転職ノウハウ

転職の不安を解消|採用のプロが転職への不安を解消する方法教えます

転職するのが不安。。
転職への不安を解消するにはどうすればいい??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

転職の不安の種類は、以下のとおりです。

条件の良い職場に転職できるか不安

また人間関係で悩むかも…

経験値が足りないかも…

体力的に不安…

また、転職の不安を解消するには、

転職条件を明確にする

情報収集を念入りに

自分を知ることが大切

職場見学をして労働環境を把握する

採用側の目線にたつ

これが大切です。

転職には不安がつきものです。

良い求人が見つかるのかな。。
面接を受けるのが不安。。
不採用になったらどうしよう。。

など、考えれば考えるほど不安になってきます。

でも、今の職場で自分を押し殺して、我慢して働いていくのは肉体的にも精神的にも辛いものです。

転職は悪いものではありません。

不安や悩みはあると思いますが、その気持ちと向き合い、うまく解消して転職活動に臨むことが大切です。

この記事では企業の採用部門で働く私が、転職への不安と解消法をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職への不安とは何かわかります。

転職の不安を解消する方法がわかります。

不安を解消する求人の探し方がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職への不安の種類と解消方法

まずはじめに、転職への不安にはどんなものがあるのかご説明します。

(1)条件の良い職場に転職できるか不安

転職への不安

転職を考えると、条件の良い職場に転職できるか不安になることがあります。

時間のない中頑張って転職活動しても、今より条件の悪い職場だったら意味がありません。

始めての転職の場合、ノウハウもなく、どうやって良い求人を探せばいいのか、採用試験でどうやって自分をアピールすれば良いのかわからず不安だと思います。

不安の解消方法

転職先を選択する際、何を重要視しますか?

給与、職場環境、福利厚生、通勤環境、様々な要件が気になります。

でも、その項目全てが理想通りの職場を見つけることはなかなか難しいと言えます。

なので、まずは転職条件の中から絶対に譲れない条件を絞ります。

そして、その譲れない条件を全て満たす転職先を探していきましょう。

一方、譲れない条件以外については、ある程度妥協してもいい、くらいの気持ちを持つことも大切です。

あまりにも理想が高すぎると、「なかなか転職先がみつからない」なんてことになります。

そうすると焦りも出てきてしまい、結果、理想とは程遠い職場に転職することになってしまうことにもつながります。

まとめると、求人探しは、「ハードルを上げすぎない」でも「譲れない条件は必ずクリアする」これが重要ですね。

具体的な求人の探し方は記事の後半でご説明しますが、求人を検索できる転職サイトや求人を紹介してくれる転職エージェントを効率良く利用すれば、希望に合う求人は見つかります。

また、面接なども複数社応募していく中で、何度も面接を受けていると、ある程度慣れてきて本来の自分をアピールできるようになるでしょう。

面接や履歴書の作成が不安な場合は、転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに対策をお願いしましょう。

転職エージェントは、求人を掲載している企業から報酬を得て運営しているので、利用者登録や求人の紹介、面接対策、履歴書のチェックなど全て無料で対応してくれます。

これを使わないのはもったいないですね。

(2)また人間関係で悩むかも…

転職への不安

転職理由の上位に「人間関係」が挙げられます。

人間関係に悩んで転職を選んでも、

「新しい職場で、また人間関係に悩まされるのでは。。」

と不安に思ってしまいます。

人間関係は実際働いてみないと分からない部分はあります。

相手との相性もあります。

それでも、少しでもその不安を軽減したいのが本音です。

不安の解消方法

職場の関係者の口コミやSNSを利用してみるのも一つの手です。

また、部署異動が可能な規模の大きい企業に転職するのも良いですね。

どこの職場にも合わない人や、トラブルメーカーがいるものです。

そんな人に出会うたびに転職していては身が持ちません。

部署異動可能な職場であれば、人間関係に耐えられなくても、最悪部署異動することで解消できることもあります。

他には、職場の内部事情に詳しい転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに職場の人間関係をリサーチしてもらう方法もあります。

パワハラが横行している職場などは、担当のアドバイザーに内部事情を調査してもらうことで分かることもあるでしょう。

ただ、人との相性まではアドバイザーも調査することはできないので、ある程度は覚悟を決める必要がありますね。

結局は転職した後の自分のあり様が大切です。

硬くなりすぎずに、積極的に挨拶・コミュニケーションを取っていき、信頼関係を築いていこうとする姿勢が重要です。

(3)経験値が足りないかも…

転職への不安

転職後の仕事で、

「自分の経験・スキルが足りなくて通用しないのではないか」

と不安に思う人も少なからずいます。

特に転職を初めてする人に多い不安です。

不安の解消方法

確かに職場によって求められる知識・スキルは異なりますが、重要なのは自分の経験・スキルをしっかりと把握し、それを評価してくれる職場を探して、転職活動を進めることです。

そうすることで自分のスキルを十分に活かして仕事ができる職場へ転職することができます。

私が30歳で転職したときは、全く経験のない業界への転職でしたが、前職で身につけたSEとしてのITスキルを活かせる職場を選んで転職しました。

その結果、入職後は新しく覚えることも相当ありましたが、自分の持っているスキルを活かしてこなせる仕事も多くあったので、精神的に余裕がありました。

また、給与の面でも、経験値を上乗せした給与水準にしてもらえたので、未経験者として転職するよりメリットも大きかったと言えます。

他には転職先を選ぶときに「中途入職者に対する教育制度が整っているところを探す」というのもいいですね。

教育制度が整っている職場は、企業の採用ページや転職サイトの求人情報欄に、未経験者歓迎や教育体制完備などの記載があるので参考にしてみてください。

(4)体力的に不安…

転職への不安

加齢により体力の低下を感じていたり、持病を持っていたりするとやっていけるか不安になります。

「転職して残業や休日出勤ばかりだったらやっていけるかな。。」

「常に多忙な職場だったら耐えられるかわからない。。」

こんな不安を持ちながら転職するのは避けたいものです。

不安の解消方法

そんな時は転職条件をしっかり設定して求人を探していきましょう。

「体力仕事はなくデスクワークのみ」、「残業や休日出勤のない職場」など、探せばいくらでもあります。

今までの経験値やスキルがあれば、それを活かして転職することで自分の希望の条件の職場へ転職することは、そこまで難しくありません。

視野を広げて自分の働き方に合う転職先を見つけてみるのもいいですね。

そうすることで不安も和らいでいきます。

不安を解消する転職活動の進め方

不安を解消するための転職活動の進め方

ここでは、不安を解消する転職活動の進め方をご説明します。

(1)転職条件を明確にする

転職条件を明確にして転職活動を進めることで、転職に失敗する可能性を下げることができます。

「転職条件を満たす職場以外は応募しない、入職しない」、これを徹底すれば大きな失敗はなくなるからです。

逆に転職に失敗する人は、思うように良い求人が見つからなかったり、不採用が続いたりすると、当初の転職条件を妥協して求人探しをしてしまったりします。

良い転職先が見つかるかどうか不安な気持ちがあるのであれば、転職条件を明確にして、途中で妥協しないことが大切です。

(2)情報収集を念入りに

転職への不安を無くすには転職先の情報をしっかり集めることが大切です。

転職への不安は、未知の職場への不安が原因です。

自分が不安に思う項目は、納得できるまで徹底的に調べましょう。

企業のホームページはもちろん、大手の企業であれば口コミのサイトもあります。

また、転職サイトの記載情報や転職サイトのアドバイザーに職場の情報をリサーチしてもらうこともできます。

しっかり情報を集めて、自分の転職条件と合致するかどうか、また、不安要素はないかどうかを確実に確認してから転職を決めることが大切です。

(3)自分を知ることが大切

自分の今持っている知識・スキルなどの能力とともに不安に思うことを正しく把握しましょう。

そうすることで自分が転職先に提供できる能力をはっきりさせることができ、転職先選びもスムーズに進めることができます。

また、面接の際の自己アピールにもつなげることができます。

自分の能力と同時に、転職するうえで譲れない条件についての分析も行います。

この分析はとても重要です。

ここを疎かにしてしまうと、転職先とのミスマッチを起こして、転職後に後悔することにもなります。

「本当に自分の望むことはなにか」、「不安に思うことなにか」正しく見極めましょう。

(4)職場見学をして労働環境を把握する

職場見学をすることで、実際に自分の目で職場の雰囲気や労働環境を確認することができるので、入職希望の職場は見学しておくことをおすすめします。

見学時には職場の担当者とも話ができるので、不安に思っていることは遠慮せずに聞いてみましょう。

職場見学は、企業のホームページで随時募集していることもありますし、募集していなくても採用担当に連絡すれば、快く見学させてもらえます。

転職サイトに登録しているのであれば、担当のアドバイザーに見学を調整してもらいましょう。

採用担当からのポイント

採用担当としても、入職前に不安に思うことは、どんどん質問してほしいと考えています。

入職した後で、「こんな職場とは思わなかったので辞めます。」というスタッフがいると、人事の計画も狂ってしまいますし、不安要素は早く解消してもらって、気持ちよく入職して働いてほしいからです。

なので、不安がある場合には、電話で問い合わせてもらっても構わないですし、職場見学を希望してもらっても問題ありません。

遠慮せず採用担当に確認してみてくださいね。

(5)採用側の目線にたつ

転職活動をしていてなかなか内定がもらえないと、

「自分に価値がないのでは」

「もう転職は無理かも」

と不安になってしまいます。

まずは採用側が何を望んでいるのかを考えてみましょう。

「採用側はどんな人材がほしいのか」

「どんなスキルを必要としているのか」

「自分に足りないスキルを補うためにどうするか」

「そもそも採用側なら自分をどう評価するか」

などです。

転職は採用側と求職者側のニーズがマッチすることで内定につながります。

自分のニーズが満たされるだけではダメなのです。

しっかりと採用側のニーズも考慮しながら、自分を見つめ直してみることも大切です。

不安を解消する求人の探し方

不安を解消する求人の探し方

転職への不安をなくすには、自分の希望にあう条件の求人情報をできるだけ多く集めることが大切です。

希望に合う求人の選択肢が複数あれば、

「転職したあとに労働条件が悪かったらどうしよう。。」

「内定がもらえなかったらどうしよう。。」

という不安も軽減できるはずです。

逆に、少ない求人情報の中から応募先を選んでしまったり、入職先を決めてしまった場合、

「本当に転職してもいいのかな。。」と不安がでてきてしまったり、「希望の条件を満たしていない職場に転職することになってしまった。。」など、良いことは一つもありません。

なので、求人探しには時間をたっぷりかけて転職活動を進めていきましょう。

具体的な求人探しの方法をご説明します。

(1)多くの求人から選ぶ

求人を探す際には、まずは業界大手の企業のホームページで求人をいくつかチェックして、給与などの労働条件の相場を把握します。

その後、転職サイトに登録して希望の転職条件に合う企業を探します。

転職サイトはアドバイザーが自分のスキルを評価してくれる企業をピンポイントで紹介してくれるので、自分でリサーチする手間が省けます。

また、転職サイトは一般には公開されていない、条件の良い非公開求人を保有しているので、必ずチェックしておきます。

転職サイトは無料で利用できるので、賢く使って良い職場を見つけましょう。

(2)転職サイトは利用者満足度で選びたい

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

20代の転職の不安とは

20代の転職の不安にはどういうものがあるのか、ご説明します。

強みがない

20代は社会人としてまだまだ若手で、経験値も少なく「アピールする強みがない」と言う不安があります。

しかし、転職市場においては20代でも「自分の強み」をしっかりアピールしていくことが必要となります。

社会人経験が浅い中で、

「自分の強みをアピールすることが難しい」

「アピールできることがなくて不安」

と考える人は多いです。

しかし、それは20代の転職者であれば皆同じです。

「学生のうちに身につけた強み」や「社会人として経験したことから身につけた強み」は必ずあります。

しっかりと自己分析を進め、自分では気づいていない強みを見つけることで不安の解消ができるでしょう。

採用担当からのポイント

20代は仕事の経験値そのものよりも、今まで働くなかで、

「自分はどう考えて、どんな働き方をしてきたか」

「これからどう成長していきたいのか」

このあたりをアピールしていくと良いですね。

採用担当としては、20代に対して「これからの成長の伸びしろ」を期待しています。

また、どんな考えをもって仕事をするのかも気になるところです。

仕事に対して前向きに取り組む姿勢があり、自分のキャリアプランも明確にしている応募者には、間違いなく高評価することでしょう。

希望の仕事ができるか

せっかく転職したのに「希望とは違う仕事をすることになったらどうしよう」という不安があります。

「希望する部署があったが、経験が浅いから違う部署になってしまった」なんてことも無きにしも非ずです。

これは20代に関わらず、誰しも持っている不安でもあります。

希望の企業に転職できたのならば、初めは違う部署であったとしても、経験を積む中で部署異動などでやりたい仕事ができるようになる可能性も高いと言えます。

なので、あまり仕事の幅を限定するのではなく、様々な仕事を経験していきながら、最終的には希望の仕事に携われるように、長い目でキャリアを積んでいくことが大切です。

新しいの仕事への適性

前述の「希望の仕事ができるのか」の不安とともに、「新しい仕事は自分に向いているのか」と不安を持つことがあります。

20代の転職では異業種や異職種への転職を希望する割合も多く、経験したことのない新しい仕事への不安は多いと言えます。

20代で若いからこその、新しいことへ適応する柔軟性と、将来的なポテンシャルから異業種・異職種転職もそこまで難しくありません。

しかし、希望する業種・職種が自分に合っているかどうかは働いてみないと分からない部分でもあります。

そこを不安に思う人が多いようです。

採用担当からのポイント

仕事の向き不向きは多少あるにしても、どんな仕事もある程度の期間前向きに取り組むことで、難なくこなせるようになります。

また、20代であれば先輩スタッフに遠慮なく質問して教えてもらうこともできますし、相談できる同僚もいることでしょう。

仕事は1人でするものではないので、周りのスタッフと協力しながら一つ一つ進めていけば問題ありません。

30代の転職の不安とは

30代の転職の不安にはどういうものがあるのか、ご説明します。

マネジメント経験が少ない

30代の転職者にはマネジメント力を求められるケースが多いと言えます。

しかし、前職でマネジメントの経験が少なかったりすると、自分の強みとしてマネジメント力をアピールできないのではないか、と不安になることもあります。

しかし、明確なマネジメント経験がないとしても、30代は日々の業務の中で自然とマネジメントを行っていることも多くあります。

また、マネジメントにこだわらず、それに代わるアピールポイントを見つけていけばいいだけの話です。

自分のスキルや経験の棚卸を確実に行い、自分のなかでのアピールポイントをはっきりさせていきましょう。

年収が下がってしまうのではないか

30代になるとある程度昇給もしているため、転職により年収が下がることを不安に思う人もいるでしょう。

しかし、転職経験者の3分の2の人は年収が変わらないか上がっています。

確かに年収が下がることもありますが、求人を探す際の情報収集を確実に行っていくことで年収が下がることを避けることができます。

また、年収が上がったからと言って転職満足度が高いかというと、そうでもありません。

年収が下がったとしても、

「自分がやりたい仕事ができる」

「ノルマが下がって仕事を楽しいと思えるようになった」

「体が楽になった」

など、転職に満足している人は多くいます。

自分が転職をすることで何を望むのか、という部分を明確にしておくことで、転職満足度を上げることができます。

40代の転職の不安とは

40代の転職の不安にはどういうものがあるのか、ご説明します。

転職自体が難しいのではないか

40代の転職で一番に不安に思いやすいのが「転職先が見つかるのか?」というものです。

一般的にも40代の転職は難しいと考えられがちです。

しかし、求人の探し方のコツを知れば40代の転職も難しくありません。

40代になると管理職としての役割を持つ人もいるでしょう。

そんな人は管理職向けの求人を探すことのできる転職サイトを利用したり、スカウト機能を利用すると求人が探しやすいと言えます。

また、転職エージェントを利用して、40代の経験値を求めている企業の求人をピンポイントで紹介してもらうと、効率良く転職することもできます。

人間関係に不安

40代の転職で、管理職転職ではなく一般の転職になると、面接官や上司が年下、なんてことも珍しくありません。

今までの社会人経験があるのに、年下の指示で仕事をすることに不安を感じる人もいるようです。

年齢的にも社会人経験的にも自分の方が先輩であっても、新しい場所では新人です。

謙虚に仕事に取組み、年下であっても前向きに教えを乞う姿勢でいけば問題ありません。

時間が経てば人間関係も構築され、そんな不安も解消されていきます。

年収が下がるのではないか

これは30代の不安と同様です。

40代では家族を養っている人の割合も高くなるため切実な問題ですよね。

年収をある程度確保するためにも「年収の最低ライン」をしっかりと把握しておく必要があります。

その最低ラインを切らないような求人を探していくことで、この不安はある程度解消することができます。

転職できるか不安でしかたない時は

最後に、転職できるか不安でしかたない時の対処法をご説明します。

休む

転職活動を進める中で漠然と「転職できるのかな」と不安になることがあります。

そんな時は逆に数日転職活動を休んでみるのもいいかもしれません。

現職での仕事と転職活動を同時進行で行っている場合、心身ともに疲労が溜まります。

特に心が疲れてしまうと思考がマイナスに傾いてしまいます。

思い切って転職活動を一切考えない日を作ってみましょう。

好きなことをして心身ともにリフレッシュしてみます。

そうすることで、モチベーションを回復させることができます。

転職活動の日と休む日、メリハリをつけていくことで、おのずと転職活動の効率も良くなっていくこと間違いありません。

第三者に相談する

転職活動は孤独で不安がつのります。

一人で考えていても不安は解消されません。

誰かに相談することで不安を表出し、昇華していきましょう。

相談する人は家族でも友人でも良いです。

転職エージェントを利用している人は担当アドバイザーに相談するのも良いでしょう。

自分の心の内を第三者に話すことで、自分の心を整理することができるため、何に対して不安に思っているのかも明確にすることができます。

不安の原因が分かれば解決策も見つかるものです。

1人で悩まず、第三者の力も借りて、転職を成功させましょう。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

まとめ

・転職に際して不安はつきもの。みんな不安に思っている。自分だけではない。

・希望の職場が探せるか、人間関係、自分のスキルへの不安が多い。

・求人を探すには情報収集が重要。上手に転職サイトを利用する。

看護師の転職への不安と解消法をご説明しました。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

企業情報

D-U-N-S® Number:680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事