看護師転職ノウハウ

看護師転職10回以上|看護師と採用のプロが転職を10回以上する看護師の特徴教えます

転職を10回以上する看護師の特徴教えます

ナース裕美です。

転職を10回以上する看護師ってどんな人??
看護師が転職を10回以上したら採用されない??

こんな疑問にお答えします。

看護師が10回以上転職をしていても、一つの職場で3年以上の経験があれば採用に不利にはなりません。

また、40代・50代の看護師は即戦力となるため、転職回数は問題にならないことが多いと言えます。

看護師は万年人手不足のため、転職においても売り手市場となります。

そのため、転職に対するハードルが低い職業と言えます。

そんな転職へのハードルが低い看護師ではありますが、転職を経験した人の中には転職回数が多い人もいます。

多い人では10回以上も転職を繰り返した人も…。

売り手市場とはいえさすがに10回以上も転職をしていると、面接などで転職が多すぎると突っ込まれないのか不安になってきますよね。

この記事では企業の採用部門で働く夫と看護師の私が、転職を10回以上する看護師の特徴、転職回数が多い人の面接における対策、満足できる転職をするためにできること、をご説明していきます。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事でわかること

転職を10回以上する看護師の特徴がわかります。

転職を10回以上する看護師が満足できる転職をするための対策がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美 / 緒方裕美


看護師免許を持つ。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。
看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。
『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。
転職にて年収を2倍にした経験がある。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職を10回以上する看護師の特徴1)不平不満が多い

常に職場に対する不平不満が多い人は、転職をしても自分が満足できない部分にばかり目がいってしまい、不満がつのって、すぐにやめたくなってしまう傾向にあります。

結果、転職を10回以上することになります。

確かに自分の希望が全て整っている環境が一番ですよね。

しかし、そんな全て希望通り、なんて職場を見つけることは至難の業です。

何かしら不満を持つことは仕方ありません。

しかし、不満にばかり目を向けるのではなく、プラスの部分に目を向けてみませんか?その職場に転職したということは、何か惹かれるものがあったからですよね。

そのプラスと感じた部分に目を向けましょう。

そして、不満に思っていることもまず受け入れて理解をしようと試みることで不平不満も軽くなっていくのではないでしょうか。

転職を10回以上する看護師の特徴2)転職の動機があいまい

転職を考えるきっかけになったことはなんですか?なぜ自分は転職したいのか、を深く考えず、とりあえず今の状況から脱却することだけを考えて転職を急いでしまうと、自分の中での転職先に対する希望をはっきりさせることもできず、なんとなくの職場に転職する羽目になってしまいます。

もし、前の職場から逃げるように転職しなければならないような状況であっても、次の職場に何を求めるのか、どんな看護をしたいのか、どう活躍したいのか、といったビジョンを明確にする必要があります。

そうすることで転職先とのミスマッチを防ぐことができ、失望感を感じるリスクが低くなります。

転職を10回以上する看護師の特徴3)求人の探し方に問題がある

転職を10回以上する看護師は、求人の探し方に問題がある場合が多いと言えます。

病院のホームページだけを見て求人に応募してしまったり、知人の紹介ですぐに転職を決めてしまったり、転職サイトのアドバイザーに紹介されるままに転職先を決めてしまったり、しっかり他の求人と比較しないまま限られた求人情報だけで転職先を決めていると、条件の悪い人気のない病院や、職場環境が悪すぎて看護師が大量に辞めているブラックな職場に転職してしまう可能性が高くなります。

こんな職場に転職すればすぐに辞めたくなり、また同じような職場に転職して、また辞めたくなるという負のループになります。

どこかで悪い流れを止める必要がありますね。

こんな場合は利用者満足度が高い看護師専門の転職サイトにいくつか登録して、できるだけ多くの求人から自分の希望の条件にマッチした転職先を見つけましょう。

アドバイザーにも希望条件を細かく伝えて、今後のキャリアの相談に乗ってもらいましょう。

くれぐれもアドバイザーに勧められるままに転職先を決めないように気をつけてくださいね。

転職するのはアドバイザーではなく、あなたです。

あなたが本当に満足できる転職先を選んでください。

おすすめの転職サイトは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職を10回以上する看護師の面接対策

10回以上転職をしている看護師は、長続きしないタイプであると思われ、面接での印象も良くないのではないか…、不安になりますよね。

確かにすべての職歴が数日~数か月であったならば、根気がない、と思われてしまいます。

しかし、一つでも同じ職場で長く働いた経験があれば、それほど転職回数がネックになることもありません。

特に一つの職場で3年以上勤めた経験があれば、それほど転職回数は問題になりません。

また、40代や50代の看護師の場合は現場での即戦力となる他、結婚・出産・育児などのブランクも考慮されるため、過去の転職回数はあまり問題にならない場合が多いと言えます。

それでは実際の面接で、転職回数について突っ込まれた場合、どう話すといいのでしょうか。

結論、転職を10回以上していることを、ネガティブな感じで話す必要はありません。

及び腰にならずに誠実に話をします。

転職回数は多いが、逆にそれは様々な職場を経験してきたことになり、キャリアを積んできたと言えるでしょう。

これまでの経験を、次の職場でどう活かしていきたいのかをポジティブに主張していきましょう。

多くの職場を経験している看護師は少数派です。

その稀な経験をプラスで活かせるということを前向きにアピールしていくことが重要です。

転職を10回以上する看護師が満足できる転職をするために

ここでは、転職を10回以上する看護師が、どんなことに気をつければ満足のいく転職をすることができるのかご説明します。

転職動機

なぜ転職を考えるようになったのですか?なんのための転職ですか?

転職動機を明確にしないまま、なんとなく転職をしてしまうと、転職を繰り返すことになります。

自分が転職を考えるようになったきっかけは必ずあります。

それをはっきりさせるのと共に、どんな職場なら働きやすいのか、という部分もはっきりさせましょう。

自分が思う働きやすい職場を書き出し、今の職場と照らし合わせます。ミスマッチする部分が多いのであれば転職を考えていきましょう。

客観的に見たら自分の働きやすいと思う職場は今の職場、なんていうこともあるかもしれません。

一度頭の中を整理してみることは重要な作業と言えます。

自己分析

自分は看護師としてどんな仕事をしたいのか、どんな看護師になりたいのか、自分の看護観をはっきりさせましょう。

頭で考えているだけではまとまりません。

一度紙に書き出して頭の中を整理していきましょう。

そうすることで、自分が目指す看護師像に近づくためにはどんな場所で、どんな働き方をすればいいのか、がはっきりしてきます。

また、自分の看護師としての経験やスキルを書き出し、看護師としての強みをはっきりさせます。

その看護師としてのスキルをいかんなく発揮できるような職場を探していくと、看護師として評価も上がり、満足できる転職が可能となるでしょう。

優先順位

看護師として働くために何を優先させたいのかをはっきりさせます。

「給与が高い方がいい」「夜勤はやりたくない」「患者さんとコミュニケーションをとりたい」「残業はしたくない」などなど、仕事に対する要望はたくさんありますよね。

何を優先するのかは人それぞれです。

自分の中で優先順位をつけ、その中での最優先事項にマッチする職場を探していくことが重要です。

すべての希望を網羅している職場を探すのは難しいです。

自分の中で「これだけは譲れない」という事項をはっきりさせ、それ以外は「ある程度妥協してもいいや」くらいの感覚でいることが大切です。

職場見学

人間関係や職場環境が原因で転職を繰り返している人は、転職前に職場見学に行くことをおすすめします。

見学時に看護師の人数が十分であるか、看護師の年代が偏っていないか、看護師同士の会話・表情、職場の雰囲気や環境、衛生面などをチェックしていきます。

また、疑問がある場合はその場で質問をしていくことで、入職後のギャップを減らすことができ、結果として転職の繰り返しを防止できます。

情報収集

転職を繰り返す、ということは転職を失敗したと感じているということです。

転職に失敗する一番の原因は情報収集不足が挙げられます。

求人情報にのっている情報だけでは不十分です。職場の内部情報までは分からないですよね。

情報を制する人が転職に成功すると言っても過言ではありません。

しかし、自分で収集できる情報には限りがあります。

せいぜい求人情報やホームページ、口コミくらいですよね。内部情報まで収集するためには上手に転職サイトを利用しましょう。

看護師専門の転職サイトでは施設の内部情報も把握していますので、転職先とのミスマッチを防ぐために使わない手はありませんよね。

転職を10回以上する看護師 まとめ

・看護師が10回以上転職をしていても一つの職場で3年以上の経験があれば不利にはならない。

・40代・50代の看護師は即戦力となるため、転職回数は問題にならないことが多い。

・転職を繰り返さないためには自己分析と情報収集が重要。

・上手に転職サイトを利用することで転職先とのミスマッチを防ぐことができ、結果転職を繰り返さなくても済む。

転職を10回以上する看護師の特徴、転職回数が多い人の面接における対策、満足できる転職をするためにできることをご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事