転職サイトおすすめ

転職サイトと転職エージェントの違い教えます

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いってなに??
転職サイトと転職エージェントどっちを利用すればいいの??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

転職サイトと転職エージェントの違いはこちらです。

転職サイト転職エージェント
求人の探し方自分で検索担当者からの紹介
企業の種類大手、中小大手、中小
非公開求人の有無
WEB上での求人の閲覧サイトによる
職業相談
応募書類の添削サイトによる
面接日程の調整
面接対策
求人応募のスピード
不合格後のフィードバック
企業の内部情報の提供
内定後の条件交渉
利用料無料無料

結論として、転職サイトと転職エージェントの違いは「転職におけるサポートを受けられるかどうか」です。

そして、それぞれにメリット・デメリットがあるため、よく比較して自分に合ったものを利用することが大切です。

転職を考えた時に転職サイトを利用して求人を探す人は多いと言えます。

そんな中で「転職サイト」と「転職エージェント」という言葉が出てきます。

この二つは何が違うのか、どちらを利用すればいいのか、迷うところだと思います。

この記事では、企業の採用担当の私が、転職サイトと転職エージェントの違い、利用のメリット・デメリット、おすすめの利用方法についてご説明していきます。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職サイトと転職エージェントの違いがわかります。

転職サイト、転職エージェント、それぞれに向いている人がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。2,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職活動を通じて転職サイトに興味を持ち、10年以上転職サイトを研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職サイトとは

転職サイトとは

転職サイトとはサイト内に掲載された求人を検索することができるサービスです。

転職サイトの一番の特徴は「自分のペースで求人を探して応募することができる」ことです。

そのため、気軽に転職活動を始めることができます。

求人の閲覧は会員登録をしなくても行うことができますが、気になった求人に応募するためには会員登録が必要です。

そのため、初めから会員登録をしておくとスムーズに進めることができます。

会員登録では基本情報と履歴書・職務経歴書の入力が必要です。

転職サイトによっては企業へ応募する際に、それらの書類を添付できる場合もあります。

求人への応募も転職エージェントと違って、担当者を介する必要がないため、気になった求人にはスピーディーに応募することができます。

直接企業側と連絡を取る必要がありますが、自分の熱意を直接伝えることができます。

転職サイトは求人を掲載している企業から報酬を得ているため、登録と利用は無料です。(※一部の転職サイトでは有料サービスもあります)

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトのメリット・デメリット

ここでは、転職サイトのメリット・デメリットをご説明しますので、参考にしてくださいね。

転職サイトのメリット

転職サイトのメリット

(1)自分のペースで転職活動を進められる

転職サイト利用の大きなメリットとして自分のペースで転職活動を進められることが挙げられます。

転職エージェントでは担当者とのやり取りをする必要がありますので、求人も紹介を待つ形になることがほとんどです。

転職サイト利用では、自分で求人を検索して応募するため、この紹介を待つという時間はありません。

確かに希望条件に合う求人が出るのを待つことはあるかもしれません。

しかし、自分が転職したい時に求人を探し、条件のよい求人を見つけたらすぐに応募することができます。

また、ゆっくり転職活動を進めたい人にとっては、「人が仲介することで焦る」ということもないため、落ち着いて活動を進めることができます。

(2)スカウト機能の利用ができる

多くの転職サイトではスカウト機能があります。

自分が入力した履歴書・職務経歴書を企業側が閲覧し、希望の人材に直接連絡を取ることができる機能です。

自分が思ってもいなかった業界や企業からスカウトが来るかもしれません。

自分の市場価値を知るいい機会となります。

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリット

(1)すべてを一人で行う必要がある

転職サイト利用では、求人の検索・情報収集、履歴書の作成、面接の日程調整・面接対策、職場の内部情報リサーチ、内定後の条件交渉まで全てを自分で行う必要があります。

転職経験者にとっては問題ないかもしれませんが、初めての転職の人など、転職のノウハウを持っていない人や手厚いサポートを必要としている人には不向きと言えます。

(2)フィードバックが得られない

転職活動を始めてすぐに内定がもらえるわけではありません。

書類選考に通過できないことを繰り返す場合もあります。

そんなとき転職エージェントでは担当のアドバイザーが企業の採用担当とコンタクトを取っているので、「何が問題だったか」というフィードバックをもらうことができます。

面接で不合格であった時も同様です。

転職サイトではそのフィードバックがありません。

自分で見直したり、考察をする必要があります。

(3)求人が多すぎて取捨選択が大変

転職サイトには莫大な量の求人が掲載されています。

その中から本当に自分に合う求人を自分自身で見つける必要があります。

相当な数が掲載されているため、見つけることは容易ではありません。

検索時に条件を絞ることはできても、職場環境についての情報は一つ一つチェックする必要があります。

それらを一から情報収集して、比較検討するのは時間がいくらあっても足りません。

転職サイト利用に向いている人

転職サイト利用に向いている人

(1)転職経験者

何度か転職を経験していて転職活動についてのノウハウが分かっている人は、転職サイトのみの利用でも問題はないでしょう。

求人の精査や面接対策、職場環境のリサーチも自分で行うことができれば、転職サイトでスピーディーに転職を完了させることができます。

(2)自分がどんな仕事をしたいのかはっきりしている人

自分がどの業界で、どんな仕事をしたいのか、自分に向いている仕事はどんなものなのか、などがはっきりしている人、また、転職の条件が明確に決まっている人は転職サイトでも求人探しを効率よく行うことができます。

(3)自分のペースで転職活動を進めたい人

「人に焦らされたくない」

「ゆっくり転職活動を進めたい」

「すぐに転職したいからスピーディーに応募できるほうがいい」

など、自分のペースで転職活動を進めたい人には転職サイトの利用がおすすめです。

転職エージェントとは

転職エージェントとは

転職エージェントとは、人材紹介サービスのことを指します。

転職エージェントの一番の特徴としては「利用者に合う求人を紹介してくれる」ということです。

利用者の情報や希望の条件と、企業側の情報を吟味し、転職後のミスマッチを防げるように求人を紹介してくれます。

利用者一人一人に、転職のプロであるアドバイザー(担当者)がつき、転職における様々なことのサポートをしてくれます。

転職エージェントで受けられるサポートとしては、

キャリアカウンセリング

応募企業の内部情報の提供

応募書類の添削

面接対策

面接日程調整

不合格後のフィードバック

内定後の条件交渉

などが挙げられます。

転職エージェントも求人登録をしている企業から報酬を得ているため、登録も利用も無料です。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット・デメリット

ここでは、転職エージェントのメリット・デメリットをご説明します。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリット

(1)非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは一般には公開していない条件の良い非公開を保有していることが多く、利用者のスキルや経験、希望の転職条件がマッチすれば紹介してもらうことができます。

非公開求人は、転職サイトの検索や、企業のホームページには載っていない求人なので、転職エージェントに登録することでしか応募することができません。

採用担当からのポイント

転職エージェントに登録する大きなメリットが、この非公開求人を紹介してもらえることです。

非公開求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう人気の求人や、特別なスキルを持っている人だけを求めている求人です。

非公開求人は給与などの条件も良いことが多く、転職活動をしている人にはぜひチェックしてほしいものになります。

なぜ企業は求人を転職エージェントに非公開求人として載せるのか

人気があって条件の良い企業の求人は、一般公開すると応募の数が多すぎて採用担当者が対応できなくなることが、非公開求人とする主な理由です。

また、特別なスキルを持っている人材を探している場合も転職エージェントに求人を載せます。

転職エージェントに求人を載せれば、アドバイザーがその求人にマッチする登録者をピンポイントで企業に紹介するため、企業の採用担当としても手間が省けるうえに、希望の条件の人材を採用することができるというわけです。

(2)キャリアカウンセリングが受けられる

「自分にはどんな仕事に向いているのか」

「本当にこの仕事でいいのか」

「キャリアプランがはっきりしない」

など、キャリアについての不安を抱えている人は少なくありません。

これは自分で考えていても悶々とするだけで答えが出ないことも多くあります。

転職エージェントの担当アドバイザーはキャリアアドバイスのプロです。

キャリアコンサルタントの資格を有していることもあります。

キャリアのプロに相談することで自分の価値観を整理し、自分のキャリアの方向性も定めることができるため、転職活動を効率的に進めることができるようになります。

採用担当からのポイント

今後のキャリアが明確に計画できていない場合は、一度アドバイザーに相談してみることをおすすめします。

また、相談するアドバイザーは

「しっかり話を聞いてくれる」

「様々なキャリアプランを提案してくれる」

「キャリアプランを押し付けない」

最低限、これを満たしている担当者にお願いしてみてください。

(3)選考のサポートが受けられる

転職エージェントで受けられるサポートは前述の通りです。

その中でも、応募書類の添削や面接対策、フィードバックを受けられることは大きなメリットとなります。

応募書類も選考に通りやすい書き方のポイントがあります。

それを知ると知らないとでは大きな差となります。

また、面接についても同様です。

模擬面接などを行うことで選考に通りやすいポイントを教えてもらえます。

そして、選考に通過しなかった時にフィードバックをもらえることも重要です。

何が悪いか分からないまま次に進むのと、悪かった部分がはっきりして次に進むのでは、気持ちも違いますし、内定をもらえる確率にも差が出てきます。

採用担当からのポイント

採用担当をしていると、応募書類の完成度がもう少し高かったら選考に通るんだけどな。。と思う応募者がたくさんいます。

また、面接も同様で、もう少し準備してくれば合格だったかもしれないのにな。。なんて思うこともあります。

応募書類も面接も対策するポイントがあるので、転職エージェントのアドバイザーに対策をしてもらうと、内定をもらえる確率はぐっと上がるはずです。

無料でおこなってもらえるので、ぜひ利用してみてください。

(4)転職後のミスマッチを最小限にできる

転職エージェントでは担当者が求人を紹介してくれます。

自分の職歴やスキル、キャリアビジョンを考慮し、さらに企業側が求めている人材についても情報を持っているため、双方の条件をすり合わせて利用者にぴったりの求人を紹介してくれます。

そのため、入職後のミスマッチが起こりづらいと言えます。

(5)内部情報を持っている

求人票だけでは分からない情報もあります。

職場の人間関係や有給消化率、実際の残業時間などは働くうえで知っておきたい情報です。

転職エージェントは企業とのコネクションを持っていることと、過去にエージェントを利用した人から情報収集して、職場の内部情報を持っています。

それらの情報を求人情報と合わせて提供してもらえるため、実際に転職する前に労働環境を確認することができます。

転職してから後悔しないように、ぜひ内部情報をチェックしてから転職先を決めるように注意してくださいね。

私の体験談

私が初めての就職活動をしたときは右も左もわからず、就職サイトで気になる求人があれば説明会を聞きに行って面接に応募していました。

初めて応募した会社は、二次面接まで進んだところで、高齢者を集めて高額な家具や電化製品を売りつけるマルチ商法の会社だとわかって辞退。

2社目に応募した会社に合格し、提示された給与が他の企業より数万高かったこともあり、会社の経営状況や労働環境をほとんどリサーチせずに就職を決めてしまいました。

結果、提示された給与は残業代込みの額で、月の残業は200時間、サービス残業あたりまえで、挙句の果てには経営難で給与は減らされ、社員はメンタル不調でバタバタと倒れていく過酷な職場で7年間働くことになりました。

就職する前に会社のことをしっかりとリサーチしていれば、間違いなく入社しなかったと言えます。

この反省を活かして、転職した際は職場のリサーチを徹底的に行いました。

そのおかげで、年収は2倍になり、労働環境も良い職場に転職することができました。

転職先を最終決定する際には、必ず職場の内部情報をチェックするようにしてくださいね。

(6)条件交渉を代行してくれる

転職活動では、内定をもらってから企業側と労働条件の交渉をする必要があります。

自分が今後働く企業と交渉するため、あまり強気に出られなくて損をしてしまう、なんてことも少なくありません。

この条件交渉を苦手に思う人も多いでしょう。

転職エージェントではこの条件交渉をアドバイザーが代行してくれます。

第三者が介入してくれますので、企業側・利用者側、双方が納得できる条件で入職できる可能性が高くなります。

採用担当からのポイント

この条件交渉は必ず成功するとは限らないので、過度な期待は禁物です。

私の職場も転職者の給与は経験年数や年齢で基準があるので、交渉しても給与などの労働条件は変わりません。

このメリットは、交渉の余地のある企業へ入職する場合に限られます。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリット

(1)アドバイザー(担当者)との相性がある

人間同士ですので、合う・合わないがあるのは当たり前です。

相手は転職のプロではありますが、年代・性別・転職エージェントとしても経験年数はバラバラです。

なんとなく会話のテンポがあわない、なんてこともあります。

担当者との相性で、その後の転職活動が左右されることもあります。

合わない担当者と、頑張って合わせる必要はありません。

担当者を変わってもらうことも可能です。

または違う転職エージェントを利用する、というのも一つの手です。

(2)連絡が多い

転職エージェントに登録すると担当者から連絡が来ます。

担当者は利用者の希望に合う求人があるたびに連絡しますし、その後応募するのかどうかの確認をするためにも連絡します。

利用者がしっかりと意思表示をしないと、余計に連絡は多くなります。

仕事をしながら転職活動をする場合、この連絡が多いことが煩わしくなってくることもあります。

最近の転職エージェントはLINEやメールでやり取りできるものが増えているので、賢く利用したいですね。

転職エージェント利用に向いている人

転職エージェント利用に向いている人

(1)転職が初めての人

転職が初めてで何をしたらいいのか分からない、という人は転職エージェントの利用をおすすめします。

前述のように、転職に必要な項目について一つ一つしっかりとサポートを受けられます。

また、転職における基本的なノウハウについても教えてもらえますので、使わない手はありません。

(2)キャリアプランが不明瞭な人

「自分が何をしたいのかはっきりしない」「将来像がぼんやりしてる」「キャリアアップのために何をしたらいいのかわからない」と自分のキャリアプランがはっきりしていない人は転職エージェントを利用するといいでしょう。

転職エージェントではキャリアコンサルタントによるキャリアカウンセリングを受けられるところが多いです。

自分の今までの職歴や経験・スキルを洗い出し、自己分析をして今後のキャリアについて考える手助けをしてもらえます。

(3)手厚いサポートを必要としている人

現職で仕事をしながら転職活動をしているため時間がない人にとって、求人の情報収集や精査、応募書類の添削、面接日の日程調整などを代行してもらえるのは助かります。

特に企業の情報収集は企業理解のために必要ではありますが、時間がかかります。

そこをサポートしてもらえれば、転職活動をスムーズに進めることが可能となります。

(4)内定率を上げたい人

転職エージェントでは、応募の際にエージェントからの紹介状が添付されることが多いです。

また、第三者による応募書類の添削、面接対策があることで書類通過率・面接通過率を上げることができます。

自分一人で書類を見直していても間違いや不備には気づきにくいものです。

面接に関しても同様で、1人で練習していても気づかない部分があるでしょう。

そこを第三者、しかも転職のプロに見てもらえれば鬼に金棒です。

転職エージェントと転職サイトを併用すると良い

転職エージェントと転職サイトを併用すると良い

ここまで、転職エージェントと転職サイトの違いやメリット・デメリットをご説明しましたが、どちらを利用した方が良いのか迷う人もいると思います。

結論としては、どちらにもメリットがあるため、デメリットを考慮しながら転職エージェントと転職サイトを併用するのがベストです。

使い方としては、転職エージェントの担当者が希望に合う求人を紹介してくれるまで少し時間がかかるので、並行して検索型の転職サイトを利用し自分で求人を検索していくと良いでしょう。

自分で検索することで、求人の種類や給与や労働条件の相場を確認することができ、転職エージェントのアドバイザーが紹介してくれる求人と比較することもできます。

転職エージェントは一般には公開されていない条件の良い非公開求人を紹介してくれるので、多少時間がかかっても紹介を待つことが大切です。

転職エージェントと転職サイトを併用して両者のメリットを活かすことで、転職活動を効率良く進めることができますね。

転職サイトのおすすめ

転職サイトのおすすめ

転職サイト、転職エージェントは様々な種類があるため、しっかり比較して「求人数が多く」「第三者機関の調査で利用者満足度が高いもの」を選ぶことが大切です。

採用担当の視点でおすすめする転職サイト、転職エージェントは以下の記事を参考にしてください。

まとめ

・転職サイトは転職に関わる全てを自分で行う必要があるが、自分のペースで転職活動を進められる。

・転職エージェントは非公開求人を紹介してもらえるだけでなく、転職におけるサポートを受けることができる。

・どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合ったサービスを選択することが転職成功のカギ。

転職サイトと転職エージェントの違い、利用のメリット・デメリット、おすすめの利用方法についてご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

令和2年転職者実態調査の概況|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

職業キャリア形成の変化 – 内閣府 (cao.go.jp)

統計局ホームページ/増加傾向が続く転職者の状況(stat.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事