転職ノウハウ

転職焦り|採用のプロが転職で焦りがでてきた時の解決方法教えます

転職が決まらない焦りの解決方法教えます

転職で焦りがでてきた。。

転職で焦りがでてきたときどうすればいい??

企業の採用担当の私がこんな疑問にお答えします。

転職活動における焦りは、内定先が決まらないこと、不採用が続くことが原因で起きることが多いと言えます。

焦ってしまって内定が出た企業に転職してしまうとミスマッチが起きる可能性があるため、焦って転職活動をする必要がない環境を整えることが大切です。

転職活動を始めてしばらく経ったのに、なかなか内定がもらえず転職できない、不採用が続くと焦りが出てきますよね。

また、不採用になると自分に価値がないように感じやすく、ネガティブな感情が沸き上がってしまいます。

そんな転職の焦りがでてきた時にどうすれば良いのか、企業の採用担当の私がご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職に焦りがでてきた時にどうすれば良いのかわかります。

焦らなくて済む転職の方法がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職で焦りがでてきて起こること


転職をしたいのに不採用が続くと焦りが出てきます。

焦ることで「転職できるならどこでもいい」というようなあきらめの感情が出てきます。

そうすると求人の精査もそこそこに、片っ端から応募して、採用内定がでたところに転職してしまう、なんてことになります。

求人の精査や比較が不十分のため入職後に「こんなはずではなかった」というミスマッチを起こしやすくなります。

焦って本来の転職の目的が薄まってしまい、転職を決めることが目的となってしまっては本末転倒です。

なかなか内定がもらえない場合は、まずは履歴書の見直しや面接対策を行って改善することで、内定がもらえる確率も上がります。

一度落ち着いて、本来の転職の目的をじっくり考えたいですね。

転職で焦らないためにはどうすればいい!?


誰しも転職を考えると「できるだけ早く転職したい」と考えます。

現職に不満があれば当然ですよね。

しかし、早く、早くと思うほど不採用であると焦りが出てくるものです。

ここでは、転職を焦らないためにどうすれば良いのかご説明します。

(1)余裕を持ったスケジュールを立てる


転職には最低でも3カ月はかかります。

まずは余裕を持ったスケジューリングをすることが重要です。

3か月とはいえ、現職で働きながらの転職活動は考えるよりも大変です。

時間もありません。

そんな中で「何としても3か月以内に」と考えてしまうと焦りが出て、応募先のリサーチがおろそかになったり、複数社の比較ができなかったり、と満足のいく転職ができない可能性があります。

私の転職活動体験談

私が30歳で転職したときは、業界リサーチなどに時間がかかり、結局転職が決まるまでに年単位の時間がかかりました。

長時間のサービス残業や休日出勤、低賃金のブラック企業で働いていたので、「1日でも早く転職したい」と願いながらも、「転職に失敗したら元も子もない」と自分に言い聞かせながら、冷静に転職活動を進めました。

また、不採用になっても、不採用になった理由を改善しながら焦らず淡々と進めるように心がけていました。

その結果、時間はかかりましたが転職により年収は2倍になり、サービス残業や休日出勤もない職場で働けるようになりました。

余裕を持ったスケジューリングをすることはもちろんのこと、スケジュール通りに進まなければスケジュールを見直せばいいだけの話です。

焦らず良い職場へ転職することが目的であることを忘れずに転職活動を進めてくださいね。

焦らなければ最終的には必ず良い転職先が見つかります。

(2)転職先が決まるまで仕事を辞めない


仕事を辞めてから転職活動をすれば時間はたっぷりとれます。

しかし、収入がない状態で転職活動を行うため、活動期間が長くなればなるほど貯金を切り崩しての生活も長くなります。

そうすると、精神的にも金銭的にも辛くなり、転職活動に焦りが生じます。

仕事を続けることで体を壊してしまいそうな場合は別として、できれば仕事を辞めずに転職活動をしたいですね。

採用担当からのポイント

採用試験の時にも、仕事を辞めている応募者より、辞めていない応募者の方が有利な場合が多いと言えます。

仕事を辞めてしまっていると、それが例え会社に問題があって辞めたとしても

「何か問題を起こして辞めたのではないか。。」

「忍耐力がないのでは。。」

「計画性はない人なのかな。。」

と採用側に余計なイメージを持たれてしまうことがあります。

できれば仕事を辞めずに転職活動をおこなって、「現在仕事をバリバリこなしているけれど、転職して新しい仕事にもチャレンジしたい!」というポジティブなスタンスで面接に臨みたいところです。

既に辞めてしまっている場合は、「計画的に退職して転職活動をしていること」と「ポジティブな転職理由」を採用側に伝えるようにしてくださいね。

面接では退職理由を深堀りされますが、話に筋が通っていれば面接官も納得します。

(3)自己分析を徹底する


転職活動では不採用が続くことで焦りが出てきます。

ではなぜ不採用が続くのでしょうか。

自分の長所をしっかりアピールできていますか?

自分のスキルを活かせる業界・職種ですか?

不採用になる原因をしっかりと見極めて、解決していくよう取り組んでいく必要があります。

焦らないための転職活動の進め方

ここからは、どうしたら焦らず転職活動を進めることができるのかご説明します。

(1)転職理由を明確にする


転職で焦らないためには、まずは転職理由を明確にすることです。

転職を考えるということは、何かしら現職に不満があったり、足りないものがありますよね。

でも、

「なんとなく自分に合わないから」

「やりたくない仕事がある」

など、仕事から逃げるような形での転職ではうまくいきません。

「具体的にこんな仕事をしたい」

「現職のここが不満だから転職して改善したい」

など、転職を成功させるには、将来的なキャリアプランを立てて、それを実現するために転職を進める、という転職の軸をはっきりさせましょう。

その軸がぶれないようにすることで、焦らず転職活動を進めることができます。

私の転職活動体験談

私が転職したときは、

低賃金で働くのを止めたい

長時間のサービス残業、休日出勤を止めたい

残業代をもらえない夜中までの接待を止めたい

満員電車での通勤を止めたい

こんな不満がありました。

でも、仕事内容は好きで、自分自身に合っているとも思いました。

なので、同業種もしくは今までのスキルが活かせる業界で、労働環境を向上させるというキャリアプランをたてていました。

このように転職の軸がはっきりしていたことで、求人の取捨選択をスムーズに行うことができたと言えます。

その結果、

元の年収の2倍

サービス残業、休日出勤なし

接待なし

徒歩で通勤

という条件で、それまでの経験を活かせる職場に転職することができました。

(2)譲れない条件を絞る


転職で焦らないためには、転職先に求める条件をはっきりさせることが大切です。

条件を絞らずに求人を探していても、なかなか満足できる求人を見つけられず、時間だけが過ぎていくことになり、焦りが生まれてきます。

まずは、「絶対に譲れない条件」をはっきりさせ、それ以外の条件は「ある程度妥協する」という柔軟性を持つことで、転職先の選択の幅も広がります。

そして、「絶対に譲れない条件」をはっきりさせたら、希望する条件に優先順位をつけていくことも必須となります。

「絶対に譲れない条件」はぶれないように、優先順位も意識しながら転職先を探しましょう。

(3)求人をできるだけ多く集める


転職したい業界がはっきりしたら求人探しがはじまります。

求人は様々な媒体で探すことができますが、転職を焦らずに進めるポイントとしては、できるだけ多くの求人を集める、ということです。

少ない求人情報しかない中で転職活動を進めていると、不採用になった時に「もう後がない。。」という錯覚に陥ります。

多くの求人を集めておけば、「少しくらい不採用になっても、他の求人にチャレンジしていけばいい」と心に余裕ができます。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、求人をできるだけ多く集めて、希望の転職条件を満たす転職先を探していました。

業界選びからじっくり行い、幅広い求人をチェックしていたため、結局転職が決まるまで年単位の期間がかかりました。

時間はかかってしまいましたが、多くの求人を比較したことで、どこの業界が労働条件が良いのか、また、どこの業界で自分の持っているスキルが通用するのか、十分に把握したうえで求人に応募することができたと言えます。

(4)1社にこだわらない


転職で焦らないためには、1社にこだわらないことが大切です。

転職先を選択する際、必ず第1希望となる企業はあると思います。

しかも、「この企業に行きたい」と思うと、他の企業に興味が持てなかったりもします。

でも、本命の企業だけに絞ってしまうと、「ここに受からないと後がない」というプレッシャーから、面接で本来の自分が出し切れず不採用につながってしまう可能性が高くなります。

また、もし万が一不採用になってしまった場合、必ず焦りがでてきます。

なので、本命の企業があったとしても、同時に複数社応募することをおすすめします。

転職活動を焦らず進めることができます。

また、本命の企業を受ける前に、他の企業で面接慣れをしておくと、本命の面接のときに効果的な自己アピールができるようになっていきます。

手間はかかりますが複数社応募していくことで、一度に複数の選考に臨むことになるため時間的短縮も可能となります。

(5)転職エージェントを活用する

転職活動は何でも自分自身で判断して進めていかなければならず、なかなか転職先が見つからなかったり、不採用が続いてしまうとどうしても焦りがでてきてしまいます。

そんなときは転職エージェントをうまく活用するのも良い方法です。

転職エージェントは登録すると担当のアドバイザーに転職の方針や求人探し、履歴書や面接対策などの相談を無料ですることができます。

転職が決まらず焦りがでてきた場合でも、アドバイザーにサポートしてもらうことで、当初の転職の目的からぶれずに転職活動を進めることができます。

早く転職したい理由

ここでは、早く転職したい理由にはどんなものがあるのか考えてみましょう。

体調不良

現職で働くことで心身ともに不調を期待している場合、早く転職したい、と考えるでしょう。

この場合「早く転職したい」というよりも「早く辞めたい」という気持ちの方が強いかもしれません。

金銭的に辛い

仕事を辞めてから転職活動を行っている人は、金銭的に厳しくなって早く転職をしたいと考えるようになります。

転職活動にはそれなりにお金がかかりますし、日々生活をしていく上でもお金がかかります。

仕事を辞めていると決まった収入がないため、貯金を切り崩しての生活になってしまうでしょう。

そのため、「貯金が底をつかないうちに早く…」と焦るようになります。

企業の業績不振

「勤めている企業の業績が悪くなって労働条件が悪くなってきている」

「倒産するかもしれない」

なんてことになったら早く転職したい、と考えます。

「給与が出ているうちに次を決めたい」

「倒産する前に転職したい」

「転職した方が好条件で働ける」

そう考えるのも無理はありません。

転職が決まらなくてつらい時は

転職活動を始めてすぐに内定が決まることはなかなかありません。

半年以上転職先が決まらない、なんてこともあるでしょう。

転職先が決まらなくて辛く感じるとき、どう対処していけば前向きに転職活動に取り組めるのでしょうか。

対処方法をご説明します。

休む

転職が決まらなくて辛いと感じる時は心身ともに疲れている場合が多いと言えます。

まずはしっかり休息をとりましょう。

なかなか転職先が決まらないと焦りがでてきますが、そんな時にがむしゃらに頑張っても余計にうまくいきません。

転職活動にはメリハリが大切です。

「活動する時はがっつりと集中する」

「休むときは転職のことを一切考えずに好きなことをしてリフレッシュする」

メリハリをつけることで、逆に効率良く転職活動を進めることができます。

第三者と話す

転職が決まらなくて辛い時に、一人で悶々と考えて悩んでいてもらちがあきません。

気持ちが沈んでいくだけです。

どうして決まらないのか、1人で考えていても答えは出ません。

そんな時は第三者に話して、

「客観的に見て何が悪いのか」

「どうして上手くいかないのか」

「どうしていけばいいのか」

一緒に考えてもらう方が、良い解決策が見つかるものです。

転職を焦って決めるとどうなるか【転職で焦りは禁物】

転職を焦って決めると当然ながら失敗するリスクが高くなります。

焦って転職活動を進めることで、

「自己分析が不十分であったり」

「企業の情報収取が不十分であったり」

「企業理解が浅かったり」

と何かしらのほころびが生じてしまいます。

何を持って転職失敗とするかは人によって違いますが、転職後に

「こんなはずではなかった」

「やりたい仕事と違う」

「労働条件が想定していたもの違う」

など、転職したことを後悔する結果になってしまうのです。

転職は焦る必要はない

現職に不満があると、

「早く転職したい」

「早く辞めたい」

と転職することが目的になってしまいます。

そして、転職することを目的にしていると、他の条件の精査がおろそかになり、結果的に転職したことを後悔することに繋がります。

早く転職したい気持ちは十分わかりますが、焦っても良い結果にはなりません。

しっかりと、

「どんな仕事をしたいのか」

「転職で叶えたいことは何か」

「絶対に譲れない条件はどんなものか」

と分析をしていくことが重要です。

自分の将来がかかっています。

慎重に、確実に転職活動を進めていくことが大切です。

しっかりと自己分析して、絶対に譲れない条件に合う職場を探していきましょう。

転職で焦らないための求人の探し方

転職を焦らないためには、求人をできるだけ多く集めることが大切です。

そのための求人の探し方は以下の2つです。

(1)企業のホームページで調べる

(2)転職サイトで情報を集める

それぞれご説明します。

(1)企業のホームページで調べる

目当ての企業があれば、ホームページで直接調べる方法が効率的です。

また、転職したい業界が決まっている場合は、業界大手の企業のホームページを何社かチェックして、給与の相場などを確認しておきます。

目当ての企業のホームページに求人情報が載っていなくても、電話で問い合わせると面接をしてくれる場合もあります。

毎年同じ時期に求人募集をしている企業が多いですが、状況によっては臨時募集もあるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

求人募集をしていなくても採用されることはある

私の友人は新規採用を行っていない企業に、その業界の研究レポートを作成して履歴書と一緒に提出して内定を勝ち取った強者がいます。

熱意が伝われば、求人をしていなくても、採用してもらうことができる場合もあります。

どうしてもこの企業で働きたい!という強い思いがある場合は、挑戦してみる価値はあります。

私の職場は年に2回採用試験をすることが決まっています。

ホームページに採用試験の情報を載せるのは、試験を実施する直前になるので、見逃すと採用試験を受けることができません。

過去の採用日程などを参考にしながらホームページをこまめにチェックすることが大切です。

企業のホームページを確認する際は、経営状況も確認しておきましょう。

過去数年の収益や純利益をチェックして、経営がうまくいっているかチェックします。

(2)転職サイトで情報を集める

転職サイトに登録して、求人を比較します。

求人数はかなり多いので、条件で絞ってじっくり探しましょう。

また、転職サイトは数が多く当たりはずれもあるので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックしておきましょう。

職場や転職のトラブルの相談先

職場でのトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

転職の焦り【まとめ】

・転職活動における焦りは、内定先が決まらないこと、不採用が続くことが原因で起きることが多い。

・焦ってしまい、何も考えずに内定が出た企業に転職してしまうとミスマッチが起きる可能性がある。

・焦って転職活動をする必要がない環境を整えることも大切。

・転職に成功するためのコツはある。一つずつ確実にこなしていけば結果、満足のいく転職ができる。

転職の焦りがでてきた時にどうすれば良いのかご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事