転職ノウハウ

転職したばかり辞めたい|採用のプロが転職したばかりで辞めたい時の対応教えます

転職したばかりで辞めたい時の対応

転職したばかりだけど辞めたい。。

転職したら想像と違う職場だった。。

転職したばかりで、また転職は難しい?

こんな疑問にお答えします。

結論、転職したばかりでも本当に辞めたいと思うのであれば、すぐに良い職場を再度探して転職することをおすすめします。

転職して実際に働いてみたら・・・

求人情報に書かれていた条件と違った。。

職場の雰囲気が最悪だった。。

異常に忙しい。。

全く休めない。。

など、職場選びに失敗したと感じてしまうことがあります。

転職する以外に解決方法があれば良いですが、毎日仕事に行くのが辛いような状況であれば、我慢して体やメンタルに不調をきたす前に、すぐに転職活動を始めましょう。

良い求人を見つけるためには、それなりに時間がかかります。

できれば職場を辞めずに転職活動を進めることができるとよいですね。

この記事では企業の採用部門で働く私が、「転職したばかりで辞めたいと思ったときの対応」について、ご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職したばかりで辞めたいと思ったときの対応がわかります。

転職したばかりで辞めたい場合、どうやって転職活動を進めるべきかがわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職したばかりで辞めたい理由とポイント

さっそく、転職したばかりで辞めたい理由と、それに対しての採用担当からのポイントをご説明します。

求人情報に書かれていた条件と違った場合

求人情報に書かれていた給与が支給条件を満たせずもらえなかった。。

有給休暇は付与されるのに、実際は全く使えない。。

休日出勤ばかりでまったく休めない。。

求人情報に記載されている給与や手当てが、実際には支給条件を満たせずもらえなかったなんてことがあります。

また、週休2日と記載があったのに、実際は忙しすぎて休みが取れないなんてこともあります。

これは、転職前に求人情報から全てを把握するのが難しいことが原因です。

採用担当からのポイント

給与などの労働条件が明らかに就業したときの契約や就業規則と違うのであれば、職場の人事担当に問い合わせて、理由を確認しましょう。

なぜ条件と違うのか、何か支給条件があるのかを確認して、今後改善の余地がなく、どうしても納得できないのであれば転職を考えても良いですね。

給与などの労働条件に納得できないまま働くことは、相当なストレスになりますし、いずれ辞めたくなります。

それであればすぐに転職活動をして納得のいく職場で働いた方が転職失敗のダメージを最小限におさえることができます。

私の転職活動体験談

私が転職する前の職場は、求人票に「残業代、賞与支給」と記載があったのに、実際働いてみると、月に200時間以上も残業があっても残業代は一部分しか支給されず、賞与も業績が悪いという理由で支給されないことも普通でした。

また、週休2日と記載があったのに、実際は1ヶ月に1回も休めないなんてこともありました。

実際に働いてみないと分からないことが多いですが、一旦入職してしまったらなかなか転職に踏み出しづらいですよね。

実際前の職場のスタッフも、そんな状況を不満に思いながらも、大多数の人は転職せずに我慢して働いていました。

私は、思い立ったら行動に移さないと気が済まないので、転職に踏み切りましたが、そのおかげで年収も上がり、残業代も賞与も支給され、毎週土日は休むことができる職場で働くことができています。

どうしても労働条件に納得がいかないのであれば、すぐに辞めずに働きながら転職活動を淡々と進めることをおすすめします。

様々な職場をリサーチしていくと、辞めるべきなのか、転職するべきなのか、答えが出てきます。

まずは行動することが大切ですね。

ブラックな職場だった場合

転職したら就業前就業後のサービス残業当たり前、休日も休めない、低賃金なブラックな職場だったなんてことがあります。

だいたいそういう職場には、加えてパワハラ上司がいたりします。

これは、転職前に職場の実態を知ることは難しいことが原因となります。

採用担当からのポイント

入ってみてブラックな職場だとわかったら迷わずすぐに辞めましょう。

職場全体の悪しき習慣は、新人がいくら主張しても変わりません。

働けば働くだけ自分の健康が害され時間を奪われます。

ストレスを抱えて働くよりも、転職してまともな職場で再スタートすることをおすすめします。

私の転職活動体験談

私の職場は前述の通り、長時間のサービス残業や休日もなかなか取れないブラックな職場でした。

スタッフもストレスが溜まっているので、パワハラも横行していました。

そんな職場から何とか脱出したいと毎日思っていましたが、転職活動をスタートするのが遅かったので、結局入社から転職するまで7年間我慢して働きました。

もし過去の私のようにブラックな職場で働き、同じ悩みを抱えている人に出会ったら、「我慢しないで、できるだけ早く転職活動を始めたほうがいいよ!」とアドバイスします。

頑張って探せば良い転職先は必ず見つかるからです。

職場の人間関係が最悪だった場合

転職して働いてみたら、パワハラ上司がいたり、人間関係が最悪だったなんてことがあります。

転職前に職場の人間関係をリサーチするのは難しいので、入職してから気づくことになります。

仕事内容より人間関係で仕事の満足度は変わってくるので、人間関係や職場の雰囲気は無視できません。

採用担当からのポイント

人間関係や雰囲気が悪いことは、スタッフが変わることで解消されることもあります。

職場の規模が大きければ、人事異動で人が入れ替わることもありますし、新規採用や退職でもスタッフは変わります。

また、働いていくうちに仲間ができて楽になる可能性もあるので、給与などその他の条件が良いのであれば、転職するかどうかはよく考えることが大切です。

どこの職場にも人間関係のトラブルはあるので、人と関わらない仕事をしない限りは、同じ悩みは尽きませんね。

仕事が異常に忙しい場合

転職して働いてみたら、異常に忙しくて辛いなんてことがあります。

求人情報だけでは、内部の状況は分からないので、働いてみて初めてわかります。

採用担当からのポイント

異常に忙しいのは、ちょうど繁忙期にあたってしまっている可能性もあります。

また、ちょうどスタッフが何人も退職してしまった後は一時的に多忙になることもあります。

少し様子を見てみるか、職場の先輩に確認してみましょう。

仕事に慣れることで解消することもあります。

逆に、常に人が足りなくて異常に忙しい、経営が厳しくなってきてスタッフが増やせないなど、明らかに改善の余地がないのであればすぐに辞めても問題ありません。

自分の健康を第一に考えたいですね。

転職したばかりですぐ辞めたらまずい??

ここでは、転職したばかりですぐ辞めたらどうなるのか、採用担当の目線で解説します。

ストレスを最小限にできる

転職してすぐに辞めたいと思うのには、それなりの理由があります。

そんな職場で長い間働くのは、どう考えてもストレスが溜まりますし、心身の健康に悪影響です。

すぐに辞めることで、そのストレスを最小限に抑えられます。

我慢して働いて体調を崩したら働く意味がありません。

自分を大切にしましょう。

すぐに辞めても転職はできる

転職したばかりですぐに辞めても、転職はできます。

すぐに辞めることは、次の転職の採用時にマイナスに取られることはありますが、採用担当からすると、そのマイナスイメージは、

「よく考えないで転職してしまったんだろうな」
「よっぽどひどい職場だったんだろうな」
「あまりじっくり考えるタイプではないのかな」
「忍耐力がないのかな」

など、こんな程度です。

面接で採用担当としっかり受け答えができれば、こんなイメージはすぐに解消できます。

採用担当はそれよりも、どんな経験があるのか、戦力になるのか、など、仕事の実力の方が気になります。

そこをアピールできれば、すぐに辞めることは大きな問題ではありません。

自信を持っていきましょう!

転職したばかりで辞めたくなったら、我慢して働くよりすぐに転職活動を始めたほうがいい

「転職したばかりですぐに辞めるのはイメージがよくないから、何年か我慢して働いてから転職しよう」と思う人もいるでしょう。

でもそれは採用担当からすると、ちょっと違います。

すぐに辞める場合は、何か特別な事情があったか、労働条件のミスマッチがあったのかなと想像するのに対して、しばらく働いてから辞めた場合は、

「人間関係のトラブルで辞めるのだろうか」
「何か大きなミスをして辞めるのだろうか」

など、悪い想像をしてしまい、採用に慎重になります。

なので、どっちにしろ面接で辞めた理由は聞かれるので、我慢して働くよりも、すぐに次のことを考えて転職活動をしたほうが賢明です。

転職したばかりで辞めたい場合、どうやって転職活動を進めるべきか

すぐに辞めたい場合、できるだけ最速で転職先を決めたいと思います。

でも焦りは禁物です。

次こそは良い職場に転職できるように慎重に進めていきましょう。

確実に良い求人を探すためには、利用者満足度が高い転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトは担当のアドバイザーが希望の条件で求人を探してくれ、自分の代わりに企業に売り込みをしてくれます。

また、アドバイザーは転職の理由も考慮しながら求人を探してくれるので、転職後のミスマッチも極力防ぐことができます。

転職で労働条件を下げないように注意して、次こそは失敗のない転職をしてくださいね。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職したばかりで辞めたい時や職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

転職したばかり辞めたい【まとめ】

・転職したばかりでも、どうしても今の職場を辞めたいと思うのであれば、すぐに転職活動をはじめて良い職場を探したほうがいい

・すぐに辞めても転職はできる

・次の転職先は、しっかり職場リサーチしたうえで決めたい

転職したばかりで辞めたい時の対応をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事