転職ノウハウ

転職活動ストレス|採用のプロが転職活動や転職後のストレスの対処方法教えます

転職活動や転職後のストレスの対処方法

転職活動のストレスはどう解消すればいい??
転職後はストレス溜まる??

企業の採用担当の私がこんな疑問にお答えします。

転職活動中のストレスには、以下のものがあります。

時間がないことがストレス

休めないことがストレス

内定が出ないことがストレス

また、転職後のストレスには、以下のものがあります。

新しい環境に馴染めない

新しい人間関係

仕事内容がイメージと違う

この記事では、企業の採用担当の私が転職活動中のストレス、転職後のストレスの対処方法について解説します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職活動中のストレス、転職後のストレスは何かがわかります。

転職活動中のストレス、転職後のストレスの対処方法がわかります。

ストレスなく求人を探す方法がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職には様々なストレスがある

転職には様々なストレスがある

転職活動を進めていると、様々なことにストレスを感じるようになります。

現職で働くこと自体がストレスになっている場合もあります。

そして転職活動を通して、さらにストレスが強くなることもあるでしょう。

また、転職が成功して新しい職場に入職すると、また違うストレスがかかったりもします。

そもそもストレスとは何なのでしょうか。

ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。

外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。

つまり、日常の中で起こる様々な変化がストレスの原因になり、日々何気なく過ごしている時にも何らかのストレスは生じていることになります。

では転職活動中、転職後に感じるストレスにはどんなものがあるのでしょうか。

詳しくご説明します。

転職活動中のストレスと対処方法

まずは、転職活動中のストレスをご説明します。

(1)時間がないことがストレス

転職活動中のストレス
多くの人は現職で仕事をしながら転職活動を行うことになると思います。

その場合、通常の仕事をこなしながら、転職活動の時間を捻出する必要があります。

仕事の休憩時間や、業務終了後、休日や休暇中に、求人探しや、提出書類の作成、面接対策を行うことになり、時間がありません。

複数社応募するのであればなおさらです。

空いた時間に転職活動を行う、ということを意識的に行わないと、なかなか時間を捻出することができません。

仕事を辞めて転職活動に専念したい、という気持ちもわいてきます。

この時間のないことが、かなりのストレスになります。

ストレスの対処方法

多くの転職希望者は仕事をしながら転職活動をしています。

なので、時間がなくて思うように転職活動ができない状況は、みんな同じです。

焦る必要はありません。

自分のペースで進めていきましょう。

焦って求人探しや企業リサーチを十分に行わないまま転職した場合、今より給与などの労働条件を悪化させてしまったり、望まない仕事をすることになってしまいます。

ちなみに私が30歳で転職したときは、毎日遅くまで残業して休日出勤も多かったので、なかなか転職活動に時間が割けませんでしたが、「ここで焦ったり、妥協しては元も子もない!」と自分に言い聞かせて自分のペースで転職活動を進めていきました。

結局転職するまでに年単位の時間はかかりましたが、年収は2倍になり、休日もしっかり休めてプライベートの時間も取れる職場へ転職することができました。

なので、「自分のペースで転職活動を進めれば必ず希望の職場へ転職できる」と考えて、ストレスを溜めないようにしていきましょう。

時間がない中で少しでも効率良く転職活動を進めるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは担当のアドバイザーが、膨大な求人情報の中から、希望の転職条件に合う求人を探してきてくれます。

また、履歴書のチェックや面接対策、企業との面接などの日程調整も行ってくれるので、かなり時間が省けます。

(2)休めないことがストレス

転職活動中のストレス
前述の通り、仕事をしながら転職活動をする場合、就業後や休日、休暇を使って転職活動を進めます。

そうなると、自分の体や心を休める時間が無くなってきます。

少し休まないと、とは思いますが、「早く転職活動を進めたい」「早く転職したい」と思うあまり、無理をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

これを長く続けていると確実にストレスが溜まります。

ストレスの対処方法

転職活動もメリハリが大切です。

早く転職したい気持ちは分かりますが、しっかり休みも取らずに頭も体も疲れてくると、正常な判断もできなくなって転職に失敗してしまいます。

なので、頑張る日もあってもいいですが、適度に休みも入れてリフレッシュしながら転職活動を進めていきましょう。

転職先が決まるまでには少なく見積っても3か月以上はかかります。

「毎日仕事もしながら転職活動も全力でおこなう」というのは少し無理があります。

また、ストレスを溜めてしまっては、良い転職もできませんし、体を壊してしまったら元も子もありません。

定期的に休んでも、しっかりと一歩一歩着実に転職活動を進めていけば、希望の職場へ転職することは可能です。

採用担当からのポイント

採用担当をしていると、面接でなんだか元気がない応募者がいます。

「転職活動を頑張りすぎなのかな。。」「今の仕事が辛いのかな。。」と心配にはなりますが、良い評価をしてあげることはできません。

どうしてもエネルギーと希望に溢れた元気な応募者に魅力を感じてしまいます。

なので、しっかり休んで、最低限面接には元気な状態で臨めるように調整することが大切ですね。

(3)内定が出ないことがストレス

転職活動中のストレス

時間がない中、休み返上で転職活動をしているのに、なかなか採用内定がもらえないと、「本当に転職できるのだろうか」「自分は価値がないんじゃないか」と不安が大きくなります。

肉体的にも精神的にも疲労がつのってストレスになります。

ストレスの対処方法

どんなに優秀な人でも、企業の求めている人材像とマッチしていなれば不採用になります。

なので、不採用になっても必要以上に気にすることはありません。

面接でうまく答えられなかった点や、筆記試験での改善点を客観的に分析して改善すれば問題なしです。

「不採用になってからが本番」と考えて、別の企業に応募しましょう。

採用担当からのポイント

採用の選考で、私が高評価した応募者を、権限のある役員が不採用にすることがあります。

理由を聞くと「服装や髪型が気になる」「質問に対しての答えがパーフェクトすぎる」など、私からすると「古い考え方だな。。」「パーフェクトで何が悪いんだろう。。」と思うことがあります。

何が言いたいのかというと、不採用になる理由は面接官の偏った考え方や、曖昧な理由であることが多いということです。

なので、不採用になったからと言って、気にすることはありません。

正しい評価をしてくれる企業へ応募しましょう。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、5社の採用試験を受けています。

筆記試験で3社不採用になって、1社は面接で不採用、5社目で採用内定をもらうことができました。

不採用になった時は正直がっかりしますが、冷静に不採用になった理由を分析して次の応募に備えました。

また、複数社並行して応募していくことで、「次の企業の選考で頑張ればいいや」と思えるので、ストレスも軽減できます。

ストレスなく転職活動を進めるポイント

転職のストレス対処方法
ストレスの解消方法は人それぞれです。

寝ればスッキリする人もいれば、食べて発散する人も。

運動、お風呂、買い物などなど、自分にあったストレス解消方法を知ることも大切です。

ここでは、ストレスを溜めないで転職活動を進める方法をご説明します。

ポイント1)準備万端で臨む

転職のストレス対処方法

企業調査、書類準備や面接対策など、転職活動において“準備”をする機会は多いです。

「これくらいでいいかな」「こんなもんかな」と妥協をすることもありますが、もう少し頑張って準備を十分に行うことで心に余裕が生まれます。

準備をすること自体がストレスになるかもしれませんが、一度こなしてしまえば後が楽になります。

準備にしっかりと時間をかけていくことで、結果的に焦ったり、不安になったりする頻度が少なくなるため、ストレスなく進めることができます。

ポイント2)転職活動に集中する

転職のストレス対処方法
現職で働きながら転職活動を行うため、転職活動のみに集中することは難しいと考えがちです。

しかし、仕事以外のストレス原因はありませんか?引っ越しが重なっていたりしませんか?結婚・出産を控えていませんか?なるべくライフイベントと転職活動が重ならないように調整をしていくことが必要です。

転職活動に専念できるように環境を整えるか、タイミングを調整することも大切ですね。

ポイント3)休むときは休む

転職のストレス対処方法
何事もメリハリをつけることが大切です。

仕事をしながらの転職活動では休日や休暇を使って活動をすることもあるでしょう。

しかし、休むことも大切です。

休むことで体だけでなく心もリフレッシュできます。

早く転職をしたいから、と焦って休みを取らないでいると、身体も心も疲れてしまい結果的に効率が悪くなってしまいます。

自分がどうすればリフレッシュできるのか、を把握して上手にリフレッシュしていくことが転職成功への近道となります。

ポイント4)1人で悩まない

転職のストレス対処方法
転職活動が思うように進まないとストレスを感じますが、1人で悶々と悩んでいてもらちがあきません。

考えが堂々巡りになるだけで、よい解決策は見つけられないものです。

リフレッシュも兼ねて友人に相談してみるのも一つの手です。

何か違う視点から突破口が開けるかもしれません。

また、転職エージェントに登録してアドバイザーに相談してもいいですね。

転職のプロですので、相談することで心の重荷を下ろすことができます。

ストレスなく求人を探す方法

ストレスがかからない求人の探し方

求人リサーチは膨大な求人情報をチェックしなければならないため、時間もかかり、ストレスもあります。

なので、便利な転職サイトを賢く利用することで、効率良く求人リサーチができるため、ストレスを軽減することができます。

それでは、具体的な求人の探し方をご説明します。

(1)まずは求人の相場を把握する

転職サイトの賢い使い方

まずは希望する業界の大手企業のホームページをいくつかチェックしていきます。

複数の企業の給与などの労働条件や、仕事内容、求める人材像をチェックして様々な求人情報を見ていくと、だいたいの給与の相場や労働条件を把握することができます。

希望の転職条件に合う求人が見つかったら応募の準備をしていきましょう。

(2)転職エージェントを利用する

転職サイトの賢い使い方

企業のホームページで求人情報をチェックしたら、転職エージェントに登録して担当のアドバイザーに希望に合う求人を紹介してもらいます。

転職エージェントは一般には公開していない条件の良い非公開求人を保有していますので、アドバイザーに希望の条件や持っているスキル、経験を伝えて、限定求人を紹介してもらいましょう。

紹介してもらった求人は、あらかじめ調べておいた給与などの労働条件と比べて、納得のいくものであれば応募する旨をアドバイザーに伝えると、選考の日程を調整してくれます。

転職エージェントは面接の対策も無料でおこなってくれるので、ぜひ活用したいですね。

転職エージェントのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職活動に疲れたり、しんどいと感じたら

仕事をしながら転職活動をしていると、求人探しや応募書類作成、面接対策と、やることが多く疲れてしんどいと感じることがあります。

そんな時は、思い切って転職活動のことは忘れて休止してみましょう。

休止して少し時間が経つと、本当に転職したい気持ちが強い場合は、また転職活動を進めていくモチベーションが出てくるはずです。

少しの休止で転職活動に大きく影響はありません。

しんどいと思いながら求人を探しても、ベストな職場は見つかりづらいですし、面接を受けても良い結果は得られないとも言えます。

採用担当として面接をしていると、とても疲れている応募者がいますが、イキイキと転職希望を伝える応募者と、正直評価に差がついてしまいます。

なので、しんどいと感じたら一旦休みを入れて、心身ともにリフレッシュしてから転職活動を再開することが大切です。

転職活動がバレるかもしれないストレスについて

転職活動には欠かせない転職サイトですが、使い方を間違えると現在の職場に転職活動がバレてしまうリスクもあります。

転職サイトの登録で転職活動が職場にばれる理由とその対処方法を記事にまとめましたので、参考にしてください。

転職後のストレスと対処方法

ここでは、転職後のストレスと対処方法についてご説明します。

(1)新しい環境に馴染めない

転職後のストレス
転職活動が終わり、無事に転職ができたからと言って終わりではありません。

新しい職場で働き始めます。

はじめは慣れない環境で、慣れない仕事をすることにストレスを感じることでしょう。

それでも、いつかは慣れるものです。

はじめは仕方ありません。

淡々と目の前の仕事をこなしていきましょう。

(2)新しい人間関係

転職後のストレス
どんな職種でも全く人と関わらない仕事はなかなかありません。

転職をすることで新しい人間関係を築いていく必要があります。

「人見知りがあるから人と関わることがストレス」「よい人間関係を築いていけるか不安」など不安やストレスもあるでしょう。

まずは清潔な身だしなみで、さわやかな挨拶から心がけていきましょう。

挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいません。

受け身ではなく、意識して積極的に関わっていくことが大切です。

(3)仕事内容がイメージと違う

転職後のストレス
転職後にできると思っていた仕事が、実際は全然違う内容だった、聞いていた条件と違う、なんてことがあります。

新天地で頑張ろう、と思っていたのに出鼻をくじかれたような状態です。

思っていた仕事ではなかった場合のストレスは計り知れません。

しかし、この仕事内容に関するギャップは、転職活動中にしっかりと業界・企業について調査し理解していくことで防ぐことができます。

転職エージェントに登録している場合は、アドバイザーにリサーチと確認をお願いしましょう。

転職後のストレスを減らす方法

ここでは、転職後のストレスを減らす方法をご説明します。

転職後は慣れない職場での緊張や新しい仕事で疲労が溜まります。

できるだけ、ストレスを減らしていきたいですね。

(1)「慣れるまで」という意識を持つ

転職のストレス対処方法
誰しも転職してすぐに新しい職場に馴染めるわけではありません。

すぐに人間関係を構築できる。すぐに仕事を覚えて活躍できる。それは少し難しいですね。

職場に馴染んで、新しい仕事に慣れるまでにはある程度の時間が必要です。

その間はストレスも抱えることになるでしょう。

しかし、慣れてしまえばストレスも減っていきます。

少しの間の辛抱です。

転職してしまえば、今まで転職活動に費やしていた時間を自分の時間として使えます。

上手にストレス発散をしていきましょう。

(2)周りを頼る

転職のストレス対処方法
社会人経験があっても新しい職場では新人です。

何もかも一人で頑張る必要はありません。

分からないことは分からない、と言って大丈夫です。下手なプライドは捨てて周りを頼っていきましょう。

そして一人ずつ味方を増やしていけばいいのです。

そうすることで自分自身が働きやすい環境が整っていきます。

(3)相談する

転職のストレス対処方法
転職活動の際に転職エージェントを利用していたのであれば、転職成功後もアドバイザーに相談ができます。

多くの転職エージェントが入社後のフォローを積極的に行っているため、気軽に相談してみましょう。

人に話を聞いてもらうだけでも心が落ち着きますし、転職プロから適切なアドバイスをもらうことができます。

転職のストレスはいつまで続くのか

転職してからの様々なストレスは、一般的に2~3ヶ月もすれば解消することが多いと言えます。

上述のとおり、仕事や職場の環境に慣れてくることで、多くのストレスは自然に解消してくるでしょう。

また、最初のうちは緊張から逆にストレスを感じていなくても、数カ月たつと緊張の糸が切れてきて、どっと疲れがでてストレスを感じるなんてこともあります。

転職後は必要以上に頑張ることはせず、自然体で仕事に臨むことをおすすめします。

それがストレスを最小限にするコツでもあります。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

転職のストレス【まとめ】

・転職活動中、転職後のストレス内容はそれぞれ異なる。ストレスの解消方法も人によって様々。

・まずは心身ともにリフレッシュできる方法を見つけることが大切。

・一人で悩まずに、第三者に相談していくことでストレスを解消することができる。

転職活動中のストレス、転職後のストレスの対処方法をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

令和2年転職者実態調査の概況|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事