に合った求人を探してくれます。

入職後のミスマッチを最小限にすることができるため、アドバイザーからの求人紹介は有益です。

単独診療は少ない

婦人科は内科的治療を必要とする患者さんと、外科的治療を必要とする患者さんが一緒になっているのが特徴です。

また、婦人科だけでなく産婦人科として診療している病院が多いため、求人数は多い傾向があります。

「婦人科」単独での診療は少なく、他の診療科にも携わる覚悟をしておく必要があります。

病院は看護部に所属

婦人科を有する病院に入職する際は注意が必要です。

病院の場合、看護師は看護部に所属します。そして、配属希望は提出できますが、希望通りになるとは限りません。

看護師は、看護部より各診療科へ配属されます。

婦人科を希望していても、その部署にスタッフの空きがなければ配属が難しくなるのです。

他の診療科に配属されても問題ない。

もしくは、婦人科へ異動できるまで頑張れる。そんな人は病院でも問題ありません。

婦人科の看護師の仕事内容

婦人科の看護師の仕事内容

がん検診、診察・処置の介助(外来)

婦人科外来では各がん検診が行われ、看護師の仕事としては検体採取の介助や検体の取り扱いを行います。

プライバシーや羞恥心に配慮していく必要があります。

また、不安を持って来院する患者さんが多いため、穏やかな安心できる雰囲気作りが大切です。

不妊・避妊相談、不妊治療の介助(外来)

採血などの処置、医師の処置の介助を行います。

また、不妊治療の患者さんは、精神的にも不安が強い傾向にあります。

少しの体調の変化にも敏感になっていることが多いので、安心感を与えるような声掛けと、医療者として根拠のある説明が求められます。

また、プライバシーへの配慮も重要です。

声のトーンや他の患者さんのいるところで話をきかない、など細心の注意が必要です。

抗癌剤治療のケア

婦人科の内科的治療では抗癌剤治療が行われることもあります。

治療や副作用に対しての説明を行い、医師の指示のもと確実に薬剤を投与していきます。

副作用への対応も重要な業務の一つです。

患者さん一人一人症状は異なります。

一人一人の症状に合わせて、少しでも安楽に治療を受けられるよう工夫していきます。

手術前準備

婦人科では外科的治療を行う患者さんもいます。

各検査の実施(検査出し)やバイタルサインの測定、術前オリエンテーションを行います。

術前は、絶飲食などの術前処置が確実に行えるようにしていきます。

また、高齢の患者さんのいるため、患者さんの理解度に合わせて効果的な説明を行っていきます。

術後管理

術後のバイタルサインの観察、創部の状態の観察・包交介助、ドレーン類の管理などを行います。

また、術後の離床援助も大切な業務となります。

痛みのコントロールを行いながら、患者さんに合わせて援助を行います。

初回離床時は循環動態の変化が起こりやすいため、顔色やバイタルサインなどをしっかり確認しながら介助します。

患者さんのメンタルケア

手術に対する不安やストレスを傾聴します。

婦人科疾患では乳房切除や子宮摘出など、ボディイメージが変化する手術が多いことから、精神的にダメージを受けている患者さんが多いです。

そんな患者さんを励ますのではなく、話を傾聴し、患者さん自身が受け入れられるように慎重に関わっていくことが大切になります。

日常生活援助

入院中の患者さんに対して、必要な援助を行っていきます。

婦人科に入院している患者さんは基本的に自立度は高いです。

そのため、看護師の援助を必要としない患者さんもいます。

しかし、術後は援助が必要となってきますので、患者さんの状態を確認しながら必要な援助を提供していきます。

婦人科看護師をするメリットデメリット

婦人科看護師をするメリットデメリット

メリット

女性の体について詳しくなる

当たり前のことですが、婦人科疾患は女性特有の疾患なのでおのずと女性の体に詳しくなります。

女性看護師の場合は自分に置き換えて見ていくことができるので、自分の体を大切にできるようになります。

また、周囲の同僚から色々(生理についてや不妊治療について)と相談されるようになるのも婦人科看護師あるあるです。

内科的治療と外科的治療の両方に関わることができる

内科と外科が混在しているのも婦人科の特徴です。

手術前後の看護と抗癌剤治療の看護の両方を身につけることができます。

内科と外科では看護師の業務も変わってきます。

一つの病棟で両方を経験できるのは一石二鳥ですね。

抗癌剤治療についての知識を得ることができる

抗癌剤治療の方法、副作用について学ぶことができます。

同時に各副作用への対処方法も学ぶことができるため、知識の幅が広がります。

抗がん剤は、診療科によって使用する薬剤は違います。

しかし、治療中の観察点や副作用などは類似しています。

婦人科で学んだ抗がん剤治療の知識は、他の診療科でも応用が可能です。

説明が上手になる

治療についての説明をする場面が多くあります。

内科治療に関する説明、外科治療に関する説明、様々な説明があります。

それらの数をこなすため、一人一人の患者さんに合わせた説明が行えるようになります。

また、婦人科には高齢の患者さんも多いです。

理解度に合わせて説明方法を工夫していくことができるようになります。

デメリット

精神的疲労を感じることがある

婦人科では患者さんの不安やストレスなどの話を聴く機会がとても多く、またそれも大切な業務です。

共感力は大切ですが、自分がその感情に巻き込まれないように、適切な距離を保つ必要があります。

他の診療科が一緒

病棟の場合、婦人科単独の病棟もありますが、他の診療科と合同病棟のこともあります。

婦人科に携わりたいのに、他の内科・外科の疾患についても知識をつける必要があります。

なかには婦人科の患者さんがほとんどいない、なんてこともあります。

クリニックの場合も同様で、多くは産科と一緒に診療を行っています。

婦人科よりも産科の患者さんの方が多い施設もあります。

婦人科を看たいのに…と葛藤することがあります。

婦人科看護師に向いている人の特徴

婦人科看護師に向いている人の特徴

聞き上手な人

婦人科では患者さんから話を聞くことが多いため、不安を表出してもらえるように信頼関係を築くことが大切です。

また、日々の何気ない会話の中からも、患者さんの不安を聞き出す力が必要になります。

患者さんも「何かアドバイスが欲しい」と言うよりは「話を聞いてほしい」と思っていることが多いです。

効果的な相槌を打ちながら、しっかり話を聞いていける余裕を持っていきたいですね。

共感力が高い人

「女性の力になりたい」という強い思いを持って患者さんに関わっていくことが大切です。

不妊治療の過程での不安、手術でのボディイメージ変化による不安などの気持ちに寄り添って、患者さんの力になりたい‥という思いがケアへの原動力となります。

看護師は実際に治療を経験しているわけではないため、患者さんの気持ちを全て理解することはできません。

ただ、患者さんの気持ちに寄り添っていける精神力が必要となります。

柔らかい雰囲気の人

キビキビ・サバサバ、看護師にはこんな人が多いですよね。

しかし、少し近寄りがたさも感じてしまいます。

婦人科では患者さんに寄り添っていうことが重要です。

そのため、患者さんの不安を和らげられるような、穏やかな雰囲気を持った人に向いています。

まとめ

・婦人科へ転職をするには、婦人科の求人数が多い看護師転職サイトの利用がおすすめ

・婦人科看護師の年収は一般的な看護師の平均年収と同等

・婦人科は体力面では大変でなくても、精神面で大変と感じることもある

婦人科の求人が豊富な看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

 

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事