転職ノウハウ

転職での迷い|採用のプロが転職の迷いを解決する方法教えます

ナース裕美の夫です。

転職に迷いを感じるのはどんな時??
転職に迷いを感じたらどうしたらいい??

企業の採用担当の私が、こんな疑問にお答えします。

転職に迷いを感じる理由の多くは、転職の失敗や転職先が決まらないことへの不安からきています。

転職するかどうか迷った時は、一度自分の置かれている状況を整理して、客観的に今を知ることが大切です。

この記事では企業の採用担当の私が、転職に迷いを感じる理由と、その迷いを整理する方法を解説します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事でわかること

転職に迷いを感じる理由がわかります。

転職に迷いを感じた時の気持ちの整理の方法がわかります。

転職に迷いを感じている時の求人の探し方がわかります。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。
『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。
転職にて年収を2倍にした経験がある。
自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

運営者プロフィールページ

転職に迷いを感じる理由

さっそく転職に迷いを感じる理由をご説明します。

(1)転職失敗への不安

「今の職場は忙しいけど給与などの条件が良いんだよな。。転職して給与が下がったらどうしよう。。」

「今の職場の人間関係に悩んでいるけど、転職してもまた人間関係で苦労したら嫌だな。。」

「転職して今の職場よりもっと忙しくなったらどうしよう。」

などなど、転職をすることで労働環境が悪くなったり、より悩みが深くなってしまっては元も子もありません。

転職してみないと分からない部分も多いため、想像で不安が増して、転職することに迷いを生じてしまいます。

また、給与に関して言えば、転職して年収が下がる人、そのままの人、上がる人が同じくらいの割合でいます。

収入を得るために仕事をしているわけですから、給与が下がる転職は避けたいですよね。

この転職の失敗の原因は、自己流で求人を集めて少ない情報の中から転職先を決めてしまったり、転職先を求人情報だけで決めてしまうことなどが挙げられます。

なので、できるだけ多くの求人情報から転職先を選ぶこと、転職先をしっかりリサーチすることで、転職失敗を防ぐことができます。

そのためには、

・求人数が多い大手の転職サイトを利用する

・求人情報だけでは分からない部分をチェックするために職場見学で転職先の情報を集める

・転職エージェントに登録して、担当のアドバイザーに希望の職場の内部情報を調べてもらう

これをおすすめします。

転職した後のギャップを防ぐことができ、転職への不安も解消することができます。

厚生労働省の雇用動向調査結果を見ると、

転職をして

給与が上がった人は39.0%

給与が下がった人は40.1%

給与変わらずの人は20.2%

と、年収が上がった人と下がった人がほぼ同じ割合でいることが分かります。
(参照リンク:厚生労働省 転職者実態調査

私の転職体験談

私が転職活動をしている時も、転職失敗への不安と戦っていました。

なので、しっかり求人をリサーチして、希望の条件を満たす職場以外は絶対に応募しないと決めていました。

そのマイルールを貫くことで、希望の条件を満たせる職場へ転職することができ、年収は2倍になり、異常な残業時間から開放され、休日もしっかり休むことができるようになりました。

転職はリサーチする努力を惜しまないことで成功に近づきます。

(2)転職先が決まらなかったらどうしよう

「自分のスキルで理想の職場に転職できるかな。。」

「今の職場を辞めても転職先が見つからなかったらどうしよう。。」

「希望通りの転職先を見つけることはできるかな。。」

転職活動を始める前から不安を感じ、転職に対して迷いを持っていては決心がつきません。

今の職場で働きながら転職活動を進めることで「就職先が見つからなかったらどうしよう」という迷いは解消することができます。

まずは始めてみないと結果なんてわかりません。

一歩踏み出すだけなら何のデメリットもありません。

恐れず転職活動を進めましょう。

私の転職活動体験談

私は仕事を辞めずに転職活動をしていたので、毎日残業や休日出勤で忙しくて求人のリサーチや面接対策に充てる時間がなかなか取れず、「こんな状態で良い転職先が見つかるんだろうか。。」と不安になったこともありました。

でも、毎日辞めたいと思いながらも、あきらめなければ必ず自分の希望の条件を満たす転職先が見つかると信じて、淡々と求人のリサーチなどを進めていきました。

その結果、転職活動に年単位の時間がかかりましたが、希望の条件の職場へ転職することができました。

あきらめずに時間をかければ、希望の転職先は見つかります。

時間がなくても転職先選びは妥協せず、少しずつ時間を作って計画的に転職活動を進めてくださいね。

(3)辞めたら職場に迷惑をかけるのではないか

人手不足で忙しい職場だから、自分が辞めたら残った人に迷惑をかけてしまうのではないか、と考えることもありますよね。

確かに急に辞められてしまっては職場に迷惑がかかります。

しかし、しっかりと順序だてて辞めることを伝えていれば、職場側も対策しますので問題ありません。

不足の人員確保にも動きだすでしょう。

あなたが職場のことを大事にしても、職場はあなたの人生を保証してくれません。

1度きりしかない自分の人生を大事にしましょう。

私の転職体験談

私が転職したときは、自分が担当している仕事も多く、自分としか人間関係ができていないクライアントもたくさんいたので、退職した後のことが心配ではありました。

でも、会社が自分の人生を保証してくれるわけではない、今転職しなければ一生後悔すると思い、引継ぎは十分にしたうえで退職しました。

その後、転職した数年後に当時の同僚に会う機会があったので、「私の担当していた仕事はその後大丈夫だったか」と確認すると、問題なく後任が引き継いで行っているとのことでした。

結局組織の抜けた穴は誰かが埋めるものです。

(4)転職活動の時間がない

毎日忙しい仕事をこなしながら転職活動を進めるのは骨が折れます。

休日はしっかり休まないと業務に支障もでます。

じゃあ、いつ転職活動をすればいいんだろう、という話ですよね。

ただ本当に転職したければ、時間は少しずつ捻出できます。

また、自分で求人を探すのには限界がありますので、転職サイトを上手く活用して、手間がかかる求人探しや転職先の職場のリサーチを効率よく進めましょう。

転職エージェントに登録すれば、担当のアドバイザーが希望の求人を探してくれますし、履歴書や面接対策のサポートも無料でしてくれるので、これも利用すると転職をスムーズに進めることができます。

私の転職体験談

私が転職活動をしたときは、できるだけ仕事を早く切り上げて、求人探しの時間を作るようにしていましたが、残業が多かったのでなかなかうまく時間が作れませんでした。

また、採用試験の勉強もしなければなからなかったので、通勤途中や食事中など細切れ時間を最大限活用しました。

当時はテレビも一切見ない、プライベートな飲み会は全て断り、休日は全て転職活動にあてていました。

娯楽は転職してから思う存分やるぞ!と決めて頑張った結果、希望の職場へ転職できたと考えています。

(5)引き留められている

辞めたいのに上司から引き留めに合って決心が揺らいでいる、なんてことも良く聞きます。

「今までお世話になったしな。。」「自分が抜けたら迷惑掛かるだろうな。。」などと、転職に迷いが出てきてしまうのもわかります。

でも、転職したいのには理由があります。

自分の気持ちを大切にしましょう。

上司はあなたにいてもらえれば楽ですし、離れたくないという気持ちがあるのかもしれません。

でも仕事を変えても、大事な関係ならその後も続きます。

同じ仕事をすることと、その人を大事にすることは必ずしもイコールではありません。

迷わず転職しましょう。

採用担当をしていると、まれに前の職場を退職できなくて、入職できないというトラブルになる人がいます。

せっかく希望の転職先に内定をもらったのに、入職できないのではもったいないですね。

こうならないためにも、転職先が決まったら、退職手続きはできるだけ早めに済ませましょう。

私が転職体験談

私は前職を辞めた後も、前の会社の上司や同僚とはたまに連絡を取って飲みに行ったりしています。

職場は同じではなくなっても、信頼関係がある人とはその後も人間関係が続くものです。

また、転職で関係が切れてしまう人は、結局それまでの関係だったということです。

転職することは上司や同僚を裏切ることではありません。

自分の人生を進みましょう。

転職に迷いを感じた時の対処法

次に転職に迷いを感じた時の対処法をご説明します。

(1)自分の考えを書き出す

まず、頭の中で考えているだけでは考えはまとまりづらいため、自分の考えや迷いを書き出してみます。

今の職場のいいところ、悪いところを書き出してみましょう。

そうすることで自分が今の職場に対してどう考えているかを整理することができます。

ただし、その良いところ、悪いところは実際他の職場ではどうなのかわかりませんよね。

今の職場だけを見ているのでは良し悪しの判断ができません。

そこで次の項目である情報収集が必要となります。

(2)情報収集をする

転職サイトや口コミサイトなどで、他の職場が自分の職場と比べてどうなのか、現在働いている業界全体の相場を知りましょう。

例えば「今の職場の給与が安い」と思っていても、同規模の企業の相場としては高めであった場合、同規模の企業に転職したとき給与が下がる可能性もあります。

今の自分はどの程度のところにいるのか、給与面や待遇面、職場環境などの情報を集めて、現状を知ることが重要です。

(3)理想の職場環境をはっきりさせる

転職の希望条件を書き出していきます。

勤務地、給与、待遇、福利厚生、勤務形態など細かく書き出しましょう。

自分がどんなことを優先的に考えているのかを知るための良い機会となります。

希望条件の例

年収○○万円以上

サービス残業は絶対にしない

残業は50時間/月以内

休日出勤はしない

有給休暇は年間13日取得

通勤は◯◯時間以内

通勤で満員電車には乗らない

○○業務に携われること

(4)優先順位を整理する

上記のように理想を書き出しても、理想の条件を全て満たす職場を探すことは難しいといえます。

書き出したものの中で、どうしてもこれだけは譲れない条件、というものの優先順位を考えてみましょう。

順位が高いものは今の職場と比べてどうでしょうか。

もしかしたら、今の職場が思っていたより理想に近かった、なんてこともあるかもしれません。

その場合は、もう一度転職について考え直してみてもいいのかもしれません。

内定をもらったけど転職に迷いを感じる時は

ここからは、「内定をもらってはいるけれど、転職に迷いを感じる時」はどうすれば良いのかご説明します。

転職活動をある程度進めていくと、いくつか内定をもらえるようになってきます。

でも、

「本当にここに入社してもいいのかな?」

「複数社内定もらったけどどこにしよう。。」

「本命の結果がこれからなんだよな。。」

と内定が出たら出たで迷うこともあると思います。

この「迷い」を感じる時にどのように対処すればいいのか、採用担当の視点でご説明します。

第一希望の結果待ちの場合

第一希望の企業の最終選考の結果待ちの場合、内定がもらえることを想定して内定辞退をしてしまうと、内定がもらえなかった場合に転職活動が振り出しに戻ってしまいます。

なので、できれば内定をキープしつつ、第一希望の企業の結果を待ちたいところです。

この場合、

「第一希望の企業に結果を早めに伝えてもらえるよう交渉する」

「内定が出ている企業に、入職するかどうかの返答を待ってもらう」

という二つの方法があります。

企業によっては要望をくみ取ってくれるところもあるので、交渉してみる価値はあるでしょう。

本当にここでいいのか迷う場合

内定をもらったはいいけれど、本当にこの企業でいいのか迷う場合があります。

「何か疑問に思うことがあるのか」

「不満に思う部分があるのか」

「希望の条件を満たしていないのか」

まずは、自分の転職の軸である「絶対に譲れない条件」を見直してみましょう。

内定をもらった企業が、この「絶対に譲れない条件」を完全に満たしているようであれば、今感じている不満はそこまで優先度が高くない条件といえます。

また、疑問に思う部分の確認が曖昧なまま入職してしまうと、「こんなはずではなかった」と後悔することになるため、しっかり企業に確認してみることも必要です。

周囲の人の反対にあった場合

内定をもらったはいいけれど、「家族やパートナーから反対される」というケースもあります。

でも実際に働くのは自分です。

「周囲の人の意見は参考にする」でも「決定するのは自分」

と意思を強く持ちましょう。

また、内定後にもめないように転職活動を始める際に、

「転職してどんな仕事をするつもりなのか」

「いつ転職するのか」

「年収はどれくらいになるのか」

など、家族・パートナーと一緒に考えていくといいですね。

転職した方がいい人

ここからは、採用担当の感覚で転職した方がいい人をご説明します。

心身に不調をきたしている

「残業が多く疲れが取れない」

「プレッシャーで不眠になった」

「いつも体が重い」

「笑えなくなった」

など、激務による心身の不調がある場合は転職をした方が良いでしょう。

転職によって環境を改善することで、気持ちも心機一転、体調も回復させることができます。

無理のない範囲で転職活動を始めましょう。

この場合、転職における希望条件を明確にして、「譲れない条件」をはっきりさせておくことが重要です。

ここが明確になっていないと、また同じような働き方を繰り返すことになってしまうので、注意が必要です。

私の転職活動体験談

私が転職する前は、システムエンジニアをしており、

残業200時間/月以上

休日も出勤

トラブルが続くと徹夜は当たり前

夜中までの接待

などで、心身ともに疲れ果てていました。

「ここで一生働くのは厳しい」と考え、真剣に転職活動を行った結果、

残業ほぼなし

休日出勤なし

接待なし

の環境で働くことができています。

おまけに年収は前職の2倍以上です。

心身に不調をきたしてまで働く必要はありません。

体を壊したら結局働けなくなります。

そうなる前に一歩前進することが大切です。

入念に計画を立てて、転職活動を行い、現状を打破しましょう。

キャリアビジョンが明確

キャリアビジョンが明確で転職の目的がはっきりしている人は転職した方がいいでしょう。

「転職をして〇〇の仕事をしたい」

「キャリアアップのための転職をしたい」

など、目的が決まっている場合は、転職の軸がしっかりしているため、満足のいく転職をできる可能性が高いと言えます。

しっかりとしたビジョンを元に求人探しをすれば転職活動もスムーズに進むでしょう。

転職条件がはっきりしている

「なんとなく転職したい」

「今の職場は合わないから辞めたいな」

と、転職目的や転職条件が曖昧な転職活動はしない方がよいでしょう。

逆に転職条件を、

「今の職場のここが不満だから、この条件は譲れない」

「○○の仕事をするために転職したい」

というように、実現可能なものを設定できれば転職をしても良いと言えるでしょう。

これ以上の成長が望めない

「今の職場でできることは全てやりきった」

「これ以上自分の成長が望めない」

という場合、現職で仕事を続けるのはもったいないです。

自分のスキルアップ・キャリアアップのための転職を考えてみても良いでしょう。

希望どおりの転職をすることができれば、仕事のモチベーションも上がりますし、自分の成長につながります。

転職しない方がいいケース

ここからは、転職しない方がいいケースをご説明します。

勢いで転職しようと考えている

「友人の仕事の方が楽しそう」

「今の職場は嫌だから辞めたい」

と言うように、人と比べたり、少し不満があるだけで転職を考えている場合は、もう一度考え直した方が良いと言えます。

他の仕事に興味がわいて転職しても、「実際に働いてみたら想像と違う」なんてことは多いです。

また、「今の職場に不満があるので勢いで転職したら、転職先にも不満が出てきてしまった」なんてことも少なからずあります。

転職目的も転職条件もしっかりと決めずに勢いで転職をすることは、自分のためにもなりません。

「やりたいこと」と「できること」とが乖離している

「やりたいこと」を重視して自分のスキルや適性を考えずに転職した場合、転職後に「やっぱり向いていないかも」と悩むことにもなりかねません。

「やりたいこと」と「できること」「向いていること」は違います。

そのことを把握しているかどうか、は転職活動において結果に大きな差がでてきます。

20代が転職に迷う時の対処法

20代で転職を迷う理由にはどんなことがあるのでしょうか。

ここでは、20代が転職に迷う時の対処法をご説明します。

家族からの反対

20代の転職では家族から反対されることも多くあります。

家族は心配から反対をしているのでしょう。

しかし、実際に働くのは自分です。

「なぜ転職したいのか」

「転職してどんな働き方をしたいのか」

など、一時の感情や勢いで転職を考えているわけではないことを、家族に説明できれば問題ないでしょう。

逆に明確に説明できない時は、家族の言うことも一理あるかもしれません。

家族のアドバイスにも耳を貸して、じっくり考えましょう。

転職先は逃げていきません。

いつでも転職はできるので、焦ることはありません。

すぐに辞めると思われたくない

20代の転職では、

「忍耐力がないと思われるのではないか」

「自分に問題があると思われるのではないか」

とマイナスに考えてしまうこともあります。

たしかに入職1年未満で転職をする場合は、マイナスに捉えられることもあります。

しかし、それは転職理由による部分でもあるため、できるだけプラスイメージの転職をしていけば問題ありません。

採用担当からのポイント

20代ですぐに仕事を辞めることを採用担当にマイナスに捉えられたところで、内定がもらえればいいのです。

また、仕事を辞めずに転職活動をすれば、応募した企業に内定がもらえなくても、なんのデメリットもありません。

まずは転職活動を始めてみましょう。

企業の採用方針は千差万別です。

スキルを持っている30代を求めていることもあれば、どこの色にも染まっていない第二新卒を求めている企業もあります。

なので、求人に応募する際には、「企業が求めている人材」を必ず確認するようにします。

確認方法は、企業のホームページを念入りにチェックするか、転職エージェントを利用して、担当のアドバイザーにリサーチしてもらいましょう。

転職エージェントのアドバイザーは企業の採用担当に直接連絡を取るため、表には出していない採用方針を知ることもできます。

転職活動にはコツがあります。

賢く転職活動を進めることで、無駄に不採用になることも防ぐことができます。

漠然とした不安

転職をしたいけどなんとなく不安が強くて迷ってしまう、ということもあるでしょう。

転職にはメリットもデメリットもあります。

メリットだけを考えて転職をしてしまうと、転職後に「こんなはずではなかった」とミスマッチに悩むことにもなりかねません。

メリット共にデメリットにも目を向け、できるだけデメリットを解消できるように転職活動を進めていけば、おのずと不安は解消されていきます。

30代が転職に迷う時の対処法

30代で転職を迷う理由にはどんなことがあるのでしょうか。

ここでは、30代が転職に迷う時の対処法をご説明します。

失敗を恐れる

転職をすることで、

「年収が下がったらどうしよう。。」

「条件が悪くなったらどうしよう。。」

「新しい職場に馴染めなかったらどうしよう。。」

など、転職での失敗を恐れてしまうケースがあります。

それでも転職を考えるということは、何かしらの理由があるはずです。

プラスの理由でもマイナスの理由でも動機となる部分はあるでしょう。

失敗が怖い場合は、今一度転職理由を分析して、自分がどれだけ転職に強い意志を持っているのかを確認してみることが大切です。

転職すべきかどうか、おのずと答えは出てきます。

先のことが分からない不安

転職を考える理由がスキルアップやキャリアアップである場合、

「転職をすることで本当にそれが実現できるのか」

という不安から、転職に迷ってしまうということがあります。

そんな時は、転職先での不安ももっともですが、「転職をしないで現職で働き続けた自分の将来」を想像してみると良いでしょう。

「自分が思う通りのスキルアップ・キャリアアップはできているのか」

「転職しないことで後悔はしないのか」

転職をすることで後悔することもゼロではありませんが、行動に移さなかったことで後悔するよりも、行動に移して後悔する方が気持ち的にもスッキリします。

転職によって給与などの労働条件を落とさないように、じっくり求人を比較して転職活動を進めましょう。

思い通りの転職ができるか不安

「条件に合う企業はあるのか」

「思った通りの仕事はできるのか」

と不安に思うことで転職を迷ってしまうこともあります。

そんな時は、まずは思い切って転職活動を始めてみましょう。

転職することと、転職活動をすることは別物です。

内定をもらっても条件に合わない場合、転職しなければ問題ありません。

様々な求人をチェックしたり、面接を受けていくことで、思い通りの転職をすることができるのかどうか、少しずつ見えてくるはずです。

転職が不安すぎる時は

条件の良い職場に転職できるか不安。。

また人間関係で悩むかも。。

経験値が足りないかも。。

体力的に不安。。

など、転職が不安すぎるということがあります。

その不安を持つことは、転職活動にプラスに働きます。

何も考えずに勢いで転職してしまった場合、転職してから「こんなはずではなかった。。」と後悔することにもなりかねません。

なので、「不安や悩み」と向き合い、うまく解消して転職活動に臨むことが大切です。

転職への不安を解消する方法をまとめた以下の記事も参考にしてください。

転職に迷いを感じている時の求人の探し方

転職に迷いを感じているときは、まずは他の企業の給与などの労働条件を確認してみましょう。

他の企業の条件を知ることで、現在の自分自身の立ち位置を知ることができます。

具体的な求人の探し方をご説明します。

(1)企業のホームページをチェックする

希望の業界が決まっていれば、業界大手の企業のホームページをまずは確認します。

複数の企業の採用ページで給与や労働条件をチェックして、給与の相場などをチェックしておきます。

また、企業のホームページには、その企業の特色や力を入れている業務、求めている人材などが掲載されています。

面接などの対策になるので、よく読み込んでおくと良いですね。

希望の企業があれば応募の準備をしておきましょう。

(2)転職サイトで求人を集める

次に転職サイトで求人情報を集めます。

転職サイトは膨大な数の求人のなかから希望の条件で探すことができるので、ネット検索で求人を探すより効率が良いと言えます。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人も保有しているので、必ずチェックするようにしたいですね。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職に迷う理由は人それぞれ。多くは転職の失敗や転職先が決まらないことへの不安から迷いを生じている。

・なんとなく転職を考えている、転職をしようか迷っている、そんな段階の時は冷静に現実が見れなくなっている可能性がある。ないものねだりになっていたり、隣の芝生が青く見えていたり…。

・転職するかどうか迷った時は、一度自分の置かれている状況を整理してみると良い。客観的に今を知ることが大切。

転職への迷いの理由と、その迷いを整理する方法をご説明しました。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。キャリアアップ研修講師。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号:042-508-2200

Email:nursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

ナース裕美 / Twitter

ナース裕美の夫 / Twitter

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事