転職ノウハウ

転職書類選考通過率|採用のプロがあなたの転職の書類選考の通過率上げます

転職の書類選考の通過率上げます

転職の書類選考の通過率ってどのくらい??

転職の書類選考を通過するにはどうしたらいい??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

結論、転職においての書類選考の通過率は、30%~50%程度です。

企業規模や応募人数、合格予定人数によりますが、だいたい3分の1~半分くらいの人が通過する計算です。

反対に言うと、半分以上の応募者が書類選考で不採用になっているということです。

書類選考で通過率が低い人の特徴はこちらです。

書類形式の不備がある

書類の記載方法に問題がある

記載内容に問題がある

応募条件を満たしていない

希望条件に問題がある

用語の不備がある

読みづらい・字が汚い

また、書類選考の通過率を上げる方法はこちらです。

まずは自己分析をしっかり行う

経験・キャリアの整理を行う

企業研究を念入りにする

アピールポイントを絞る

第三者チェックをする

転職エージェントを利用する

履歴書などの書類の書き方は気をつけるべきポイントがあります。

このポイントをクリアしておけば、採用される確率は格段に上がります。

採用担当をしていると、しっかり書類が作成できない人が多いと感じます。

少し注意すれば評価を下げなくて済むので、書類提出前にチェックすることが大切ですね。

この記事では企業の採用部門で働く私が、転職の書類選考の通過率が低い人の特徴と、書類選考の通過率を上げる方法をご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事でわかること

転職の書類選考の通過率が低い人の特徴がわかります。

転職の書類選考の通過率を上げる方法がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

ブラック企業からの転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職の書類選考の通過率が低い人の特徴

まずはじめに、書類選考の通過率が低い人の特徴をご説明します。

採用担当をしていると、意外と多くの人が当てはまります。

簡単に対策できることなので、ぜひチェックしていただき、書類選考の通過率を上げてくださいね。

(1)書類形式の不備がある


転職の書類選考の通過率が低い人は、書類形式の不備があることが多いです。

転職で必要となる履歴書などの書類は用紙の種類やサイズ、証明写真のサイズなどを指定されている場合も多くあります。

それらの形式に合わない書類を提出してしまうと「確認がしっかりできない人」というネガティブな印象を与えてしまいます。

決まった形式がある場合は、それに沿って書類の準備を行いましょう。

また、パソコンを使用して書類を作成して用紙に印刷した場合、文字が枠からはみ出していた、消えてしまっている、なんてこともります。

印刷した後に最終確認をしっかり行うことが必要ですね。

(2)書類の記載方法に問題がある


転職の書類選考の通過率が低い人は、書類の記載方法に問題があることが多いです。

書類に誤字・脱字が多いと「確認が不十分なタイプなのではないか」「仕事でも不注意が多くなるのではないか」といった印象を与えてしまいます。

書類の記載が終わったら、しっかりと見直しをすることが必要です。

また、書類を手書きで記載していて間違いを発見した場合、修正テープや修正液を使用して修正を行うことも、NGです。

その時点で、常識がないとしてほとんど不採用にしてしまいます。

間違えたときは、基本的には最初から書き直しをしましょう。

時間がなくてどうしても書き直しができずに訂正する場合は、該当箇所に打ち消し二重線をひき訂正印を押す方法もありますが、これも評価は下がるのでできるだけ書き直したほうが無難です。

そして、書類記載時に使用する筆記用具にも注意が必要です。

消すことができるボールペンや鉛筆での記載はNGです。

油性のボールペンなど、乾きやすくにじみにくいものを使用します。

また、途中でペンを変えるのは控えます。

急に文字の質が変わる人が結構います。

同じペンを用意しておくか、記載する前にインクの残量を確認しておきます。

(3)記載内容に問題がある


転職の書類選考の通過率が低い人は、記載内容に問題があることが多いです。

応募企業が求めていることとズレた内容でアピールしていても意味がありません。

「自己分析が不十分である」
「求めている人材をわかっていない」
「企業についての勉強不足」

と捉えられてしまいます。

また、自分のアピールポイントについて簡潔に記載しすぎて、具体的なエピソードが書かれていないと、採用側もどう評価・判断すればいいのかが分からなくなってしまいます。

・何を、どのように頑張って
・どんな結果をもたらして
・どう自分のスキルとなったのか

などを具体的に記載していきましょう。

(4)応募条件を満たしていない


転職の書類選考の通過率が低い人は、応募条件を満たしていない場合があります。

企業が公開している求人には、求める人材、求める経験や資格、求めるスキルが表示されています。

求人に記載されていることは目安ではありますが、応募者が企業の求める条件と大きく乖離していると書類選考の時点で落ちてしまいます。

採用担当をしていると、応募条件を満たしていない応募者が一定数います。

せっかく頑張って応募しても不採用になってしまうので、応募する前に確認が大切ですね。

(5)希望条件に問題がある


転職の書類選考の通過率が低い人は、希望条件に問題がある場合があります。

応募者が企業側に希望している条件、年収や勤務地、ポジションなどに空きがない場合は書類選考の時点で見送られてしまう可能性があるので、よく求人を確認する必要があります。

また、応募者の将来のビジョンと企業としての方向性が一致しない場合も選考通過は難しくなります。

(6)用語の不備がある


転職の書類選考の通過率が低い人は、用語の不備があることが多いです。

応募書類で一般的でない用語を使用したり、業界用語を使用したりすると、どんなに具体的にアピールをしても、記載内容が上手く伝わらない可能性があります。

また、「相手の立場に立って考えられない人」「コミュニケーション能力が乏しいのではないか」とみられてしまう可能性があります。

できるだけ専門用語や業界用語ではなく、一般的に伝わる表現を使用するように気をつけましょう。

(7)読みづらい・字が汚い


転職の書類選考の通過率が低い人は、書類が読みづらい・字が汚いことが多いです。

書類選考に通るか否かは、採用担当が応募者に「会ってみたい」と思うかどうかが重要です。

まず字が汚いと読むのも大変です。

読む気も起きません。

また、丁寧に書類を書いていないことから「本当に希望しているの?」「志望度が低いのでは?」と思われてしまう可能性が高いです。

文章に関しても同様で、読みづらい文章は読むのも一苦労です。

読んだとしても文章構成が悪いと内容を理解することも困難となります。

転職の書類選考の通過率を上げる方法

ここからは、採用担当の視点で、書類選考の通過率を上げる方法をご説明します。

(1)まずは自己分析をしっかり行う


転職の書類選考の通過率を上げるには、「まずは自己分析をしっかり行う」ことが大切です。

自分の適性、強みについての自己分析を行います。

学生時代や社会人経験の中で「こんなことが得意」「こんなことが好き」ということについて書き出していきます。

その中から自分の強みはどんなところにあるのか、それを裏付けるためのエピソードを追加していきましょう。

また、転職にあたり、転職する目的、希望条件と絶対に譲れない条件、将来のビジョンを明確にしておくことが大切です。

ここがはっきりしていないと、転職の軸がぶれてしまい、書類に記載してあることにも説得力や一貫性がなくなり、不採用になる確率が高くなります。

(2)経験・キャリアの整理を行う


転職の書類選考の通過率を上げるには、「経験・キャリアの整理をする」ことが大切です。

前職・現職ではどんな仕事をし、どんな経験を得ることができたのかをまとめます。

仕事上困難なことがあった場合は、それをどんな風に乗り越えたのか・対処したのか、という具体的なエピソードを記載します。

その際、達成率や業績がある場合は、数字を用いて記載した方が結果が目に見えるのでわかりやすいですね。

書類を読んだ採用担当者が、応募者の仕事への取り組み方を見極めることができるよう、簡潔でありながらも具体的に記載していきましょう。

また、資格を持っている場合は資格名を記載するとともに、その資格を実務にどう活かしていけていたのかを記載しておくといいですね。

(3)企業研究を念入りにする


転職の書類選考の通過率を上げるには、「企業研究をする」ことが大切です。

応募する企業の情報は、企業ホームページや求人サイトで隅々までチェックしておきます。

企業が求めている人材、企業としての将来的なビジョン、企業風土などを知ることができます。

また、該当企業だけでなく、同業他社と比較をすることで、その企業が業界においてどのような立ち位置にあるのかを知ることもできます。

応募書類には志望動機を書く欄が必ずありますが、企業研究をしたうえで、その企業でしかできない仕事を具体的に記載することが大切です。

また、記載内容もあまりにもその企業の実態とズレていると、採用担当も「この応募者はうちの会社のことをあまり調べてないな。。」「第一志望ではないな。。」と、不採用にしてしまいます。

(4)アピールポイントを絞る


転職の書類選考の通過率を上げるには、「アピールポイントを絞る」ことが大切です。

企業研究の後、自分の今までの経験やスキルが応募する企業が望むスキルと合致する部分を見極めていきます。

その合致した部分がアピールポイントになります。

応募者のなかには、あれもこれもとアピールする人がいますが、それよりは企業が望むスキルをピンポイントでアピールしてくる応募者に高評価をします。

これぞというアピールポイントを考えて、応募書類に記載しましょう。

それだけで、書類選考の通過率は上がります。

(5)自分に興味を持ってもらう内容を記載する

自分に興味を持ってもらう内容を記載する

転職の書類選考の通過率を上げるには、「自分に興味を持ってもらう内容を記載する」ことが大切です。

採用担当は選考で数百枚の応募書類を確認しています。

応募書類には「特徴がなく当たり障りのない内容」が書かれていることが多く、どれを通過させるかかなり悩みます。

そのなかでも、採用担当の興味を引く内容が書かれている書類がまれにあり、

「面接で会ってみたい」

「もっと詳しく聞いてみたい」

と思うものがあります。

採用担当に「会ってみたい」と思わせることができれば、確実に書類選考は通過できます。

例えば、私が転職活動をしたときは、提出書類に

「前職で身につけたシステムエンジニアとしてのスキルと経験を活かして、社内システムの導入の際には、経費を削減することができます」

と記載しました。

面接では、大多数の面接官がこの経費削減の方法について興味を持っていて、かなり質問されたのを覚えています。

結果、質問に対しても自分の得意分野の話なので的確に答えることができ、内定をもらうことができました。

このように、

「自分が企業に対して貢献できること」

「自分を採用することで企業にどんなメリットがあるのか」

を記載することで、採用担当の興味を引き、書類選考の通過率を上げることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

(6)第三者チェックをする


転職の書類選考の通過率を上げるには、「第三者チェックをする」ことが大切です。

書類作成をしたら、必ず第三者にチェックをしてもらいましょう。

自分一人で確認すると見慣れてしまうこともあり、誤字・脱字や不備に気付きづらいです。

他者に見てもらうことで、読み手に伝わる簡潔で分かりやすい文章になっているのかどうかを確認することができます。

チェックしてもらうのは家族でもかまいませんが、できれば転職のプロである転職エージェントのアドバイザーやハローワークの担当者に確認してもらうとより良いです。

採用担当からすると、書類に不備がある応募者は意外と多いです。

しかも第三者が見れば、すぐに気づくような内容であることも多いと言えます。

通過率を上げるために、ぜひ第三者チェックを取り入れてみてくださいね。

(7)転職エージェントを利用する

転職の書類選考の通過率を上げるには、転職エージェントを利用すると良いです。

転職エージェントは担当のアドバイザーが履歴書などの提出書類のチェックや添削を無料で行ってくれるので、書類の完成度が格段に上がります。

また、企業の求めている人材を把握しているため、逆算して書類に何を記載したら良いかがわかります。

本命の企業に応募する際には、アドバイザーに相談することをおすすめします。

転職エージェントは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職エージェントのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職の書類選考の期間はどれくらい?

転職の書類選考の期間はどのくらいなのか、採用担当の感覚でお答えします。

書類選考の期間は、企業規模や応募者数によりますが、私の会社では2~3週間です。

毎回数百人の応募があるため、全員の書類に目を通るのもかなり時間を要します。

さらに一つ一つ評価して、通過させるものと不採用にするものを仕分けするため、2~3週間でもぎりぎりです。

転職活動をする際は、書類選考のタイムラグも考慮しながら、複数社に応募しておくのがベストです。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職においての書類選考の通過率は、30%~50%

・反対に言うと、半分以上の応募者が書類選考で不採用になっている

・履歴書などの書類の書き方は気をつけるべきポイントがあるため、このポイントをクリアしておけば、書類選考の通過率は格段に上がる

転職の書類選考の通過率が低い人の特徴と、書類選考の通過率を上げる方法をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事