転職ノウハウ

転職繰り返す人の特徴|採用のプロが転職を繰り返す人の特徴教えます

転職を繰り返す人の特徴ってなに??
転職を繰り返すとどうなる??

企業の採用担当の私がそんな疑問にお答えします。

転職を繰り返す人の特徴は、以下のとおりです。

しっかりリサーチしないで職場を決める

働き始めて1年以内に転職してしまう

不満が出るたびにすぐ転職する

キャリアプランなしに転職する

明確なキャリアプランを考えずに転職を繰り返すことは、自分の市場価値を下げてしまいます。

採用される確率が下がり、転職するたびに給与やその他の労働条件を下げてしまうことにもなります。

ではどうしたら転職を繰り返さずにすむのか、良い転職と良くない転職の違いはどこにあるのでしょうか。

この記事では、企業の採用部門で働く私が、転職を繰り返す人の特徴と、転職を繰り返すデメリット、良い転職をするにはどうしたらいいかをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職を繰り返す人の特徴

まずはじめに転職を繰り返す人の特徴をご説明します。

(1)しっかりリサーチしないで職場を決める

就職活動や転職活動をするにあたって、職場のリサーチが何よりも大切です。

リサーチせず職場を決めると

もらえると思っていた給与が条件を満たせず貰えなかった。。
やりたい仕事内容ではなかった。。
休みが全く取れない。。
残業が多すぎる。。
通勤がつらすぎる。。

などなど、働き始めてから後悔することになります。

そして解決する方法は転職しかないと考えるようになります。

ここで、満足できる職場を探すためにしっかり求人のリサーチをしてから転職すればよいのですが、早く職場を変えたい一心で転職を急ぐと、また職場選びに失敗します。

この負のループで転職を繰り返すことになります。

私の体験談

私が初めての就職活動をしたときは右も左もわからず、就職サイトで気になる求人があれば説明会を聞きに行って面接に応募していました。

初めて応募した会社は、二次面接まで進んだところで、高齢者を集めて高額な家具や電化製品を売りつけるマルチ商法の会社だとわかって辞退。

2社目に応募した会社に合格し、提示された給与が他の企業より数万高かったこともあり、会社の経営状況や労働環境をほとんどリサーチせずに就職を決めてしまいました。

結果、提示された給与は残業代込みの額で、月の残業は200時間、サービス残業あたりまえで、挙句の果てには経営難で給与は減らされ、社員はメンタル不調でバタバタと倒れていく過酷な職場で7年間働くことになりました。

就職する前に会社のことをしっかりとリサーチしていれば、間違いなく入社しなかったです。

この反省を活かして、転職した際は年単位で計画を進めて、求人のリサーチを徹底的に行いました。

そのおかげで、年収は2倍になり、労働環境も良い職場に転職することができたと言えます。

(2)働き始めて1年以内に転職してしまう

新しい職場で働き始めたのに、1年以内に転職する人は、高い確率で転職を繰り返します。

短い期間で退職することは、確実に次の採用にマイナスになります。

採用担当はすぐに辞めた人を、よっぽどのことがない限り採用したいと思いません。

なかなか採用されないことから、条件の悪い職場へしか転職できず、また転職したくなって転職する、の繰り返しになります。

そして転職を繰り返すたびに採用される確率は下がり、条件の良い企業に転職することが難しくなります。

これも負のループです。

(3)不満が出るたびにすぐ転職する

職場に不満がでてくると、辞めてしまいたいと思うのは誰しもあることです。

良くない転職は、その不満だけを解消するために転職をすることです。

職場選びは様々な労働条件をじっくりリサーチして進めないと失敗します。

不満だけを原動力として転職をする人は、他の労働条件をしっかりチェックせずに転職先を決めてしまうことが多く、転職で不満は解消されても給与が下がってしまったり、労働環境が悪化してしまったりします。

また、不満のない完璧な職場はありません。

どこの職場にも合わない人はいますし、気が進まない業務もあります。

その不満を解消するためだけに転職することは、結局また不満が出てきて、転職を繰り返すことになります。

(4)キャリアプランなしに転職する

転職するにあたって、キャリアプランをたててから進めることが大切です。

転職して何の仕事に携わりたいのか、何歳までにどんなスキルを身につけたいのか、5年後、10年後にどれくらいの収入を得たいのか、キャリアプランを全く考えないで転職先を決めてしまうと、ただただ目的もなく働き、気づいたときには、何のスキルもない、昇給も期待できない、忙しく仕事をするだけの毎日になってしまいます。

具体的に

「○○業務に携わってスキルを磨き、5年後には独立する。」
「この会社で経験を積んで役職を狙う」
「○○歳まで頑張って働いて年収○○万円まて昇給させる」

など、転職することをゴールにせず、その先のプランを大まかにイメージして転職先を選択していくことが大切です。

キャリアプランなしに転職をすると、働いているうちにまた何か不満が出てくるだけで、また転職したくなり、転職を繰り返すループにはまる人も多いので注意したいところです。

転職を繰り返すデメリット

次に転職を繰り返すデメリットをご説明します。

(1)採用されづらくなる

転職を繰り返すと、職場を変えようと転職活動をしても採用されづらくなります。

明確なキャリアアップを目的としてスキルを高めてから転職する場合は、前の職場より良い条件で転職することも可能ですが、目的もなく転職を繰り返す人を採用担当は採用したいと思いません。

採用担当としても転職を繰り返していると、

「何をやっても続かない性格なのかな。。」
「計画性がないのかな。。」
「うちで採用してもすぐ辞めるかな。。」

など、マイナスのイメージしか持ちません。

転職を考えている場合は、最低でも2~3年は働ける職場であることを、事前にしっかりリサーチしてから進めることが大切です。

私の転職活動体験談

私は毎日深夜まで残業で、家に帰って寝るだけ、またすぐに早朝から仕事に行く生活をなんとか脱出したくて、すぐにでも転職したいと毎日思っていました。

しかし、安易に転職してまた辞めたくなったら、もう一度転職することは難しいと考えて、希望の条件を満たす職場が見つかるまで絶対に転職をしないと決めていました。

結局転職するまでに年単位で時間はかかりましたが、業界リサーチや採用を有利にするための資格取得、求人のチェックなどに十分な時間をかけることができ、満足のいく転職をすることができました。

ぜひ転職を焦らず、十分な時間をかけて進めてください。

頑張って探せば必ず良い職場が見つかります。

(2)スキルが身につかない

1年未満などの短いスパンで転職を繰り返している場合は、スキルが身につく前に退職してしまっていると言えます。

最低でも2年~3年は継続して働かないと、他の企業から欲しいと思われるまでスキルを向上させることは難しいでしょう。

採用担当としても、1年未満の職歴は良い評価をしません。

なぜ辞めたのか面接で必ずチェックすることにしています。

その理由が曖昧なものであれば、採用することはありません。

逆に数年かけて具体的なスキルを習得している場合は、そのスキルとキャリアプランを評価して、採用に前向きになります。

採用担当が考える転職を繰り返す回数と採用される確率

転職回数で採用される確率は変わるのか、転職は何回までなら問題ないのか、採用担当の感覚でご説明します。

年齢20代

転職1回目:全く問題ありません
転職2回目:採用するのは少し慎重になります
転職3回目以上:採用はかなり慎重になります

年齢30代

転職1回目:全く問題ありません
転職2回目:問題ありません
転職3回目:採用するのは少し慎重になります
転職4回目以上:採用はかなり慎重になります

年齢40代以上

転職回数は転職の理由が明確であれば問題にしません。

例えば、

1回目:他の業界で仕事がしたくて転職
2回目:キャリアアップを目的に同じ業界の別企業に転職
3回目:経験値を武器にさらに条件のいい企業に転職

こんなかたちでキャリアアップをするために何度か転職をしていても、採用を控えることはしません。

ただし、短期間で辞めている職場があると、採用担当としては退職理由をしっかり確認したくなります。

もし短期間の職歴があるのであれば、採用担当が納得する理由を考えておきましょう。

また、自社で長く働く気があるのかしっかり確認ができなければ、採用には後ろ向きになります。

転職を繰り返す人の末路

キャリアプランなしに短い期間で転職を繰り返した人は、良い条件の企業には採用されにくくなります。

採用されるとしても、

・異常なほど多忙でとにかくすぐに人が欲しい企業

・労働環境が最悪で社員が多数辞めてしまうブラック企業

・他の求職者が選ばない企業

などにしか採用されなくなってしまい、結局また辞めたくなっても採用してくれる企業がない、というループにはまります。

こうなってしまうとなかなか抜け出すのは難しいと言えます。

転職を繰り返さないためにはどうしたらいいか

それでは、転職を繰り返さないためにはどうしたらいいかご説明します。

(1)転職の条件をしっかりと決める

まず転職活動を始める前に、転職するにあたっての条件を、はっきりさせておきましょう。

どんな職場で、どんな仕事をして、年収はどれくらい必要なのか、どんな働き方をしたいのかを明確にします。

膨大な求人情報から転職先を選ぶには、まずはこれを決めておくことが大切です。

転職条件をはっきりさせないまま転職先を決めてしまうと、実際に働き始めてから様々な不満が出てきて、また転職したくなります。

それでは、具体的な方法をご説明します。

・給与が低い
・働きづらい環境
・サービス残業が多い
・休みが取れない
・人間関係が悪い
・通勤が辛い
・別の仕事に興味がある
・別の企業でスキルアップしたい

などなど、まずは転職したい理由から転職するうえでの条件を決めます。

例えば

・年収○○万円以上
・サービス残業は絶対にしない
・残業は50時間/月以内
・休日出勤はしない
・有給休暇は年間13日取得
・通勤は◯◯時間以内
・通勤で満員電車には乗らない
・○○業務に携われること

などなど、あなたが重要視している条件を、転職するにあたっての条件として決めておきます。

そして、この条件の中から、絶対に譲れない条件と、優先順位も決めておきます。

この絶対に譲れない条件をクリアする職場だけを選択肢に入れて転職活動を進めることで、後々転職して後悔することを防ぐことができ、満足のいく転職をすることができ、転職を繰り返すこともなくなります。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、以下の3つの絶対に譲れない条件を決めました。

1、年収500万円以上
2、社畜から卒業(サービス残業、残業200時間/月から脱出)
3、満員電車には乗らない

これを満たせないのであれば、転職しないと決めました。

最終的にはこの条件を全てを満たす職場に転職することができましたが、転職活動の過程では条件の1つもしくは2つを満たす職場がいくつか見つかりました。

でも3つ全てを満たさない職場へ転職すれば、必ず後で後悔して転職したくなると考えました。

なので、「早く転職先を決めてしまって楽になりたい。」とはやる気持ちを抑えて、全ての条件を満たす職場を見つけるために

仮にどれか1つ条件を満たす職場に転職しても、必ず不満や後悔が残ると思ったからです。

自分自身が本当に望むことを全て満たす転職をしなければ、また転職したくなります。

(2)求人情報をできるだけ多く集める努力をする

転職して後悔しないためには、どれだけたくさん求人を集められるかどうかがポイントです。

ネット検索で有名所の企業をいくつか探しただけで転職先を決めてしまったり、求人数の少ない転職サイトだけで転職先を決めてしまうのは、自分に合う良い条件の職場を見つける前に転職先を決めてしまうことになり、また転職したくなることにもつながります。

では、どうやって求人を集めたらよいのか具体的にご説明していきます。

転職エージェントと検索型の転職サイトに登録する

転職エージェントと検索型の転職サイトに登録して、求人を比較します。

転職エージェント、検索型の転職サイトにはそれぞれにメリットがあります。

転職エージェントは希望にあった求人を専門のアドバイザーが選んでくれるため、ピンポイントで質の高い求人を探すことができ、自分でネット検索するのとは比べ物にならないくらい効率的です。

また、一般には公開していない条件の良い非公開求人を紹介してもらうことができ、履歴書や面接のサポートもしてくれます。

次に検索型の転職サイトは、自分で検索しながら求人を探すことができるため、自分のペースで様々な求人を比べることができます。

この2種類の転職サイトをうまく活用することで、網羅的に求人を探すことができます。

求人数はかなり多いので、条件で絞ってじっくり探しましょう。

転職サイトはアドバイザーが求人紹介をしてくれる転職エージェントと、自分で求人を探す検索型の転職サイトがあります。

転職エージェントは、担当のアドバイザーがついて、希望に合う求人を探してくれ、履歴書のチェックや面接対策もお願いできるので、転職に慣れていない人におすすめです。

検索型の転職サイトは、自分で求人を探していくため、気軽に転職をしたい人におすすめです。

どちらかあなたに合うものを利用すれば問題ありませんが、転職エージェントと検索型の転職サイトを両方組み合わせて使うと、より効率よく求人情報を集めることができます。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・明確なキャリアプランを考えずに転職を繰り返すことは、自分の市場価値を下げてしまう

・むやみに転職を繰り返すと採用される確率が下がり、転職するたびに給与やその他の労働条件を下げてしまうことにもなる

・良い転職をするには転職の条件をしっかりと決め、求人情報をできるだけ多く集める努力をする必要がある

転職を繰り返す人の特徴と、転職を繰り返すデメリット、良い転職をするにはどうしたらいいかをご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事