転職ノウハウ

転職活動うまくいかない|採用のプロが転職活動がうまくいかない原因と対処方法教えます

転職活動がうまくいかない

転職活動がうまくいかない。。

転職活動がうまくいかない時はどうしたらいい??

企業の採用担当の私が、こんな悩みにお答えします。

転職活動がうまくいかない原因はこちらです。

自己分析がうまくいかない

求人探しがうまくいかない

情報収集がうまくいかない

書類選考がうまくいかない

面接がうまくいかない

転職活動を進めるなかで、

「希望に合う求人が見つからない」

「書類選考で通過できない」

「内定がなかなかもらえない」

など、「転職がうまくいかない」と思うこともあるでしょう。

この記事では、企業の採用担当の私が、転職活動がうまくいかない原因とその対処方法についてご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職活動がうまくいかない原因がわかります。

転職活動がうまくいかない時の対処方法がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職活動がうまくいかない原因

転職活動がうまくいかない

転職活動のどの時点でうまくいかないのか…人によって様々です。

ここでは、転職活動がうまくいかない原因をご説明します。

自己分析がうまくいかない

自己分析がうまくいかない

転職活動を始めるに当たり、まずは自己分析を行う必要があります。

今までの経験やスキルの棚卸しを行うとともに、転職をすることで叶えたい希望「転職で譲れない条件」についても明確にしていきます。

ここがうまくいかないと、転職の軸となる部分がぶれてしまい、その後の転職活動に支障をきたすことになってしまいます。

うまくいかない原因としては、

「自分を客観的に見ることができていない」

「分析が甘い」

ということがあげられます。

自分のやりたい仕事と向いている仕事は必ずしも一致しません。

「自分がやりたいから」と、向き不向きを客観的に判断せずに転職活動を進めることで、転職してから後悔することになってしまいます。

また、分析が甘いと、転職においての「絶対に譲れない条件」が曖昧になってしまい、希望に合う職場への転職が難しくなってしまいます。

求人探しがうまくいかない

求人探しがうまくいかない

求人は星の数ほどあります。

求人探しがうまくいかないと、転職活動を進めることはできません。

転職サイトは複数社チェックしていますか?

転職エージェントは利用していますか?

詳細条件をしっかり決定して求人検索をしていますか?

求人探しにはコツがあります。

「なんとなく気になった求人に応募してしまう。」

「いくつか求人を確認してその中から応募先を選んでしまう。」

など、行き当たりばったりで求人を探して応募すると、転職した後に「こんな職場とは思わなかった。。」と後悔することになります。

求人探しは、自分の希望に合う求人をできるだけ多く集めて、それらを比較検討することが重要です。

じっくり比較もせず求人に応募して、内定をもらってからもっと条件の良い求人が見つかったら後悔しますよね。

私の転職活動体験談

私が新卒で就職活動をした時は、1つの求人サイトで就職先を探していました。

また、希望の条件もそこまで決めずに、気になった企業の説明会を聞きに行き、応募していきました。

その結果、低賃金で残業は月に200時間以上、サービス残業、毎週休日出勤、夜中までの接待、横行するパワハラ、スタッフはどんどん辞めていくという、絵にかいたようなブラック企業に入職し、20代の7年間苦しむことになりました。

就職活動がうまくいかなかった原因は、求人探しをしっかり行わなかったことです。

その後、就職して数年経ち、「こんな会社には一生いられない」と考え、転職活動を始めました。

転職活動を始める際には、「もう二度と同じ失敗はしない」と心に決めて、求人探しは企業のホームページや複数の転職サイトを利用してじっくり行いました。

また、「絶対に譲れない条件」を設定して、その条件を満たさない求人には絶対に応募しないことも徹底していました。

これは、選考を受ける全ての企業が「絶対に譲れない条件」を満たし、必然的にどの企業に入職しても満足のいく転職ができるようにするためです。

これを実践してじっくり転職活動を進めた結果、年収は前職の2倍、残業は月に10時間ほど、休日出勤なし、接待なし、徒歩で通勤できる企業へ入職をすることができました。

今は心穏やかに仕事をすることができています。

全ては求人探しから始まります。

ぜひ、様々な方法でできるだけ多くの求人の中から、ベストな転職先を見つけるようにしてください。

情報収集がうまくいかない

情報収集がうまくいかない

求人を探す際に、気になる企業に関しては情報収集を行います。

求人票にもある程度業種や職種、職場の場所や給与については記載してあります。

しかし、それだけでは情報は不足しています。

「企業の理念や業績」

「働いている人の情報」

「労働環境」

など、応募するにあたり確認しておいたほうが良い項目はたくさんあります。

その情報収集が不十分だと、書類選考・面接の際に企業理解が不十分という理由で不採用になったり、入職したあとに「こんなはずではなかった」と後悔をすることになります。

書類選考がうまくいかない

書類選考がうまくいかない (1)

書類は企業指定の形式になっていますか?

誤字・脱字はありませんか?

読みやすい字で記載していますか?

第三者に内容のチェックはしてもらいましたか?

書類選考の通過率は30%~50%程度です。

だからこそ、字が汚かったり、行間を詰めすぎて読みにくかったりすると、採用側もじっくり読む気がなくなってしまいます。

どんなに内容が良くても、書類としての完成度が低ければ、マイナス評価になってしまうのです。

面接がうまくいかない

面接がうまくいかない

面接は1次・2次・最終面接、というように2~3回の面接があることが多いと言えます。

1次面接の通過率は20%~40%、2次面接の通過率は50%程度、最終面接でも通過率は50%程度です。

面接に臨むにあたり身だしなみは整っていますか?

面接官以外の社員にも挨拶をしていますか?

時間に遅れたりするようなことはありませんか?

受け答えは笑顔でハキハキとできていますか?

話の内容に一貫性はありますか?

面接でチェックされている部分は、社会人としての基本的なマナー、企業理解の深度、将来的ビジョンの明確性、もっているスキル・経験などです。

これは自己分析・企業の情報収集にもつながる部分ですので、そこが甘いと面接でも不利となってしまいます。

転職活動がうまくいかない時の対処方法

転職活動がうまくいかない時の対処方法

ここからは、採用担当が考える「転職活動がうまくいかない時の対処方法」をご説明します。

自己分析がうまくいかない時は第三者に見てもらう

自己分析がうまくいかない時は第三者に見てもらう

自己分析がうまくいかないときに自分一人で悩んでいても解決はできません。

まずは、思っていることを全て紙に書き出すと、頭の中が整理されます。

それでもうまく整理ができないときは、第三者の力を借りてみましょう。

家族や友人に相談してもいいですし、転職エージェントに登録して担当者に相談する方法もあります。

第三者に客観的に評価してもらうことで、正確な自己分析をすることができるでしょう。

また、転職エージェントの担当者は転職のプロですので、自己分析のサポートも行ってくれます。

プロの視点で自分の考えを一緒に整理してくれるのは有難いですね。

採用担当からのポイント

自己分析は、

「自分の適性、強み」

「経験・キャリアの整理」

これらを分析しながら、合わせて「企業に対してどう貢献していけるのか」も考えていきます。

今までの経験で得たスキルが、応募する企業の業務にどう活かせるかを具体的に説明できるようにしておきましょう。

求人探しがうまくいかない時は転職エージェントを利用する

求人探しがうまくいかない時は転職エージェントを利用する

求人探しは、

希望に合う求人をできるだけたくさん集める

集めた求人をしっかり比較検討する

これが大切です。

少ない求人から応募先を決めてしまうことは転職後の満足度を下げる原因になります。

なので、複数の転職サイトで求人を探して、多くの求人を集めましょう。

転職サイトはそれぞれ独自の求人を持っているため、1社より複数社の利用をおすすめします。

また、転職エージェントでは一般に公開すると応募が殺到してしまうような、条件の良い非公開求人を独自に保有しています。

この非公開求人は、転職エージェントに登録をすることで担当者から紹介してもらうことができます。

条件の良い求人を見ないまま応募先を決めてしまうのはもったいないので、賢く求人を集めて比較し、ベストな求人を見つけてくださいね。

情報収集がうまくいかない時は様々な方法で集める

情報収集がうまくいかない時は様々な方法で集める

情報収集は様々な方法があります。

前述したように求人票の情報だけでは足りません。

企業ホームページで企業理念や経営状況、仕事内容、求めている人材の情報をチェックする

口コミサイトで職場環境をチェックする

職場見学で実際の職場の雰囲気やボーナス支給実績、残業や休日出勤の状況をチェックする

転職エージェントの担当アドバイザーに内部情報をリサーチしてもらう

など、様々な手法を活用して多くの情報を手に入れましょう。

特に職場見学は実際の職場の雰囲気を確認することができますし、企業の担当者に直接質問することもできますので、気になっている部分を解消することができます。

そして、転職エージェントを利用すると、担当者から独自のルートで企業の内部情報(人間関係について、残業時間や有給取得率など)を提供してもらうことができます。

自分でリサーチすることが難しい情報も手に入れることができるため、時間がない転職希望者にとっては強い味方となります。

書類選考がうまくいかない時は第三者に見てもらう

書類選考がうまくいかない時は第三者に見てもらう

書類作成も数をこなすことで慣れてきますしコツも掴めます。

何度か練習しておくといいでしょう。

また書類作成の基本である

「丁寧な字で」

「誤字・脱字がない」

「読みやすく」

という部分は最低限押さえておきましょう。

そこが疎かになっていると、いくら内容が良くても採用担当に読んで貰えない、なんてこともあります。

また、内容については、自分で書いて自分でチェックしても間違いや不備には気づきにくいため、必ず第三者にチェックをしてもらいましょう。

家族や友人、転職エージェントの担当者などに協力してもらうと良いですね。

特に転職エージェントのアドバイザーは多くの応募書類の添削を行っているので、1度見てもらうと書類のクオリティを上げることができます。

採用担当からのポイント

転職においての書類選考の通過率は、30%~50%程度です。

ここで半分以上の応募者が不採用になります。

それくらい書類作成は重要なのです。

いくら人柄が良く、スキルや経験が十分でも、書類に不備があったり、魅力が伝わらなかったりすれば、残念ながら不採用になります。

また、採用担当は面接をするにあたり、提出書類から質問する内容を考えます。

なので、「あえて質問されやすい、興味を持ってもらう内容」を記載することで、

面接で会ってみたいと思わせることができる

面接を有利に進めることができる

このような効果が期待できます。

例えば、私が転職活動をしたときは前職でシステムエンジニアをしていたので、提出書類に

「システムエンジニアとしてのスキルを使って社内のシステムを最適化し、経費を削減することができる」

と記載しました。

提出書類は記載できる文字数が少なかったこともあり、あえて「どう削減するのか」は具体的に記載しませんでした。

これは、面接まで進めば必ず興味を持って質問してくると予想していたからです。

これが見事的中して、面接官は

「どうやって削減できるのか」

「どのくらいの費用が削減できるのか」

など、かなり深掘りして質問してきました。

このように提出書類を使って、面接で自分の得意分野の話に持っていくことができれば、自己アピールに繋がり、面接官から高評価をもらうこともできます。

ポイントは経営者が興味を引く、

「経費削減」

「利益増」

などのワードを記載することです。

ぜひ、試してみてくださいね。

面接がうまくいかない時は模擬面接をする

面接がうまくいかない時は模擬面接をする

まずは身だしなみと立ち居振る舞いです。

清潔感があるのか、ビジネスマナーは身についているのか、など採用担当は細かいところまでチェックしています。

また、見ているのは面接官だけではありません。

どこで誰が見ているか分かりません。

誰に見られててもいいように、気を抜かないことが大切です。

また、面接の質疑応答については家族・友人・転職エージェントの担当者に模擬面接をしてもらうと良いでしょう。

面接は慣れです。

模擬面接をしておくことで落ち着いて受け答えができるようになります。

転職がうまくいかない20代の特徴

転職がうまくいかない20代の特徴

転職活動の方法を知らない

20代では「転職が初めて」という人が多いでしょう。

そのため「転職活動のノウハウがわからなくてうまくいかない」ということもあります。

「転職活動は何から手を付ければいい?」

「とりあえず求人を検索して良さそうなところに応募すればいい?」

「書類作成ってどう記載すればいい?」

「面接で聞かれることはどんなこと?」

など、転職活動を進めるなかで疑問もたくさん出てくるでしょう。

その疑問を質問したり、一緒に解決してくれる人がいなければ、すべて手探りの状態で転職活動を進めていくことになってしまいます。

なので、まずは転職経験者に話を聞いたり、転職エージェントを利用して担当のアドバイザーに疑問点を解消してもらいましょう。

転職活動の流れについてわからない時は、詳しくまとめた以下の記事も参考にしてください。

経験値が少ない/アピールポイントが少ない

20代の転職では「社会人としての経験値が浅い」といえます。

一般的なビジネススキルは身についていても、

「専門的なスキルがあるのか」

「何か1人で成し遂げた実績はあるのか」

などを企業側から質問された場合、なかなか明確に答えられないことも多いでしょう。

若い年代では「自分の実績」と呼べるものがない人がほとんどです。

なので、20代は社会人としてのスキルや経験値よりも、ポータブルスキルとしてのコミュニケーション能力や臨機応変さ、柔軟性などを全面に出してアピールしていくことが必要となります。

経験値が少なくてもポータブルスキルは必ず身についています。

転職で評価されるポータブルスキルについてまとめた以下の記事も参考にしてください。

客観性に乏しい

「○○の仕事をやりたい」

「○○に挑戦したい」

20代は新しいことにチャレンジできる年代とも言えます。

しかし、そのチャレンジする方向性が自分に合っているかは別問題です。

自分のやりたいことと、自分に合っていること、向き不向きは違います。

20代の若いうちはやりたいことにチャレンジして、そこに自分を合わせていくことも可能ではあります。

しかし、転職して向いていない仕事をすることになった場合、かなりの辛抱が必要とされるでしょう。

まずは「やりたいこと」と「合っていること」を客観的に判断してから、転職活動を進めていくことが大切です。

転職がうまくいかない30代の特徴

転職がうまくいかない30代の特徴

ここからは、転職がうまくいかない30代の特徴をご説明します。

キャリアチェンジを狙う

30代で未経験の異業種や異職種へ転職するキャリアチェンジを狙うのはかなりハードルが高いと言えます。

同業種や同職種でのキャリアアップは問題なく行えますが、キャリアチェンジとなると話は別です。

30代だと、企業の中でも中堅に差し掛かります。

様々なプロジェクトにも関わってきていることもあるでしょう。

また、企業の慣習にも染まっています。

長年の仕事の仕方が身についているなかで、全くの未経験の仕事をするという柔軟性が30代では乏しくなっていきます。

また、未経験の業種だと今まで培ってきた経験やスキルが通用しなくなるため、採用選考でもなかなか評価されづらくなると言えます。

採用担当からのポイント

1つの業界でスキルを磨いてきた経験値がある30代は、同業種への転職をおすすめしますが、どうしても異業種への転職を希望するのであれば、今までのスキルが希望の業種でどう活かせるのかをしっかり分析しておきましょう。

面接でもその点はかなり深掘りされます。

採用側としても応募者が、

「どんなスキルを持っているのか」

「自社にどう貢献してくれるのか」

これを必ず確認したいと考えています。

企業に対して「自分を採用してもらえれば、こんなメリットがある」と具体的に提案することができれば、採用内定をもらうことは難しくありません。

例えば私は前職でシステムエンジニアをしていましたが、今は全く業界が異なる総合商社に転職して採用担当をしています。

転職活動をした際には、異業種へのキャリアチェンジを希望していたので、異業種でもシステムエンジニアとしてのスキルを評価してくれる企業を探して、ピンポイントで応募していきました。

これがうまく当たって、異業種への転職にも関わらず、経験値分の上乗せ評価もしてもらい、年収は前職の2倍という高待遇で入職することができました。

30代で転職する場合は、今までのスキル・経験値を無駄にしない転職をすることが大切です。

応募する求人が的外れ

30代で転職がうまくいかない人は「応募する求人が的外れ」ということがあります。

社会人としての経験も、仕事のスキルも培われているのに、「自分の価値に見合わない求人に応募して、勤務条件が悪くなってしまう」ということも少なからずあります。

今までの経験やスキルを評価していくれない企業に転職するのは宝の持ち腐れになってしまいます。

自分の価値を正当に評価してくれる企業を選びましょう。

強みがわかってない

30代で転職がうまくいかない人は「自分の強みがわかっていない」ということがあります。

「自分には強みがない」

「明らかな実績がない」

という思い込みは、転職活動においての評価を自分から下げてしまいます。

転職を繰り返しているならまだしも、1つの企業に長年勤務してきている人に「強みがない」なんてことはありません。

なにかしら強みとなるものは必ずあります。

自分の実績ではなくても、

「チームとして円滑に業務が遂行できるように調整した」

「営業職で外回りをしていたから横の繋がりが豊富」

「資料作成が得意」

などなど、今までの仕事を振り返ると様々な強みを持っていることがわかってきます。

長年の社会人経験で培ってきたものは必ずあります。

また、新人や後輩指導をしてきたことも人材育成、としての強みとなります。

自分を客観的に捉え、どんな小さなことでも強み、としてアピールできるように準備していくことが大切です。

転職回数が多い

転職回数が多いことで次の転職がうまくいかない、ということもあります。

30代では一度も転職をしたことがない人のほうが割合的には少なくなります。

しかし、30代で4回以上の転職を経験していると、採用側は「転職回数が多い」と感じます。

その場合、採用側としても「すぐに辞めてしまうのではないか」と不安になり、その不安を解消できなければ採用することはないでしょう。

これまでの転職理由がスキルアップやキャリアアップなど、一貫していて前向きな理由であったならば、それほど問題にはなりません。

逆に転職によって得たものをアピールして、そのスキルや経験を評価してくれる企業であれば、内定をもらうことは難しくありません。

また、企業によっては「転職回数よりも仕事に向ける姿勢、即戦力として業務に当たれるのかを重要視する」ということもあるので、自分をどうアピールしていくのかが重要となります。

まとめ

・転職活動がうまくいかない理由は人それぞれ。

・まずは自己分析を確実に行うことが大切。

・転職活動がうまくいかない時は転職エージェントの利用もおすすめ。

転職活動がうまくいかない原因とその対処方法についてご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

企業情報

D-U-N-S® Number:680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事