看護師転職ノウハウ

看護師転職コツ|看護師と採用のプロが教える看護師の転職のコツ

看護師の転職にコツってある?
うまく転職するコツが知りたい!

こんな疑問にお答えします。

転職するなら、コツをつかんでうまく転職したいですよね。 看護師の転職にはいくつかコツがあります。

看護師の転職のコツ
1、看護師の転職サイトは必須
2、転職サイトは3つ登録する
3、病院見学をする

この記事では企業の採用部門で働く夫と看護師の私が、看護師の転職のコツをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事の執筆者

ナース裕美 / 緒方裕美


看護師免許を持つ。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。
看護師としての視点から、転職に役立つ記事作成をしています。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。
『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。
転職にて年収を2倍にした経験がある。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

看護師の転職のコツ1、看護師の転職サイトは必須

転職のコツの1つ目は「看護師の転職サイトは必須」です。

そのメリットを具体的にご説明します。

メリット

求人数が圧倒的に多い

転職を成功させるには、できるだけ多くの求人の中から職場を選ぶ必要があります。

看護師の転職サイトは、看護師の求人に特化しているため、数万件の求人を保有しているサイトも多くあります。

また、一般には公開されていない条件の良い非公開求人も保有しているため、必ずチェックするようにしたいです。

ちなみに一般の求人も扱っている総合的な転職サイトは、看護師の求人数が少ないためおすすめできません。

また、スタッフも看護師業界に詳しくなく、求人の精査が行われていないため、看護師専門の転職サイトを利用しましょう。

医療機関の内部情報を保有している

看護師の転職サイトは、医療機関から求人の詳細や職場の雰囲気などの内部情報を集めているため、転職したあとに「求人内容と違う。。」、「職場の雰囲気が悪すぎる。。」など、後悔することを防ぐことができます。

この内部情報は、なかなか個人で調べることは難しいため、利用しないのはもったいないですね。

採用される確率が上がる

希望の病院に応募する際に、転職サイトのアドバイザーが利用者のアピールポイントなどを病院に説明してくれます。

面接でうまくアピールすることができなくても、アドバイザーの後押しで採用されることもあるので、確実に採用されるためには転職サイトの利用をおすすめします。

LINEで求人情報をもらえる

看護師転職サイトの看護のお仕事ナースではたらこは、LINEやメールで求人情報をもらうことかできます。

電話での連絡が頻繁に来るとストレスになるので、LINEで効率よく進めたいですね。

看護師の転職のコツ2、転職サイトは3つ登録する

転職のコツの2つ目は「転職サイトは3つ登録する」です。

そのメリットを具体的にご説明します。

メリット

より多くの選択肢から職場を選べる

転職サイトに複数登録すればより多くの選択肢から職場を選ぶことができます。

また、それぞれの転職サイトでしか見ることができない非公開求人の数も増やすことができます。

アドバイザーを選べる

転職サイトに登録すると担当のアドバイザーがつきます。

アドバイザーも経験値がある人から新人まで色々です。

また、自分と相性が良いアドバイザーもいれば、そうでない場合もあります。

担当のアドバイザーと合わない場合、別の担当者に変えてもらうこともできますが、それよりも複数登録して、同時にアドバイザーを比較したほうが効率が良いと言えます。

あまりにも多く登録するのはNG

複数登録は特に大きなデメリットはありませんが、あまりにも多く登録しすぎても管理できないですし、連絡が複数きて対応できなくなります。

なので、看護師専門の転職サイトに3つ登録することをおすすめします。

転職サイトも様々なものがありますので、選ぶ際は求人数が多いこと、利用者満足度が高いことを確認して失敗のないようにしてくださいね。

転職サイト選びが転職成功の鍵をにぎっています。

おすすめの転職サイトは以下の記事を参考にしてください。

看護師転職サイト利用の流れ

①登録

サイトの専用ページで希望の職場条件など必要事項を入力して登録します。

②電話でヒアリング

転職サイトから数日以内に電話が来ます。 希望の職場条件や転職の方針を話します。

③求人を紹介してもらう

面談で伝えた希望に沿って、求人を複数紹介してくれます。

希望に合わない場合は何度でも他の求人を探してくれます。

④面接の予定を調整してもらう

希望の求人が見つかったら、コンサルタントが面接の予定を調整してくれます。

履歴書の添削や面接対策もお願いすることができます。

⑤職場との条件交渉

面接を受けて内定がもらえたら、コンサルタントが希望の職場と給与などの条件交渉をしてくれます。

自分の給与などの交渉はなかなか難しいので、コンサルタントに希望を伝えて任せましょう。

また、複数内定がもらえた場合の内定辞退もコンサルタントが代わりに行ってくれます。

看護師の転職のコツ3、病院見学をする

転職のコツの3つ目は「病院見学をする」です。

そのメリットを具体的にご説明します。

メリット

転職後のギャップを防げる

満足のいく転職をするためには、転職先を決める前に病院見学をしておくことをおすすめします。

何もリサーチせずに転職して、 想像と違う職場だった。。 ブラックな職場だった。。 通勤が意外と大変だった。。 なんてことにならないように、求人情報だけで入職を決めずに、職場の仕事内容や労働環境、雰囲気を病院見学をしてリサーチすることが大切です。

病院見学をすることで、実際に働く職場の雰囲気を肌で感じることができますし、病院担当者に質問することもできます。

採用にプラスになる

採用側からすると、応募者が病院見学をしていると印象が良くなりますし、病院見学していない応募者と比べて熱意を評価します。

面接で話のネタにもなりますので、第1希望の職場は必ず見学しましょう。

病院見学の申し込み方法

スケジュールを確認して、いずれかの方法で申し込みをします。

(1)病院のホームページから申し込む方法

大きめの病院は見学専用のページを用意してあることが多いので、まずはホームページをチェックします。

専用ページの入力フォームに見学希望日、希望の診療科、自分の情報を入力して申し込めばOKです。※メールで問い合わせるパターンもあります。

(2)電話で申し込む方法

入職候補の病院に直接電話します。

入職希望で見学したい旨を伝えれば、担当者に取りついでくれます。

・ホームページに見学専用ページがある場合はそちらからの申し込みをした方がよいです。

・スケジュール張とメモを取る準備を忘れずにしてくださいね。

・電話のやり取りから人物評価が始まっています。名前を名乗ってから用件を伝える、スケジュール確認は迅速に、電話を切る際は相手が切るまで待つなど基本的なマナーに気を付けます。

(3)転職サイトから申し込む方法

転職サイトに登録して、転職サイトの担当者(コンサルタント)に病院見学を調整してもらうことができます。

看護師の病院見学時の服装

病院見学は採用担当者が人物評価も兼ねてあなたを観察していますので、服装も気をつけます。 以下のポイントを参考にしてくださいね。

・黒、紺、グレーのスーツ ・白いブラウス(女性)、白いワイシャツにネクタイ・ネクタイピン(男性)

・黒のパンプス(女性)、黒の革靴(男性) ※硬い靴だと院内に足音が響きますので、靴の裏は柔らかめのものを選ぶといいでしょう。

・バッグは地味な色で書類が入るサイズ

・女性で髪が長い場合は後ろでまとめ、派手な髪色は避ける

・派手な腕時計は避ける

・ナチュラルメイク

・派手なネイル、アクセサリーは避ける

・カラーコンタクト、サークルレンズ(瞳を大きく見せるコンタクト)は避ける

看護師の病院見学の流れとポイント

(1)病院の受付に名前を伝え、見学に来たことを伝えます。

事前に予約をしていること、病院の担当者名を伝えるとスムーズにいきます。

この時点から人物評価が始まってると思って、丁寧な受け答えを心がけます。

(2)病院担当者が案内してくれます

病院の雰囲気など簡単な質問をまぜたりしながら、コミュニケーションを取っておくとよいです。

応募者の印象は必ず採用担当に報告がいきます。

(3)希望の診療科の見学をします

時間は20分~60分間程度です。

大きな病院では数人単位で見学することもあります。

病院勤務経験が長い人は直感的に分かる部分が多いと思いますが、 以下のことをチェックします。

・職員から挨拶があるか

挨拶もない場合、忙しすぎる、新人を受け入れる気がないなど不安が残ります。

・ベテラン看護師たちの若手への指示の仕方

指示が的確か、感情的ではないかチェックしましょう。

・職員同士の会話 事務的で冷淡でないか。

いい職場は必ず気遣いの言葉をさりげなく使いあっています。

・看護師の忙しさ。

異常にバタバタしていないか 基本的に病院は忙しくない時間帯を見学時間に指定していますが、バタバタ感、職員のピリピリ感が普通でない場合、当然ながら労働環境があまりよくない可能性があります。

・職員の表情は疲れていないか

若手がイキイキと働いている病院は人間関係も良好、労働環境も良好な可能性が高いです。

・ナースステーションは整理整頓されているか。掃除が行き届いているか。

病院の方針、忙しさがわかります。掃除が行き届いていれば、労働環境の整備、新人教育などもしっかりしていることが多いとおもいます。備品が散らかっていたり、書類が山積みになっているのであれば、人が足りないなどの問題がある可能性があります。

・施設内は清潔か

廊下やトイレが汚れている病院は、当然労働環境もよくありません。

・職員の年齢層が偏っていないか

年齢層に偏りがあるということは何らかの原因で離職していることも考えられます。

逆に年齢層がまんべんなくいる病院は働きやすい可能性が高いです。

・職員の身だしなみは整っているか

慢性的に多忙な職場は身だしなみに気を使う余裕もなくなってきます。

(4)質問時間

仕事内容などは積極的に質問します。

残業時間や福利厚生も質問しても問題ありません。

(5)見学終了

病院によっては、その後面接をする場合もありますので、面接対策をしてから見学したほうが無難です。

(6)後日お礼状を送る

病院見学が終わったら、後日採用担当者宛にお礼状を送ります。

お礼状の書き方や例文は以下の記事を参考にしてくださいね。

看護師と採用のプロが教えるお礼状の書き方

転職しまくる看護師について

転職しまくる看護師は採用されないのか、記事にまとめましたので参考にしてください。

看護師の転職方法

ここでは、失敗しない看護師の転職方法もご説明します。

失敗しない看護師の転職方法はこちらです。

1)譲れない条件、優先順位を決めておく

2)転職先の情報を集める

3)病院見学をする

4)転職候補の病院をいくつか絞る

5)面接を受ける

6)入職先を最終決定する

それぞれの項目の詳細は以下の記事にまとめましたので参考にしてください。

まとめ

・看護師の転職のコツは、看護師の転職サイトは必須、転職サイトは3つ登録する、病院見学をするの3つ

・押さえて転職活動を進めれば効率よく良い職場に転職できる

看護師の転職のコツをご説明しました。

あなたの転職が満足のいくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事