転職ノウハウ

転職不採用理由|採用のプロが転職で不採用になる理由教えます

転職で不採用になる理由ってなに??
いくつも応募してるのに採用されない。。
どうすれば採用されるの??

スタッフ1200人の企業で採用担当をしている私が、こんな悩みにお答えします。

転職で不採用になる理由は以下のとおりです。

「自己分析ができていない」

「採用担当に「採用してもすぐ辞めそうだ」と思われてしまった」

「態度が悪いと思われてしまった」

「面接で、聞いてもいないことまで話している」

「面接で労働条件を確認している」

「履歴書や提出書類に不備がある」

「採用側が求めている人材ではなかった」

「応募した企業の情報を調べていない」

「年齢で不採用」

「経験年数が少ない」

「面接官と相性が悪かった」

「面接時に前の職場の不満を口にしてしまった」

不採用になる理由にはパターンがあります。

このパターンを理解して求人に応募することで、不採用になる確率は下げられます。

この記事では企業の採用担当の私が、不採用になる理由をご説明します。

それぞれの対策も記載していますので、この対策を全て行えば、採用される確率は必ず上がります。

採用担当が自信をもってお伝えしますので、是非転職活動に役立ててくださいね。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職で不採用になる理由と対策がわかります。

転職で不採用にならないコツがわかります

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職で不採用になる理由

さっそく、転職で不採用になる理由を1つ1つご説明します。

これを事前に把握しておくことで、不採用になる確率は激減します。

ぜひチェックしておいてくださいね。

不採用になる理由1)自己分析ができていない

不採用になる1番の原因は、自己分析ができていないことです。

この自己分析をしないまま採用試験を受けても、採用側に自分をアピールしたり、仕事への熱意を伝えることはできません。

人気のある職場に採用されることはまずないでしょう。

対策

しっかりと自己分析をして、自分の強みと弱み、どうしてその職場を希望するのかを整理しておきましょう。

以下の自己分析を行い、考えをまとめます。

・なぜ転職したいのか
・今までの経験からできること、できないことは何か
・なぜ希望の職場で働きたいのか、なぜ他の職場ではダメなのか

これを面接時に自分の言葉で答えられれば、後は職場とのマッチング次第で採用されるはずです。

採用担当からすると、半分以上の応募者が自己分析できていないと感じます。

「長所は前向きなところです」、「短所は考えすぎてしまうところです」など、ありがちな自己アピールではなく、今までの人生でのエピソードを思い出しながら自己分析して、自分だけのオリジナルアピールを考えましょう。

自分なりの言葉で伝えることが大切です。

アピールの仕方に正解はないので、自信を持ってオリジナルのアピールをしてみてくださいね。

不採用になる理由2)採用担当に「採用してもすぐ辞めそうだ」と思われてしまった

転職を繰り返している場合や、面接で仕事に対しての意欲が見られない場合、採用担当は「採用してもすぐ辞めるのではないか。。」と不安がよぎり、経歴などがよくても不採用にしてしまいます。

対策

過去に転職している場合は、転職の理由を整理しておきます。

また、転職理由が労働環境の不満や人間関係の場合は面接で正直に伝えるのは控えます。

他の仕事に興味がありチャレンジしてみたかった、職場は好きだったが家庭の事情でどうしても転職せざるを得なかったなど、前向きな理由や、やむを得ない理由を伝えるようにします。

また、なぜその企業を志望したのかを具体的にアピールしましょう。

例えば、

・「御社は○○プロジェクトに力を入れており、得に○○技術には定評があると聞いています。私は○○な理由から、○○技術をどうしても習得してみたいと考えているため、御社を志望します。」

・「私は○○な理由から、御社の○○業務に携わりたいと考えています。そのため○○業務について自分なりにリサーチを行い、レポートにもまとめました。リサーチを行うなかで、私は○○なかたちで御社に貢献することができることもわかりました。」

など、

・十分なリサーチをしていること

・具体的に入職した後のイメージができていること

をアピールして、意欲を伝えれば、「すぐに辞めてしまうのではないか」という採用担当の不安も消えます。

不採用になる理由3)態度が悪いと思われてしまった

採用側からすると「この応募者は『態度が悪いなぁ。。』、『常識がないなぁ。。』」と感じることがあります。

面接時に笑顔が少ない、質問しても面倒くさそうに答えるなど、例え自分では意識がなくても面接官がそう感じれば評価は下がります。

また、採用担当は面接以外でも応募者の様子をチェックしています。

受付の時に感じが悪い、挨拶がない、他のスタッフに挨拶しない、面接の待ち時間中に携帯を見ている、間食をするなど、面接以外で気を抜いているとすぐに見抜かれ、不採用になります。

対策

受付から帰るまで礼儀正しく行動することを心がるようにします。

主に

・職場に入る前にコートを脱ぐ

・受付では笑顔で挨拶をする

・書類の受け渡しは両手でする

・案内してもらったら軽くお礼を言う

・スタッフとすれ違ったら挨拶をする

・面接待合室では携帯をチェックしない(電源を切りましょう)、間食しない、本は読まない、足を組んで座らない

・面接時は柔らかい表情を心がける

・面接が終わったら面接官や案内してくれた担当者にもお礼を言って帰る

これをやっておけば大丈夫です。

不採用になる理由4)面接で、聞いてもいないことまで話している

「面接官の質問に対して、聞いてもいないことまで話す」、これは意外と多くの人がやってしまいます。

面接官は限られた面接時間で応募者を見極める必要があります。

つまりたくさん質問を用意しているわけです。

聞いてもいないことをダラダラ話されるとそれだけで評価を下げたくなりますし、他の質問ができなくなるのでいい評価もすることができず不採用になります。

対策

面接官の質問には簡潔に答えるようにします。

答えについての経緯や補足もできるだけ簡潔にまとめて答えます。

面接官もその質問を深堀りしたければ追加の質問をしてきますので、自分が話したいことを話すのではなく、面接官のペースに合わせることを心がけます。

そうすることで、面接官はしっかりコミュニケーションが取れる人物だと評価します。

不採用になる理由5)面接で労働条件を確認している

面接時に給与などの待遇面や福利厚生のことを質問してくる応募者がいます。

採用担当としては、「面接で確認することじゃないんだけどなぁ。。」「面接の意味わかってるのかな。。」と、がっかりしてしまいます。

熱意や志望動機を真剣に伝えた他の応募者と比べると、間違いなく見劣りして不採用の確率が高くなります。

対策

求人だけでは確認できない気になる労働条件は、以下の方法で確認します。

・応募前に採用担当に電話で確認する
・転職エージェントのアドバイザーに調べてもらう
・職場見学で担当に確認する

面接は、労働条件や仕事内容を全て確認してから受けるものです。

なので、面接で労働条件を確認していると、面接官に「この応募者はリサーチ不足だな。。」「計画性がないな。。」と判断され、マイナス評価をされてしまいます。

こんなことで評価を下げてしまったらもったいないです。

また、職場のリサーチは面接前に全て終わらせておくことで、「この職場で働くんだ」という気持ちが自分のなかで固まるというメリットもあります。

それが面接官にも伝わることで、高評価にも繋がります。

不採用になる理由6)履歴書や提出書類に不備がある

履歴書や提出書類に不備がある応募者は意外と多いもので、

・記載漏れ
・書類の添付忘れ
・写真の貼り方が曲がっている
・誤字脱字
・記載内容がよくわからない

などなど、提出前にもう一度確認すればわかるようなミスが多くあります。

応募者が殺到した場合、提出資料に不備がある人を書類選考で不採用にすることもありますし、不採用にしなくても、必ず不備の内容はチェックしておいて、最終的に採用するかどうかの判断材料にします。

例えば、同じくらいの評価の応募者がいて、誰を採用するか迷ったときは、不備のあった応募者を不採用にします。

対策

履歴書や書類は提出前に必ず最終確認しましょう。

また、家族などに確認してもらうのも良いですね。

転職エージェントに登録している場合は、担当のアドバイザーにチェックしてもらうと、より良いものにするためのアドバイスももらえます。

ぜひ活用したいところです。

不採用になる理由7)採用側が求めている人材ではなかった

採用側が求めている人材は様々です。

「20代前半の若手がほしい」、「経験者が複数やめてしまったので、経験年数がある人を即戦力として採用したい」、「◯◯の経験が◯年くらいある人を採用したい」など、採用側があなたとマッチしない人材を求めていれば、頑張っても採用されるのは難しいということになります。

対策

求人には本当に求めている人材が何かが記載されていません。

企業のホームページを念入りにチェックすると、求めている人材が記載されている場合があるので、まずは確認します。

また、転職エージェントに登録して担当のアドバイザーに、自分にマッチした求人を探してもらうと効率が良いです。

アドバイザーであれば、職場の内部情報を持っていますし、採用担当と連絡を取っているので、マッチしない求人を応募前に教えてくれます。

時間のないなかで転職活動をするには、効率よく自分にマッチした求人に応募することが大切です。

無料で利用できるので、使えるものは使いましょう。

不採用になる理由8)応募した企業の情報を調べていない

忙しい中、複数の職場に応募するとなると、応募する企業のリサーチが十分できなかったりします。

採用側は面接で入職したい理由や企業の特色を質問して、しっかりリサーチして応募しているかを必ず確認します。

理由は以下の通りです。

・応募者の熱意を確認したい
・自社が第1志望なのか確認したい
・何も知らないで入職して、すぐに辞められたら困る

採用側がリサーチ不足と感じた場合、残念ながら不採用の確率は高まります。

対策

応募する職場を以下の方法でしっかりリサーチします。

ホームページでその職場の特色、理念・方針、仕事内容、取り扱っている業務内容、専門分野などを調べます。

転職エージェントに登録している場合は、担当のアドバイザーにリサーチをお願いしてもいいでしょう。

ホームページには載っていない情報まで教えてくれます。

また、職場見学をすれば職場をリサーチできるだけでなく、面接時の話のネタにもなりますので、希望の職場は必ず行っておきましょう。

不採用になる理由9)年齢で不採用

高年齢で転職する場合、求人には年齢制限は記載されていないため、若手を求めている職場ばかりに応募している可能性もあります。

これでは不採用になる確率は高いです。

対策

高年齢でも需要はありますので、やみくもに応募するのではなく、転職エージェントに登録して担当のアドバイザーに、うまく自分とマッチする求人を紹介してもらう方法を取るとスムーズに転職できます。

不採用になる理由10)経験年数が少ない

急な退職などの人手不足が原因で求人を出している場合、即戦力を求めているため、経験値がない応募者は不採用にすることがあります。

対策

各職場によって求めている人材が違います。

例えば経験値がなくても若手がほしい、第二新卒がほしいという職場であれば、すんなり採用されます。

なので、転職エージェントに登録して担当アドバイザーにうまく自分とマッチする求人を紹介してもらいましょう。

不採用になる理由11)面接官と相性が悪かった

面接官との相性は採用の可否に大きく影響してきます。

面接時に面接官と会話のキャッチボールがうまくいかなかったり、面接官の好みと合わないなど、これではあなたがいい人材でも不採用となるでしょう。

対策

面接ではできるだけ丁寧なやり取りを心がけます。

それでも面接官と相性が悪ければ、どうしようもありません。

複数の求人に応募しましょう。

必ずあなたと相性の良い面接官がいます。

不採用になる理由12)面接時に前の職場の不満を口にしてしまった

採用担当は前の職場の不満を口にする人を採用したいと思いません。

それが正論であってもです。

どこの職場にも問題はありますから、「うちに入職してもまた不満が出て辞めてしまうのでは」、「権利意識ばかり強くてしっかり働かないのでは」とマイナスのイメージをつけられてしまいますので、前職の不満は心にしまっておきましょう。

対策

職場への不満は誰にでもいくつかあります。

その不満から転職を考えていたとしても、面接では表に出さない方がいいでしょう。

新しい仕事への意欲を全面に出して面接に望むようにします。

転職で不採用にならないコツ

ここからは、どうしたら不採用にならないですむのか、「不採用にならないコツ」をご説明します。

これを実践すれば採用される確率は間違いなく上がります。

不採用にならないコツ1)企業が求めている人材を確認してから応募する

求人にはどんな人材を求めているか記載されていないので、転職エージェントの担当アドバイザーに調べてもらってから応募します。

自分とは正反対の人材を求めている職場に応募しても時間の無駄になります。

転職エージェントは、様々なものがありますので、選ぶ際は求人数が多いこと、利用者満足度が高いことを確認して失敗のないようにしてくださいね。

転職エージェントのおすすめは以下の記事を参考にしてください。

不採用にならないコツ2)職場見学は必須

採用側からすると、応募者が職場見学をしていると印象がかなり良くなりますし、職場見学していない応募者と比べて熱意を評価します。

面接で話のネタにもなりますので、希望の職場は必ず見学しましょう。

不採用にならないコツ3)面接対策を転職エージェントのアドバイザーにお願いする

転職エージェントのアドバイザーに面接対策をお願いしましょう。

無料で対応してくれます。

自分の印象などを客観的に見てもらうことで、採用される確率は驚くほど上がるはずです。

誰しも転職は不馴れなもの。

面接の練習をすることで他の応募者に差をつけることができます。

転職で不採用にならないための求人の探し方

転職で不採用にならないためには、数ある求人の中から、自分と相性のいいものを探す努力をする必要があります。

また、良い条件の求人を複数探して応募しておくことで、もし不採用になってもすぐに気持ちの切り替えができるようにしておくことも大切です。

それでは、具体的な求人の探し方をご説明していきます。

(1)企業のホームページをチェックする

希望の業界が決まっていれば、業界大手の企業のホームページをまずは確認します。

複数の企業の採用ページで給与や労働条件をチェックして、給与の相場などをチェックしておきます。

また、企業のホームページには、その企業の特色や力を入れている業務、求めている人材などが掲載されています。

面接などの対策になるので、よく読み込んでおくと良いですね。

希望の企業があれば応募の準備をしておきましょう。

(2)転職サイトで求人を集める

次に転職サイトで求人情報を集めます。

転職サイトは膨大な数の求人のなかから希望の条件で探すことができるので、ネット検索で求人を探すより効率が良いと言えます。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックするようにしたいですね。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

転職で不採用にならないためには

・自己分析、面接対策を十分に行う

・希望の職場は職場見学や転職エージェントのアドバイザーにお願いしてしっかりリサーチする

・自分と相性の良い職場に応募する

不採用のパターンを理解して転職活動をすれば、必ず採用されるようになります。

しっかり対策をして希望の職場に転職してくださいね。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事