転職ノウハウ

転職が決まらない人|採用のプロが転職が決まらない人の特徴教えます

転職が決まらない人ってどんな人??

転職が決まらなくて不安。。

転職が1年も決まらないけど大丈夫かな。。

転職がうまくいかない。。

企業で採用担当をしている私が、こんな疑問や悩みにお答えします。

転職が決まらない人の特徴はこちらです。

「転職条件があいまい」

「応募する企業が少なすぎる」

「自己分析ができていない」

などです。

しかし、転職が成功するかしないかは、転職が決まるスピードとは関係ありません。

転職が決まらなくても最終的に成功させればいいんです。

この記事では転職が決まらない人の特徴を解説しながら、満足のいく転職をするためのポイントをご説明します。

あなたの転職活動の一助になれば幸いです。

この記事の執筆者

ナース裕美の夫

スタッフ1,200人規模の企業の採用担当。3,000人以上の新卒・転職採用選考の経験を持つ。

転職にて年収を2倍にした経験あり。

『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。

自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。

これから求人を探すあなたへ

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

転職がなかなか決まらなくても気にしなくていい

転職がなかなか決まらなくても気にしなくていい

私はブラック企業から、希望の条件の職場への転職を成功させ、年収は2倍になり、200時間/月の残業やサービス残業、満員電車の通勤をやめることができました。

そんな私は数年単位で転職活動をしています。

転職が成功するかしないかは、転職が決まるスピードとは関係ありません。

転職が決まらなくても最終的に成功させればいいわけです。

諦めないでポイントを抑えた転職活動をすれば、必ず満足のいく転職はできます。

まずは、転職が決まらない人の特徴からご説明していきます。

転職が決まらない人の特徴:転職条件があいまい

転職するうえでまずは転職条件をしっかり決めることが1番重要となります。

転職するにあたって譲れない条件、労働条件の優先順位をはっきりさせておかないと、膨大な求人情報からベストな転職先を見つけることができず、転職活動が長引いてしまいます。

また、労働条件の優先順位を決めず、転職したい理由だけを解決するために転職をすると、他の条件がおろそかになって、結局転職したあとに後悔することにもなります。

満足のいく転職をするためのポイント

譲れない条件と優先順位の決め方

(1)絶対に譲れない条件を決める

まずは、転職するうえで絶対に譲れない条件を決めておきます。

例えば

「年収○○万円以上」

「サービス残業は絶対にしない」

「残業は50時間/月以内」

「土日は必ず休む」

「接待はしない」

「有給休暇は年間13日取得」

「通勤は◯◯時間以内」

「通勤で満員電車には乗らない」

「○○業務に携われること」

などです。

(2)労働条件の優先順位を決める

次に労働条件の優先順位を決めます。

働く環境

給与

休暇

通勤時間

業務内容

などの労働条件の優先順位を決めておきます。

全ての条件が最高なんて職場があれば1番いいのですが、なかなかそうもいきません。

条件のなかで何が大事で何が譲れるのか明確にしておきましょう。

私の転職活動体験談

私が転職活動をしたときは、主に以下の3つの譲れない条件を決めました。

1、年収500万円以上

2、社畜から卒業(サービス残業、残業200時間/月から脱出)

3、満員電車には乗らない

これを満たせないのであれば、転職しないと決めました。

仮にどれか1つ条件を満たす職場に転職しても、必ず不満や後悔が残ると思ったからです。

自分自身が本当に望むことを全て満たす転職をしなければ、また転職したくなります。

二度手間を防ぐため、自分のキャリアを大切にするためにも、まずは転職条件は明確にしておくことが大切です。

転職が決まらない人の特徴

ここからは、転職が決まらない人の特徴をご説明します。

転職条件の理想が高すぎる

転職がなかなか決まらない人には、転職条件の理想が高すぎる場合があります。

年収を上げたい、ボーナスはたくさんもらいたい、休みは多く取りたい、残業はしたくない、家から近い場所がいい、人とは関わらない仕事がいいなどなど。。

全ての条件が理想通りなんてことはありません。

ある程度自分の中で譲れない条件と譲れる条件を分けて考えないと、いつまでも転職先が決まらないということになります。

満足のいく転職をするためのポイント

理想が高すぎるのは問題がありますが、自分の中で絶対に譲れない条件は死守しましょう。

私は、譲れない条件をクリアできない職場では、転職する意味がないと考えています。

転職するからには、少しくらい理想が高めでなかなか転職先が決まらなくても、労働条件を下げてしまう転職をするよりは100倍マシです。

応募する企業が少なすぎる

転職がなかなか決まらない人には、応募する企業が少なすぎる場合があります。

もちろん転職条件を満たしていない企業に応募する必要はありませんが、転職条件を満たす企業を探すスピードが遅いと、当然のことながら転職活動が長引くことにもなります。

ネット検索だけで求人を探したり、求人数の少ない転職サイトのみで転職活動を進めるなど、偏った求人探しをしていると、なかなか条件の良い転職先は見つかりません。

満足のいく転職をするためのポイント

具体的には希望の業界が決まったら、まずは業界大手の企業のホームページの求人情報をチェックしてみます。

ここで、給与などの労働条件の相場を確認しておきます。

また、転職条件を満たす企業は転職候補に入れておきます。

次に転職サイトを利用して、求人情報を集めます。

転職サイトはアドバイザーが自分のスキルを評価してくれる企業を紹介してくれるので、自分でリサーチする手間が省けます。

紹介してもらった求人はあらかじめ調べておいた労働条件の相場と比較して、条件が良ければ応募の準備をしていきましょう。

また、転職サイトは一般には公開していない条件の良い非公開求人を紹介してくれるので、そちらもぜひチェックしてください。

転職サイトは数が多いので、求人数が多く、第三者機関の調査で利用者満足度が高いものを選ぶことが大切です。

転職サイトのおすすめは以下の記事を参考にしてくださいね。

自己分析ができていない

採用されない1番の原因は、自己分析ができていないことです。

自己分析をしないまま採用試験を受けても、面接などで自分をアピールしたり、仕事への熱意を伝えることはできません。

採用担当としても、自己分析できていない応募者は、志望動機を質問するとすぐにわかります。

自己分析ができていないと、面接で様々な質問をされても明確な答えができなかったり、それぞれの答えに一貫性が見られなかったりするため、面接官が高い評価をすることはありません。

人気のある職場に採用されることはまずないでしょう。

満足のいく転職をするためのポイント

まずは自分の強みと弱み、どうしてその職場を希望するのかを整理しておきましょう。

以下の自己分析を行い、考えをまとめます。

なぜ転職したいのか

今までの経験からできること、できないことは何か

なぜその企業で働きたいのか、なぜ他の企業ではダメなのか

これを面接時に自分の言葉で答えられれば、後は企業の求める人材とマッチするかどうかで採用は決まります。

「採用してもすぐ辞めそうだ」と思われてしまった

転職を繰り返している場合や、面接で仕事に対しての意欲が見られない場合、採用担当は

「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか。。」

と不安がよぎり、経歴などがよくても不採用にしてしまいます。

満足のいく転職をするためのポイント

過去に転職している場合は、転職の理由を整理しておきます。

転職理由が労働環境の不満や人間関係の場合でも、それをそのまま伝えるのではなく、

「御社の○○事業にどうしても携わりたい」

「他の仕事も経験してスキルアップしたい」

など、前向きな理由のみを伝えるようにします。

また、採用されれば長く働いていきたい旨も伝えましょう。

態度が悪いと思われてしまった

採用担当からすると、「この応募者は態度が悪いな」と本当に感じることがあります。

面接時に笑顔が少ない、質問しても面倒くさそうに答える、目を見て話さないなど、自分では意識がなくても面接官がそう感じれば評価は下がります。

また、採用側は面接以外でも応募者の様子をチェックしています。

よくある悪い例を挙げると、

受付の時に感じが悪い

挨拶がない

提出書類を無言で渡してくる

面接官にはいい顔をするが他のスタッフには挨拶しない

面接の待ち時間中に携帯や本を見て暇つぶしする、間食をする

こんなところです。

面接以外で気を抜いているとすぐに見抜かれ、不採用になります。

満足のいく転職をするためのポイント

受付から帰るまで礼儀正しく行動することを心がるようにします。

主に、

職場に入る前にコートを脱ぐ

受付では笑顔で挨拶をする

書類の受け渡しは両手でする

案内してもらったら軽くお礼を言う

スタッフとすれ違ったら挨拶をする

面接待合室では携帯をチェックしない(電源を切りましょう)、間食しない、本を読む、足を組んで座るなどの行動は慎む

面接時は柔らかい表情を心がける

面接が終わったら面接官や案内してくれた担当者にもお礼を言って帰る

これをやっておけば大丈夫です。

面接官の質問に対して聞いてもいないことまで話す

これは意外と多くの人がやってしまいます。

面接官は限られた面接時間で応募者を見極める必要があります。

つまりたくさん質問を用意しているわけです。

聞いてもいないことをダラダラ話されると「仕事でもこの調子なのかな。。」と、それだけで評価を下げたくなりますし、他の質問ができないので、良い評価もすることができず不採用になります。

満足のいく転職をするためのポイント

面接官の質問には簡潔に答えるようにします。

まずは、結論から伝えてから、答えについての経緯や詳細を伝えます。

面接官もその質問を深堀りしたければ追加の質問をしてきますので、自分が話したいことを話すのではなく、面接官のペースに合わせるようにすることがポイントです。

そうすることで、面接官はしっかりコミュニケーションが取れる人物だと評価しますし、他に確認したい項目にも進むことができます。

面接で労働条件を確認している

面接時に給与などの待遇面や福利厚生のことを質問してくる応募者がいます。

熱意や志望動機を真剣に伝えた他の応募者と比べると、間違いなく見劣りして不採用の確率が高くなります。

「なぜ応募する前に確認しないんだろう。。」と面接官もあきれてしまうことになります。

満足のいく転職をするためのポイント

求人だけでは確認できない気になる労働条件は、応募前に電話して採用担当に確認するか、転職サイトのアドバイザーに調べてもらいましょう。

そして、労働条件が希望に合う企業のみ応募するようにします。

内定をもらったのに労働条件が合わないので辞退するのでは、時間の無駄になってしまいます。

企業が求めている人材ではなかった

企業が求めている人材はさまざまです。

「20代前半の動ける若手がほしい」

「経験者が複数やめてしまったので、経験年数がある人を即戦力として採用したい」

「◯◯業務の経験が◯年くらいある人を採用したい」

「リーダーシップを取れる中堅世代がほしい」

など、企業が求めている人材と応募者がマッチしない場合は、優秀な人でも採用されるのは難しいということになります。

満足のいく転職をするためのポイント

求人情報だけでは、企業が求めている人材を把握することは難しいと言えます。

求めている人材のリサーチ方法は、企業のホームページに記載している内容から把握するか、転職サイトの情報をうまく利用します。

また、転職エージェントに登録すれば、担当のアドバイザーがリサーチをしてくれるので、任せてしまうのも良い方法です。

アドバイザーは企業の採用担当と連絡を取っているので、求めている人材を事前に把握することができます。

面接官と相性が悪かった

面接官との相性は採用の可否に大きく影響してきます。

面接時に面接官と会話のキャッチボールがうまくいかなかったり、面接官の好みと合わないなど、優秀な人でも採用されない場合があります。

満足のいく転職をするためのポイント

面接ではできるだけ丁寧なやり取りを心がけますが、面接官と相性が悪ければ、どうしようもありません。

複数の求人に応募しましょう。

必ず相性の良い面接官がいます。

これはある意味確率の問題なので、1つの企業にこだわらず希望の条件を満たす企業を複数応募することで解決します。

面接時に前の職場の不満を口にしてしまった

採用担当は前の職場の不満を口にする人を採用したいと思いません。

それが正論であってもです。

どこの職場にも問題はあるため、

「うちに入職してもまた不満が出て辞めてしまうのでは」

「権利意識ばかり強くてしっかり働かないのでは」

とマイナスのイメージをもたれてしまうので、前職の不満は心にしまっておきましょう。

満足のいく転職をするためのポイント

職場への不満は誰にでもいくつかあります。

面接官も前職に不満の1つや2つあることくらいわかっています。

その不満から転職を考えていたとしても、面接では表に出さない方がいいでしょう。

新しい仕事への意欲を全面に出して面接に望むようにします。

面接官は不満を口に出さずポジティブな人材には悪い評価をつけづらいものです。

応募した職場の情報を調べていない

忙しい中、複数の職場に応募するとなると、応募する職場のリサーチが十分できなかったりします。

面接官は志望動機や自社の特色を質問して、しっかりリサーチして応募しているか必ず確認します。

理由は以下の通りです。

応募者の熱意を確認したい

自社が第1志望なのか確認したい

何も知らないで入社されて辞められたら困る

採用側がリサーチ不足と感じた場合、不採用の確率は高まります。

満足のいく転職をするためのポイント

応募する職場を以下の方法でしっかりリサーチします。

ホームページでその企業の特色、理念・方針、専門分野、業務内容などを調べます。

転職サイトに登録していれば、担当のアドバイザーにリサーチをお願いしてもいいでしょう。

ホームページには載っていない情報まで教えてくれます。うまく活用すると効率よく転職活動を進めることができます。

また、職場見学をすれば職場をリサーチできるだけでなく、面接時の話のネタにもなりますので、第1希望の職場は必ず行っておくと良いです。

転職が決まらない20代の特徴

ここからは、転職が決まらない20代の特徴をご説明します。

本気度が低い

転職が決まらない20代は、転職を一時の感情で決めていて本気度が低い場合があります。

「なんとなく転職してみようかな」

「20代のほうが転職しやすそうだし」

軽い気持ちで転職活動を進めていると、採用側も本気度の低さを見抜いてしまい、転職が決まらないということになります。

採用担当からのポイント

採用担当は面接で応募者の様々な考え方を確認していきます。

「志望動機や転職理由」

「仕事へのモチベーション」

「企業理解の深度など」

どれも転職の本気度が低いと詰めが甘くなってしまうものばかりです。

それぞれの項目で深く質問していくと、本気度が低い場合、話のつじつまが合わなくなってしまったり、それ以上答えられなくなってしまうということになり、その結果不採用になってしまいます。

自己分析が甘い

転職が決まらない20代は、自己分析が甘く適性のない仕事に転職しようとしている場合があります。

採用側も選考の際に、適性の有無を確認しているので、あまりにも適性がないと不採用にしてしまうことが多いと言えます。

自分に向いている仕事に応募していますか?転職の軸は明確ですか?

「やりたい仕事」が必ずしも自分に向いている仕事とは限りません。

仕事の適性を客観的に判断して転職活動を進めることが大切です。

また、

「なぜ転職するのか」

「転職で叶えたいこと」

「転職する際に譲れない条件」

など、転職の軸となる部分が曖昧になっていると、転職がなかなか決まらない、ということになりかねません。

転職活動を始める段階で、この転職の軸となる部分は明確にしておき、その軸に沿って転職活動を進めていくといいですね。

転職が決まらない30代の特徴

ここからは、転職が決まらない30代の特徴をご説明します。

自己アピールが不十分

転職が決まらない30代は、自己アピールが不十分ということがあります。

採用側は30代の応募者に即戦力として活躍してもらうことを望んでいます。

なので、選考の際、自分のスキルや経験をどう活かして企業に貢献できるのかを、明確にアピールしていく必要があります。

「強みがなくて…」

「アピールできる実績がない」

と悩んでいる人も少なからずいます。

しかし、30代まで働いてきて「強み」がない人はいません。

特別な実績がなくても、働いている中で、何かしらの強みを身に着けています。

もう一度、自分の経験を棚卸しし、強みを明確にして、効果的にアピールできるように考えていくことが必要です。

採用担当からのポイント

自分の強みがわからない時は、第三者に客観的に診断してもらうのがおすすめです。

家族や友人、転職エージェントのアドバイザーなどに自分の経歴をまとめた資料を見てもらうなどして、どんな強みを持っているのか見てもらいましょう。

また、転職サイトには強み診断ツールが無料で利用できるものもあるので、試してみると良いですね。

強み診断ツールが無料で利用できる転職サイト

【公式サイト】リクナビNEXT(登録・利用無料)

自己分析が甘い

転職が決まらない30代は、自己分析が甘いということがあります。

「自分の経験やスキルを正確に把握する」

「自分の経験やスキルに合った企業を選択する」

これが大切です。

経験やスキルを過小評価して、労働条件が悪くなってしまっては転職の満足度は下がってしまいます。

かといって、自分の経験やスキルが通用しない企業に応募して、なかなか転職が決まらないなんてこともあります。

自分の経験やスキルを正しく評価し、能力を十分に発揮できるような応募先を選択することが重要です。

転職が決まるかどうかは企業とのマッチング次第です。

採用担当からのポイント

私が30代で転職したときは、未経験の業界への転職しましたが、希望の条件を全て満たし、年収を2倍にすることができました。

これは、自分の経験やスキルを正確に把握して、それを高評価してくれる企業にピンポイントで応募していった結果です。

具体的には、前職で身につけたシステムエンジニアとしての知識やスキルを求めている企業を探して応募し、面接時に、

「私を採用してもらえば、エンジニアとしての知識を使って御社のシステムを分析し、新システム導入経費や現行システムのメンテナンス費用を数千万削減することができます。」

と具体的にアピールしました。

採用担当からすると、このように入職後に自分の経験をどう活かすのか明確にビジョンを持っている応募者は意外と少ないため、具体的にアピールがあると採用にかなり前向きになると言えます。

今まで真剣に仕事に取り組んできた30代は、必ず企業が欲しい経験やスキルを持っています。

なので、それをしっかり分析し面接でアピールすることで、転職を確実に決めることができます。

転職が1年決まらなくても焦らなくていい

ここでは、転職が1年決まらなかった場合についてご説明します。

転職に焦りは禁物

転職活動は最低でも3ヶ月はかかります。

3ヶ月で転職先が決まるのは早いほうかもしれません。

自分が納得できる条件で満足する転職をするためには、転職活動にかける時間は十分にとることが大切です。

確かに「早く転職したい」と焦る気持ちもあるでしょう。

現職に不満があるのならばなおさらです。

それでも焦って転職して後悔するよりも、時間がかかっても満足できる転職をすることが重要です。

探せば必ず自分の希望にマッチする企業があります。

転職活動に焦りは禁物です。

転職が決まらなくても転職を最終的に成功させればいい

私が転職したときは、希望の企業に確実に入職するために、転職活動に年単位の時間をかけています。

自分のスキルが通用する業界はどこなのか

自分の経験やスキルを評価してくれる企業はどれなのか

自分の経験やスキルを証明するためにはどうしたら良いのか

これらをじっくり考えて転職活動を進めました。

ちなみに私の前の職場は、

「月に200時間以上の残業」

「サービス残業」

「土日も出勤」

「朝方までの接待(もちろん残業代はもらえず)」

「パワハラの横行」

「社員がどんどん辞めていく」

「経営難で給与を減らされる」

という、絵にかいたようなブラック企業で、毎日すぐにでも辞めたいと思っていました。

しかし、「転職に失敗してまた同じ状況になったら、それこそもうどうにもならない」と焦る気持ちを抑えて転職活動を慎重に進めていきました。

なので、私は転職活動に1年以上かかっても全く問題ないと考えています。

転職活動の進め方を間違えて長引いてしまっていても、これから修正していけば問題ありませんし、転職に失敗するより100倍ましです。

転職を最終的に成功させることができれば、転職にかかった時間など後になってはどうでも良いことです。

ぜひ、転職が決まらなくても焦ることなく慎重に進めて、満足のいく転職をしてください。

あなたの転職が本当に満足いくものになるように願っています。

職場や転職のトラブルの相談先

職場や転職のトラブルは、厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談することができます。

悩んだ際にはぜひ利用してください。

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

まとめ

・転職が決まらない人には特徴がある

・転職が成功するかしないかは、転職が決まるスピードとは関係ない

・転職が決まらなくても最終的に成功させればいい

転職が決まらない人の特徴を解説しました。

執筆者情報:裕美の転職研究所

ナース裕美(緒方 裕美)

看護師。大学病院にて眼科、ICUに11年勤務。今はフリーランス。

ナース裕美の夫

スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。

所在地

東京都

お問い合わせ

電話番号042-508-2200
Emailnursehirocom@yahoo.co.jp

SNS

Twitterナース裕美ナース裕美の夫
Instagramナース裕美

企業情報

D-U-N-S® Number680323163

D-U-N-S®Numberの用途・目的から探す : 東京商工リサーチ (tsr-net.co.jp)

事業内容

転職メディアの運営、転職・就職支援

執筆参考資料

厚生労働統計一覧|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

経済財政政策 – 内閣府 (cao.go.jp)

看護師
運営者:ナース裕美(緒方裕美)
ナース裕美写真
大学病院にて眼科、ICUに看護師として11年勤務した後独立。現在はキャリアアドバイザー、転職メディア運営、メディカルライターとして活動。 企業の採用担当として働く夫とともに、転職を成功させるためのノウハウを発信しています。 看護師としての視点、採用側の視点両面から考え、転職に役立つ記事作成をしています。 ★保有資格「看護師免許」「職業紹介責任者(番号:001-220124001-05302)」
\ Follow me /
企業の採用担当、転職サイト評論家
運営者:ナース裕美の夫
ナース裕美の夫
スタッフ1200人規模の企業の採用担当。転職サイト評論家。 『ラーメンを食べに行けば転職は成功する』(Kindle)著者。 転職にて年収を300万円⇒800万円に上げた経験がある。 自身の転職経験と採用担当としての知識を活かして記事作成に携わっています。 ★保有資格 「Microsoft Certified Associate」ID:1016282 「ITパスポート」資格番号:第IPー2011ー04-08918号
関連記事