看護師転職ノウハウ

看護師4年目 転職|看護師と採用のプロが看護師4年目の転職のメリット・デメリット教えます

ナース裕美です。

看護師4年目だけど転職したい…。
看護師4年目での転職は難しい??

こんな疑問にお答えします。

看護師4年目にもなるとプリセプターやリーダー業務など、日常の業務にプラスして何かしらの役割を与えられることが多くなります。

「余計な仕事が多くて辛い」「他の病院と比べて給与が低め」「ライフイベントによる生活の変化」など、看護師3年目までとは違った理由で転職を考える人が多くなります。

それでは、看護師4年目で転職することはどうなのでしょうか。

結論、看護師4年目での転職はおすすめです。

「とりあえず3年」という時期も過ぎていますし、3年以上の業務実績があれば、どんな施設でも即戦力として歓迎されます。

同じところで3年以上勤務しているということで、転職をネガティブに捉えられることも少なくなります。

また、4年目の看護師は「経験があるのに、まだ若手」という特殊な立場となります。この特徴が、転職にも有利に働きます。

この記事では企業の採用部門で働く夫と看護師の私が、看護師4年目で転職するメリット・デメリットについて、おすすめの転職先についてご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事でわかること

看護師4年目で転職するメリット・デメリットがわかります。

看護師4年目におすすめの転職先がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美 / 緒方裕美


看護師免許を持つ。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。
看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。
『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。
転職にて年収を2倍にした経験がある。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

看護師4年目での転職メリット1)転職先の選択肢が多い

多くの病院や施設、訪問看護事業所などは実務経験3年以上を求人要件としています。

また、プリセプター経験やリーダー経験があることで後輩指導を任せることも可能ですので、即戦力として期待されます。

看護師4年目での転職メリット2)即戦力と判断される

3年以上の実務経験があることで、その職場のほとんどの業務を自分一人で確実に行えると判断されます。

ただし、即戦力として期待されているため、まだ自分の技術やケアに自信がなかったり、安易に転職を考えていると転職後に苦労することになるので、もう少し同じところで頑張りましょう。

看護師4年目での転職メリット3)プリセプターを経験している

プリセプターを経験することで後輩指導を行うことができます。

また、プリセプター業務は指導を行うだけではなく、1人の看護師を一人前に育て上げる、という過程を経験することで自分の自信にもつながります。

その経験が転職に有利に働きます。

看護師4年目での転職メリット4)リーダー経験がある

総合病院でリーダー経験を積むことは大変重要な機会といえます。

ただ自分の業務をこなすだけではなく、病棟全体を見渡し、スタッフに指示を出し、円滑にみんなの業務が進むようにコントロールしていく、これは1つの管理業務です。

また、リーダーは他職種とコミュニケーションを図り、円滑に業務を進めていくことも必要ですので、施設や訪問看護事業所に転職した場合は、そのコミュニケーション力をいかんなく発揮させることができます。

看護師4年目での転職メリット5)病院全体を俯瞰で眺められる

看護師4年目にもなると、病棟の業務だけでなく、院内の委員会や係活動に参加することも多くなるでしょう。

この委員会や係活動に関しては大規模病院でないと参加する機会はほとんどありません。

多くの人と接し、情報交換をし、業務に活かすことができる機会です。

実際は面倒くさいことも多々あります。

それでも活動に参加することで様々な業務を俯瞰的に見て、日々の業務に活かすことができるようになるのです。

看護師4年目での転職デメリット ライフイベントと重なることがある


看護師4年目となると20代後半である人が多いでしょう。

そうなるとライフイベントによりライフスタイルが変化する可能性がある時期です。

転職した場合、もし在職中にライフスタイルに変化があった時に、希望通りのキャリアプランが描けるのかを慎重に考える必要があります。

具体的に、産休・育休後の復職率や託児所の有無などを確認しておくといいでしょう。

看護師4年目におすすめの転職先1)総合病院

前述の通り、看護師4年目になると転職先の幅は広がります。

経験年数が問題になることもほとんどありません。

自分がどのような看護師になりたいか、どう働きたいかで転職先を選択することが重要となります。

看護師4年目におすすめの転職先の一つ目は、総合病院です。

キャリア重視の方におすすめです。

また、総合病院は様々なことを学ぶことができます。

現在総合病院で働いていて、人間関係に悩んでいるような人は、ひとまず部署異動の希望を出すことをおすすめします。

なかなか異動ができないようであれば、他の総合病院へ転職をするのもいいでしょう。

看護師4年目におすすめの転職先2)訪問看護


看護師4年目におすすめの転職先の一つに訪問看護があります。

訪問看護は基本的に日勤のみなので、ワークライフバランスを重視する方におすすめです。

訪問看護事業所は少人数で運営しているところが多く、看護師4年目以上であれば即戦力として働くことができ、また、早く役職がつくようになります。

管理職を目指す人にもおすすめです。

看護師4年目におすすめの転職先3)夜勤専従


看護師4年目におすすめの転職先の一つに夜勤専従があります。

夜勤専従は給与重視の方におすすめです。

看護師4年目はまだまだ若い、といえます。

そのため体力に自信がある人も多いでしょう。

とにかく給与をあげたい、という人には夜勤専従として働くことも視野に入れるといいでしょう。

一般の人と時間を合わせることは難しくなりますが、どこの施設も看護師不足であるため夜勤のみできる看護師は重宝されます。

看護師4年目におすすめの転職先4)クリニック


看護師4年目におすすめの転職先の一つにクリニックがあります。

クリニックは日勤帯勤務重視の方におすすめです。

クリニックといっても内容は様々です。

クリニックに勤めながらキャリアを積みたい、という人は美容や不妊など専門的なクリニックを選ぶといいでしょう。

特に美容クリニックは基本的には予約制であるため残業も少なく、スタッフ人数も多いため休みも取りやすい人気の職場となります。

看護師4年目におすすめの転職先5)病院以外


「看護師に向いていないのかも」と悩んでいる人は、思い切って看護師の資格を活かせる病院以外の職場を選ぶのもいいでしょう。

看護師資格があれば、「やっぱり看護師に戻りたい」と思ったらいつでも看護師として働くことができます。

一度、看護師から離れるのも一つの手です。

看護師4年目で転職先を見つけるには

看護師4年目で転職先を見つけるには、看護師の転職サイトに登録して、担当のアドバイザーに相談しながら、あなたのスキルを評価してくれる転職先を探します。

看護師専門の転職サイトは一般には公開されていない、条件の良い非公開求人もありますので、必ずチェックしておきましょう。

また、転職サイトは、様々なものがありますので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

おすすめの転職サイトは以下の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

・看護師4年目での転職はおすすめです。

・看護師4年目で転職するデメリットはほとんどありません。ライフスタイルの変化に対応できる職場を選ぶことが重要となります。

・看護師4年目は転職先の選択肢は幅広い。どの職場にも即戦力として歓迎されるでしょう。

看護師4年目での転職のメリット・デメリットについて、また、おすすめの転職先についてご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事