転職サイトおすすめ

医師転職サイトおすすめランキング

医師転職サイトおすすめ

医師転職サイトのおすすめはどれ??

たくさんあってどれを選んでいいのかわからない。。

企業の採用担当の私がこんな疑問にお答えします。

医師転職サイトおすすめランキングはこちらです。

サイト名求人数
1Dr.転職なび約14,000件
2リクルートドクターズキャリア約16,000件
3民間医局約28,000件
4マイナビDOCTOR医療機関取引数20,000件
5エムスリーキャリア約13,000件
6医師転職ドットコム約24,000件
7MCドクターズネット約1,700件
8美容医師求人ガイド非公開
9ドクタービジョン約15,000件
10Medical Tribuneキャリア約12,000件

医師が転職をする際には、コネクションを利用して職場を探すことが多いですが、転職サイトにも良い条件で入職できる職場は意外と多いと言えます。

そんな好条件の職場を確認しないまま転職先を決定するのは少しもったいないですね。

売り手市場である医師としての強みを最大限活かして収入アップや労働条件を改善していきましょう。

そして、転職サイトは医師専門の転職サイトを利用することが大切です。

一般の転職サイトでは、確認できる求人の数も少なく、担当者も医療業界に詳しくないことが多いです。

持っているスキルや経験を最大限評価してくれる職場を見つけるには、医師専門の転職サイトで紹介される求人を比較しながら、職場を精査していくことが必須となります。

この記事では企業の採用担当の私が、おすすめの医師転職サイトをご紹介するとともに、利用する際のコツについてもご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

※この記事でおすすめする転職サイトは、登録や利用が完全無料のものに絞っています。

この記事の執筆者

ナース裕美(緒方裕美)

ナース裕美(緒方裕美)写真

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務後独立。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

『ナース裕美の看護師転職サイト早わかり解説』(Kindle)著者。

看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

採用担当として転職サイトを10年以上研究している転職サイト評論家でもある。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

当メディアは厚生労働省が規定している職業紹介責任者が監修しています。

労働者派遣事業・職業紹介事業等

医師転職サイトおすすめランキング1)Dr.転職なび

医師転職サイトおすすめ1)DR転職ナビ

Dr.転職なびの公式サイト

【公式サイト】Dr.転職なび

Dr.転職なびの求人数

約14,000件

Dr.転職なびのおすすめポイント

①総合満足度97%

『Dr.転職なび』は、利用者アンケートの結果、総合満足度が97%と高いです。

満足度が高いということは、満足のいくサポートが受けられた、満足のいく転職先が見つかった、ということです。

希望にあった転職ができるのは嬉しいですね。

②専任エージェントは全員が医療経営士をもっている

『Dr.転職なび』のエージェントは、全員医療経営士の資格を保有しています。

医療経営士とは、医療機関をマネジメントする上で必要な医療および経営に関する知識と、 経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材です。

そのため、医療施設と医師とのマッチングに自信があります。

③個人情報の管理体制が整っている

『Dr.転職なび』では個人情報の管理体制が整っており、本人の許可なく医療機関に提示しないこととしています。

転職活動を現職の医療施設に内緒で行っている利用者は多いですので、必要以上に個人情報がさらされない、ということはとても大切です。

転職活動自体を匿名で行っていけるため安心です。

④転職するかどうか迷っていても相談可能

転職活動を始めたら、絶対に転職しなくてはいけない、なんてことはありません。

『Dr.転職なび』では、転職に迷っている人の相談も可能です。

転職をするか迷っている。今の職場でキャリアを積めるのか心配。どんな職場が自分にあっているのか。

そんな相談でも大丈夫です。

Dr.転職なびの対応科目

内科系

一般内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、内分泌科、人工透析内科、腎臓内科、神経内科、心療内科、老年内科、血液内科、漢方内科

外科系

一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科 、形成外科、美容外科、肛門外科、小児外科

他の専門

精神科、健診・ドック、小児科、皮膚科、美容皮膚科、泌尿器科、産婦人科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、麻酔科、放射線科、病理診断科、総合診療科、救急科、緩和ケア科、リウマチ科、神経科、小児神経科、産科、産業医関連、ストレスチェック関連、臨床検査科、その他専門科目

医師転職サイトおすすめランキング2)リクルートドクターズキャリア

医師転職サイトおすすめ2)リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの公式サイト

【公式サイト】リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの求人数

約16,000件

リクルートドクターズキャリアのおすすめポイント

①医師専門の転職実績40年

『リクルートドクターズキャリア』は、医師専門の転職支援歴40年の実績を持ちます。

また、転職支援実績トップクラスのリクルートが運営しているため、転職活動のノウハウを豊富に保有しています。

②内部情報を詳しく教えてくれる

『リクルートドクターズキャリア』は、大手リクルートが運営しています。また、医師専門の転職支援会社としても長年の実績を誇ります。

長年の実績から、医療施設とも太いパイプを持っているため、求人票には掲載されていない、現場の実情や人間関係、医師の体制、求人募集の背景、学会参加時の補助、オンコールの実態、勤務時間の実態などの内部情報の提供も可能です。

③プレミアム非公開求人もある

『リクルートドクターズキャリア』ではプレミアム非公開求人も保有しています。

業界経験・実績ともに豊富なヘッドハンターが獲得する、リクルートドクターズキャリア独自のプレミアムな非公開求人です。

条件がマッチする利用者に対し、特別オファーメールが送られてきます。

④秘密厳守

『リクルートドクターズキャリア』では、利用者の登録情報などの秘密厳守を徹底しています。

現職の医療施設へ転職活動が漏れることはありません。

安心して転職活動を進めることができます。

リクルートドクターズキャリアの対応科目

内科系すべて

一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、心療内科、神経内科、内分泌・糖尿病・代謝内科、腎臓内科、老人内科、訪問診療

外科系

一般外科、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、
乳腺外科、産婦人科、婦人科、泌尿器科

その他

リハビリテーション科、小児科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科、人工透析、麻酔科、救命救急、総合診療科、緩和ケア、美容外科・美容皮膚、人間ドック・健診、産業医、老健施設、病理診断科

医師転職サイトおすすめランキング3)民間医局

医師転職サイトおすすめ3)民間医局

民間医局の公式サイト

【公式サイト】民間医局

民間医局の求人数

約28,000件

民間医局のおすすめポイント

①転職関わる面倒な手続きを全て代行してくれる

『民間医局』では、専任のエージェントが転職活動の様々な場面でサポートしてくれます。

求人のご紹介はもちろんのこと、面接の同行、条件交渉、アフターフォローまで行います。

求人のリサーチや精査、書類の準備や面接日の設定などは手間もかかります。

それらを全て代行してもらえるので助かります。

②エージェントが各地の医療機関に訪問し情報を集めている

『民間医局』は全国に17拠点を構えています。

それぞれの地域に密着しているからこそ、医療施設の情報だけでなく、地域の情報も豊富に保有しています。

Iターン・Uターンにも強いのが特徴です。

③スポット求人もある

スポット求人とは、一日からの単発アルバイトを指します。

カレンダーから希望日を選んで求人を検索することができます。

単発のアルバイトですので、一日でもOKです。

手軽に求人が検索できるのが便利です。

④医師賠償責任保険や福利厚生サービスも提供してくれる

『民間医局』では、転職サポートだけでなく、医師向けの賠償保険サービスや福利厚生サービスの提供もしています。

賠償保険が割引で加入出来たり、家事代行サービスなどが利用出来たりと便利です。

⑤転職しようか迷っていても登録可能

転職活動をしたら、必ず転職をしなくてはいけない、なんてことはありません。

『民間医局』では、転職に迷っている人も登録が可能です。

「今の職場で悩んでいること」

「今の職場の不満」

などを担当エージェントに相談し、転職をするのか、今の職場で継続するのかを決めていくことができます。

キャリアについての相談にも乗ってもらえるため心強いです。

⑥転職活動がばれにくい

『民間医局』では、転職活動で医療機関に個人情報を提示する場合(履歴書の提出など)も、事前に利用者へ確認をしたうえで実施します。

知らないうちに個人情報が提供されていることがないため安心です。

また、利用者への連絡もメールなのか、電話なのか、指定の方法で連絡を取り合うことが可能です。

民間医局の対応科目

内科系

内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科、心療内科、リウマチ科、総合診療科、糖尿病科、腎臓内科、その他

外科系すべて

外科、整形外科、脳神経外科、消化器外科、形成外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺/内分泌科、その他

その他

麻酔科、産婦人科、精神科、眼科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、放射線科、リハビリテーション科、救急救命科、緩和ケア科、美容皮膚科

医師転職サイトおすすめランキング4)マイナビDOCTOR

医師転職サイトおすすめ4)マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORの公式サイト

【公式サイト】マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORの求人数

医療機関取引数20,000件

マイナビDOCTORで取り扱っている医療機関は2万件以上です。

その取扱い医療機関から、様々な求人が提供されています。

常勤、非常勤、パートなど勤務形態も異なるものが多くあるため、自分の希望に沿った求人が必ず見つかります。

マイナビDOCTORのおすすめポイント

①条件の良い非公開求人を多数保有

『マイナビDOCTOR』では一般に公開していない非公開求人も多数保有しています。

全体の求人の3割は非公開求人です。

非公開求人は、採用を希望する医療機関が外部に情報が漏れることを懸念し、病院名を明かさず募集している求人や、一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件の求人などです。

そのほかマイナビグループの豊富なパイプを活かし、マイナビ独自の求人情報も多数あります。

②営業担当が医療機関と密接な関係を構築している

『マイナビDOCTOR』は、転職や就職情報サイトである「マイナビ」が運営しています。

その他、看護師や薬剤師などの転職支援で多くの医療機関とのパイプを有しています。

多数の転職・就職支援実績があることで、医療機関とも密接な関係を構築しており、独占求人を掲載出来たり、採用に有利となります。

③転職活動をしていることがバレない

マイナビはプライバシーマーク取得企業です。

登録された個人情報はデータ暗号化で保護されています。

転職活動をしていることが周囲にバレることはありませんし、医療機関に個人情報が流出することもありません。

④人材サービス40年の実績がある

マイナビは就職や転職支援サービスを40年以上続けています。

多くの転職希望者の転職支援を実施し、結果も残しています。

長年の実績から転職サポートに対する様々なノウハウを保有しており、そのノウハウをサポートに活かしています。

⑤履歴書・職務経歴書などの応募書類の添削や、応募先に合った面接対策などのアドバイス

『マイナビDOCTOR』では、転職先の紹介だけでなく、職務経歴書など書類の添削、面接対策も受けられます。

面接対策に関しては、それぞれの医療機関に適した対策のアドバイスをもらえます。

⑥面倒なことは全て代行してくれる

現職で仕事をしながら転職活動を進めるのは大変です。

医師の仕事は昼夜を問わず行われるため、転職活動の時間を作ることが難しくなります。

『マイナビDOCTOR』では、時間のかかる面倒なことがらは全て担当者が代行してくれます。

求人の精査、医療機関のリサーチ、見学や面接の日程調整、内定後の条件交渉、退職のための準備、などなど。

様々なことを代行してもらえるため、時間がない中での転職活動もスムーズに進めることができます。

⑥入職後のアフターフォローまである

転職活動は入職して終わり、ではありません。

入職してから問題が生じることもあります。

『マイナビDOCTOR』では、入職後のアフターフォローもあります。

仕事の相談、悩み相談など、様々な事柄のフォローをしてもらえます。

入職後にミスマッチを感じることも少なからずあります。

そのため、入職後にも気軽に相談できる人がいるのは心強いです。

マイナビDOCTORの対応科目

内科系全般

一般内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、神経内科心療内科、老年内科、アレルギー科、リウマチ科、血液内科、膠原病科

外科系全般

一般外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺外科、形成外科、泌尿器科、美容外科、小児外科、大腸・肛門外科

その他

精神科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科、放射線科、産婦人科、婦人科、産科、人工透析科、緩和ケア科、リハビリテーション科、総合診療科、美容皮膚科健診・人間ドック、救急科・ICU、病理科、基礎医学系、スポーツ整形外科、ペインクリニック、その他

医師転職サイトおすすめランキング5)エムスリーキャリア

医師転職サイトおすすめ5)エムスリーキャリア

エムスリーキャリアの公式サイト

【公式サイト】エムスリーキャリア

エムスリーキャリアの求人数

約13,000件

エムスリーキャリアのおすすめポイント

①登録実績が多い

『エムスリーキャリア』は国内最大級の医師専用求人サイトで、医師の転職者登録10年連続No1です。

日本の医師の約9割が会員になっているm3.comサービスの一部です。

求職中の医師の多くが『エムスリーキャリア』に登録しています。

②転職者の満足度96%

『エムスリーキャリア』は転職者の満足度が96%と高い水準をキープしています。

満足度が高いということは、転職に成功した、と感じている人が多いということです。

「満足のいく求人数」

「満足のいくサポート」

「満足のいく条件での入職」

それらが整って初めて転職活動が成功したと言えます。

③年収UP希望者の88.7%が成功

『エムスリーキャリア』では転職の際に年収UPを希望した人の88.7%が「年収UPに成功した」と答えています。

多くの医師が年収を上げることが可能であるということは、それだけ高年収の求人が多いということです。

みんなが皆、年収だけを条件に挙げているわけではありませんが、結果として年収UPが可能、というような求人が豊富に掲載されています。

④非公開求人が多い

『エムスリーキャリア』では非公開求人も豊富に保有しています。

非公開求人は、一般に公開すると応募が殺到してしまうような好条件の求人であることがほとんどです。

『エムスリーキャリア』を利用して転職活動を進めた90%の人が、非公開求人先へ転職しています。

⑤各地域専属の担当者がいる

『エムスリーキャリア』では全国各地の求人を取り扱っていますが、地域ごとに医療事情は異なります。

各地域専属の担当者がいることで、その地域の医療事情に詳しい人が担当者としてついてくれます。

地域に根差したサポートを受けることができるので心強いです。

⑥コンサルタントは全員医療経営士を保有

『エムスリーキャリア』に在籍しているコンサルタントは、全員医療経営士の資格を保有しています。

医療経営士とは、医療機関をマネジメントする上で必要な医療および経営に関する知識と、経営課題を解決する能力を有し、実践的な経営能力を備えた人材です。

そのため、医療施設と医師とのマッチングを得意とします。

エムスリーキャリアの対応科目

一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科、心療内科、神経内科、内分泌内科、老人内科、一般外科、消化器外科、心臓外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、リハビリテーション科、小児科、産婦人科、婦人科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、乳腺外科、泌尿器科、放射線科、人工透析、麻酔科、美容外科、人間ドック・検診、救急

医師転職サイトおすすめ6)医師転職ドットコム

医師転職サイトおすすめ6)医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの公式サイト

【公式サイト】医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの求人数

約24,000件

医師転職ドットコムのおすすめポイント

①5万人以上の転職支援実績がある

『医師転職ドットコム』は累計5万人以上の医師の転職を支援してきています。

多くの転職支援実績を持つことで、医師の転職に対するノウハウを豊富に保有しています。

転職・キャリアについての成功ノウハウを惜しみなく提供してもらえるため心強いです。

②それぞれの地域の情報を集めている

『医師転職ドットコム』では、全国各地の求人を掲載しています。

また、各地域の医療事情だけでなく、地域の特徴や行政の特徴など、幅広い情報を集めて分析しています。

医療施設の情報だけでなく、地域の情報も豊富に保有しているため、転職先を決定する際の判断材料が豊富です。

③利用者満足度93.4%

『医師転職ドットコム』は、自社調査での利用者満足度が93.4%と高い水準をキープしています。

利用者の「納得のいく転職」ができるようサポートをしていきます。

また、忙しい医師のため職場に出向いてヒアリングを行うこともあります。

④転職を勧めないこともある

『医師転職ドットコム』では、転職することだけがすべてではないと考えています。

利用者から現状や悩みなどを丁寧にヒアリングし、場合によっては「転職を勧めない」とアドバイスすることもあります。

その際は、今後のキャリアについてともに考えていけるようにしています。

⑤対応スピードが速い

『医師転職ドットコム』では、専任のコンサルタントが転職活動をサポートします。

利用者の転職活動のペースに合わせ、利用者主体で動いていきます。

そのため、利用者の「スピード満足度」93.0%です。

⑥求人の質満足度85.1%

『医師転職ドットコム』では求人の質の満足度も高めです。

コンサルタントが現地に足を運び、情報収集をすることで、必要な情報を的確に集めてくることが可能です。

また、『医師転職ドットコム』では非公開求人も多数保有しています。

⑦転職活動がバレない

『医師転職ドットコム』では匿名での転職活動が可能です。(個人を特定できない履歴書を作成、話が具体的になるまでは匿名性を担保したまま転職活動を行うことができる)

転職活動をしていることが、現職の医療施設にバレてしまうと仕事がしづらくなってしまいます。

医療業界は狭い業界ですので、どこからバレるかわかりません。

匿名で転職活動を進めることで、活動自体がバレることがありません。

医師転職ドットコム対応科目

内科系

内科、総合診療科、消化器、呼吸器、循環器、腎臓、神経、内分泌・糖尿病・代謝、血液、
老年、人工透析科、リウマチ科、腫瘍

外科系

外科、消化器、呼吸器、心臓血管、脳神経、乳腺、泌尿、整形、形成、美容外科、小児、血管

その他

眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、精神科、心療内科、放射線科、小児科、産婦人科、婦人科、麻酔科、救命救急、ペインクリニック、緩和ケア、美容皮膚科、病理科、在宅診療、健診・人間ドック、リハビリテーション科、集中治療科、AGA、不妊治療、放射線治療科、検査科、産業医、製薬、社医、老健

医師転職サイトおすすめランキング7)MCドクターズネット

医師転職サイトおすすめ7)MCドクターズネット

MCドクターズネットの公式サイト

【公式サイト】MCドクターズネット

MCドクターズネットの求人数

約1,700件

MCドクターズネットのおすすめポイント

①転職活動の全プロセスをサポートしてくれる

『MCドクターズネット』では、転職における様々な場面でサポートを受けることができます。

求人の精査から、面接対策、面接への同行、内定後の条件交渉、入職後のアフターフォローまで。

必要な時に、必要なサポートを受けられるため安心です。

②医療業界に詳しい

『MCドクターズネット』は、メディカルコンシェルジュが運営する医師専門の転職サイトです。

メヂカルコンシェルジュは、医療業界専門の人材サービスですので、医療業界に特別詳しいです。

細心の医療業界事情にも詳しいですので心強いです。

③地域の情報に強い

『MCドクターズネット』では、全国各地の求人が掲載されています。

全国25の拠点を持っているため、各地域の医療業界に詳しくなります。

全国展開とは言え、地域密着型のサポート受けることができます。

④企業の嘱託産業医案件も豊富

『MCドクターズネット』では、医療施設だけでなく、企業の委託産業医の求人案件も多数保有しています。

産業医は、医療施設の医師に比べて労働環境が整っているため人気の職場です。人気のある産業医の案件が豊富なことで、転職先選択の幅が広がります。

⑤アルバイト求人もある

『MCドクターズネット』では、単発アルバイトの案件も多数保有しています。

一日だけの健診バイトなどが多く、日給数万円の案件が多数あるため、選びがいがあります。

⑥個人情報を徹底管理している

『MCドクターズネット』では、個人情報の取り扱いを徹底しています。

転職活動を現職の医療機関に内緒にしている人も多いです。医療業界は狭いので、どこから情報が洩れるかわかりません。

『MCドクターズネット』では本人の了承なく個人情報を提供することはありません。

安心して利用することができます。

⑦転職を迷っていても相談可能

「転職活動を始めたら、必ず転職をしなくてはいけない」

そんなことはありません。

『MCドクターズネット』では、転職をするかどうかの相談だけでも利用可能です。

転職する・しないに関わらず、キャリアの相談にも乗ってもらえます。

気軽に登録して、相談してみるといいですね。

MCドクターズネットの対応科目

内科系すべて

内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、循環器内科、内分泌内科、神経内科、血液内科、老人内科、心療内科

外科系すべて

外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、乳腺外科、泌尿器科、麻酔科

その他

リハビリテーション科、小児科、産婦人科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科、人工透析、救命救急、緩和ケア、健診・人間ドック、産業医、美容外科・美容皮膚科、歯科

医師転職サイトおすすめランキング8)美容医師求人ガイド

医師転職サイトおすすめ8)美容医師求人ガイド

美容医師求人ガイドの公式サイト

【公式サイト】美容医師求人ガイド

美容医師求人ガイドの求人数

非公開

美容医師求人ガイドのおすすめポイント

①美容クリニック専門の転職エージェント

『美容医師求人ガイド』は、美容クリニック専門の転職エージェントです。

美容クリニック専門だからこそ、美容外科・美容皮膚科の求人を、どこよりも豊富に保有しています。

『美容医師求人ガイド』のみで扱う、非公開求人も多数保有しているため、美容クリニックへの転職を考えている人は利用することをおすすめします。

②年収2,000万円以上の求人もある

『美容医師求人ガイド』では、推定年収2,000万円以上の求人が多数あります。

中には年収3,000万円が可能な求人も。

年収UPを希望する人にとっては嬉しいです。

③業界に詳しい

『美容医師求人ガイド』の運営会社は、転職支援だけでなく、美容クリニックの運営に関わるコンサルティングも行っています。

美容クリニックの経営状況についての情報も豊富に保有しているため、経営移譲帯が悪いクリニックを紹介することがありません。

④求人のデメリットもしっかり教えてくれる

求人を精査する際、メリットばかりを前面に押し出してくるサイトは注意が必要です。

入職後に「こんなはずではなかった」となりやすいです。

『美容医師求人ガイド』では、求人のメリットのみでなくデメリットについての情報も提供してくれます。

メリット・デメリットは人によって感じ方が異なります。

ある人にとってメリットでも、違う人にはデメリット、ということもあります。

多くの情報を提供してもらえることで、自分にとってのメリット・デメリットをはっきりさせ、応募先を選定していくことができるのです。

⑤利用者の性格や指向性まで考えて求人を選んでくれる

『美容医師求人ガイド』では、利用者の希望条件だけで求人を紹介することはありません。

条件が希望通りでも、クリニックの雰囲気が利用者に合わなければ長く勤務することは難しくなります。

『美容医師求人ガイド』では、希望条件のみでなく、利用者の性格や指向性まで考えて、トータル的にベストと思われる求人を紹介してくれるため、入職後のミスマッチを最小限に抑えることができます。

⑥美容クリニック未経験でもOK

美容医療は専門性が高い診療科です。

そのため、「美容系が未経験だと転職しづらいのでは」と考えがちですが、そんなこともありません。

実際は、美容クリニックの8割以上が美容系未経験者を採用しています。

また、『美容医師求人ガイド』でも、美容系未経験でも採用OKという求人を多数保有しているので、興味があれば相談してみるといいでしょう。

⑦初期研修医でも登録可能

『美容医師求人ガイド』では、初期研修医の登録も可能です。

専門医を取ってからでないと転職が難しいのではないか、と思われがちですが、そんなことはありません。

初期研修医が終了したとともに美容クリニックに勤務することはできます。

興味があるのであれば、一度相談してみるといいでしょう。

美容医師求人ガイド対応科目

美容クリニック

医師転職サイトおすすめランキング9)ドクタービジョン

医師転職サイトおすすめ9)ドクタービジョン

ドクタービジョンの公式サイト

【公式サイト】ドクターズビジョン

ドクタービジョンの求人数

約15,000件

ドクタービジョンのおすすめポイント

①リサーチ会社の評価が高い

『ドクタービジョン』は、第三者リサーチ機関が行った、利用者アンケートでの評価が高い転職サイトです。

日本マーケティングリサーチ機構の調査で、以下の評価を受けています。

「初めての転職で選ばれる医師転職サイトNo.1」

「スキルアップ・キャリアアップに強い転職サイトNo.1」

「お勧めしたい医師転職サイトNo.1」

第三者機関のリサーチではマイナス意見も出やすいですので、そこで評価が高いということは信頼に値します。

②気持ちや意向を元に転職をサポート

『ドクタービジョン』では、ただ単に転職先を紹介するのではなく、利用者から詳細に話を聞き、様々な要望・諸条件に沿った転職先を紹介しています。

「ワークライフバランスを大切にしたい」

「キャリアアップを望んでいる」

「年収を上げたい」

このような様々な要望でもOKです。

担当者に正直に気持ちや要望を伝えることが大切です。

③転職を勧めないこともある

今ある悩みが転職をすることで全て解消されるとは限りません。

『ドクタービジョン』では、無理な転職は勧めていません。

利用者からの話を聞き、現職のままの方が良ければ転職を勧めないこともあります。

担当者の転職支援実績を稼ぐのではなく、利用者の本当の意味での満足を一番に考えているからこその判断です。

④選択肢を複数提案してくれる

『ドクタービジョン』は提案力が高いのも特徴です。

「自分では気づいていない力に気づき、スキルアップのための転職先を紹介してくれる」

「希望条件に合う転職先はもちろん、さらに踏み込んで気に入りそうな転職先を提案してくれる」

など、選択肢を複数準備してくれることで、転職先の幅が広がります。

⑤コンサルタントが実際に足を運んで現場の雰囲気などの情報を集めている

『ドクタービジョン』では、コンサルタントが実際の医療現場に出向き、現場の実情や雰囲気をリサーチしています。

求人票だけでは分からない内部情報について、詳しくリサーチしてくるため安心です。

⑥求人情報をメールでも受け取れる

医師として忙しく仕事をしていると、私用の電話に出るタイミングが難しいですよね。

『ドクタービジョン』では、求人案内をメールで受け取ることが可能です。

空いた時間にメールをチェックして、好きな時間に求人紹介を受け取ることができるため便利です。

ドクタービジョンの対応科目

内科系

一般内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内科、腎臓内科、神経内科、心療内科、老年内科、その他内科科目

外科系

一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、美容外科、その他外科科目

その他

麻酔科、総合診療科、精神科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、美容皮膚科、泌尿器科、婦人科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、救急科、病理科、産業医、その他

 

医師転職サイトおすすめランキング10)Medical Tribuneキャリア

医師転職サイトおすすめ10)Medical Tribuneキャリア

Medical Tribuneキャリアの公式サイト

【公式サイト】Medical Tribuneキャリア

Medical Tribuneキャリアの求人数

約12,000件

Medical Tribuneキャリアのおすすめポイント

①希少な好条件の求人もある

『Medical Tribuneキャリア』ではWEBでは公開していない好条件の求人を紹介してもらうことが可能です。

希望条件を登録しておけば、希望に合った求人を優先的に紹介してもらうこともできます。

1万2000件以上の求人から利用者にマッチする求人を見つけ出してくれるので安心です。

②利用者の年収、条件UPが90%以上

『Medical Tribuneキャリア』を利用した医師の90%以上が年収UP,労働条件の改善に成功しています。

年収だけ上がって、労働環境が厳しくなってしまっては転職した意味がありません。

年収だけにこだわらず、様々な希望条件をトータル的に満たしている求人を紹介してくれる、提案力に優れています。

③役職、管理職の求人もある

『Medical Tribuneキャリア』では、役職付き、管理職の求人も紹介してもらえます。

役職付き、管理職の求人は、かなり希少です。

条件も良いものが多いです。

キャリアアップを望む利用者にとっては、希少求人を紹介してもらえるので便利です。

④個人情報保護マネジメントシステムで管理

『Medical Tribuneキャリア』では個人情報の管理を徹底しています。

転職活動を現職の医療施設に秘密にしている利用者は多いです。独自のシステムで個人情報を管理し、個人情報が必要以上に流出しないよう徹底的に管理を行っています。

現職にバレるリスクが低いため安心です。

⑤利用者の早期退職率が低い

『Medical Tribuneキャリア』を利用して転職を行った利用者は、転職後の早期退職率が低いのも特徴です。(通常13%のところMedical Tribuneキャリア利用者は2.5%)

早期退職率が低いということは、入職後にミスマッチを感じている人が少ないということです。これは、利用者の意向をしっかり確認し、意向に沿った転職先を紹介しているからこその結果です。

⑥希望に合わなければ辞退も可

応募して、面接を受け、内定をもらったら必ず転職をしなくてはいけないのか。

そんなことはありません。

『Medical Tribuneキャリア』では、内定後の入職自体も可能としています。

「面接を受けたけど、ちょっと違う気がする」

「交渉してきた条件が希望に沿わない」

こんなこともあるでしょう。

無理して転職をするのではなく、本当に納得して転職ができるようにサポートしてくれるのです。

Medical Tribuneキャリアの対応科目

一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、血液内科、心療内科、神経内科、内分泌内科、糖尿病内科、膠原病内科、腎臓内科、肝臓内科、老人内科、漢方内科、内科その他、一般外科、消化器外科、呼吸器外科、形成外科、整形外科、心臓血管外科、血管外科、乳腺外科、脳神経外科、美容外科、外科その他、科目不問、訪問診療、総合診療科、肛門科、リハビリテーション科、小児科、婦人科、産婦人科、産婦人科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、リウマチ科、アレルギー科、泌尿器科、放射線科、人工透析、麻酔科、ペインクリニック、救命救急科、緩和ケア、健診・人間ドック、産業医、老健、病理診断科、 ICU(集中治療室)

医師転職サイトの選び方

医師転職サイトの選び方

ここからは、数ある医師転職サイトをどんな基準で選んだらいいのかをご説明します。

医師専門の転職サイトを選ぶ

転職サイトには、様々な業種を扱う「総合転職サイト」と各業種に絞った「専門転職サイト」があります。

「総合転職サイト」にも医師の求人は掲載されています。

しかし、求人数や求人の質で「専門転職サイト」に劣っているのは明らかです。

「専門転職サイト」は、長年の実績から医療施設と太いパイプを有しており、独自の求人案件を掲載しています。

条件の良い非公開求人も同様です。

また、担当となるコンサルタントも医療業界や医師の仕事に精通しているプロです。

「総合転職サイト」を利用し、医療業界に詳しくない人が担当者になってしまうと適切なサポートを受けられない可能性があります。

満足のいく転職をするためにも、医師専門の転職サイトを利用することをおすすめします。

十分な求人数があるサイトを選ぶ

満足のいく転職をするためには、どれだけ多くの求人を見て、精査し、比較検討して、取捨選択したかにかかっていると言っても過言ではありません。

多くの求人を見ていくことで、給与や労働環境の相場も把握できますし、自分の市場価値を測ることもできます。

そのため、利用する転職サイトは求人数が多いものを選択するといいでしょう。

応募先の選択肢も広がります。

転職エージェントと検索型の転職サイトがある

医師専門の転職サイトには、検索型とエージェント型があります。

検索型は、自分で検索条件にチェックを入れて求人を検索をして、気になった求人に応募していきます。

エージェント型は、登録することで専任のエージェントがつき、求人の紹介から面接日程調整、条件交渉までサポートをしてくれます。

また、自分で検索しながらも、エージェントからの求人紹介もしてもらえる、「検索型+エージェント型」というものも多いです。

自分で求人をチェックして労働条件の相場を把握しながら、求人紹介も受けられるのでおすすめです。

そして、転職活動が初めての人、転職活動に不安がある人はエージェント型を利用すると、様々なサポートを受けられるので安心です。

医師転職サイトには、完全エージェント型で、自分では一切求人が検索できないサイトもあるため、自分で求人をチェックしたい人は、よくリサーチしてから利用する転職サイトを選択していきましょう。

医師転職サイトを利用する際の注意点

医師転職サイトを利用する際の注意点

ここでは、医師転職サイトを利用する際の注意点をご説明します。

効率的に利用するためにも、チェックしてみてください。

複数のサイトに登録しすぎない

転職サイトは複数登録が基本です。

初めから一つの転職サイトに絞ってしまうと、検索できる求人に限りがありますし、担当者と相性が合わなかった場合、転職活動がスムーズに進みません。

複数登録しておくことで、多くの求人を比較検討することができます。

また、一つの転職サイトで担当者と相性が悪くても、他の転職サイトで良い担当者に当たれば問題ありません。

だからと言って4つも、5つも転職サイトに登録してしまうと管理が大変です。

それぞれから求人の紹介のための連絡が来るため、担当者とのやり取りだけでも一苦労です。

また、管理できなくなって好条件の求人を逃してしまう可能性もあります。

自分で管理できる範囲で複数登録しておきましょう。

最初は2~3つの登録をおすすめします。

合わなければ転職サイトを変えるか担当者をチェンジする

転職サイトを利用していると、なんとなく合わない、と感じることもあるでしょう。

「求人が偏っていて自分にあったものが見つけられない」

「担当者との相性が合わない」

「話がかみ合わない」

「希望とは違う求人が紹介される」

「希望するサポートが受けられない」

なんてこともあります。

担当者との相性は、人間同士ですので合う・合わないがあるのは仕方ありません。

そのため、無理して合わせる必要はなく、担当者変更を申し出ても大丈夫です。

または、複数登録しておいた転職サイトで、一番自分に合いそうなサイトを選択していく、というのもいいですね。

しっかり複数の求人を比較する

医師の求人は豊富です。

だからこそしっかりリサーチし、複数の求人を比較して、自分にとってベストな求人を選択することが大切です。

一つ見ただけで「この条件でいい」と妥協してしまうと、後からもっと良い求人が見つかり後悔することにもなりかねません。

自分の希望に合いそうな求人を複数キープし、それぞれをしっかり比較していきましょう。

満足のいく転職をするためには、妥協する部分は少ないに越したことはありません。

医師転職サイトのメリット

医師転職サイトのメリット

医師の転職に特化した担当者がいる

総合転職サイトでも医師の求人は掲載されています。

しかし、医師専門の転職サイトには医師の転職に精通したコンサルタントが在籍しています。

医療業界や、医師業界はかなり専門的です。

医師が抱える悩みや不満も、一般企業に勤める人とは違ったものになってきます。

そのため、医師専門の転職サイトを利用して、医師に特化したコンサルタントに担当してもらうことで、的確なサポートを受けることができるのです。

非公開求人がある

医師専門の転職サイトでは、医師の求人を豊富に保有しています。

医師の転職支援実績が高いことから、医療施設からの信頼も厚く、太いパイプを持っています。

そのため、医師専門転職サイトは、それぞれが独自の求人を掲載しています。

条件のよい非公開求人も同様です。

転職サイトと各医療施設との信頼関係が構築されているからこそ、好条件の求人を独自に掲載することができるのです。

職場の雰囲気などをチェックすることができる

医師専門の転職サイトでは、担当者から多くの情報を提供してもらうことができます。

医療施設についてはもちろんのこと、その地域の医療事情について、現場の実際の労働環境や人間関係、職場の雰囲気など、働き始めてからでないと分からないような内部情報まで提供してもらえます。

情報が多いことで、求人を比較する際の対象が増え、取捨選択しやすくなります。

医師転職サイトのデメリット

医師転職サイトのデメリット

担当者とのやり取りが面倒

医師転職サイトは基本的にはエージェント型なので、登録をすると専任のエージェントがつきます。

担当者から求人を紹介されたり、希望条件の調査をされたり、と連絡が頻回に来ることになります。

複数の転職サイトを利用していると、それだけ連絡も多くなります。

現職で仕事をしながら転職活動をしていると、担当者からの連絡にリアルタイムで答えられず、時間を見つけて折り返す、ということもあるでしょう。

サポートのためとはいえ、やり取りが多くなるのは正直面倒です。

対策としては、基本的にはラインやメールで連絡をもらい、必要な時のみ電話でやり取りする方法がおすすめです。

転職サイト登録時に担当者へ希望を伝えておくと、スムーズに対応してもらうことができます。

担当者と相性が悪い場合がある

医師転職サイトに登録すると、専任のエージェントが付きます。

ただし、担当者のサポート能力、提案力は人によって差が出ます。

ただ単に相性が合わない、ということもあります。

「話がかみ合わない」

「話のペースが合わない」

「希望条件に合わない求人を紹介される」

「相談しても、アドバイスが微妙」

など、「この人とは合わないな」と感じることもあるでしょう。

人間同士ですので相性が合う・合わないがあるのは仕方ありませんが、転職活動をスムーズに進めるためにも、相性が良いことは大切です。

担当者と相性が悪い場合は、転職サイトの総合窓口へ連絡して担当者変更を希望しましょう。

医師転職サイトの利用の流れ

医師転職サイトの利用の流れ

(1)登録

サイトの専用ページで希望の職場条件など必要事項を入力して登録します。

5分程度で完了します。

(2)電話でヒアリング

転職サイトから数日以内に電話が来ます。

希望の職場条件や転職の方針を話します。

(3)求人を紹介してもらう

面談で伝えた希望に沿って、求人を紹介してくれます。

看護師専門の転職サイトは一般には公開されていない、条件の良い非公開求人も紹介してくれます。

もし、希望に合わない場合は、具体的に何が希望と合わないかを伝えましょう。

他の求人を探してくれます。

(4)面接の予定を調整してもらう

希望の求人が見つかったら、アドバイザーが面接の予定を調整してくれます。

履歴書の添削や面接対策もお願いすることができるため、ぜひ利用しましょう。

採用担当からすると履歴書がしっかり書けている人は少ないです。

他の応募者に差をつけるためにも、履歴書のチェックはしてもらった方が良いですね。

(5)職場との条件交渉

面接を受けて内定がもらえたら、アドバイザーが希望の職場と給与などの条件交渉をしてくれます。

自分の給与などの交渉はなかなか難しいので、アドバイザーに希望を伝えて任せましょう。

また、確実に希望通りの労働条件か、もう一度アドバイザーに再確認してもらいましょう。

複数内定がもらえた場合の内定辞退もアドバイザーが代わりに行ってくれるので安心です。

医師転職サイトは慎重に選びたい

・総合型の転職サイトではなく、医師専門の転職サイトを利用することが大切

・医師の転職サイトは求人数が多く実績のある大手のサイトを選びたい

・必ず複数の転職サイトの求人を比べて転職先を決めることが大切

医師転職サイトのおすすめをご紹介しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。現在はキャリアアドバイザーとして活動中。

保有資格は「看護師免許」、「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)

公益社団法人 ACジャパン個人会員(会員一覧|ACジャパン (ad-c.or.jp)

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。

採用担当として転職サイトを10年以上チェックしている転職サイト評論家。

所在地

東京都渋谷区渋谷2-19-15宮益坂ビルディング609

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美
Radiotalkナース裕美の転職ラジオ – Radiotalk(ラジオトーク)
YouTubeナース裕美(緒方裕美) – YouTube

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

【公式サイト】リクルートドクターズキャリア

【公式サイト】Dr.転職なび

【公式サイト】民間医局

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事