看護師転職ノウハウ

看護師転職志望動機|看護師と採用のプロが教える志望動機の例文‐すぐに使える!

看護師の志望動機って何を伝えればいいの?
志望動機をどう伝えれば評価が高くなる?
志望動機を考えても思いつかない。。

そんなお悩みにお答えします。

この記事では志望動機の例文を載せていますので、時間がない方はこの例文の構成を参考に、自分の言葉でアレンジして使っていただければと思います。

記事の執筆にあたっては、企業の採用部門で働く夫と看護師の私がタッグを組んで取り組んでいます。

この記事の執筆者


ナース裕美 / 緒方裕美
大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。
看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。


ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用及び人事担当。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

看護師の志望動機の考え方

では、早速志望動機の考え方からいきましょう。

志望動機は
・なぜ当院を選んだか
・なぜ当院でなければならないのか
・当院でやりたいこと
・自分は当院にどう貢献できるか
を具体的に伝える必要があります。

採用側はこれに加えて当院をしっかりリサーチしているかもチェックしています。

いくら熱意を伝えても、当院のことを何も調べていない応募者は相手にしてくれませんので、病院のホームページなどで理念や基本方針、力を入れている分野、特徴を確認しておきます。

また、余談ですが基本方針は暗記しておくと履歴書作成や面接時にも役に立ちます。

転職においての志望動機は、前半に「前職の経験」に触れて自己PRも兼ねた内容、後半はその経験も踏まえて「なぜ志望先の病院に入職したいのか」「どう貢献できるか」を伝えるのが王道です。

前職の経験は誰しも色々思いつくと思うので、経験した診療科と何について力を入れて働いていたのかを伝えます。

後半は志望先の病院の情報をホームページなどで入念に調べ、それを交えながら志望の理由を伝えます。

看護師の志望動機作成時の注意点

・採用側に福利厚生などの待遇面だけで志望を決めたと思われないようにします。

・ありきたりな言葉だけで伝えないようにします。必ず自分の言葉を入れます。

・前職を退職した理由と志望動機をリンクさせるとあまり印象がよくありません。
採用側は当院でも同じような理由で辞めてしまうのではと、余計なマイナスイメージを持たれたり、面接で突っ込まれてしまいます。

すぐに使える看護師の志望動機例文

具体的にどう志望動機を作成すればいいのか、例文をご紹介します。

また、その例文に対して採用側から面接でどんな質問がくるのかも記載していますので、合わせて対策をしていただければと思います。

(1)経験のない診療科を志望する場合

前職は○○科にて○年間働きました。○○科では特に技術を磨くことに力を入れ、自己研鑽に努めてきました。また、後輩の指導にも携わってきたため、看護師としての技術だけではなく、チーム全体の仕事力を向上させる技術も学んできました。

貴院(履歴書では貴院、面接では御院)には私の経験していない様々な診療科があり、○○にも力を入れていると聞いています。その環境で1から新しい技術を学び、いずれは後輩の指導にも力を入れることで、基本方針にもある「患者さん一人ひとりに、○○な医療を提供する。」ことにも貢献することができると考え、貴院(御院)を志望いたしました。

この志望動機に対する面接での想定質問

・具体的にどんな技術を磨いてきましたか?

・後輩を指導するにあたって、工夫したことや大変だったことはなんですか?

・当院のどの科に興味がありますか?

・当院をどうやって知りましたか?どうやって調べましたか?

(2)前職より大規模な病院を志望する場合

前職は○○科にて○年間働きました。病院の規模が小さいため、○○や○○が大変な面もありましたが、○○や○○を工夫することで患者様が安心してサービスを受けられるように努力してきました。
貴院(履歴書では貴院、面接では御院)は、患者様の数も、病床の数も多く、様々な診療科があり、前職とは違い規模の大きな病院です。
入職後は多少戸惑う部分もあるとは思いますが、新しい環境で1から技術を学び、今までに経験したことのない診療科の仕事を覚えることで、患者様のために、また貴院(御院)の発展のために貢献できると考え、志望いたしました。

この志望動機に対する面接での想定質問

・前職ではどんなことが大変でしたか?どんなことを工夫して乗り越えましたか?

・患者様にはどう接していましたか?

・どの診療科でどんな働き方をしたいですか?

・当院では診療科異動もありますが、大丈夫ですか?

(3)出産育児で数年のブランクがある場合

前職は○○科にて○年間働きました。○○科では特に技術を磨くことに力を入れ、自己研鑽に努めてきました。その後、出産、育児のために○年間仕事を休むことになりましたが、休んでいる間も看護への情熱は覚めず、専門書などで新たな知識を学んでいたところです。
今回子育てが一段落し、また看護の仕事がしたい、患者様のために働きたいと考え、復職することを決めました。
貴院(履歴書では貴院、面接では御院)には私の経験していない様々な科があり、○○にも力を入れているため、私もその環境で働きたいと考えていました。
入職後は1から新しい技術を学び、基本方針にもある「患者さん一人ひとりに、○○な医療を提供する。」ことにも貢献していきたいと考え、貴院(御院)を志望いたしました。

この志望動機に対する面接での想定質問

・最近の看護について勉強したことで気になったことを教えてください。

・子育てが一段落したということですが、夜勤や残業は大丈夫ですか?

・ブランクがありますが、大丈夫ですか?

まとめ

看護師の志望動機は
・なぜ当院を選んだかを具体的に
・自分の言葉で
・どう貢献できるか
を伝える。

じっくり自分自身と向き合って志望動機を考えてくださいね。

あなたの転職が満足のいくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事