看護師転職ノウハウ

看護師転職履歴書|看護師と採用のプロが教える看護師の履歴書の書き方

久しぶりすぎて履歴書の書き方が分からない。。
本やネットでじっくり調べるほど時間がない。。

そんなお悩みにお答えします。

転職活動は時間のない中で行わなければならない方がほとんどだと思います。

この記事にはそんな方のために、履歴書を最低限チェックできる”チェックリスト”を記載しています。10分もあればチェックできると思いますので、ぜひ活用してください。

なお、採用者側の視点も押さえるため、企業の採用部門に勤務する夫とタッグを組んで作成をしています。

採用側は応募者側が考える以上に細かい点をチェックしていますが、注意すれば簡単なことなので是非活用していただければと思います。

では、早速チェックしていきましょう。

この記事の執筆者


ナース裕美 / 緒方裕美
大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。
看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。


ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用及び人事担当。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

タップできるもくじ
  1. 履歴書のチェックリスト
  2. まとめ

履歴書のチェックリスト

○全般

・文字は黒色、読みやすく丁寧に書かれているか。全項目で同じペンを使用しているか。
万年筆、サインペンではなく、黒のボールペン0.5mmを使用します。
途中でボールペンを変える人が意外と多いので注意します。

・西暦、和暦が混在していないか。

・記載を間違えて修正ペン、二重線などで処理していないか。
間違ったら面倒でも新しい用紙に書き直します。

・空欄の項目がないか。
基本的に空欄が目立つ履歴書からは熱意を感じてもらえません。
市販の履歴書で応募する場合、メーカーによって記載する内容や文字数が違いますので、自分がアピールしやすい項目があるものを選ぶとよいです。

・パソコンでなく手書きで書かれているか。
パソコンでも問題ない場合もありますが、意外と否定的な意見も多いので、手書きが無難です。

ポイント

・本やネットなどにある記載例を真似するのではなく、自分の言葉で書くことが大切です。どこかの例にならった場合、採用者側はすぐに見抜きます。

・字が綺麗かではなく、読みやすく丁寧に書いているかを採用者側は見ています。字が雑、小さい字でびっしり書く、空白が多いのはマイナス印象です。

○日付欄

・記載した日付を記入していないか。
日付は記載した日ではなく、郵送であればポスト投函日、持参であれば持参する当日の日付を記入します。

○写真欄

・服装はカジュアルではないか。

・真っすぐに貼ってあるか。

ポイント

・少し微笑むくらいがよいです。

・写真館で撮るとカメラマンが身だしなみ、表情を整えてくれます。
また、光の角度などで印象を良くしてくれますので、面倒でも写真館をお勧めします。
費用は1枚あたり数百円から千円前後、30分程度でできあがります。

・採用者側は写真館かスピード写真かすぐ分かります。ここで熱意や仕事に対する向き合い方を判断しています。

○氏名、住所欄

・氏名のふりがなはひらがな、カタカナを使い間違えていないか。
欄に「ふりがな」と記載されていればひらがなで、「フリガナ」と記載されていればカタカナで記入します。

・生年月日に昭和、平成などの年号を記載しているか。
「S」や「H」はNGです。

・性別を囲む「〇」はいびつでないか。
〇は丁寧に書きます。書き方で性格が出ます。

・住所は都道府県から記載しているか。
番地などは「-」ではなく、「〇丁目〇番地〇号」と記載します。

・学歴、職歴の学校名、企業名は正式名称で記載しているか。
略称はNGです。

○学歴・職歴欄

・職歴には働いていた診療科も記載したか。
ここは採用側は特にチェックしていますので、書き漏らさないようにします。

・退職している職歴には、「一身上の都合により退職」、「会社都合により退職」など一筆記載したか。
退職理由をここに詳しく書く必要はありません。

ポイント

・学歴は小中学校から全部書いてもよいですが、社会人経験者の場合、最終学歴のみの記載で問題ありません。

○資格欄

・取得順に正式名称で記載しているか。

ポイント

・例えば看護師免許は「平成20年4月 看護師免許取得」と記載します。年月は証書に書かれていますので、確認しましょう。

直接業務に関係のない趣味の資格や明らかに難易度が低い資格は敢えて書く必要はありません。
ただし、業務に関係がなくても難関資格や珍しい資格などインパクトがあるものであれば、人物アピールにつなげるという手もあります。

○志望動機欄

・数ある病院の中で当院を志望する理由を記載しているか。
意外と陥りやすいのが、自分の経験、性格のみでアピールするパターンです。
これはなぜ当院を選んだのか全くわからず、プラスにはなりません。
病院の理念、基本方針に沿ったかたちで、自分がその病院でやりたい仕事の内容を具体的に記載します。
病院の理念、基本方針と自分の考え方が共通する部分を探すとよいです。
理念、基本方針には必ず患者さんのためにどうするかが書かれていますので、自分の想いとリンクさせると印象がよくなります。

・前の職場のマイナス面を記載していないか。
前の職場の欠点を引き合いに、当院を志望する理由と結びつけるのはNGです。
印象を下げるだけでなく、必ず面接で突っ込まれます。

志望動機の考え方、例文は以下の記事を参考にしてくださいね。

志望動機の例文

○退職理由欄

・上司、同僚との考え方の違い、残業が多いなどの待遇面を記載していないか。
少しでもこれらの記載があると、採用側は当院でも同じなのではないかと気になります。

・前の職場でしっかり働いていたことが分かる理由になっているか。
採用側は退職理由を”自分自身に問題があったのではないか”、”責任感はあるのか”という視点で見ます。
そこに結び付けられないように、しっかり働いていた実績が分かる内容を盛り込むとよいです。
また、仕事内容に不満があったように取られない記載を心がけます。

ポイント

・「チャレンジしたい診療科が前の職場にはない」など、自分自身ではどうにもならない理由をメインにするとよいです。

・退職理由欄がない履歴書にはあえて理由は記載しなくて問題ありません。ただし、面接では必ず聞かれるので準備が必要です。

○本人希望記入欄

・希望の診療科や仕事内容は記載しているか。
この欄には希望の診療科や仕事内容を記載して、志望動機と共にアピールする材料にします。

・給与、待遇面を正直に書いていないか。
どうしても伝えたい条件があれば記載しますが、基本的に給与、待遇面を記載してもプラスにはなりません。

○趣味・特技欄

・読書、映画鑑賞など一言で終わりにしていないか。
一言だけ書くのではなく、読書・映画などであればどんなジャンが好きか、なぜそのジャンルが好きなのかを記載します。
例えば、医療系ジャンルが好きであれば、仕事に直結しますし、採用者側に仕事に対して前向きなイメージを与えることができます。

○性格・長所短所欄

・「明朗」「積極的」などありきたりな言葉だけで記載していないか。
採用者側は業務への適性を見ているので、具体的なエピソードを交えて記載するとよいです。
明朗な性格であれば、その性格ゆえ上司や同僚とどう関わっているのか、積極的な性格であれば、仕事にどう活かしていっているのかを具体的に書くとアピールできます。

ポイント

必ず仕事にどう活かせるのかを記載します。また、短所も裏を返せば長所として見せられますので、
例えば
・「私の短所は”慎重すぎること”ですが、何事にも慎重に取り組み、着実にこなすことができるため、仕事面ではメリットになることもあります。」
・「私の短所は”大雑把な性格”ですが、何事にも動じず前向きに取り組むことができるため、仕事面ではメリットになることもあります。」
こんな感じです。

○健康状態欄

・業務に影響のない事柄を記載していないか。
勤務や業務に支障がある場合は正直に書きますが、特に影響がなければ詳しく書く必要はありません。
問題なければ「良好」や「きわめて良好」と記載します。
「〇年間無欠勤」とアピールしてもよいです。

○通勤時間欄

・最短時間を記載しているか。
通勤費は病院負担になりますので、あまりに遠いとマイナスになる可能性はあります。
遠い場合で採用時には引っ越しの予定がある場合などは、その旨を記載しておくとよいです。

まとめ

面接ではこの履歴書をもとに質問をされることになります。

面接前までに履歴書に記載してあることに対して、自分自身で質問を考えて、その答えを用意するようにしておきます。

くれぐれも履歴書に記載した内容と面接で答える内容がちぐはぐにならないように、しっかり確認しておきましょう。

あなたの転職が満足いくものになるように願っています。

 

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事