看護師おすすめの転職先

イベントナース 看護師転職|イベントナースの仕事内容、メリットデメリット

ナース裕美です。

イベントナースの求人ってどうなの??
イベントナースの仕事内容は??
イベントナースの求人はどうやって探せばいいの?

そんな疑問にお答えします。

イベントナースとは文字通り、音楽やスポーツなどのイベント会場に出向き、突発的なけが人や病気の看護を行う仕事です。

イベントナースは音楽コンサートやスポーツ大会、お祭りなど多様なイベントで必要とされ、場所も屋内に限らず、野外ステージ、海辺など多岐にわたります。

また、平日より週末・祝日、長期休暇中に求人が集中します。

イベントナースの仕事は常時あるわけではありません。

季節や時期によって求人にばらつきがあり、人気求人のため、募集後すぐに埋まってしまうことも多いと言えます。

定期的に仕事を得ることができないため、毎月安定した収入を得るのは難しいでしょう。

この記事では企業の採用部門で働く夫と、元看護師の私がイベントナースの仕事内容やメリット・デメリット、求人の探し方をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事の執筆者

ナース裕美 / 緒方裕美


看護師免許を持つ。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。

現在フリーランス看護師。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

イベントナースの仕事内容

お祭りや音楽イベント、スポーツイベントなど多くの人が集まるイベントでは臨時の救護所や医務室が設置されます。

イベントナースはそこで待機し業務にあたります。

それでは、具体的なイベントナースの仕事内容をご説明していきます。

応急処置

怪我人や体調不良を起こした人に対しての応急処置を行います。

簡単な処置を行い、必要時休憩スペースにて休んで頂きます。

病院受診の案内

応急処置は行いますが、病院受診が必要そうな人にはどの科を受診するのか、などのアドバイスを行います。

緊急搬送の要請

応急処置ではまかなえない、病院を自分で受診すると処置が遅れてしまう、というような緊急対応が必要そうな人には緊急車両出動を要請します。

イベントナースの給料

イベントナースの給料は、病院勤務に比べると低めです。

イベントの内容や拘束時間、場所によって給与は異なりますが、日給1万円程度が一般的です。(1万2千円〜1万4千円ほどが多いです。)

拘束時間が長くなれば、それだけ報酬も上がります。

また、契約している会社によっても変わってきます。

イベントナースのメリットデメリット

ここではイベントナースのメリット、デメリットをご説明します。

メリットデメリットをよく確認して、転職の参考にしてくださいね。

イベントナースのメリット

拘束時間が短い

拘束時間は基本的にイベントの期間のみとなります。

一日のイベントならば当日のみ。2-3日の場合はその期間のみとなります。

自分の予定に合わせて仕事を入れられる

基本的には単発の仕事になりますので自分の都合の良い日に働くことができます。

そのため、Wワークとして働いたり、家庭・育児と両立しやすいといえます。

精神的ストレスが少ない

単発の仕事であるため、人間関係のしがらみはありません。

また、毎回違うイベント会場が勤務先となるため、毎回新鮮な気持ちで仕事に臨むことができます。

人脈・視野が広がる

普段は見ることができないイベントの裏側を知ることができます。

また、医療業界以外の人たちとも交流できるため、視野や人脈がぐんと広がります。

イベントナースのデメリット

給与は低め

前述のとおり、病院勤務に比べると給与は低めです。

日給1万2千円〜1万4千円ほどと考えておくと良いです。

何が起こるかわからない

イベント中は熱中症や転倒による怪我など、何が起こるかわかりません。

また、病院と違って限られた資材・薬剤で処置を行う必要があるため、臨機応変な対応が求められます。

そのため、ある程度臨床での経験や知識がないとつとまりません。

責任が重い

イベント会場には医師が常駐していないことが多いです。

また、イベントナース自体も一人〜少人数での対応となります。

季節や天気によって沢山の救護が必要となる場合があります。

そんな中で緊急性の有無を判断する必要があるため、緊張感が漂います。

イベントナースに向いている人

ここでは、イベントナースに向いている人をご説明します。

臨機応変に対応できる人

限られた資材・薬剤で処置を行う必要があります。

また、沢山の人数の救護を行うこともありますのでスピーディーに、かつ丁寧に対応することが重要です。

その時に合わせて臨機応変に対応していく能力が必要です。

緊急対応ができる人

イベントナース一人もしくは少人数で勤務します。

イベント中は緊急対応も少なくありません。

ある程度の緊急時の対応の経験・知識を持っていると重宝されます。

コミュニケーションスキル、アセスメントスキルが高い人

前述の通り一人〜少人数での勤務です。

しかし、医療従事者以外のスタッフや救護者とのコミュニケーションは必須です。

沢山いる救護者の中から緊急性の高い人を見つけ出すためにも、短時間で適切なコミュニケーションを図る必要が出てきます。

イベントナースの求人を探すには

イベントナースは人気求人のため、募集後すぐに埋まってしまうことも多いと言えます。

そのため、看護師の転職サイトで求人をできるだけ集めてから、探していきましょう。

看護師専門の転職サイトは一般には公開されていない、条件の良い非公開求人もありますので、必ずチェックしておきたいところです。

また、転職サイトも様々なものがありますので、選ぶ際は求人数が多いこと、利用者満足度が高いことを確認して失敗のないようにしてくださいね。

転職サイト選びが転職成功の鍵をにぎっています。

ここでは、イベントナースの求人を扱っていて、求人数が業界トップで利用者満足度が高い転職サイトをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

この2つに登録しておいて求人を選べば間違いはないでしょう。

いずれも最後まで無料で利用できます。

イベントナースの求人がある転職サイト2選

MC─ナースネット

MC─ナースネット

求人数2万件以上
利用者満足度95%以上
会員数18万人越え
常勤だけでなく、ツアーナースや健診、夜勤専従、企業、保育園などの求人あり
ライフスタイルにあった働き方

マイナビ看護師

看護師の転職サポート マイナビ看護師

厚生労働大臣認可
プライバシーマーク取得企業
全国の求人をカバー
半数が非公開求人、好条件求人を取り扱い
一般企業など病院以外の求人あり
クリニックの求人が多い

医療系転職支援サービスのプロ
現場で働く看護師から情報収集
職業紹介優良事業者に認定
丁寧なサポート

イベントナースの勤務先を選ぶときにチェックしておきたいこと

イベントナースは定期的に仕事を得ることができないため、毎月安定した収入を得るのは難しいといえます。

求人情報をよく見極めて、良い条件の転職先を見つけたいですね。

転職してから後悔しないように、事前にチェックが必須な項目などを記事にまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

まとめ

・イベントナースの仕事は季節や時期によって求人にばらつきがある

・イベントナースは人気求人のため、募集後すぐに埋まってしまう

・イベントナースは給与が低いが、視野や人脈が広がる

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

企業情報

D-U-N-S® Number:680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事