転職ノウハウ

転職で失敗したくないあなたへ|採用のプロが転職で失敗しないコツ教えます

転職で失敗したくない。。
転職失敗する人ってどんな人??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

転職で失敗しないコツは、以下のとおりです。

できるだけ多くの求人情報から転職先を決める

求人情報に書かれていない労働条件を確認する

転職先を決める前に職場環境や雰囲気などをリサーチする

転職したら、

「年収が下がってしまった。。」

「労働条件が事前に聞いていた内容と違った。。」

「予想以上に仕事が大変だった。。」

「仕事内容が想像と違った。。」

「ブラックな職場で後悔する。。」

などなど、転職したあとで失敗したと思っても、時間は戻せません。

なので、この記事では企業の採用担当の私が、これから転職を考えているあなたが転職で失敗しないために、転職で失敗しないコツをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

転職においての失敗とは何かわかります。

転職で失敗しないコツがわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。2,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

転職においての失敗とはなにか

まずはじめに、転職においての失敗とは何かご説明します。

(1)転職したら年収が下がってしまった

様々な問題や悩みを解消するために転職することは問題解決の良い手段だと言えますが、転職して想定以上に年収が下がってしまうという失敗があります。

年収ダウンによる生活への影響や精神的なストレスを考えると年収はある程度キープするか、アップさせるように転職したいものです。

転職によって年収が下がってしまう原因としては、

「限られた求人情報の中から転職先を決めてしまった」

「給与の計算が求人情報だけでは分からない複雑なものだった」

「手当などの支給条件を満たせなかった」

「ボーナスが毎年変動して予定してた年収に達しなかった」

などなどです。

また、経営状況の確認をしないまま転職したら、会社の経営が傾いてきて、もらえると思っていた給与から大きく減額なんてこともあります。

体験談

私が前に勤めていた会社は、入社後3年目で経営状況が厳しくなり、ボーナス年間0円、残業代0円、基本給10分の1カットになったことがありました。(1〜2年続きました)

これも入社前によく調べておけば経営状況が年々厳しくなってきていることがわかったはずです。

転職してから後悔しないように、企業のリサーチは入念に行いたいですね。

(2)転職したら労働条件が事前に聞いていた内容と違った

「入社前に残業は少ないと聞いていたのに、実際想像より多かった。。」

「勤務地が家から近くて転職を決めたのに別の勤務地に配属されてしまった。。」

など、いざ働いてみたら予想していた労働条件と違っていたなんてことがあります。

労働条件が予想と違うと毎日我慢しながら仕事に行くのは辛いですし、プライベートとの両立ができなかったり、これでは転職失敗と言えます。

体験談

私が前に勤めていた会社は、土日祝日は休日と聞いて入社したところ、実際は休日出勤当たり前で、連続30連勤なんてこともありました。

また、自宅から30分以内で通勤できる職場を選んだつもりが、遠方の現場へ配置されることが多く、毎日2時間近く満員電車に乗らなければならないこともありました。

これも就職前にしっかりと職場のリサーチをしなかったことが失敗の原因となります。

(3)転職したら予想以上に仕事が大変だった

給与などの条件がとても良いので転職を決めて、いざ働いてみたら

「予想以上に仕事が忙しかった。。」

「スタッフが足りなくて業務量が多すぎる。。」

「毎日深夜までの残業や休日出勤で体力的に厳しい。。」

なんてことがあります。

給与などの条件を重視するのは良いことですが、労働環境をよくリサーチしないで転職して、予想以上に仕事が大変で後悔することは、転職失敗と言えます。

体験談

私が前に勤めていた会社は、月の残業時間が200時間を超えていました。

また、入職前に週休2日と言われていた休日もほぼ取れず、連続30日出勤することも日常茶飯事でした。

とにかくプライベートな時間が少なく、このまま仕事だけをして人生が終わるという不安を抱えながら毎日を送るのは苦痛だったと言えます。

これは入職前に残業時間の実績値などを確認しなかったことが失敗の原因です。

(4)転職したら仕事内容が想像と違った

仕事内容をしっかりリサーチせず転職して、

「やりたい仕事があって転職したのに、全く関係ない部署に配属されてしまった。。」

「仕事内容が自分には全く合わなかった。。」

「ルーティーンワークばかりでやりがいがない。」

「接待ばかりで辛い。。」

など、仕事内容が想像と違って、毎日の仕事が辛くなってきて後悔してしまう。

これも転職失敗と言えます。

体験談

私が最初に就職したとき、ITの仕事がしたくてシステムエンジニアとして働ける会社に入社しましたが、最初に配置されたのは30階建てのビルの建設現場でした。

毎日朝早くから建設現場に出勤して、クーラーの効かない工事現場で力仕事をすることに。。

1年かけてビルが少しずつ出来上がっていく仕事はやりがいのある仕事ではありましたが、パソコンを使ってITの仕事をするはずだった私にとっては想定外でした。

もし、どうしてもやりたくない仕事をすることになった場合、すぐに辞めるわけにもいきませんし、相当のストレスになりますので、注意が必要です。

(5)転職先がブラックな職場だった

しっかりとリサーチしないで求人情報だけで転職を決めてしまった場合

「転職先はスタッフが足りなくて異常に多忙だった。。」

「サービス残業が当たり前だった。。」

「有給休暇が全く取れない。。」

「パワハラ上司がいた。。」

など、転職先がブラックな職場だったなんてことがあります。

求人情報の給与などの条件だけで転職先を決めたり、今の職場を辞めたい一心で転職を急いでしまった結果、ブラック職場ということを見抜けず転職失敗ということがあります。

体験談

私が前に勤めていた会社は朝4時に集合しても就業前は一切残業手当はつかず、利益率の悪いプロジェクトの残業手当はカット、100時間/月以上の残業手当はカットなど、サービス残業当たり前でした。

また、上司からのパワハラも日常的で、要領の悪い新人が仕事に失敗すると殴られたりと、今考えればあり得ない職場でした。

しっかりリサーチしないで職場を選ぶと本物のブラック企業で働くことになってしまう可能性もあります。

転職で失敗しないコツ

転職で失敗する人に共通して言えるのが、転職先のリサーチ不足です。

転職先を、

「限られた求人情報から決めてしまった」

「求人情報だけ見て決めてしまった」

「給与が良いことだけで決めてしまった」

「職場環境のチェックをせずに決めてしまった」

「とにかく急いで決めてしまった」

など、しっかりリサーチせずに職場を決めてしまうと、転職失敗につながります。

これを防ぐために気をつけることは3点です。

(1)できるだけ多くの求人情報から転職先を決める

求人情報はできるだけ多く集めて、その中から厳選しましょう。

方法としてはネット検索だけではなく、転職サイトに登録して求人を集めるのがベストです。

トップクラスの転職サイトは数万件の求人情報を持っていますし、一般には公開されていない、条件の良い非公開求人も持っているので、必ずチェックします。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

(2)求人情報に書かれていない労働条件を確認する

求人情報だけでは詳細な労働条件までは確認できません。

例えば

求人情報に「月収◯◯万円~」と記載があったのに、実際には条件を満たせず、そこまで支給されなかった。。

求人情報に賞与について「賞与年2回」と記載があったのに、業績が悪くて支給されなかった。。

求人情報に書かれていた仕事がしたくて転職したのに、実際は全く違う業務をやらされた。。

求人情報に、「有給など休暇制度充実」と記載があったのに、実際は全く休暇が取れない。。

などなど、求人に記載されている情報だけで判断してしまうのは危険です。

なので、企業の採用担当者に以下の項目を確認します。

基本給や手当の支給条件や計算方法

賞与の過去の支給実績

休暇の取得率

平均残業時間

配属予定部署

配属先の仕事内容

また、転職エージェントに登録している場合は、担当のアドバイザーに調べてもらうこともできるので、必ず利用したいところです。

アドバイザーは分かりづらい求人情報の見方や、求人に記載されていない項目も確認してくれるので、

「転職したら予想していた年収より大幅に低くて後悔する」

「転職したら労働条件が聞いていた内容と違って後悔する」

という転職の失敗を極力防ぐこともできます。

(3)転職先を決める前に職場環境や雰囲気などをリサーチする

転職に失敗しないためには、求人情報たけで入職を決めずに、職場の仕事内容や労働環境、雰囲気をリサーチするようにすることが大切です。

方法としては、職場見学をする方法や転職エージェントに登録して担当のアドバイザーにリサーチしてもらう方法があります。

職場見学をすることで、実際に働く職場の雰囲気を肌で感じることができますし、担当者に業務内容を質問することもできます。

また、職場見学をすることで採用選考のプラスになることもありますので、おすすめです。

転職エージェントのアドバイザーに確認してもらう場合は、意外な内部情報を知ることができることもあり、転職した後に職場が想像と違って後悔するということを極力防ぐことができます。

転職に失敗した末路

ここでは、転職に失敗した末路をご説明します。

転職を繰り返す

転職に失敗したら転職する、また失敗したら転職する…というように、転職を繰り返すようになってしまう人も少なからずいます。

しかし、あまりにも転職を繰り返していると採用側からは

「またすぐに辞められたら困る。。」

「根気がない人なのかな。。」

などと、信頼度が下がってしまい、内定をもらえる確率が下がってしまいます。

その結果、自分の希望通りの転職をしづらくなり、

「妥協をして転職する」⇒「失敗した」と思ってまた転職を考える…

という負の連鎖が起こってしまいます。

我慢して働き続ける

「転職に失敗した」と思っても、

「自分の努力で変えていこう」

「転職を繰り返したくないから我慢しよう」

と働き続けることを選ぶケースもあります。

転職してはじめは誰でも新人です。

新しいことを学んだり行ったりすることは大変です。

しかし、徐々に慣れていくものです。

はじめは「失敗した」と思っていても、働き続けることで「我慢して仕事を覚えたら何とかなった」と思えるようになることもあるでしょう。

転職に失敗する30代

ここでは、転職に失敗する30代の特徴をご説明します。

自己分析が甘い

自分のスキルや経験の棚卸しが甘く、「自分のやりたい仕事」と「自分に合っている仕事」が合致していない人は転職に失敗してしまいます。

また、転職することで満たしたい条件が曖昧だと、数ある求人から自分の希望に合うものを選択することが難しくなります。

自己分析は曖昧な部分を残さずに明確にしておくことが必要です。

そうすることで自分が転職することで解決したいこと「絶対に譲れない条件」がはっきりとし、目標に向けてブレることなく転職活動を進めることができます。

情報収集が不十分

求人に応募する際、求人票に載っている情報だけでは情報が不足しています。

求人票には基本的に良いことしか載せません。

では実際働いている人はどう思っているのでしょうか。

本当に求人票通りの働き方ができているのでしょうか。

これらは実際に職場見学をしたり、口コミ情報をチェックしたり、転職エージェントのアドバイザーにリサーチしてもらわないとわからない部分です。

これらの情報収集をおろそかにすることで、入社してから

「こんなはずではなかった」

「思っていた感じと違う」

など、ギャップが生じることとなり、転職に失敗したと感じてしまうのです。

情報を制するものが転職を成功させることができます。

情報収集は大変ですが、ここを確実に行うことで、自分の希望に合う求人を取捨選択することができるのです。

転職に失敗して辞めたい時は

ここでは、転職に失敗して辞めたい時はどうすれば良いかご説明します。

まずはどうして辞めたいか分析する

転職活動の時と同様に、

「なぜ仕事を辞めたいのか」

「辞めてどうしたいのか」

をしっかり分析する必要があります。

また、

「自分の努力では解決できない問題なのか」

「自分の考え方を変えることでやっていけそうなのか」

「何をしても問題が解決できないのか」

辞めて転職をすることで解決できる問題なのか、という部分を明確にします。

自分の努力ではどうにもならないことであれば、転職をもう一度考えても良いでしょう。

逆に自分の努力で解決できそうであれば、自分を変えていく、ということも大切なのではないでしょうか。

辞めてもいい

働き始めてから「転職に失敗した」と思うことも少なからずあります。

転職が初めてだったり、転職回数が少ない場合は次の転職を考えても問題ないでしょう。

または、

「仕事を続けることで心身に不調をきたしそう」

「どうしても自分に合わない仕事だった」

このような場合は、再度転職を考えても良いと考えます。

自分が健康でなければ仕事はできません。

転職したばかりで辞めたい時の対応を記事にまとめましたので参考にしてください。

なぜ失敗したかを分析する

転職に失敗した理由を明確することも大切です。

「自分の求めるもの」と「自分に合っているもの」に乖離はありませんか。

求人探しや情報収集は十分でしたか。

転職を焦ってなんとなくで応募先を決めませんでしたか。

転職前に職場の内部情報をリサーチしましたか。

この失敗した理由がはっきりしていないと、また同じことを繰り返してしまう可能性があるため注意が必要です。

失敗を次の転職に生かすためにどうすればいいか

失敗の原因がわかったら、同じことを繰り返さないためにどう行動していけばいいのかを考えていきましょう。

また、もう一度転職の手順・やるべきことを明確にし、一つ一つの行程を焦らず、的確に行っていくようにすることが転職成功への近道となります。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職したあとで失敗したと思っても、時間は戻せない

・転職で失敗しないためには、できるだけ多くの求人情報から転職先を決める、求人情報に書かれていない労働条件を確認する、転職先を決める前に職場環境や雰囲気などをリサーチすることが大切

転職で失敗しないコツをご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事