転職ノウハウ

転職後悔理由|採用のプロが転職して後悔する理由教えます

ナース裕美の夫です。

転職して後悔する理由ってなに??
転職したいけど後悔したくない。。
後悔しない転職をするにはどうしたらいい??

企業の採用担当で働いている私が、こんな疑問や悩みにお答えします。

転職で後悔する理由は、以下のとおりです。

転職後に他にもっといい転職先があることがわかって後悔する

転職したら仕事内容が想像と違って後悔する

転職したら給与が下がってしまって後悔する

転職したら労働条件が聞いていた内容と違って後悔する

転職したら予想以上に仕事が大変で後悔する

転職先がブラックな職場で後悔する

私はブラック企業から、希望の条件の職場への転職を成功させ、年収は2倍になり、200時間/月の残業やサービス残業、満員電車の通勤をやめることができました。

転職して後悔するかしないかは、リサーチをどれくらい丁寧に行ったかどうかで決まります。

リサーチを十分にしないで転職することは、顔も性格もわからない人と結婚するのと同じくらい後悔する確率が高いとも言えます。

この記事では、転職して後悔する理由と、どうすれば後悔しない転職ができるのかをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。
『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。
転職にて年収を2倍にした経験がある。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職して後悔する理由

さっそく、転職して後悔する理由をご説明します。

転職活動を始める前にこの特徴を把握しておくことで、実際に転職で後悔することを防ぐことができます。

(1)転職後に他にもっといい転職先があることがわかって後悔する

リサーチ不足で限られた求人情報から転職先を選んでしまったり、急いで転職先を決めてしまったりすると、他にもっと条件の良い転職先があることがわかって後悔することがあります。

他にいい職場が見つかっても、転職したばかりでは再度転職活動することも難しいことが言えます。

(2)転職したら仕事内容が想像と違って後悔する

仕事内容をじっくりリサーチせず転職を決めた場合、

「仕事内容が自分には全く合わなかった。。」
「想像してた仕事内容と違った。。」
「ルーティーンワークばかりでやりがいがない。」
「接待ばかりで辛い。。」

など、毎日の仕事が辛くなってきて後悔することがあります。

私は前の職場にITの仕事がしたくて入社したのですが、実際はITの仕事だけではなく建設現場での力仕事などもやることになりました。

当時はいい経験になると思って頑張りましたが、入社前の想像とは180度違う環境で毎日働くことになったと言えます。

もし、どうしてもやりたくない仕事をすることになった場合、急に辞めるわけにもいきませんし、相当のストレスになりますので、注意が必要です。

(3)転職したら給与が下がってしまって後悔する

様々な問題や悩みを解消するために転職を選ぶことは問題解決の良い手段だと言えますが、給与が前より下がってしまって後悔することがあります。

これは給与の計算が求人情報だけでは分からない複雑なものだったり、ボーナスが毎年変動して予定してた年収に達しなかったりするためです。

また、経営状況の確認をしないまま転職して、会社の経営が傾いてもらえると思っていた給与から大きく減額なんてこともあります。

私が前に勤めていた会社は、入社後3年目で経営状況が厳しくなり、ボーナス年間0円、残業代0円、基本給10分の1カットになったことがありました。(1〜2年続きました)

これも入社前によく調べておけば経営状況が年々厳しくなってきていることがわかったはずです。

転職してから後悔しないように、企業のリサーチは入念に行ってくださいね。

(4)転職したら労働条件が聞いていた内容と違って後悔する

やりたい仕事があって転職したのに、全く関係ない部署に配属されてしまった。。

入社前に残業は少ないと聞いていたのに、実際想像より多かった。。

勤務地が家から近くて転職を決めたのに別の勤務地に配属されてしまった。。

など、いざ働いてみたら予想していた労働条件と違っていたなんてことがあります。

労働条件が予想と違うとプライベートとの両立ができなかかったり、余計なストレスが増えたりと転職してから後悔することがあります。

(5)転職したら予想以上に仕事が大変で後悔する

給与などの条件がとても良いので転職を決めて、いざ働いてみたら予想以上に仕事が忙しく、体力的に厳しいなんてことがあります。

給与などの条件を重視するのは良いことですが、労働環境をよくリサーチしないで転職して、予想以上に仕事が大変で後悔することがあります。

(6)転職先がブラックな職場で後悔する

しっかりとリサーチしないで求人情報だけで転職を決めてしまった場合、転職先はスタッフが足りなくて異常に多忙だったり、サービス残業当たり前、有給休暇が全く取れない、パワハラ上司がいるなんてことがあります。

求人情報の給与などの条件だけで転職先を決めたり、今の職場を辞めたい一心で転職を急いでしまった結果、ブラック職場ということを見抜けなくて、転職してから後悔することがあります。

後悔しない転職をする方法

転職して後悔する理由の全てに共通して言えるのが、転職先のリサーチ不足です。

転職先を

・限られた求人情報から決めてしまった。
・求人情報だけ見て決めてしまった。
・給与が良いことだけで決めてしまった。
・とにかく急いで決めてしまった。

など、自分の希望する働き方とマッチしていない職場に入職してしまうと後悔することになります。

これを防ぐために気をつけることは3点です。

(1)できるだけ多くの求人情報から転職先を決める

求人情報はできるだけ多く集めて、その中から厳選しましょう。

転職サイトに登録して、アドバイザーの力も借りながら、数万件の求人情報の中から自分の条件に合う転職先をじっくり探すことで、「転職後に他にもっといい職場があって後悔する」、「転職したら仕事にやりがいがなくて後悔する」ということを極力防ぐことができます。

転職サイトはアドバイザーが求人紹介をしてくれる転職エージェントと、自分で求人を探す検索型の転職サイトがあります。

転職エージェントは、担当のアドバイザーがついて、希望に合う求人を探してくれ、履歴書のチェックなどもしてくれるので、手間が省けます。

転職に慣れていない人におすすめです。

検索型の転職サイトは、自分で求人を探していくため、気軽に転職をしたい人におすすめです。

どちらかあなたに合うものを利用すれば問題ありませんが、転職エージェントと検索型の転職サイトを両方組み合わせて使うと、より効率よく求人情報を集めることができます。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

(2)求人情報に書かれていない労働条件を確認する

求人情報だけでは詳細な労働条件は確認できません。

例えば求人情報に「月収◯◯万円~」と記載があっても、実際には条件を満たせず、そこまで支給されないことがあったり、賞与について「賞与年2回」と記載があっても、業績次第で支給されないこともあったりと、記載されている情報だけで判断してしまうのは危険です。

なので、採用の担当者に以下の項目を確認します。

・基本給や手当の支給条件や計算方法
・賞与の過去の支給実績
・休暇の取得率
・平均残業時間
・配属予定部署
・配属先の仕事内容

転職サイトに登録している場合は、担当のアドバイザーに調べてもらえますので、必ず利用したいところです。

アドバイザーは分かりづらい求人情報の見方や、求人に記載されていない項目も確認してくれるので、「転職したら予想していた年収より大幅に低くて後悔する」、「転職したら労働条件が聞いていた内容と違って後悔する」ということを極力防ぐこともできます。

(3)転職先を決める前に、職場環境や雰囲気などをリサーチする

求人情報たけで入職を決めずに、職場の仕事内容や労働環境、雰囲気をリサーチするようにしましょう。

方法としては、職場見学をする方法、転職サイトに登録して、担当のアドバイザーに調べてもらう方法があります。

職場見学をすることで、実際に働く職場の雰囲気を肌で感じることができますし、担当者に業務内容を質問することもできます。

また、職場見学をすることで採用選考のプラスになることもありますので、おすすめです。

転職サイトのアドバイザーに確認してもらう場合は、意外な内部情報を知ることができることもあり、入職したあとに「転職したら予想以上に仕事が大変で後悔する」、「転職先がブラックな職場で後悔する」、「転職先が中途入職者に冷たくて後悔する」ということを極力防ぐことができます。

すでに転職したことを後悔している場合

すでに転職して「失敗してしまったな。。」と後悔している場合は、今の職場を辞める前に次の2つのことを考えてみてください。

全てが理想通りの職場はない

転職して働き始めてから見えてくることは多くあります。

「仕事内容が意外と単調でつまらないな。。」
「合わない上司にあたってしまったな。。」
「残業が思ったよりも多いな。。」

不満が出てくることもあります。

でも、どこの職場も同じようなものだったりします。

それが体調を崩すような大きな問題であればすぐに解決するために行動する必要がありますが、今の職場の良い面に目を向けることも大切です。

全てが理想通りの職場はありません。

転職だけが問題や不満を解決する手段ではないとも言えます。

転職サイトのアドバイザーに相談してみる

転職後にどうしても会社を辞めたくなってしまった場合、辞める前に転職サイトのアドバイザーに相談してみましょう。

転職回数をむやみに増やさないためにも、希望に合う職場があるのかどうか、そこに転職できる可能性があるのかどうかを、まずはアドバイザーに確認してみます。

我慢して仕事をしてメンタルや体を壊すよりも、早めに行動して現状を変えることに集中したほうが賢明です。

転職しないで後悔することもある

転職するかどうか迷って、結局転職をしないことに決めても後悔することもあります。

そんな状況をご説明します。

労働環境が変わらない

「労働環境が悪いので転職を考えたけど、引き留めにあった。」

「労働環境を改善する約束で留まったのに変化が見られない。」

そんなことも少なからずあります。

「残業を減らす」

「休日出勤をしなくていい」

「仕事内容を変更する」

など、引き留める際に様々な条件を出されたとしても、実際に変化がなければ、留まった意味がありません。

変化を期待していた分、後悔が大きくなってしまいます。

昇給しない

「もう少し頑張れば昇給するから」

「経験年数が増えれば昇給するだろう」

と昇給を理由に転職しないで留まっても、確実に昇給するかどうかは分かりません。

企業の業績が悪化して昇給しないかもしれません。

思ったほどの昇給がないかもしれません。

何事も、今までの慣例を信じても今後どうなるかは確実ではありません。

収入に不満があり、先の昇給を充てにするのであれば、転職して年収アップする方が現実的です。

職場の人間関係が改善されない

「上司が変わったから」

「苦手な人が辞めたから(異動したから)」

など、スタッフの配置が換わることで人間関係が改善されることは多いです。

しかし、人間関係の改善を希望していたのに、何も変わらなかったら転職しなかったことを後悔してしまいます。

確かに転職先の人間関係が良い保証はありません。

しかし、自分から動かないで後悔するよりも、動いて後悔した方が「自己責任」と割り切れるのではないでしょうか。

転職して人間関係で後悔している時は

前述したように、転職先が必ずしも人間関係の良い職場とは限りません。

転職をした「自己責任」とはいえ後悔はしてしまいます。

どう対処していけばいいのでしょうか。

すぐに良好な人間関係を築けるわけではない

人間関係は複雑です。

職場に自分に合う人ばかりではないでしょう。

苦手な人も必ずいるはずです。

また、転職者は職場の中では新参者です。

元々いた人からすると「どんな人だろう」「自分たちの中に入ってこられるのか」と様子見の時間も必要なのです。

転職してすぐに良好な人間関係を築けるのか、というとそうはいきません。

まずは相手を知ること、自分を知ってもらうことが大切です。

相手を知りもせずに「なんとなく合わなそう」では最初から人間関係を築くのを放棄しているのと一緒です。

まずは「知り合う」という意識を持って接していきましょう。

後悔するのは知り合ってからでも遅くはないのです。

自分が潤滑剤になってみる

転職先の人間関係が元からギスギスしている場合、新参者の自分が間に入ることで円滑にコミュニケーションを測れるようになる可能性も残っています。

直接的でなくても大丈夫です。

職場に何か新しい変化があるだけで関係が変わっていくことはよくあります。

転職者は、明るく挨拶をし、まじめに、前向きに仕事に励んでいればいいのです。

どうしても合わない場合は再転職もあり

自分がどう頑張っても人間関係に改善が見られない、頑張りすぎて心身に不調をきたしそう、なんてこともあるでしょう。

身体を壊してまでその職場で仕事を頑張る必要はありません。

再度転職を考えましょう。

転職回数が増えてしまうのが気になるかもしれませんが、数回の転職は問題ありません。

この場合は転職エージェントを利用し、担当アドバイザーに職場の内部情報などを提供してもらって転職先を決めると、再度人間関係に悩む可能性が低くなります。

転職の後悔で立ち直れない時は

何によって後悔しているのかによっても対処方法は異なります。

それぞれのパターンについてご説明します。

転職しなかったことで後悔

今からでも遅くありません。

転職活動を始めればいいだけです。

動かなかったことで後悔していても前に勧めません。

まずは動いてみて、様々な職場を把握することが大切です。

そうすることで、転職に対して前向きに進める気持ちが芽生えてくるはずです。

転職で後悔

転職してしまったものは仕方ありません。

何に対して後悔しているのかを分析したうえで、

「自分で解決できることなのか」

「部署異動で解決できることなのか」

「もう一度転職する必要があるのか」

をしっかり考えてみましょう。

まずは後悔の原因を把握しないと対処ができません。

原因と解決策が明確になれば、今後の方向性も明確になってきます。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職して後悔するかしないかは、リサーチをどれくらい丁寧に行ったかどうかで決まる

・リサーチを十分にしないで転職することは、顔も性格もわからない人と結婚するのと同じくらい後悔する確率が高い

転職して後悔する理由と、どうすれば後悔しない転職ができるのかをご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事