転職ノウハウ

転職年収下がる|採用のプロが転職で年収下がる理由と対策教えます

転職すると年収は下がる??
転職で年収が下がる理由ってなに??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

転職で年収を下げてしまう人は全体の3割ほどです。

転職で年収が下がってしまうのは、

「限られた求人情報から転職先を選んでしまった」

「求人情報だけで転職先を選んでしまった」

これが主な理由です。

この記事では、転職で年収を2倍にした経験のある私が、転職して年収が下がる理由と対策、転職で年収を下げないポイントをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職で年収が下がる理由と対策がわかります。

転職で年収を下げないポイントが分かります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

 

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

年収を上げるための転職サイト選び

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職で年収が下がる割合

転職で給料が下がる人と上がる人がいる

転職で年収が下がる割合はどのくらいか?

結論、転職で年収が下がる人の割合は40.1%です。

厚生労働省の雇用動向調査結果を見ると、

転職をして

給与が上がった人は39.0%

給与が下がった人は40.1%

給与変わらずの人は20.2%

と、年収が上がった人と下がった人がほぼ同じ割合でいることが分かります。
(参照リンク:厚生労働省 転職者実態調査

あなたはどのくらい年収を重視しますか?

私はその他の労働環境も大切ですが、年収は1番重視する項目です。

なので、私が転職した時は、目標の年収ラインを決めて、それ以上の職場のみを転職の選択肢にしていました。

そして結果は、目標ラインの年収を超えて、元の年収の2倍にすることができました。

転職活動は工夫して進めることで年収を上げたり、年収を下げずに労働環境を改善できます。

転職で年収が下がる理由

ここからは、転職で年収が下がる理由を詳しくご説明します。

この理由を理解しながら転職活動をするのとしないのとでは、大きな差が出ます。

年収を下げないようにチェックしてみてくださいね。

(1)限られた求人情報の中から転職先を選んでしまう

さっそく転職で年収が下がる理由をご説明します。

転職で年収が下がる理由の一つに「限られた求人情報の中から転職先を選んでしまう」ことがあります。

ネット検索だけで求人を探して、限られた選択肢の中から転職先を選んだ場合、転職することで年収が下がってしまうことがあります。

同じ業種でも転職先によって年収はピンキリです。

なので、大手の転職サイトを利用して、できるだけ多くの求人から転職先を選びましょう。

また、転職エージェントは、一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、それも含めて探すことをおすすめします。

体験談

私が初めて就職活動したときは、求人サイトで少し求人を探して、気になる企業に2社応募して採用内定したので、労働条件も気にせず入社してしまいました。

結果、入社した企業は年収300万で休みもなく働き、残業代もまともに出ないブラック企業でした。

これは、少ない求人情報から就職先を決めてしまった当然の結果と言えます。

この何も考えない就職活動で、20代の7年間、プライベートの時間もほとんど取れず働き、毎日お金の心配をする辛い日々を送ることになりました。

転職活動はその後の人生を変えてしまいます。

ぜひ、私と同じ失敗だけはしないように、十分に求人をリサーチして転職先を決めてくださいね。

(2)求人情報だけで転職先を決めてしまう

転職で年収が下がる理由の一つに「求人情報だけで転職先を決めてしまう」ことがあります。

求人情報だけで転職先を決めた場合、以下のような失敗をする可能性があります。

記載されていた給与が実際には支給条件を満たせずもらえなかった

経営状態が悪くてボーナスがもらえなかった

月給が前職と同じだったので転職したら、ボーナスの額が低くて年収が下がってしまった

転職前に聞いていた年収目安は、残業代込みの額だった

これは給与の計算が求人情報だけでは分からない複雑なものだったり、ボーナスの実績値などを確認しないまま転職を決めた結果です。

こうならないためにも、まずは前職の給与の計算方法や明細をしっかり把握して、求人情報と比べましょう。

また、求人情報だけではわからない部分もあるので、転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに求人情報のチェックと転職先の内部情報を調べてもらいましょう。

そうすることで年収などの条件に納得したうえで入職を決めることができます。

体験談

私は前述の通りブラック企業に就職してしまいましたが、求人情報だけでなく内部情報も調べて就職活動をしていれば、間違いなくブラック企業には就職しませんでした。

当たり前ですよね。

当時は内部情報を調べるという知識もなく、「とりあえず働いてみなければわからない」という浅はかな考えが、就職に失敗した理由の一つです。

転職先を決める際には、必ず求人情報だけでなく、転職エージェントのアドバイザーなどに内部情報を調べてもらってください。

面倒でもこれを行うだけで、年収を下げてしまったり、条件の悪い企業に転職せずに済みます。

転職して後悔しないように、職場のリサーチは十分におこなってくださいね。

(3)福利厚生を考えずに転職してしまう

転職で年収を下げてしまう理由で、意外と盲点なのが福利厚生です。

選ぶ企業によって住居手当や家族手当など、基本給以外の手当に差が付きます。

私の職場も家族手当や住居手当などの手当が年間数十万支給されています。

これがあるとないでは年収や生涯年収が大きく変わってきます。

現在の職場の給与制度を福利厚生含めてしっかり把握したうえで転職活動を始めましょう。

私の勤めている職場は家族手当が月3万円、住居手当が1.5万円つくので、それだけで年間50万円です。

また、妻の以前の職場は住居手当が月5万円も支給されていました。

各種手当は年間にするとかなりの額になるので、転職する前に支給条件も含めて確認したいですね。

(4)大手企業から中小企業へ転職する

転職で年収が下がる理由の一つに「大手企業から中小企業へ転職する」ことがあります。

全ての中小企業が当てはまるとは言えませんが、大手企業から中小企業への転職は、年収が下がる可能性が高いです。

求人情報の基本給があまり変わらなくても、ボーナスや各種手当、福利厚生で大きな差がついてしまうこともあり、また、昇給しなかったり、退職金制度がなかったりと、生涯賃金にも影響してきます。

「どうしてもやりたい仕事があり、それが中小企業でしかできない」など、特別な思いがある場合は別として、年収や労働条件を下げてまで転職するのはリスクが高すぎます。

現在大手企業に勤めているのであれば、そのネームバリューと自分自身のスキルを十分にアピールしながら転職活動をすれば、高確率で条件の良い企業に転職することができます。

良い条件の転職先が見つからなければ、転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに相談しましょう。

あなたのキャリアに合った転職先を探してくれます。

その際も、労働条件の妥協はせず、ご自身の価値に見合った条件の転職先を見つけるようにしてくださいね。

頑張って探せば良い条件の転職先は見つかります。

焦りは禁物です。

(5)未経験の業界に転職する

転職で年収が下がる理由の一つに「未経験の業界に転職する」ことがあります。

未経験の業界に転職する場合、その業界で求められているスキルを持っていなければ、年収は下がる可能性が高いと言えます。

ただし、転職時に一時的に年収が下がっても、その後の昇給が期待できるのであれば、最終的に得られる生涯年収で考えてみてもいいですね。

また、いくら優秀な人でも業界自体の景気が悪いと、転職して年収を上げるのは難しいこともあるため、転職する業界は慎重に決めていきましょう。

(6)高年齢で転職する

転職で年収が下がる理由の一つに「高年齢で転職する」ことがあります。

ある程度の年齢で役職がついている人が転職する場合、求人をうまく選別しないと給与を下げてしまう可能性が高まります。

まずは、これまで働いてきたスキル、経験をしっかり評価してくれる企業だけを転職の選択肢とします。

転職サイトの求人も探せば役職付きの求人もあるので、チェックしてみましょう。

また、業界に長くいれば人脈を活かして同業界の他の企業に自分を売り込んでもいいですね。

実際転職希望があることがわかると、引き抜きの話がいくつもくることもあります。

経験豊富な人材はすぐにでも採用したいと思っている企業は意外と多いものです。

採用担当からのポイント

採用担当をしていると、高年齢で経験もあるのに新卒と同じ条件の求人に応募してくる人がけっこういて、「経験者採用や役職採用の求人に応募すれば、もっと好条件で転職出るのにもったいないな。。」と思うときがあります。

今まで働いて得たスキルや経験を評価してくれる企業はけっこうあるので、求人を探す際に少し工夫するだけで、有利に転職活動を進めることができます。

具体的には、転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに自分の能力や経験値を評価してくれる企業を探してもらいましょう。

また、検索型の転職サイトで自分で求人を探したい場合は、リクナビNEXTであれば、「管理職・マネジメント経験歓迎」、「社会人経験10年以上歓迎」などの条件検索で求人を探せます。

ぜひご自身を安売りせず、正当な評価をしてくれる転職先を探しましょう。

転職で年収を下げずに、むしろ上げていくポイント

ここからは、転職で年収を下げずに、上げていくポイントをご説明します。

上述の「転職で年収が下がる理由」とともに、このポイントも押さえて転職活動をすることで、年収を上げていくことも可能です。

転職にて年収を2倍にした私も、このポイントを押さえて転職活動をしています。

(1)転職の条件をしっかり決める

転職するうえで、転職の条件をしっかり決めて進めることが大前提となります。

求人を探し始めると様々な条件の職場を取捨選択していかなければなりません。

ここもいいな、あれもいいなと迷っていると、当然ながら情報の波にのまれて正しい判断ができなくなり、年収を下げてしまったり、労働環境の悪い職場に転職してしまう可能性が高まります。

また、重視するのは年収なのか、仕事内容なのか、労働環境なのか、それぞれの条件の優先順位を決めていないと、良い求人を探すことができません。

なので、必ず転職の条件を具体的に決めておきましょう。

例えば

年収○○万円以上

サービス残業は絶対にしない

残業は50時間/月以内

休日出勤はしない

有給休暇は年間13日取得

通勤は◯◯時間以内

通勤で満員電車には乗らない

○○業務に携われること

など、優先順位も含めて転職の条件をまずは整理しておきます。

これを決めておけば、求人を1つ1つ吟味する時間も早くなり、また、自分には結局合わない求人の検討時間を削減することができます。

(2)求人情報をたくさん集める努力をする

転職で年収を下げないためには、どれだけたくさん求人を集められるかどうかがポイントです。

ネット検索で有名所の企業をいくつか探しただけで転職先を決めてしまったり、求人数の少ない転職サイトだけで転職先を決めてしまうのは、良い条件の職場を全て見ないで転職先を決めてしまうことになり、本当にもったいないと言えます。

では、どうやって求人を集めたらよいのか具体的にご説明していきます。

①企業のホームページをチェックする

希望の業界が決まっていれば、業界大手の企業のホームページをまずは確認します。

複数の企業の採用ページで給与や労働条件をチェックして、給与の相場などをチェックしておきます。

また、企業のホームページには、その企業の特色や力を入れている業務、求めている人材などが掲載されています。

面接などの対策になるので、よく読み込んでおくと良いですね。

希望の企業があれば応募の準備をしておきましょう。

②転職サイトで求人を集める

次に転職サイトで求人情報を集めます。

転職サイトは膨大な数の求人のなかから希望の条件で探すことができるので、ネット検索で求人を探すより効率が良いと言えます。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックするようにしたいですね。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

(3)業績を伸ばしている企業を選ぶ

年収を下げないために、業績を伸ばしている企業や経営状況が良い企業を転職の選択肢に入れることが大切です。

いくら優秀な人でも経営状況が悪い企業では満足いく年収は得られません。

企業のホームページで、過去数年の収益や純利益をチェックして、経営がうまくいっているか必ず確認します。

調べ方がよくわからない場合は、転職エージェントのアドバイザーに確認してもらっても良いです。

意外と経営状況のチェックをしないで転職して後悔する人が多いので、ぜひ行ってくださいね。

私の経験談

私は新卒で就職活動をしていた時に、全く経営状況などを調べず企業を選んでいました。

「とにかくやりたい仕事ができればいい」と仕事内容だけで就職先を選んだ結果、入社したのは経営状況が非常に苦しい企業でした。

年収は300万、ボーナスは5万円、残業代もまともに支給されず、どんなに頑張って仕事をこなしても年収は何年も上がりませんでした。

結局7年間まともに昇給もせず、経営状況は悪いままで、転職を決意することになりました。

転職活動では、まず業界自体が上昇している、もしくは安定していることを条件として求人をリサーチし、経営状況の良い企業のみ応募する戦略を取りました。

その結果、転職にて年収を2倍にすることができました。

また、その後10年以上毎年昇給しています。

業界自体の景気や企業の経営状況は、自分の力ではどうしようもなく、どんなに頑張っても満足いく年収は得られない可能性が高いと言えます。

転職する際に覚えておいて頂きたいポイントです。

未経験の転職は年収が下がるのか

未経験の転職は年収が下がるのか?

結論、「未経験の転職で年収は下がる」とは言い切れません。

確かに未経験の転職では、今まで培ってきてスキルや経験が活かせない可能性は高くなります。

全くの新人となるため、経験がある人に比べて年収が低く設定されるのは仕方ありません。

しかし、未経験の業界への転職でも、

「中小企業から大手企業への転職」

「スキルや経験が何らかの形で活かせる転職」

などの場合は、年収が上がる可能性があります。

採用担当からのポイント

未経験の業界に転職する場合でも、自分の持っているスキルや経験を評価してくれる企業であれば、年収を上げることが可能です。

企業が求めているスキルや経験は、企業のホームページに記載されている場合もありますし、記載されていない場合は転職サイトのアドバイザーに調べてもらうのが1番早いです。

求人を念入りにリサーチすることで、自分の持っているスキルや経験とうまくマッチする企業が必ず見つかります。

私は元々IT業界でシステムエンジニアをしていましたが、IT業界とは全く関係のない未経験の業界に転職して、年収を2倍することができました。

これは、自分のITスキルを高く評価してくれる企業を選んで転職活動をした結果です。

未経験の業界にチャレンジする際は、ぜひ持っているスキル、経験をうまく活用して転職活動をしてくださいね。

転職で年収が下がる20代

ここでは、転職で年収が下がる20代の特徴をご説明します。

求人精査が甘い

転職で年収が下がる20代の特徴は、求人の精査が甘いということがあげられます。

求人票に記載されている情報は「最低限」の情報です。

年収が記載されていても、各種手当やインセンティブを含んだ最高値の可能性もあります。

年収の最低ラインはどれほどなのか?

このような視点が必要になってきます。

転職で年収を下げないようにするには、まずは情報収集を怠らないようにすることが大切です。

採用担当からのポイント

20代でも今まで仕事をしてきたなかで得た経験やスキルがあります。

その経験やスキルが企業が欲しがる貴重なものである可能性もあります。

それに気づかず、自分を高評価してくれる企業に応募しなければ、年収は下がる可能性が高くなるでしょう。

なので、求人の精査は怠らず、自分に最高の評価をしてくれる企業に転職することが大切です。

20代が転職で年収を下げないための求人の探し方としては、転職エージェントを利用するのが1番です。

理由は、自分を評価してくれる企業を自力で探すのは難易度が高いからです。

転職エージェントは担当者が企業の採用担当と連携を取っているので、どんな人材を求めているか把握しています。

そして、自分の経験やスキルと企業の求めている人材のマッチングを行ってくれるため、ピンポイントで良い求人を紹介してもらうことができます。

求人の比較ができていない

転職で年収が下がる20代は、求人の比較ができていないことが多いと言えます。

求人数は星の数ほどあります。

その中のごく一部から転職先を決めてしまうのはもったいないです。

できるだけ多くの求人を集め、比較検討し、自分の希望条件にマッチする求人を取捨選択してくことが重要です。

採用担当からのポイント

求人を比較するには様々な方法で求人探しをすることが大切です。

業界大手の企業のホームページをチェックしたり、複数の転職サイトで求人を探します。

特に転職エージェントは、一般には公開されていない条件の良い非公開求人を保有しているため、2~3社利用して求人を比較する方法が良いでしょう。

転職エージェント各社で非公開求人も異なるため、できるだけ多くの良い求人をチェックすることが転職で年収を下げないためには重要となります。

転職で年収が下がる30代

ここでは、転職で年収が下がる30代の特徴をご説明します。

自己分析が甘い

転職活動では自分の経験値やスキルをしっかりと棚卸しして、自分の強みとなる部分を明確にしておく必要があります。

この自己分析が不十分だと、

「自分の能力を活かしきれない転職先を選択してしまう」

「強みをアピールしきれずに入社条件が悪くなってしまう」

なんてこともあります。

自分の能力をいかんなく発揮できる応募先を選択することで、条件交渉の際、希望年収を上げることも可能となります。

採用担当からのポイント

経験値がある30代は、今までの経験やスキルを評価してくれる企業へ転職することが、転職で年収を下げないためには重要となります。

そのために必要となるのが、自己分析です。

「今までの経験でどんなスキルが身についているのか」

「自分の強みはどんなことなのか」

これを面接などで明確に答えられるようにしておくことが大切です。

また、

「自分の経験やスキルを活用して、応募先の企業でどんなことができるのか」

「自分を採用するとどんなメリットがあるのか」

を具体的に伝えられるようにしておきます。

例えば、私が転職したときは面接で、

「私を採用してもらえれば、前職のシステムエンジニアとしての知識を活かして、御社のシステムを分析します。それによって、新システムの導入経費や維持費を数千万円削減することができます。」

と、自分を採用するメリットを具体的に提案しました。

その結果、給与も経験値分の上乗せをしてもらうことができ、前職の2倍の年収という好条件で転職することができました。

ぜひご自身の経験を安売りせず、正当な評価をもらって転職をしてください。

それが年収を下げないためのポイントです。

一般の転職サイトを利用している

30代になると、役職がついていたり、後輩指導やチーム運営などのマネジメント業務を行っている人も多いでしょう。

そんな人が一般的な転職サイトだけを利用しているのはもったいないです。

確かに一般的な転職サイトにも年収が高めの求人が載っていることはあります。

しかし、条件の良い求人は転職エージェントが保有していることが多く、一般的な転職サイトだけでは、情報が不足しています。

また、役職転職などはハイクラス転職サイトを利用したほうが、条件の良い求人が多いのも事実です。

自分がどんな転職をしたいのかを明確にし、希望に添える転職サイトを選択してくことも重要です。

転職で年収が下がって後悔しないために

転職で年収が下がって後悔しないためには、この記事でご説明した年収が下がる理由に注意して転職活動を進める必要があります。

ただし、転職で年収が下がったからと言って、後悔している人ばかりではありません。

「年収が下がったけどやりたい仕事ができている」

「年収が下がったけど健康的な生活ができている」

など、転職で何を叶えたいか、によって年収が下がっても満足できるのです。

そして、転職後に年収が下がったことを後悔しないためにも、転職活動自体に満足している必要があります。

「応募先を妥協した」

「自分のやりたいことじゃないけど条件が良いから応募した」

「急いで転職したかったからどこでもよかった」

では、満足いく転職はできません。

求人探しから、求人精査、応募先の選択までを妥協せずにやりきることで、転職活動にも満足することができます。

また、様々な求人を見て、比較し、「自分で」応募先を決定することで、結果年収が下がっても後悔することのない転職ができるのです。

転職先で年収が下がる場合辞退してもいい?

転職先で年収が下がる場合内定を辞退してもいい?

結論、転職することで想定よりも年収が下がってしまいそうな場合は、内定を辞退しても問題ありません。

「他の内定がもらえないかも」

「ここしか内定をもらえていないから」

と妥協して入職しても、後悔する可能性が高いです。

満足のいく転職をするためにも、妥協せず、転職活動を進めましょう。

探せば良い求人は見つかります。

自分にとってベストな転職先を探していくことが大切です。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職で年収を下げてしまう人は全体の4割ほど

・転職で年収を下げてしまうのには理由がある

・転職で年収を下げないためには、求人情報をできるだけ多く集めて非公開求人もチェックすることが大切

転職して年収が下がる理由と対策、転職で年収を下げないポイントをご説明しました。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事