看護師転職サイトおすすめ

腎臓内科への転職|看護師転職サイトおすすめ3選

腎臓内科の求人が豊富な看護師転職サイト

腎臓内科への転職におすすめの看護師転職サイトってどれ??

腎臓内科の仕事内容が知りたい!

看護師でありキャリアアドバイザーである私と、企業の採用担当の夫がこんな疑問にお答えします。

腎臓内科転職におすすめの看護師転職サイトはこちらです。

サイト名腎臓内科の公開求人数
1看護のお仕事1,000件前後
2ジョブデポ看護師800件前後
3ナースではたらこ200件前後

※求人数は時期によって変動します

看護師転職サイトは様々なものがありますが、腎臓内科の看護師求人の保有数にはかなりの差があると言えます。

そのため、腎臓内科への転職を希望する場合は、上記のように腎臓内科の求人を十分に保有している看護師転職サイトを利用することをおすすめします。

腎臓内科看護師の年収は、基本的に一般の看護師の平均年収と同等ですが、選ぶ施設で変わってくるとも言えます。

例えば、病棟は夜勤手当が加算されるため年収も上がりますが、外来は夜勤がないため、病棟看護師と比べると年収は下がります。

また、クリニックでは施設の経営状態に左右されますが、大体が外来看護師と同等の年収となっています。

このように、転職先によって働き方や給与などの労働条件は様々であるため、しっかり求人を比較することが大切です。

この記事では、腎臓内科の求人が豊富な看護師転職サイトをご紹介するとともに、腎臓内科の求人を探す際の注意点、腎臓内科の仕事内容もご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

★この記事でわかること

腎臓内科の転職におすすめの看護師転職サイトがわかります

腎臓内科の求人を探す際の注意点がわかります

腎臓内科の仕事内容がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

腎臓内科転職におすすめの看護師転職サイト1)看護のお仕事

看護のお仕事

腎臓内科の公開求人数

1,000件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『看護のお仕事』は特に病院やクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトで、腎臓内科の公開求人は1,000件前後です。

求人検索ツールのフリーワードの項目に「腎臓」と入力すると求人を確認することができます。

また、「高給与」などの条件を追加することもでき、検索結果を給与順に並べ替えることも可能です。

『看護のお仕事』の腎臓内科の求人は、日勤のみで年収500万円近い腎臓内科クリニックや年間休日123日の腎・透析専門クリニックなど、プライベートとの両立ができる職場が多く見つかります。

利用者満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

看護のお仕事に登録して求人を探す

腎臓内科転職におすすめの看護師転職サイト2)ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

腎臓内科の公開求人数

800件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ジョブデポ看護師』は、求人数が豊富で、特に大規模病院やクリニックの求人が充実している看護師転職サイトです。

腎臓内科の公開求人数は800件程度で、求人検索ツールの「フリーキーワード検索」で「腎臓」と入力して検索すると、求人の一覧をチェックすることができます。

『ジョブデポ看護師』の腎臓内科の求人は、年収500万円超えで残業少なめ有給消化率100%の透析病院や残業ほとんどなし、年間休日数112日の病院など、アフターファイブや休日の時間を十分に確保できる職場が見つかります。

また、託児所完備の職場もあるため、子育て中の看護師に最適な転職先も探すことができます。

丁寧なサポートを受けたい人におすすめの看護師転職サイトです。

ジョブデポ看護師に登録して求人を探す

腎臓内科転職におすすめの看護師転職サイト3)ナースではたらこ

「ナースではたらこ」写真

腎臓内科の公開求人数

200件前後

※求人数は時期によって変動します

おすすめの理由

『ナースではたらこ』は、特にクリニックの求人が豊富な看護師転職サイトです。

腎臓内科の公開求人数は200件前後です。

求人検索ツールのフリーワード検索で「緩和」と入力すると求人の一覧を確認することができます。

『ナースではたらこ』の腎臓内科の求人は、残業は少なめ年間休日115日、有給取得率90%以上の病院や日勤のみで月収21.2万~37.5万円、賞与年間4か月分のクリニックなど、様々な働き方の職場を選ぶことができます。

顧客満足度が高い転職サイトを利用したい人におすすめです。

他の看護師転職サイトもチェックしたい場合は、看護師転職サイトをランキングにした以下の記事も参考にしてください。

看護師転職サイトで探せる腎臓内科の種類

看護師転職サイトで探せる腎臓内科の種類

クリニック

クリニックで、腎臓内科を専門に診療している施設は少ないです。

「他の内科と共に一般内科として診療している」

「糖尿病内科と一緒に診療している」

「透析クリニックとともに診療している」

など、他の診療科と一緒になっていることがほとんどです。

病棟

腎臓内科の病棟です。

病院内で透析室を保有しているような大規模病院では単独の病棟であることがほとんどです。

中規模・小規模病院では糖尿病内科など、他の内科と合同病棟となっている場合もあります。

外来

腎臓内科の外来です。

外来は腎臓内科単独で診療していることがほとんどです。

看護師転職サイトで探せる腎臓内科看護師の年収事情

看護師転職サイトで探せる腎臓内科看護師の年収事情

腎臓内科看護師の年収は、一般の看護師の平均年収と同等です。

各施設の年収事情をご説明します。

病棟

病棟は夜勤手当が加算されるため年収も上がります。

しかし、腎臓内科看護師に特別な手当はありません。

外来

外来は夜勤がないため、病棟看護師と比べると年収は下がります。

クリニック

クリニックに関しては、看護師の年収は施設の経営状態に左右されます。

しかし、大体が外来看護師と同等の年収となっています。

看護師の平均年収

4,986,200円

(きまって支給する現金給与額344,300円/月、賞与854,600円)

厚生労働省令和3年賃金構造基本統計調査より

看護師転職サイトで探せる腎臓内科看護師の業務は大変なのか

看護師転職サイトで探せる腎臓内科看護師の業務は大変なのか

腎臓内科の業務自体は、基本的な病棟業務・外来業務があれば問題なく遂行できます。

そのため、特別体力的・精神的に大変、という診療科ではないと言えます。

しかし、患者指導が多い診療科でもあるため、指導に自信がない人にとっては大変です。

患者さんの中にはこだわりが強く、なかなか指導が行き届かないこともあります。

繰り返し同じことを指導することに対して、辛いと感じることがあるかもしれません。

看護師転職サイトで探した腎臓内科の求人事例

看護師転職サイトで探した腎臓内科の求人事例

ここでは、看護師転職サイトで探した腎臓内科の求人事例をご紹介します。

転職先選びの参考にしてください。

事例1)腎臓内科クリニック

腎臓病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病の治療を行っている腎臓内科クリニックの求人です。

月収30万円~(手当込み)、賞与年間4か月分です。

仕事内容は一般外来・透析室での看護業務で日勤のみです。

日曜日は固定で休める職場です。

事例2)腎・透析専門クリニック

内科、腎臓内科、人工透析科を診療科とする腎・透析専門クリニックの求人です。

月収24万~34万円(手当込み)です。

仕事内容はクリニック(診療所)の外来における正看護師業務全般で日勤のみです。

年間休日123日と多めです。

事例3)透析治療総合病院

泌尿器科、腎臓内科、循環器内科などを診療科とする透析治療総合病院の求人です。

月収32.2万円~(手当込み)、賞与年間5.2か月分です。

また、準夜勤手当8,000円、深夜勤手当12,000円と高めです。

仕事内容は病棟、透析室、オペ室、外来での看護業務で3交替です。

残業少なめで有給消化率100%の職場です。

0歳~小学6年生まで預かってくれる24時間託児所もあります。

事例4)病院

腎臓病や循環器疾患に強みがあり、透析医療に特化している病院の求人です。

給与

【経験1年モデル】

月収30万円、賞与51万円、年収411万円

【経験4年モデル】

月収31.5万円、賞与55.5万円、年収433万円

【経験6年モデル】

月収32.5万円、賞与58.5万円、年収448万円

【経験15年モデル】

月収36.4万円、賞与70.2万円、年収507万円

仕事内容は病棟、透析室、外来における看護業務全般で2交代です。

残業ほとんどなし、年間休日数112日、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、育児休暇、産前産後休暇もあります。

事例5)療養型病院

腎臓内科、内科、リハビリテーション科を診療科とする療養型病院の求人です。

月収19.5万~35.4万円、賞与年間2回です。

仕事内容は医療療養型病棟での看護業務で2交代です。

残業は少なめ、年間休日115日、有給取得率90%以上の職場です。

事例6)クリニック

人工透析・腎臓内科をメインとしたクリニックの求人です。

月収21.2万~37.5万円、賞与年間4か月分です。

外来、透析室での看護業務で日勤のみです。

年間休日113日、夏期・冬期休暇各4日、誕生日休暇1日もあります。

看護師転職サイトを利用して腎臓内科の仕事をする方法

看護師転職サイトを利用して腎臓内科の仕事をする方法

自分で検索する

看護師転職サイトを利用すると自分で求人の検索が可能です。

希望診療科で「腎臓内科」を選択し、検索をしていきます。

希望診療科を選択できない場合は、フリーワードで「腎臓内科」と入力し検索していきましょう。

腎臓内科の求人を検索すると、透析施設も一緒に掲載されることもあります。

希望診療科の他に、希望の働き方、希望施設、希望労働条件など、詳細条件も確実に選択をして検索をすることで、表示される求人を絞ることができるので効率が良いです。

アドバイザーから紹介してもらう

自分で求人を検索しながらも、担当アドバイザーからの紹介を待ちましょう。

自分で検索できる求人は基本的に公開されている求人のみです。

アドバイザーからは非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような条件の良い求人であることがほとんどです。

好条件の求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないですよね。

また、担当アドバイザーは利用者の希望条件の詳細を把握しています。

希望にぴったりの求人を紹介してもらえるため、入職後のミスマッチを最小限にすることができます。

病院は注意が必要

一般病院に入職する際は注意が必要です。

看護師は、希望診療科に直接採用されたわけではありません。

看護部に所属することになります。

入職時に希望診療科を出すことはできますが、必ずしも希望通りになるとは限りません。

看護師は、スタッフの空きがある診療科へ配属されます。

腎臓内科を希望していても、スタッフは充足していれば配属が難しくなるのです。

他の診療科に配属されても頑張れる。配置転換があるまでは頑張れる。という人でないと、病院勤務は大変です。

腎臓内科の看護師の仕事内容

腎臓内科の看護師の仕事内容

生活指導

腎疾患の患者さんに対し、腎臓の働きや食事制限(カリウム制限、たんぱく制限など)についての指導を行います。

腎疾患患者さんにとって食事療法は重要で、退院後も継続できるよう、確実に指導する必要があります。

また、食事指導と共に、禁煙やアルコール制限、運動の指導なども行います。

患者さんに対する生活指導は、腎臓内科の看護師にとって、とても重要な業務となります。

患者さん一人一人の理解度に合わせて説明方法を工夫していきます。

また、食事療法については、一緒に住む家族にも同様の指導を行っておくことが大切です。

内服管理

腎臓内科は内科疾患のため薬物療法を行うこともあります。

血圧や脂質管理の薬、糖尿病の薬などを管理します。

薬によっては腎機能を悪化させてしまうこともあるため、薬効についてもしっかり理解しておくことが必要です。

また、疾患によってはステロイドを使用するため、ステロイド薬の管理と副作用への対応を行います。

検査説明・案内

腎臓内科で実施する検査は、腎生検やエコー、造影検査など多岐にわたります。

また、血液検査、尿検査は日常的に行われるため、検査漏れがないよう注意します。

検査の説明は医師からも実施しますが、患者さんが理解できたかどうかを確認し、必要であれば再度看護師の方から説明を行います。

シャント管理、指導

人工透析導入患者さんに対して、シャント造設のオリエンテーションを行い、シャント造設後の生活の注意点や管理について指導を行います。

また、入院中の透析患者さんのシャントの管理を行います。

水分出納管理のほか、シャント音やスリルの確認をしていきます。

透析出し

腎臓内科に入院中の患者さんが人工透析をしていることは多いです。

透析のスケジュールに従って透析出しを行います。

その際、透析室の看護師に病棟でのバイタルサインなどを申し送る必要があります。

患者、家族のメンタルケア

腎臓内科は慢性期の病棟のため長期入院、または頻回入院の患者さんが多いのが特徴です。

生活指導の内容を守れずに再入院してくる患者さんもいます。

入院を繰り返すことへの不安、長期入院によるストレスを緩和していくことが大切です。

患者さん・ご家族の話をじっくり聴き、気持ちに寄り添っていきます。

腎臓内科看護師をするメリットデメリット

腎臓内科看護師をするメリットデメリット

メリット

患者指導が得意になる

腎臓内科の看護師として、生活指導や食事指導の場面は多くあります。

「長く疾患と関わっているため自分のなかでのルールが出来上がっている人」

「指導内容が守れずに再入院してくる人」

「指導内容は理解できても行動に移せない人」

など、個性のある各患者さんに合わせた指導が必要となってくるため、指導方法のバリエーションが豊かになっていきます。

この指導能力は他の診療科で働くときにも使える技術となるため、転職する際有利に働きます。

人工透析についての知識を得ることができる

腎臓内科では、透析のためのシャント増設から人工透析導入まで、長期に関わることができます。

透析人口は多いです。

透析専門のクリニックもあります。

腎臓内科の疾患だけではなく、透析についても学べることは自分の強みを増やせるため、転職先の選択肢を広げていくことができます。

糖尿病や膠原病についての知識を得ることができる

腎臓内科に入院する患者さんには糖尿病や膠原病を併発している方が多いため、腎臓疾患だけでなく、それに関連する疾患についても深く学んでいく必要があります。

学ぶ疾患が多岐にわたるため、今後転職をする際、知識が多いことがプラスに働きます。

患者に長期的に関わることができる

腎臓内科は慢性期病棟のため、長期入院や入退院を繰り返している方も多いです。

断続的であっても、1人の患者さんと長期的に関わることができるため、継続した看護を行っていけます。

自分の指導で患者さんが変わっていく様を目の当たりにできるため、やりがいにも繋がります。

残業は少ない

慢性期病棟のため比較的穏やかな診療科です。

状態も安定している方が多いため、業務がスムーズに進み残業は少ない傾向にあります。

プライベートを充実させたい人にはもってこいですね。

ただし、患者さんへの指導が重なると、指導に時間がかかるため残業が発生する可能性もあります。

デメリット

学習することが多い

腎疾患だけでなく糖尿病、膠原病、人工透析などについても学ぶ必要があります。

また、各種指導を行っていくためにも、各疾患に対する食事制限・運動療法・薬物療法など、様々な項目について並行して学んでいく必要があります。

学ぶ項目が多いため、勤務時間内では学びきれないのが事実です。勤務時間だけではなく、プライベートの時間で学習を進めることになります。

給与は平均的

腎臓内科看護師には特別な手当はないため、給与は平均的となります。

腎臓内科看護師に向いている人の特徴

腎臓内科看護師に向いている人の特徴

患者さんとの距離感を上手につかめる人

長期的に患者さんに関わることになるため、上手く距離をはかって付き合っていける技術が必要となります。

また、腎疾患の患者さんは医療者と関わることが多いため、看護師の人となりを見抜く力を持っています。

関わりに心がこもっていないとすぐに見破られてしまいますので、常に患者の立場にたって接していく必要があります。

学ぶことが好きな人

腎臓内科では、腎疾患だけでなく人工透析、糖尿病、膠原病についての知識も必要となってきます。

プライベートの時間も学習に当てることが多くなりがちなので、学ぶことが好きでないと続きません。

患者指導が得意な人

腎臓内科では患者さんに指導する場面が多くあります。

食事制限の指導、運動指導、その他生活指導についてなど、指導内容は多岐にわたります。

患者さん一人一人の理解度・個性に合わせた指導方法を工夫し、制限を守ってもらえるように持っていく必要があります。

患者さんの理解度・個性を把握し、その人に合わせた工夫をして行ける、臨機応変に対応できる人に向いています。

まとめ

・腎臓内科看護師の年収は、一般の看護師の平均年収と同等

・腎臓内科看護師は患者に繰り返し同じことを指導することに対して、辛いと感じることがある

・腎臓内科に転職するには腎臓内科の求人が豊富な看護師転職サイトの利用がおすすめ

腎臓内科の求人に強い看護師転職サイト、求人を探す際の注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事