転職ノウハウ

転職活動は働きながら?辞めてから?採用のプロが転職活動は働きながらor辞めてからしたほうがいいのか教えます

転職活動は働きながらしたほうがいい??
仕事を辞めてから転職活動したほうがいい??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

結論、「転職活動を働きながらする」か「仕事を辞めてから転職活動する」か、どちらか選べるのであれば、転職活動は働きながらすることをおすすめします。

ただし、今の仕事を続けることで、メンタルや体調に不調をきたす状況であれば、思い切って仕事を辞めて、転職活動を短期集中で行うのもアリだと私は考えます。

今のあなたの状況に合わせて選ぶのが1番です。

この記事では、企業の採用担当の私が、「転職活動を働きながらする」、「仕事を辞めてから転職活動する」、それぞれのメリットデメリット、注意点をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

「転職活動を働きながらする」、「仕事を辞めてから転職活動する」それぞれのメリットデメリットがわかります。

「転職活動を働きながらする」、「仕事を辞めてから転職活動する」それぞれの注意点がわかります。

求人の探し方がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職活動を働きながらするメリット・デメリット

まずはじめに、転職活動を働きながらするメリット・デメリットをご説明します。

メリット1)無収入の期間がない

転職活動を働きながらする場合、仕事を辞めてから転職活動をする場合に比べて、1番のメリットは無収入の期間がないことです。

これは大きいメリットと言えます。

無収入の期間があると、生活費を貯金から捻出することになり、それが数ヶ月にわたれば、かなりの出費になります。

失業手当(雇用保険)も給与ほどもらえません。

お金の心配があると、転職先を焦って決めてしまったり、転職活動に集中できなくなり、失敗する確率が高まります。

転職活動を進める中で、不採用になったり、なかなか良い転職先が見つからなかったりして、精神的に不安定になることもありますので、お金の面だけでも心配事は減らしておきたいものです。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、なかなか希望の条件の転職先が見つからず、かなり時間がかかりました。

結局転職活動を年単位で行うことになりました。

私の場合は退職していたら、生活費が捻出できず、お金の不安でメンタルが持たなかったと思います。

働らき続けて収入が安定していたからこそ、焦らずじっくり転職活動ができて、年収を上げることができたと言えます。

メリット2)面接で有利

仕事を辞めていない場合、退職している場合と比べて面接での印象が違います。

次の仕事が決まっていないのに退職してしまうと、面接官に「この人は計画性がないのか。。」「すぐに退職しなければならないトラブルをおこしたのではないか。。」など、余計な印象を持たれてしまうことがあります。

仕事を辞めていなければ、自分にも心の余裕がありますし、採用する側としても現在別の職場で活躍している人材は欲しくなります。

「条件の良い転職先があれば転職してもいい」くらいの気持ちで面接を受けたほうが、転職活動にはプラスに働くことが多いです。

また、仕事を辞めていなければ、面接官に退職理由をしつこく聞かれることもなく、面接では有利になると言えます。

私の転職活動体験談

面接では、現在の職場での仕事をかなり深堀りされて質問されました。

仕事を現在進行形で頑張っていたからこそ、力を入れていることや自分のスキルを自信を持ってアピールすることができたと思います。

また、「今の仕事もやりがいがあるけれど、新しい仕事にチャレンジしてみたい」という面接官ウケの良い転職理由も、仕事を辞めてしまっては使うことができませんでした。

メリット3)転職活動を焦らずに進められる

仕事を辞めていなければ、転職活動を焦らずにじっくり進めることができます。

なかなか希望に合う転職先が見つからなくても、心に余裕があります。

転職するには理由がありますので、その問題を解決でき、さらに他の条件も良い転職先を、十分な時間をかけて探せます。

転職活動に焦りは禁物です。

焦って転職活動をすると、十分に求人情報を集めないまま転職先を決めてしまったり、希望の条件を妥協してしまったり、転職して後悔する確率が高まります。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、自分の希望の条件を全て満たす転職先でなければ転職しないと決めていました。

なので、業界や企業のリサーチにかなりの時間がかかりました。

また、条件のいい求人は人気があるため、採用されるハードルも高く、採用試験を受けた企業の倍率は40倍以上のところがほとんどでした。

結果、内定をもらうのにも時間がかかり、結局転職活動を年単位で行っています。

でも、時間をかけたおかげで、年収は2倍になり、残業もほどほど、休日もしっかり休める条件のいい職場へ転職することができました。

前職は休日もない、サービス残業ばかり、低賃金、のブラック企業ではありましたが、そんな職場でも仕事を続けていることで、焦らず転職活動を進められたと言えます。

デメリット1)転職活動に時間を割けない

仕事をしながら転職活動をするため、求人探し、履歴書作成、面接対策、筆記試験対策などに時間を割けず苦労します。

残業や休日出勤で仕事が忙しい場合なおさらですね。

転職活動に集中して、早く転職したいのに、なかなか進まずストレスになります。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、できるだけ仕事を早く切り上げて、求人探しの時間を作るようにしていましたが、残業が多かったのでなかなかうまく時間が作れませんでした。

また、採用試験の勉強もしなければなからなかったので、通勤途中や食事中など細切れ時間を最大限活用しました。

当時はテレビも一切見ない、プライベートな飲み会は全て断り、休日は全て転職活動にあてていました。

娯楽は転職してから思う存分やるぞ!と決めて頑張った結果、希望の職場へ転職できたと考えています。

デメリット2)面接を受けづらい

転職活動の面接は、平日指定が多いため、仕事をしながら転職活動をする場合、現在の仕事の休みを取って面接を受けに行く必要があります。

面接が3次面接まで複数回あったり、複数社受ける場合は、そのたびに休みを取らなければならず、仕事の都合で休めない日もあるでしょう。

希望の職場の面接を受けられないのでは、精神的にも辛いですね。

私の転職活動体験談

私は仕事を休めず面接を受けられないのが、1番の悩みでした。

2次面接まで進んだのに、出席必須の会社の創立パーティーで休みが取れないなんてこともありました。

その時は、かなり悩んだ末に無理やり休んで、上司にかなり文句を言われた記憶があります。

でも、転職した今となっては、休んでよかったと思ってます。

自分の人生なので、誰に何と思われても、転職活動を優先するべきです。

仕事を辞めてから転職活動するメリット・デメリット

次に、仕事を辞めてから転職活動をするメリット・デメリットをご説明します。

採用担当としては、仕事を辞めてから転職活動をするのはデメリットが大きいので、できるだけ働きながら転職活動することをおすすめします。

メリット1)転職活動に集中できる

転職活動は手間と時間がかかります。

求人情報を探したり、履歴書を書いて、面接対策をして、筆記試験の対策をして、面接を何度も受けに行ったりと、仕事をしながらこれらを完璧に行うのはなかなか大変です。

仕事を辞めてからであれば、時間は十分にあるので、集中して求人探しや面接の準備をすることができます。

また、面接はほとんど平日に行われますが、退職していれば気にすることもありません。

結果的に短期集中で、転職活動を終えることもできます。

メリット2)複数の求人に応募することができる

働きながら転職活動をすると、面接を受けに行くにも、仕事を休んでスケジュールを調整しなければなりません。

仕事を辞めていれば、平日の面接でも全く気にせず何社でも受けることができます。

面接を受けることで会社の雰囲気が分かることもありますし、条件のいい内定倍率の高い職場にも挑戦することができます。

特に倍率の高い職場に転職するには、何社も採用試験を受ける必要が出できますので、複数社の面接を受けることができる環境は強みとなります。

メリット3)失業手当をもらいながら転職活動できる

条件を満たせば、ハローワークへの申請手続を経て、失業手当(雇用保険)の給付を受けることができます。

失業手当をもらいながら、転職活動ができるため、生活費の心配をせずに求人探しに集中できます。

ただし、給付の額はそれほど多くないため、ある程度の貯金も必要です。

デメリット1)生活費がきつい

仕事を辞めて、無収入期間が長くなればなるほど、生活費を捻出するのが厳しくなってきます。

お金の心配があると、転職活動をじっくり進めることができません。

焦って転職先を決めてしまって「こんな職場とは思わなかった。。」「転職したあとで、もっといい求人が見つかった。。」などと後悔することになります。

こうならないためにも、仕事を辞めてから転職活動をするなら、貯金は多めに確保しておいたほうが無難です。

デメリット2)面接で不利になることもある

次の仕事が決まっていないのに仕事を辞めてしまうと、面接官に「この人は計画性がないのかな。。」「すぐに退職しなければならないトラブルをおこしたのではないか。。」など、余計な印象を持たれてしまうことがあります。

また、退職してからブランクがあると、面接官も「他の職場になかなか採用されない人材なのではないか」と、不安になり、採用に後ろ向きになります。

ブランクがある場合は、その期間に何をしていたのかしっかり答える準備をしておく必要があります。

理由がしっかりしていれば、面接官も納得します。

採用担当としては、応募者が仕事を辞めてから転職活動をしている場合、「どんな計画で転職活動しているのか」、「計画性のある退職だったのか」、「トラブルを起こして退職したのではないのか」など、そのあたりがしっかり確認できれば、それ以上辞めてから転職活動をしていることについては触れてこないでしょう。

なので、例えば「転職活動に専念するために貯金を〇〇万円してから退職しました」や「〇〇の業務の勉強をしてから転職したいので、勉強するために資金を貯めて半年間勉強期間にあてました。」など、計画性をもって退職していることが確認できれば、全く問題ありません。

例え退職理由が人間関係のトラブルや、仕事が辛すぎて辞めたとしても、それは面接ではふせておいて、前向きな別の理由を考えておきましょう。

デメリット3)不採用になるとメンタルがやられる

面接を受けて不採用になると、仕事を辞めている場合、精神的なダメージが大きく、メンタルがやられます。

転職する業界や持っているスキル、希望の条件にもよりますが、なかなか内定がもらえないことは当たり前です。

諦めなければ、最終的にはいい職場は見つかりますが、途中で心が折れてしまっては、成功するものも失敗に終わってしまいます。

強靭なメンタルを持っている人は問題ありませんが、できるなら余計な心配はせずに、転職活動を進めたいですね。

「転職活動を働きながらする」か「仕事を辞めてから転職活動する」かどちらがいいか迷ったときは

「転職活動を働きながらする」か「仕事を辞めてから転職活動する」か、どちらがいいか迷ったときは、働きながら転職活動をすることをおすすめします。

どちらか選ぶのであれば、働きながら転職活動することのメリットのほうが大きいからです。

ただし、今の仕事を続けることで、

・メンタルがもたない
・体調を崩してしまっている
・毎日仕事に行くのが辛くて仕方がない

こんな状況であれば、思い切って仕事を辞めて、転職活動を短期集中で行い、良い職場を見つけましょう。

メンタル不調や体調を崩してまで働くことはありません。

ご自身の体を第一に考えましょう。

転職活動を働きながらする場合の注意点

(1)面接対策は早めにしておく

転職活動を働きながらする場合、採用試験や面接の日程が決まっても、仕事が忙しくて十分に対策する時間がないことも多いです。

なので、筆記試験や面接対策は早めに行っておきましょう。

採用担当をしていると、応募者の中には

・履歴書をあきらかに急いで書いている(書き方が雑&内容が薄い)

・面接で志望動機すらまともに答えられない

こんな人も多くいます。

きっと時間がなかったんだろうな。。とは思いますが、評価は低いものになります。

早め早めの準備が大切です。

(2)転職先が決まっても職場には伏せておいたほうがいい

転職先が決まって、退職することを職場に伝えると、色々な人から転職先について聞かれることも多くなります。

仲が良いからと言って教えてしまうと、他の人に伝わる可能性もあります。

全く関係のない業界への転職であれば不利益もありませんが、面倒なトラブルにならないように、転職先は伏せておいたほうが賢明です。

私が転職したときは、会社には転職先を伏せていましたが、仲の良い同僚には転職先を教えてしまっていました。

結局その同僚が転職先を会社に話してしまい、「そんな良いところに転職して」など、嫌味を言われるようになりました。

もう付き合いもなくなる人たちなので関係なかったのですが、あまりいい気持ちではありませんでした。

(3)退職手続は迅速に

転職先が決まったらすぐに退職手続をしましょう。

就業規則で定められた時期までに退職願を出すなど、転職に影響のないように進めます。

採用担当をしていると、まれに前の職場を退職できなくて、入職できないというトラブルになる人がいます。

せっかく希望の転職先に内定をもらったのに、入職できないのではもったいないですね。

退職に関わる手続きをご説明します。

退職に関わる手続き

ここでは、退職に関わる手続きについてご説明します。

・退職の手順

1、職場の上司に退職したい旨を口頭で伝え、退職日を調整します。

2、退職願を上司に提出します。

3、退職が認められたら職場の規則に従って退職届を提出します。

・退職願を提出する時期

退職願を提出する時期は、社会常識的には遅くとも1か月前となります。

円満に退職するのであれば、2〜3か月前がよいでしょう。

また、退職願の時期は職場の規則によって決まっている場合があるので、必ず確認しておきましょう。

退職願と退職届の違い

退職願…退職したい旨を願い出る書類

退職届…職場に退職が認められた後に出す書類

・退職願の例文
退職届イメージ

仕事を辞めてから転職活動する場合の注意点

(1)生活費は多めに確保しておく

仕事を辞めてから転職活動する場合は、生活費を多めに確保しておくことが大切です。

転職活動は予想以上に時間がかかりますし、タイムリミットがあって転職活動をしていると焦って良い結果にはなりません。

また、自己流で求人を探すのではなく、転職エージェントに登録するなどして、プロの力も借りて良い転職先を探しましょう。

転職エージェントは最後まで無料で利用できるので、使わない手はないです。(転職エージェントは企業から費用が出ています。)

(2)複数の求人に応募する

仕事を辞めてから転職活動する場合は、時間を最大限有効に使うために複数の求人に応募しましょう。

1社ずつ応募しているのでは効率が悪いですし、不採用になった時にメンタルがやられます。

しっかりと良い求人を集めて、並行して応募します。

求人は検索型の転職サイトと転職エージェントを併用して、効率よく集めると良いです。

転職サイトはアドバイザーが求人紹介をしてくれる転職エージェントと、自分で求人を探す検索型の転職サイトがあります。

転職エージェントは、担当のアドバイザーがついて、希望に合う求人を探してくれ、履歴書のチェックや面接対策もお願いできるので、転職に慣れていない人におすすめです。

検索型の転職サイトは、自分で求人を探していくため、気軽に転職をしたい人におすすめです。

どちらかあなたに合うものを利用すれば問題ありませんが、転職エージェントと検索型の転職サイトを両方組み合わせて使うと、より効率よく求人情報を集めることができます。

求人の探し方

求人の探し方は以下の2つです。

(1)企業のホームページで調べる

(2)転職サイトで調べる

それぞれご説明します。

(1)企業のホームページで調べる

目当ての企業があれば、ホームページで直接調べる方法が効率的です。

また、転職したい業界が決まっている場合は、業界大手の企業のホームページを何社かチェックして、給与の相場などを確認しておきます。

目当ての企業のホームページに求人情報が載っていなくても、電話で問い合わせると面接をしてくれる場合もあります。

毎年同じ時期に求人募集をしている企業が多いですが、状況によっては臨時募集もあるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

求人募集をしていなくても採用されることはある

私の友人は新規採用を行っていない企業に、その業界の研究レポートを作成して履歴書と一緒に提出して内定を勝ち取った強者がいます。

熱意が伝われば、求人をしていなくても、採用してもらうことができる場合もあります。

どうしてもこの企業で働きたい!という強い思いがある場合は、挑戦してみる価値はあります。

私の職場は年に2回採用試験をすることが決まっています。

ホームページに採用試験の情報を載せるのは、試験を実施する直前になるので、見逃すと採用試験を受けることができません。

過去の採用日程などを参考にしながらホームページをこまめにチェックすることが大切です。

企業のホームページを確認する際は、経営状況も確認しておきましょう。

過去数年の収益や純利益をチェックして、経営がうまくいっているかチェックします。

(2)転職サイトで調べる

転職サイトに登録して、求人を比較します。

求人数はかなり多いので、条件で絞ってじっくり探しましょう。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックしたいところです。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトは、以下の比較記事を参考にしていただき、失敗のないように選んでくださいね。

退職する時に転職先を言わないのはまずい!?

転職が決まって退職したい旨を伝えた時に「どこに転職するの?」と聞かれることもあるでしょう。

転職先に関しては「言いたくなければ言わなくても問題ない」です。

どうしても深掘りされて聞かれるときは「○○系です」など企業名ではなく業種で答えておけば良いですね。

逆に転職先を明確にすることで、問題が生じる場合もあります。

現職より大手に転職する場合は妬みの対象となってしまいますし、ライバル社の場合は足を引っ張られてしまう場合もあります。

転職先でも現職のコネが使える場合を除き、基本的には転職先名は伝えない方が無難でしょう。

伝える義務もありません。

転職先が決まってから退職する期間はどのくらい?

退職の意向を伝える期間は企業により規定で定められています。

多くが1~2カ月前までに直属の上司または人事担当に退職の意向を伝える形になっています。

退職の意向を伝えても「引き留め」に合う場合もあるため、できるだけ早めに意向を伝えましょう。

退職の意向を伝えて、退職が了承されてから、実際の退職日の設定を行います。

退職日まではまだ前職の社員です。

引きつぎを確実に行い、自分が退職した後も問題なく仕事が進められる環境を整えていくことが大切です。

「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、退職日までしっかりと勤めあげましょう。

採用担当からのポイント

内定者のなかには、毎年とは言いませんが、かなりの頻度で前職の退職トラブルで入職手続きに間に合わない人がいます。

引き留めにあったり、退職願いを伝えるのが遅くて手続きに間に合わなかったり、せっかく多くの応募者の中から内定を勝ち取ったのにもったいないですよね。

なので、内定通知が出たらできるだけ早めに職場へ退職の意向を伝えましょう。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・「転職活動を働きながらする」か「仕事を辞めてから転職活動する」か、どちらか選べるのであれば、「転職活動を働きながらする」方が良い

・今の仕事を続けることで、メンタルや体調に不調をきたす状況であれば、思い切って仕事を辞めて、転職活動を短期集中で行うことも考える

・「転職活動を働きながらする」、「仕事を辞めてから転職活動する」どちらを選ぶにしても注意することがある

企業の採用担当の私が、「転職活動を働きながらする」、「仕事を辞めてから転職活動する」、それぞれのメリットデメリット、注意点をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事