転職ノウハウ

転職回数が多いと採用されない?採用のプロが転職回数が多いと採用されないのか教えます

ナース裕美の夫です。

転職回数が多いと採用されない??
転職回数で採用される確率は変わる??
転職を繰り返すと採用されない??

企業で採用担当をしている私が、そんな疑問にお答えします。

結論、転職回数が多くても、明確なキャリアプランをたてて転職活動をしている場合は、そこまで採用される確率には影響ありません。

しかし、面接で転職理由を質問したときに、理由が不明確だったり、つじつまがあっていない場合は、採用される確率はかなり下がると言えます。

この記事では企業の採用部門で働く私が、転職回数と採用される確率についてご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職回数で採用される確率は変わるのかわかります。

転職回数はどのくらい気にしたらいいかわかります。

転職回数が多くても採用したい人材はどんな人なのかわかります。

この先転職を繰り返さないためにどうしたらいいかわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職回数が多い20代が採用される確率

転職1回目:全く問題ありません

転職2回目:採用するのは少し慎重になります

転職3回目以上:採用はかなり慎重になります。

転職回数が多い30代が採用される確率

転職1回目:全く問題ありません

転職2回目:問題ありません

転職3回目:採用するのは少し慎重になります

転職4回目以上:採用はかなり慎重になります

転職回数が多い40代以上が採用される確率

転職回数は転職の理由が明確であれば問題にしません。

例えば、

1回目:他の業界で仕事がしたくて転職

2回目:キャリアアップを目的に同じ業界の別企業に転職

3回目:経験値を武器にさらに条件のいい企業に転職

こんなかたちでキャリアアップをするために何度か転職をしていても、採用を控えることはしません。

ただし、短期間で辞めている職場があると、採用担当としては退職理由をしっかり確認したくなります。

もし短期間の職歴があるのであれば、採用担当が納得する理由を考えておきましょう。

また、自社で長く働く気があるのかしっかり確認ができなければ、採用には後ろ向きになります。

転職回数はどのくらい気にしたらいいか

転職回数は「実際そこまで気にしなくてもいい」というのが採用担当としての私の考えです。

昨今では、終身雇用の時代は終わったと言ってもよく、副業を認めている企業やヘッドハンティングを積極的に行っている企業も多く、個人のスキル次第では、より良い条件で転職して働くことが可能となってきています。

企業の採用担当としても、世の中の流れに合った働き方を認めて、より良い人材の確保を目的に、従来の採用基準を改める方針になってきています。

なので、転職回数よりも、転職理由が明確で納得できるものか、応募者のスキルや経験が自社に役立つかどうかが重要で、転職回数で不採用にするということは少なくなってきていると言えます。

面接でNGな転職理由

人間関係がうまくいかなかったことを正直に話す

転職理由が曖昧

以前の職場の不満を言う

転職理由について、深堀りして質問すると、それ以上答えられない。または、つじつまがあってない。

こんなところです。

また、採用担当は転職回数があまりにも多い応募者に対しては、面接で転職理由を必ず深堀りします。

理由は、

「採用してもすぐに辞めてしまうのではないだろうか」

「問題を起こして転職したのではないだろうか」

という不安を消したいためです。

なので、

「応募した職場にどうしてもやりたい仕事がある」

「今回は自分に合った働き方ができるため長く働きたい」

など、面接ではどこまでも前向きな表現で最後まで貫くことで、採用担当を安心させることができます。

転職回数が多い20代の対策

20代前半で2回以上転職していると「転職回数が多い」と判断されます。

また、20代後半では3回以上の転職であると「転職回数が多い」ということになります。

しかし、転職回数が多いからと、もう転職ができないのかというと、そうでもありません。

ここからは、転職回数が多い20代の対策をご説明します。

転職の軸を明確に

それぞれの転職の際の退職理由と転職理由に一貫性はありますか?

なんとなく合わないから、という理由で転職を繰り返していませんか?

自分がやりたい仕事、なりたい姿がはっきりしていて、転職の軸が明確になっている20代は、企業の方針や業務内容と自分の将来的なビジョンが合えば採用につながりやすいと言えます。

採用担当からのポイント

採用担当としては、転職回数が多い応募者には面接などで、今回の転職理由、過去の転職理由をしっかり確認します。

その理由が曖昧だったり、深掘りして質問すると答えられなかったりした場合、採用には慎重になります。

「またすぐに辞められたら困る」

「自社の労働条件に満足するのだろうか」

など、不安がよぎるからです。

マイナス評価されないためにも、

「しっかりとした理由があり、計画的に転職をしていること」

「希望の企業では長く働きたい旨」

を根拠も含めて説明できるようにしておきましょう。

また、「前の職場に不満があったから」という転職理由は、例え職場に問題があったとしても、面接で伝えるのは控えておいた方が無難です。

「どうしても○○の仕事に携わりたかった」など、前向きな理由を用意しておくことと、計画的に転職していることを伝えることが大切です。

転職エージェントを利用する

転職活動の進め方を間違えると、転職後にミスマッチが起こる可能性が高く、それが原因で1つの職場に長く勤められないということがあります。

自分のビジョンに合う企業を選ぶことができていますか?

情報収集は徹底していますか?

今まで自己流で転職活動を行った結果、転職を繰り返している場合は、転職エージェントの利用を視野に入れましょう。

転職エージェントに登録すると、担当のアドバイザーが希望条件に合う求人の紹介や、書類作成のサポート、面接対策などを行ってくれます。

また、応募前にアドバイザーが職場の内部情報をリサーチしてくれるため、希望条件と本当に合うのかどうかをチェックすることができます。

転職して短い期間で辞めたくなってしまう原因は、職場との価値観の違いや希望の転職条件とのミスマッチであることがほとんどです。

そのミスマッチを極力防ぐためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職回数が多い30代の対策

30代では転職を経験していない人の方が割合が少なくなります。

30代の平均転職回数は1~2回程度です。

なので、採用担当としては一般的に3~4回以上の転職で、転職回数が多いと感じます。

また、30代では転職回数よりも勤続年数やそこで得た経験値を重要視する企業が多いと言えます。

ここからは、転職回数が多い30代の対策をご説明します。

過去の転職で得た経験を明確にする

採用担当は30代の応募者に対して、転職回数よりも、

「今までのキャリアで得たスキルや経験値」

「転職することで得たもの」

「その得た経験を今後どう活かしていけるのか」

を重視する傾向にあります。

そのため、転職活動の際は、

「自分のスキルや経験の棚卸を確実に行う」

「棚卸したスキル・経験を応募する企業でどう活かしていけるのかを明確にする」

これを行っておきましょう。

企業としては即戦力として活躍できるのかどうか、ということが採用の可否の判断材料になります。

採用担当からのポイント

「転職回数が多いと、採用担当からマイナスに捉えられる」と思いがちですが、アピールのやり方しだいでは採用担当からの評価を上げることもできます。

転職回数が多いということは、それだけ様々な業務に携わった経験があります。

その経験のなかで、様々なスキルや特別なスキルも養われていることでしょう。

採用担当としては、応募者が転職回数が多いことで得た経験をしっかりアピールしてきた場合、

「この応募者はキャリアアップのために計画的に転職しているのだな」

「様々なスキルや経験を持っているから、採用したら社内の活性化につながるかな」

など、マイナス評価どころかプラスの評価をする可能性が高いと言えます。

また、これは私の持論ですが、転職回数が多いことだけで不採用になった場合、その企業は考え方が古く、時代の波に乗れていないため、入職しなくて正解と考えます。

今や転職してキャリアアップするのは当たり前の時代です。

あなたの経験を正当に評価してくれる企業を見つけて転職していきましょう。

転職エージェントの活用

何度も転職をしていると、サポートは必要ないので「転職エージェントを利用する必要はない」と思うかもしれません。

しかし、転職回数が多いからこそ転職エージェントを利用すると良いと言えます。

転職回数が多い分、身についているスキルや経験が多いため、その棚卸の作業も一苦労です。

また、自分では気づいていないスキルや経験があったり、実は高評価されるスキルを見逃している可能性もあるため、客観的に見てくれる第三者が関わることで棚卸がスムーズに進みます。

そして、転職エージェントは、今までの経験を即戦力として評価してくれる企業の求人や、特別なスキルを求めている好条件の求人を紹介してもらうこともできます。

エージェントは企業側が求める人材についても把握しているため、双方にメリットのある提案ができるのです。

転職回数が多すぎる人はどうすれば良いか

ここでは、転職回数が多すぎる人は、転職活動をどう進めていけば良いかご説明します。

計画的にキャリアアップのために転職を繰り返している場合は別として、あまりにも転職回数が多いと、採用選考ではマイナス評価されてしまうことも多いため、次の転職は慎重に行っていきましょう。

自己分析のやり直し

なぜ転職回数が多くなってしまうのか…原因の分析を行います。

前述したとおり自分のやりたい仕事と向いている仕事は異なることがあります。

やりたい仕事にだけ注目していませんか?

やりたい仕事を突き詰めることは大切ですし、仕事のやりがいにもつながります。

ただ、それが自分に向いていない場合は、続けることが辛くなったり、成果を上げられなくなったりと不都合が生じてきます。

その結果転職を繰り返すことになってしまうのです。

まずは、自己分析をやり直してみて、自分に最適な仕事を選択することが大切です。

また、転職を繰り返すことになった原因を分析し、原因を解決できるように取り組んでいくことが必要です。

転職エージェントに相談

なぜ転職回数が増えてしまったのか。

自分がやりたい仕事と向いている仕事は違います。

見当違いの業種・職種に転職していませんか?

早く転職したいからと求人の精査もそこそこに転職を急いでいませんか?

転職回数が増えるということは、何かしら原因があります。

自分では原因が分からないからこそ、転職回数だけが増えていくのです。

転職エージェントを利用すれば、担当のアドバイザーが、「本当に自分に合う仕事」や「転職活動の方向性」についてプロの目で分析をしてくれます。

転職回数が多い場合は、一度転職のプロに相談してみることをおすすめします。

転職回数が多い人の特徴

ここでは、転職回数が多い人の特徴をご説明します。

チャレンジ精神が旺盛/新しいものが好き

転職理由が、

「スキル向上のため」

「様々な経験がしたい」

という前向きなものである場合、未知の領域へのチャレンジ精神が旺盛であり、「経験値を増やすため」という向上心による転職なので、自分の将来的なビジョンがはっきりしていれば転職回数はそれほど問題視されないでしょう。

飽きっぽい

転職する業種や職種に一貫性がない場合、

「飽きっぽい人」

「長期ビジョンがはっきりしていない人」

と判断されてしまいます。

「自分に向いている業種や職種を探そう」と様々な分野に手を出してしまうことで、一貫性が無くなり、結果として経験やスキルがちぐはぐになってしまうことがあります。

自分に向いている業種・職種がはっきりしない場合は、急いで転職を繰り返すのではなく、分析に時間を費やしたり、転職エージェントを利用してキャリア分析をしてもらうことで、余計な転職回数を増やさずに済みます。

短絡的

「仕事に疲れたから辞めたい」

「他の仕事をしてみたい」

など、一時の感情で転職を決めてしまう人も転職回数が多くなりがちです。

この場合、少しでも仕事に不満があったり、仕事で嫌なことがあったりすると、転職を考えてしまいます。

また、「転職をする」という決断が速いのも特徴的です。

転職回数はごまかさなくていい

転職回数が多いと、「少しでも印象を良く見せたい」と転職回数をごまかして申告できないか、と考える人もいます。

しかし、転職回数をごまかす必要はありません。

逆にいうと、ごまかしてもバレます。

そしてバレてしまった時に自分の信用はガタ落ちで、不採用になること間違いありません。

そんなリスクを冒すよりも、正直に申告することをおすすめします。

転職回数をごまかさずに申告して、そんな自分を受け入れてくれる企業を探す方が良いと言えます。

転職回数が多くても採用したい人材

ここでは、「転職回数が多くても採用したい人材」はどんな人なのか、採用担当の視点でご説明します。

自分の経験やスキルを具体的に説明できる人材

今までの仕事の経験や自分の持っているスキルを具体的にアピールできる人材は、面接でもかなり受けが良いと言えます。

さらに昨今で言えばどこの企業もデジタル化を進めていることもあり、ITスキルを持っている人は面接受けが良いですね。

また、業界ですぐに活きる資格をうまくアピールできれば、採用される確率はかなり高まります。

応募した企業で自分のスキルや特性をどう活かせるかを、自分の言葉で具体的にアピールすると評価がよくなります。

はっきり言って自社ですぐに活かせないようなことでも、しっかりとした自己分析ができていて、自分の能力を堂々とアピールしてくる応募者は魅力的です。

求めている人材とマッチ

採用募集をするうえで、どこの企業にも求めている人材があります。

○○の資格を保有している人材がほしい、チームをまとめられるような人材がほしい、困難なプロジェクトを淡々と進めらる人材がほしい、など様々です。

これにマッチした人材が応募してくれば、採用する確率はかなり高いと言えます。

企業によっては、ホームページの募集ページに求めている人材を具体的に記載しているところもありますし、転職エージェントであれば担当のアドバイザーに確認してもらえば把握することができます。

なので、求めている人材と自分自身の経験やスキルがうまくマッチする企業をピンポイントで応募すると、格段に採用される確率も上がりますし、給与などの条件が良い企業にも転職することが可能です。

ぜひ企業の求めている人材を意識して、転職を成功させてくださいね。

この先転職回数を増やさないために

転職回数が採用にマイナスになりづらくなってきてるとはいえ、転職するにはエネルギーもいりますし、できればよい職場で長く働きたいのも史実です。

そこで、ここでは、どうすれば転職を繰り返さなくて済むのかも考えてみたいと思います。

(1)転職だけが職場の不満を解決する方法ではない

誰しも職場の不満は抱えているものです。

人間関係が嫌で転職しても、また新しい職場に合わない人がいる可能性があります。

給与などの待遇が不満で転職しても、前の職場より多忙だったり、残業が多かったりと全てが良くなることは難しいということもあります。

また、転職は労働環境や給与などの条件を悪くしてしてしまうリスクもあるため、今の職場に不満があっても、安易に転職しないことが大切です。

まずは転職せずに不満や問題を解消できるかどうか行動してみましょう。

(2)転職後のミスマッチを防ぐ

転職にはメリットだけではなく、様々なリスクもあります。

転職したら

「できると思っていた仕事をやらせてもらえなかった。。」

「給与が下がってしまった。。」

「異常なほど多忙だった。。」

「パワハラ上司がいた。。」

などなど、様々なリスクを伴います。

転職した後に後悔しないためにも、慎重に希望に合う職場を選びましょう。

転職したあとのミスマッチを防ぐために大事なことは3つ、

「自己分析をしっかり行うこと」

「求人情報をできるだけ多く集めること」

「転職前に希望の職場のリサーチをすること」

です。

まずは自己分析をしっかり行い、自分が理想とする働き方を具体的に確認しましょう。

そのうえでできるだけ多くの求人情報をリサーチして理想の働き方にマッチする職場を選ふことが重要です。

また、転職する前に、希望の企業の経営状況や内部情報をリサーチしておきましょう。

リサーチの方法は、いくつかありますが

求人情報の詳細を採用担当に確認する

職場見学をする

転職サイトのアドバイザーにリサーチを依頼する

などです。

これを行っておくことで、転職してから「こんなはずではなかった。。転職しなければよかった。。」など、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

それでは、それぞれのリサーチの概要をご説明します。

求人情報の詳細を採用担当に確認する

求人情報だけでは給与などの詳細な計算方法や福利厚生を把握することは難しいため、気になる項目に関しては、採用担当に確認します。

例えば、実際に年収はどれくらいもらえるのか、直近のボーナス支給実績、残業時間数、有給休暇の取得率など、重要視している項目は問い合わせをして確認するしましょう。

職場見学をする

求人に応募する前に職場見学をして、社内の雰囲気や業務内容を確認します。

採用担当に職場見学を希望する旨の連絡をして、予定してもらいましょう。

職場見学では、職場の雰囲気が確認できますし、担当者に色々質問することもできます。

希望の働き方ができるかチェックしましょう。

また、ここで担当者とつながりをもって、良い印象を持ってもらえると、採用に有利になることもあるため職場見学はおすすめです。

もし、職場見学を希望しても見学できない企業だった場合、多忙すぎて余裕がないか、採用に前向きではないなどのマイナス要因があるため、応募には慎重になったほうがよいです。

今の時代、企業の職場見学は当たり前です。

転職エージェントのアドバイザーにリサーチを依頼する

転職エージェントは担当のアドバイザーがつきますので、アドバイザーに応募する企業のリサーチをお願いします。

アドバイザーは給与などの条件や職場の雰囲気もリサーチしてくれます。

実際に支給される給与の話などを自分で確認するのは苦手な人におすすめの方法です。

気になることはアドバイザーに全て確認してもらいましょう。

私の転職活動体験談

私は転職を考えたときに、希望の転職条件を満たすことはもちろんのこと、できるだけ長く働ける職場を探すことにも力を入れました。

できるだけ長く働ける職場とは何か、それは自分にとってのストレスができるだけ少ない職場だと考えています。

私のストレスは、サービス残業や超長時間労働の他に、不安定な収入のストレス、残業代のつかない夜中までの接待のストレスなどがありました。

このストレスを受けない業界や職場をじっくり調べて、最初から応募する企業の候補には入れないということを徹底していました。

苦労して良い条件の職場へ転職しても、ストレスが多ければ長続きしません。

ご自身の健康や生活を壊さないためにも、できるだけストレスのない職場選びをしてくださいね。

できるだけ多くの求人情報をリサーチするには

満足する転職をするには、できるだけ多くの求人情報から自分に合う職場を探すことが大切です。

企業のホームページなどで自力で探すのもいいですが、転職サイトの求人を利用しないのはもったいないと言えます。

転職サイトはアドバイザーが求人紹介をしてくれる転職エージェントと、自分で求人を探す検索型の転職サイトがあります。

転職エージェントは、担当のアドバイザーがついて、希望に合う求人を探してくれ、履歴書のチェックなどもしてくれるので、手間が省けます。

転職に慣れていない人におすすめです。

検索型の転職サイトは、自分で求人を探していくため、気軽に転職をしたい人におすすめです。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・明確なキャリアプランをたてて転職している場合は、転職回数はそこまで採用される確率には影響しない

・面接で転職理由を質問したときに、理由が不明確だったり、つじつまがあっていない場合は、転職回数が多いと採用される確率はかなり下がる

・採用担当は、転職回数が多くても、自分の経験やスキルを具体的に説明できる人材は採用したい

転職回数と採用される確率についてご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事